« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月31日

住宅購入は頭金を貯めてから購入しようと思っている方へ

こんにちは、今回は頭金と住宅ローンの関係について検証したいと思います。
例えば、5000万円の不動産を購入する場合、
頭金を1000万円でローンが4000万円(利息1540万円)とした場合
頭金2000万円でローンが3000万円(利息1158万円)とした場合
ですが、
頭金が1000万円の総額は6540万円
頭金が2000万円の総額は6158万円
頭金の多い方が6540万円-6158万円でなんと382万円のお得となります。

上記の検証はごく当たり前の内容ですが、ここで見落としがちなのが1000万円を貯めるのにどれくらいの年月がかかるかとそれまでのどれだけのお金が無駄に家賃等に消えているかということです。

例えば1000万円を貯めるには年間に100万円貯めても10年間かかります、そうすると1ヶ月の家賃を仮に8万円として120ヶ月分すると960万円のお金が無駄に消えています。
となると最初に述べたように382万円利息はお得になりますが家賃に960万円支払いがおきるのでとてもお得とはいえないでしょう。
又、当然ですが10年間で年齢もそれだけ年をとりますので、完済時期も当然に10年遅くなります。
30歳で住宅ローンを組んで65歳で支払い終えるのか?
40歳で住宅ローンを組んで75歳で支払い終えるので?
40歳でローンを組むと、老後を考えますと、精神的にも金銭的にも負担が大きくなりますね。
以前は、住宅ローンも金利の上昇など心配な部分が有りましたが、現在ではフラット35などの長期固定で金利の低い商品も有りますので、詳しいお話を聞きたい方はお気軽にメールを下さい。
但し、非常に安く社宅を借りている方、ご実家などで現在家賃のかからない状況の方は、上記の内容に当てはまらない場合も有りますのでお気軽に問い合わせ頂ければ将来的にお得な資金計画を建てますので是非ご相談下さい。
ちなみに私は14年間で賃貸料を1521万円も使ってしまいました、今思えばもったいないことをしたなと思います。
次回は、不動産屋さんでの危険な出来事についてのお話です、お楽しみにして下さい。


土地探しのページを見てみる。

2006年01月30日

無垢材フローリングVS合板フローリング!!

こんにちは、ゲンタです。1月も後わずかになってきました。この時期になるとそろそろ花粉症の心配が始まります。。。昨日は社長と車に乗りながら花粉症の話題となり、そろそろ注射をうちに行かなくちゃなぁ・・・と話をしておりました。来月末には始まっているのかぁと考えると・・・。

さて今回は、無垢材と合板(集成材)の違いを知っていただこうと思います。
まず同じ厚みの無垢材と集成材のカットサンプルを冷凍庫に15分以上入れておきます。それを取り出してみた写真が↓です。

shuusei2.jpg

ここで、掌で表面を触ってみてください。そして匂いを嗅いで見てください。暖かさ、香り、肌触り、全てが正反対。。。
そして、数分が経過した写真が↓です。

shuusei 1.jpg


わかりづらいかもしれませんが、表面に結露が。。。無垢材の方は全くナシ!夏場、エアコンをかけた部屋で寝そべっている時に、合板のフロアがベタベタしたことはありませんか?他には、今のような時期の冬、暖房をかけた部屋を換気しようとし窓を開けた時、窓から入った空気が合板の床にあたりそこがベタベタしているのを触ったことはありませんか?これらと同じことです。
ぜひご自宅で実験していただけますと、本物の無垢材の良さが身体でわかると思います。この、『無垢材VS合板(集成材)』は弊社でご用意しておりますので、ご自宅で実験してみたい方はお気軽にお問合せ下さい。

本物自然素材の無垢材が創る床。太陽の光と創りだす和らぎの表情、触った時に感じるやさしさ、家に入った時に包む癒しの香り・・・。身体で感じてください。。。

2006年01月27日

頭金が無くても住宅ローンは組めるのか?

こんにちは、今回は住宅ローンの頭金について、検証したいと思います。
先日の出来事ですが、家は建てたいが頭金があまり無いので住宅ローンは絶対に組めないと思い込んでいるお客様がいらっしゃいました。
話を聞くと、以前に某大手ハウスメーカーの営業社員に資金計画をたててもらったら、物件価格の80%と他に諸費用分がないと住宅ローンを組むのは絶対駄目だと一喝されたそうです。
それでよくよく話を聞いてみると、残債の残っていない土地が有り年収もある程度しっかりされておりそれであれば何とか住宅ローンが組めそうな内容でした。
一般的なセオリーで言えば、某大手メーカーの営業社員の説明の通りですが、現在の住宅ローンの仕組みは建物や土地の担保評価(不動産価値)よりも、お客様個人のパーソナルな内容例えば(職種、年収、土地の有無又は年齢)などが頭金の有無以上に優遇してもらえる傾向に有ります。
極端な話、自己資金が0円でも住宅ローンが組める場合は多いに有りますのである程度住宅ローンに熟知したスタッフに尋ねればすぐに解答が出るでしょう。
無垢スタイル含め一般的な住宅メーカーでは、住宅ローンとは関係なく契約時に契約金が必要となりますので、早い段階で最低限度の契約金がどれ位必要か、確認がする必要があるでしょう。

次回は頭金を貯めてから住宅ローンを組んだほうがほんとにお得なのか?について検証します。

2006年01月26日

【無垢スタイルの評判】洗面ボールまで無垢材の家完成!

