« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月27日

土地の諸費用についての概念(1)

こんにちはマサです。
連日の雨で気分も落ち込みがちですね。

今回は新たに住宅を建てる場合の中古住宅付土地(下記写真A)と、.更地の土地(下記写真B)との建て替え時にかかる諸費用の比較を検討していきます。


(写真A)


(写真B)

通常普通に考えると更地のほうが安く済みそうなのですが今までお引き渡したお客様のケースから考えると最終的には中古住宅付土地のほうが諸費用が安く済んでいるケースが結構ありますね。

下記に同一条件(価格・面積・環境)の場合の諸費用をそれぞれ示します。

中古付住宅の諸費用

解体費用・・・・・・・・75万円

上下水道・・・・・・・・引き込み済み

水道分担金・・・・・・支払済み

ガス・・・・・・・・・・・・引き込み済み

外構工事・・・・・・・・60万円(既存外構のリメイク)

地盤改良・・・・・・・・平均60万円(既存住宅が建っていた場合地盤が安定している)

合計・・・・・・・・・・・¥195万円程度

更地の諸費用

解体工事・・・・・・・無し

上下水道・・・・・・・30万円

水道分担金・・・・・30万円(特に埼玉県北部は高めです)

ガス工事・・・・・・・20万円

外構工事・・・・・・80万円(弊社平均)

地盤改良・・・・・80万円

合計・・・・・・・・・・・¥240万円程度


上記内容は比較的更地で購入した場合の最大限かかりそうなケースの場合との比較です。
特に水道分担金等は市町村によっては50万円以上かかる場合も有りますので要注意です。
弊社の土地セミナーでは上記のような一般的なことや又は、ある土地を例題にあげ質問形式で皆様との意見交換などしておりますので是非ご参加下さい。

2005年05月26日

さいたま市新築一戸建て完成しました。

「光と風が交差する夢にまで見たらせん階段の家」
完成いたしました!
_MG_6385i.jpg
限られた敷地を最大限に活かすようにリビングを
配置し、家族が集まりやすい部屋づくりにしました

_MG_6310i.jpg
家族を暖かく迎える玄関

_MG_6309i.jpg
子供たちの大好きなキャラクターをあしらった
こだわりの玄関飾り

_MG_6329i.jpg
この家のシンボルともいえるらせん階段。
思わず駆け上がりたくなります

_MG_6365i.jpg
トップライトの光が格子状の2階床から...

_MG_6372i.jpg
1階の天井を光がすり抜け、リビングに降り注ぎます。
居心地のよい、くつろぎ空間です

【設計のコメント】
今回の建物は、限られた敷地の中に、建物をいかに広く見せるように、
使いやすくできるように、家族の雰囲気がどこにいても伝わるように計画することがテーマでした。
らせん階段や、床をスリット状にしたことはそれらのためです。
限られた条件でも、様々な工夫をすることによって家造りは楽しくなります。

2005年05月23日

菖蒲町構造見学会/さいたま市緑区完成見学会

5月21日(土)、22日(日)に、菖蒲町、さいたま市にて
見学会が行われました。
両日ともに、良い天気に恵まれ、今回の見学会も無事
終了することができました。
たくさんの方々にご来場いただきまして、ありがとう
ございました。

さいたま市緑区の完成見学会は28日(土)、29日(日)
にも引き続き行われます。
今回ご来場できなかった皆様も、ぜひお越し下さい。
お待ちしております!

光の差し込むロフト完成間近! さいたま市西区O邸

ひと月ほど前、構造見学会の行われたさいたま市西区O様邸、徐々に完成に近づいてます。
05200001.JPG
窓から差し込む光がロフトを照らします。

05200002.JPG
ロフトを駆け上がるお子様の喜ぶ顔が目に浮かんできます。

2005年05月20日

地盤調査 さいたま市見沼区I邸

i-jiban.jpg
地盤調査の様子です。

i-jitin.jpg
天気の良い5月の下旬、地鎮祭がおこなわれました。
次はいよいよ工事着工です!

『和風と洋風を融合したデザイン住宅』

陽当たりの良いさいたま市見沼区I様邸の家づくりがはじまります。
ip.jpg

地盤調査 さいたま市見沼区T邸

t-jiban.jpg
近くの公園の桜がとてもきれいな4月、T様邸『地盤調査』行われました。次は着工です!

2005年05月19日

植物の力を暮らしに取り入れましょう!Vol.1

aro.jpg

アロマテラピー担当のイソムラです。
先日の突風で、自宅の庭のツルバラが根本からポッキリ折れてしまいました。発見したときはボーゼン! 皆さんのお宅は大丈夫でしたか?

無垢スタイル建築設計では、月に1度、アロマテラピー教室を行っています。設計会社がなぜアロマテラピー?と思われるかも知れませんね。

室内のにおい、皆さん意識していますか? 悪臭がしない限り気にしていない方が多いのではないでしょうか。
弊社のショールームに来ていただいたことがある方は、室内に漂う無垢の香りを体験していただいたことと思います。木の香りには、人をリラックスさせる力があると思いませんか? 

