メイン | 2005年04月 »

2005年03月25日

ローコスト住宅を建てる15箇条?

初めまして、スタッフの岡田です。初めてのスタッフ日誌です。みなさん、よろしくお願いします! 暖かくなってきて、さいたま市では桜も咲きそうです。

さて、ローコスト住宅の裏ワザ15箇条という記事がAll About Japanにありました。

マンションと一戸建てかで迷う人もいますが、一戸建てを考える人にとっては土地を購入した上で建物購入となります。そうなると建物にかけられる予算は、一般に1500万以内。仮に延床面積を35坪とするならば、坪単価は40万円位になります。つまりローコスト住宅は必至なのです。

記事にもある通り「ローコスト住宅は価格を下げることにだけ神経を注いでいてはいけません」ということに同感です。長く住む家ですから、ローコストとは言え、納得の家づくりが必要です。

建築家または工務店の方にはっきり予算を伝え、自分達家族が妥協できる部分とできない部分を合わせて設計を進めることです。妥協した箇所は未完とし、後で施工してもいいくらいの気構えを持って望みましょう。

正直な気持ちでご相談頂けると、私たちも嬉しいです。

2005年03月24日

もうすぐ完成? 桶川市

okegawa_10.jpg

okegawa_11.jpg

部屋の様子 さいたま市緑区O邸

midori_sky_14.jpg

2005年03月10日

さいたま市緑区新築一戸建て着工 さいたま市緑区O邸

1月某日、さいたま市緑区着工致しました。

リビングにある大きな吹き抜けと吹き抜けにかかるインナーバルコニーに続く橋。2Fにも家族が集まれるサブリビングがあり、スカイウォークにより一体感を感じることができます。

saitama_o_0.jpg

【建主様のコメント】
まもなく出産なので、子供のことなども考え健康住宅の無垢スタイルさんに決めました。
こちらの要望を随所に取り入れて設計してくれたので、今から完成が楽しみです。

桶川市新築一戸建て着工 桶川市

桶川市末広12月某日着工いたしました。

コンセプト=木のぬくもりがいっぱい感じられる家

okegawa_title.jpg

【建主様のコメント】
家の内装はゴテゴテと凝らないで、無垢の下地感をそのままにして家の中に木の香りが広がるのを楽しみにしています。
外観はあまり目立たないようにしながら、周りとはちょっと違う家にしたいです。

【設計コメント】
家族が触れ合う家をコンセプトに設計した家です。
各部屋はリビングを中心に広がっていくような配置になっています。
また、無垢な素材感が全面に押し出された内装となっています。

さいたま市西区新築一戸建て着工 さいたま市西区O邸

2月某日 O様邸着工致しました。

saitama_o_1.gif

o-madori.jpg

【設計コメント】
今回の施主様は土地探しから、当社が協力させていただき、見事に希少な東南角地を取得できた事から始まりました。このすばらしい立地条件を活かすべく、各部屋に日当たり良く(東南角地なので当たり前ですが‥‥)、風通しも配慮し、ご両親の同居も見据えてプランをしました。

当社ならでは無垢の梁の現し、床赤松の30mmの無垢材と竹の無垢材、造作材も無垢の松でと細かいところまで、住まう人に安全、健康な家を予定しています。

外壁も※※調サイディングというものではなく、ジョリパットを採用し、独自性を表現します。建物が完成してからの、家族の笑い声が家の中に響き渡るのが想像できます。

2005年03月07日

無垢スタイル建築設計会社案内

無垢スタイル建築設計会社概要

商号:
無垢スタイル建築設計株式会社
登録番号(1)第8259号 一級建築士事務所
埼玉県知事許可(般-16)第59512号 

業務内容:
自然素材住宅新築・耐震診断・補強
一般リフォーム 建築物の設計・施工

資本金:
1,000万円

住所:
〒331-0052 埼玉県さいたま市西区三橋5-635 神田ビル

電話番号・FAX:
TEL:048-620-7171
FAX:048-620-7170

菖蒲町H邸新築一戸建て着工 菖蒲町H邸

10月某日 H様邸着工致しました。

大きなバルコニーとウッドデッキがそれぞれ部屋と一体になる配置されており、部屋の広がりを演出しています。

shobu_h_title.jpg

■建主様のコメント

自然がたくさんある環境の中、元気いっぱいに毎日、緑の中を駆け回るような夢のある家にしたかった。

<自然を感じる家>

ほっとできるような、楽しくなるような空間
ウッドデッキに面したリビングの大きな掃き出しのガラス窓から、ふんだんに光が降り注ぎ、かつプライバシーが保てる空間を設計しました。

家族が、集う空間<吹き抜けのリビング>の設置
独立したピアノ室の設置 苦労しました。

P.S.
内装に関しては、概観と違って天然の素材・・・湿気を吸ったり吐いたりしてくれることなどは、人間の本能に合うものだと思います。

■設計コメント

家族が一つになれるようパブリックスペースを中心に間取りつくりました。リビングだけではなく、2Fのローカも広めにとり、共有スペースとして使えるようになっています。

建築現場の様子

「建築現場の様子」は無垢Style建築設計のホームページに移動しました。

無垢スタイルの無垢の家をご覧になりたい方は施工事例へどうぞ。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35