本日無事施主様の検査が終了しました。
あとは引渡しのみになりました。
いつも引渡しの時はお客様に喜んで頂いて嬉しいさと自分の家のように現場管理をさせてもらっていたので、寂しい気持ちにもなります。

ついにK様邸も引渡しが近づいて思い返すと無垢材・自然素材にこだわって尚且つ絶妙な間取りで開放感があり各職人さん達が住みたいと絶賛を頂いたのと1階トイレには手洗いのボールまで集成材ではなく無垢の木製ボールを取り付けました。(少しボールが小さかったかなぁ・・・)

1.25 (2).jpg
木の流し

1.25 (3).jpg
”ぬくもりの感じられる無垢の木の手洗いボール

1.25 (29).jpg
吹き抜けから光の降り注ぐ1階リビング

1.25 (30).jpg
すがすがしい吹き抜け部分

1.25 (32).jpg
明るい階段

1.25 (34).jpg
自然素材でできた脱衣、洗面所

1.25 (35).jpg
開放感のあるトイレ

1.25 (36).jpg
ロフトの格子状の手すりから広がる光と、和モダンの明かりが部屋を素敵に演出。

1.25 (38).jpg
明るい寝室

1.25 (40).jpg
2階から見た窓の外の景色


K様御家族も喜んで頂き(お子様は大はしゃぎ)監督業のやりがいと達成感を頂き明日も頑張って仕事ができます!

施工事例を見てみる。


2006年01月25日

無垢スタイルの家完成見学会!

こんにちは、無垢Styleのゲンタです。
21日土曜日の雪には驚きましたね。あそこまで降るとは思いませんでした。

雪の中、21日(土)22日(日)にさいたま市南区太田窪にて、お客様のご好意により「自然素材無垢のデザイン住宅」の完成見学会をおこないました。初日は雪が一日中降っていて外はとても寒い中での見学会になりましたが、自然素材をふんだんに使った家は、暖かさがあり、精神的にもぬくもりを与えてくれる家でした。

IMG_062000201.jpg

この自然素材の家は、床は3センチの厚みの赤松で、壁は珪藻土で仕上げ、天井を見上げれば大きな梁と高い天井そして太陽の光、工場製品の持つ「つるつる」ではなく「ざらざら」した肌触りが心地よく、太陽の光を浴びて生みだす光のやわらぎ、住む人の心を育む家。。。
この自然素材の家の素晴らしさを多くの方々に知って頂きたいと思っております。

次は、1月28日(土)29日(日)さいたま市緑区にて構造見学会を予定しております。「ケヤキの大黒柱と太鼓梁を用いたリビングのある家」です。天然無垢材を使った家の構造躯体は壮大です。家の骨組みを観ずには家はわかりません。事前予約制になっておりますので、ご興味ございましたらお気軽にお問合せ下さい。自然素材の家にこだわりたい方必見です!!

2006年01月23日

さいたま市緑区構造見学会!

1月28日(土)29日(日)に「ケヤキの大黒柱と太鼓梁を用いたリビングのある家」さいたま市緑区A邸構造見学会を開催いたします。
1222006.jpg

展示場では見ることのできない、家の骨組みを見る良いチャンスです!
今回の構造見学会は完全事前予約制ですので、お問い合わせ後、案内図を郵送いたします。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

無垢スタイルの自然素材の家で詳しく見てみる→施工事例

無垢style 地盤改良

「地盤改良について」
今日は一般的にする地盤改良工事についてお客様から質問があったので御紹介します。
弊社で多くの改良工事の支持杭工事(鋼管杭工事)とこの辺ですと川口や三郷で多い摩擦杭工事(柱状杭工事)です。
「お客様から鋼管杭と摩擦杭はどう違うの??」とありましたので簡単に説明します

摩擦杭(柱状改良)は
セメント系固化材をスラリー状にして、原地盤に注入しながら機械で混合撹拌することにより、原地盤土を柱状固化させ、地盤強化を図る工法です。

hashira.jpg

柱状改良工法の特徴
柱状改良の最大のメリットは、改良した地盤(コラム)が建物を支える強度を長年にわたり維持できることです。この強度を実現できるかは、コラム製造にあたって固化材をどう配分するかによって左右されます。養生期間(固定期間)が必要です。