無垢の木の香りには、一時期話題になった「森林浴効果」があります。この森林浴効果をもたらす香りの正体は「フィトンチッド」という物質です。

植物は自分で移動することが出来ません。ですから、外敵から自分の身を守り、子孫を繁栄させる環境を自ら作り出しています。そのための物質が「フィトンチッド」なのです。そんなわけで、フィトンチッドには有害な昆虫や微生物を寄せ付けなくする働きや、病害菌に感染しない
ように殺虫、殺菌をする働き、逆に、繁殖のために利用できる昆虫は呼び寄せる働き、つまり良い香りをさせる、などがあります。このフィトンチッドの性質が人間にも有益なことは想像がつきますよね。

フィトンチッドに限らず、多くの植物はその植物にとって有益な物質を出しています。私たちはその物質の存在を、香りとして感じます。ですから、天然の香りを上手に住環境に取り入れることで、今よりもっと健康的で快適な暮らしができる、ということが出来るでしょう。

それがアロマテラピーなのです。
アロマ=芳香  テラピー=療法  
言い換えると、植物の力を借りて健康的な生活を送るための
人間の知恵がアロマテラピーなのです。

アロマテラピーは、一般的には精油(=エッセンシャルオイル)を使って行う健康法と定義されていますが、天然の木の香りをかいだり、ハーブティーを飲んだり、生活に植物の香りを取り入れる全てのことが、広い意味でアロマテラピーなのです。

ところで、健康によさそうということでアロマテラピーに関心は持たれても、いざショップに行くと、同じようなビンがずらっと並び、何から初めてよいか分からず、結局何も買わずに出てきて
しまった経験はありませんか?
無垢スタイルのアロマテラピー教室では、アロマテラピー初心者の方に、精油の選び方、暮らしへの取り入れ方などのお話をしています。簡単に、すぐに出来ることから初めてみませんか?そのお手伝いをさせていただきたいと思います。
6月は23日(木)を予定しています。
どうぞお気軽にご参加ください。

2005年05月18日

伊奈町新築一戸建て着工です。 伊奈町S邸

s-yarikata.jpg
『やり方』という作業で、建物の配置を決めます。
s-sutekon.jpg
コンクリートを流しこみ『捨てコンクリート打ち』完了です。

s-kisohaikin.jpg
『配筋』の作業中ですたくさんの鉄筋が入り、丈夫な基礎が形づいてきました!


「光と風の交差するモダン住宅」伊奈町S邸着工いたしました!理想の家が出来上がっていく様子を御一緒にお楽しみいただきたいと思います。
sp.jpg
s-madori.jpg

2005年05月13日

さいたま市無垢の家づくり進行中

「光と風が交差する夢にまで見たらせん階段のある家」
完成に近づいてきました!


ydgaikan.jpg


rasen.jpg
らせん階段を一階から見上げてみると...。

ydkousi.jpg
家族の気配がどこにいても伝わるスリット状の2階の床。光が一階まで降り注ぎます。

2005年05月08日

~梅雨時期の物件探し~ 

セミナー講師の當間です。
ゴールデンウィークは皆様どう過ごさましたか?
私は自宅の庭の手入れに専念していました、その理由は生後3ヶ月になる私の息子が遊べるように芝を庭一面に張りおわり砂場まで作ろうとしたところで妻にストップをかけられました。親ばかの見本のような行動に自分もびっくりです。

さて本題ですが、今回は梅雨時期の物件探しの注意点をいくつかポイントの解説いたします。
梅雨の時期はとても太陽が恋しくなりますが、実は一年間を通して一番お昼の長い夏至の時期とぶつかります、なんとなく不思議ですよね。
ここで注意が必要なのが冬至の時期は、まったく日のあたらない土地でも梅雨の中の晴れ間と重なり意外と日当たりに対する判断が不注意になりがちです。
又一年を通して湿っているような土地でも梅雨時期だからなどと営業スタッフに言われて納得しちゃいそうです。。。これも意外と注意が必要ですね。
あとは曇りや雨の日が多いので日当たりの判断が何度見てもつか無いままに契約してしまうこともあるようです。
梅雨時期のメリットとしては中古物件等を検討されている場合は室内の湿気の具合や雨漏り建築の老朽具合を見るには最適な時期と思われます。
年間を通してそれぞれの時期にあわせた物件の注意点が有りますので、興味のある方はご相談下さい。

2005年05月02日

初めまして、設計のヨッシーです。。

先日、小学1年になったばかりの息子に「今日の宿題はなんだい?」と話しかけたら、「お父さん、お母さんに抱っこをしてもらうこと」とのこと。なるほどお〜いい宿題だなあとも一瞬思いましたが、逆にそこまで強制しないといけない世の中になったのか、とも受け取れるなというのが実感でした。

仕事で帰りが遅いお父さんがきっと多いんでしょう。今の子供もつらい思いをしているのでしょう。

自分の仕事は家を作ることです。お客様によって、家に対する希望は様々ですが、家を作る目標は家族全員が生きていく為により良い環境を整えることであることは共通しています。そのより良い環境の一つに「子供と親がより親密になれるように」ということも家作りの重要なファクターになっているこ
とを再認識しました。

4人家族だから4LDKの家を・・・という単純な発想から間取りを作るのではなく、家族とはどうあるべきか、どう関わっていくべきか、常に自分への課題としながらお客様1件1件お話をしています。

私は常に「我々は建築に関してはプロでありますが、お客様の生活スタイルについては、ど素人であります」と前置きし、お客様とできるだけ多く、雑談も含めてお話をして、その方の目指しているもの・価値観・満足度を計り、家の計画を行います。打合せの時間は、よそのハウスメーカーさんよりかかりますが、そのほうが良い家・完成度の高い家ができると確信しています。

明日の子供の宿題を聞くのが楽しみです。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35