支持杭(鋼管杭)とは
支持層(硬い地盤)まで回転貫入した炭素鋼管杭で、住宅の荷重を支える工法です。軟弱地盤層が厚く、支持層が柱状改良工法では改良不可能な深さにある場合、この工法が用いられます。

jiban1.jpg

鋼管打設工法の特徴
水やセメントを使用しないため、現場がきれいに仕上がります。
鋼管杭は工業製品であるため、品質が一定に保たれます。
セメントを使用する工事と異なり、施工後の養生期間(固化期間)が不要です。

これらの他にもいろんな種類がありますもうお家が建っていても地盤補強は
可能ですので御心配な事がありましたら、お気軽に御相談下さい。

2006年01月19日

無垢材の家具で自然素材リフォーム

先日は久しぶりに無垢材を使用している家具工房へ行って来ました。
table2.jpg
(写真1)
当社の無垢を使った家に似合うテーブル兼座卓を製作するためです。

table1.jpg
(写真2)
今回気になったのは、「モンキーポット」なる木(写真002の中段)で以前テレビコマーシャルにあった、「この~木なんの木気になる木~」に出てくる木でした。南洋材で反りにくく、木目がとてもきれいな木で、よく座卓やテーブルに使用します。

でも少し重いので、実用的かなあ?と迷っている最中です。他にもいい木がいっぱいあるので、家の中の空間とマッチするよう考えなくてはなりません。

私の家のテーブルもやはりこの家具工房の熟練の職人さんに造ってもらいましたが、今でも反りもがたつきもなく、子供たちも「木はいいねえ~」と今でも言ってくれます。

無垢の木などをふんだんに使った家には、家具もやはり無垢の木で造ったものが良く似合います。

新築住宅もですが、当社では築20年~30年の住宅を自然素材リフォームを行う際も積極的にこのような家具をお勧めしています。天然木の床板と珪藻土や紙の壁紙を天井や壁に用い、家具も無垢にする。するとその家の空気質がまったく改善され、改築前とは全く異なった空間ができますょ。

空気の質が良くなるのは、文章では具体的に話ができないのが悔しいところですが、リフォームでも確実に体感できます。特にその効果は小さな子供たちに顕著に現れます。マンションなど結露がひどい所も効果的です。

これからは量より質を大事にする時代です。むやみに家を建て替えるだけでなく、今ある住まいを欧米の方たちを見習って、いかに長持ちさせ快適さを維持できるようにするか、いかにそれを日本人に浸透させていくか、私たちの使命と胸に刻み込み取組んで行きたいと考えている今日この頃です。


無垢スタイルグループ リフォーム事業部『Green-リメイク』 さいたま市 所沢市
Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

2006年01月18日

無垢スタイルの評判 リフォーム相談会

無垢スタイルでは、実際のスケール感を体験しながら実生活でイメージが沸きやすいショールームを借りて、定期的にリフォーム相談会を行っております。
ご来場いただいたお客様からは、カタログやネットでは得られない情報に「知らなかった」と驚きの声を、そして見て触れてこそわかる天然自然素材の質感に「楽しかった」と喜びの声をいただき、好評を頂いているイベントとなります。
また相談会場では、図面、間取りをお持ちいただければ弊社一級建築士によるプラン相談も時承っております。
モチロンご相談、お見積もりは全て無料です。
リフォームをお考えの方だけでなく、建て替えをお考えの方も是非この機会を利用して知っておきたいことが満載です!
みなみなさまのお越しをお待ちしております!

070117005.jpg
専門相談員があなたの疑問にお答えします。
070117003r.jpg
無垢スタイルの過去の施工例をみてイメージをわかせてください。
070117002r.jpg
無垢材のよさを知ることができるコーナーもございます。




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

世界最古の木造建築、伝統工法の耐震性は?

今日、お客様と木造建築の話をしていて、一番古い木造建築は? 伝統工法の耐震性は?
という話になったのですが、世界最古の木造建築物は、皆さんご存知だと思いますが、法隆寺の五重塔です。  
でも、この五重塔は、現在、伝統工法と一般に言っているものと、構造が異なります。
一般に伝統工法と言われる、貫工法は実は鎌倉時代に中国から伝わってきたもので、先にあげた建物
には使用されていない工法です。
かといって、耐震性がないというわけではなく、世界最古という歴史がしめすように法隆寺の五重塔のような飛鳥様式では、木の摩擦力によって発生する熱エネルギーに地震エネルギーを変換してしまうということと、よく「しなる」という木の性質を利用して持たせています。
後の校倉造やログハウスなどもこの部類に入ります。
現在、一般的にいう伝統建築の貫工法では、柱の中を貫が貫通することにより、支点の数を増やし、そこから地震のエネルギーを逃がしてしまうというものです。
また、世界最大の木造建築物といわれる、東大寺の金堂はどうなっているでしょう。
現在のものは1707年に再建されたものですが、驚くべきことに柱に集成材?が使われています。
現在の集成材の定義とは違いますが、ドイツで20世紀のはじめに考え出されるより、ずっと以前に使われているのには、感心を通り越し感動すら覚えてしまいます。
また、明治36年の修復の際には、なんと鉄骨も使用しています。

昔の建物の話ばかりしてきましたが、現在の木造はどうなっているかというと、筋交いと呼ばれるつっかえ棒で支える工法・2×4工法のように「面」で持たせる工法など、多種多様です。

耐震性が全てではないですが、家づくりを考えるとき、決して無視できるものではありません。
自分にあった家作りのなかに、耐震性は絶対に考慮してください。

2006年01月16日

無垢スタイルで評判の古材再生!

以前、新聞でも紹介されたことがあるので、ご存知のかたもいらっしゃると思いますが、
弊社では、現在、古材の買取・販売ということをおこなっています。

450.jpg
写真1

写真1は、築100年以上の民家の解体中の現場のものですが、樹齢100年を超えているような木材を、
ふんだんに使っており、現在ではなかなか手に入らないものばかりです。
こんな立派な家でも、諸事情で解体せざるを得ないような事情もでてきます。
完全移築は無理でも、せめて部分でも残し、生き返らせたい!
解体中にお施主様が「解ってはいたけど、やはり寂しいね」と一言漏らしていたのを聞いて、立派に
再生させねばと、ますます思いました。
まだ、この家の嫁ぎ先は決まっていませんが、いままでお施主様の家族を見守ってきた家は、
新たな嫁ぎ先で、新しい家族を見守っていくことでしょう。

060116001.jpg

写真2


写真2は古材を利用した新築住宅です。

古材ねっとに無垢スタイルのホームページが出来ました!
古材ねっとの無垢スタイルのHPはこちらから

2006年01月13日

無垢 北西角地の見本です。

さいたま市南区M様邸
「趣味を満喫できる夫婦の癒し住宅」完成間近です!

自然素材の家 さいたま市
ネイビーをアクセントとしたスタイリッシュな外観.。

さいたま市南区M様邸は2006年1月21日(土)22日(日)に完成見学会が行われます。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

ネット現場見学会でM様邸の家づくりの様子を詳しく見る→施工事例
そのほかの無垢スタイルの1月のイベントを見る→イベント

2006年01月10日

さいたま市 不動産を検討するに当たっての季節的な注意点

こんにちは當間です。

前回1月中旬~2月末には、沢山の不動産の売り出し物件が出るとお話しましたが、この時期は他にも下記のような不動産を見るにあたっての、季節柄の注意点があります。


①一年のを通して、一番日照があたらない時期なので、シビアに日当たりが判断しやすい。

②中古物件を検討中の方であれば、寒い時期なので家の断熱性能を判断しやすい。

③乾燥している季節なので、湿気のたまるような土地の判断がつきにくい。

④空気が乾燥していると近くの騒音が軽減されるので、騒音が気づきにくい。

⑤夏に比べ比較的風が吹くので、風のと通り抜けの悪さに気づきにくい。


代表的には上記のようなのが大まかなポイントですね。
不動産を判断するには、他にも沢山の注意点が必要です。
是非弊社の家や不動産の勉強会にお越し頂ければ、ワンランク上の不動産の見方を
伝授させて頂きますので挙ってお申し込み下さいね。

~住宅の怖い話~ 人を不健康にする要因

それでは、今回は物理的な要因についてです。

物理的影響というものは、温熱環境、湿度環境、光環境、音環境などです。
特に温熱と湿度環境は人の体に直接影響を及ぼす為、住環境における健康を考えるうえで、とても重要な要素です。

それでは、人はなぜ寒いと感じるのでしょう?
人の体は常に周囲の温度との関係で熱を放出したり、貯め込んだりしています。
ストーブに顔を近づけると顔が温かく感じるのは、顔にストーブからの放射熱を受けているからです。
逆に冬の時期、窓に顔を近づけると冷たく感じるのは、窓ガラスからの冷放射を受けるているからです。
つまり、近くに温度の高いものや低いものがあれば、人はその温度を放射熱の形で受け取るのです。
また、床や椅子などのように体に直接接触するものは熱伝導によって体熱を奪います。
ドアノブや水道の蛇口など金属類を冷たく感じるのは、そういった物の熱伝導がいいためです。

家の中が寒いと、風邪や神経痛、腰痛などを引き起こします。
さらに、低い気圧下では血管が収縮するため血圧が下がり、狭心症や脳卒中などの怖い病気の原因になります。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35