« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月30日

【無垢スタイルの評判】春日部市 無垢スタイル 手作りあふれる大楽の家

完成現場急増のため見学会を開催できなく・・・・残念。

お客様の問合せ殺到につき、少し覗いてみてください。。。

キッチンのカウンター部分はタイルで造作。。
洗面化粧台もタイルで造作。。
階段はスリットにてアレンジ。。

玄関は、広がりを感じられ、光が降り注ぐおしゃれな空間。
また、浴室からウッドデッキに出れるよう計画し、入浴の時間を
楽しむのにはもってこい。(楽しそうです)

リビングにあるロフトは、楽しめる空間。

木製のウッドデッキが浴室からつながり・・・・。

大きく楽しめる。大楽空間。

少しだけ、覗いてみてください。


061130gaikan.jpg
切妻屋根にクリーム色の外壁、窓に格子やガラスブロックで
個性的な外観に

061130002kit.jpg
高めの天井や天窓は明るくて、風が通る気持ちがいい
キッチンスペース。
木と光のぬくもりや風を感じながら、ゆったりと
お料理できる、そんな空間です

061130005kit2.jpg
タイル貼りのおしゃれなオーダーメイドキッチン。
お友達からうらやましがられること、
間違いないです

%E6%98%A5%E6%97%A5%E9%83%A8%E3%80%80%EF%BC%B5%E9%82%B88.jpg
洗面化粧台やキッチンはタイルを用い、
奥様が楽しめるようなインテリアに


U様、今後とも末永くお付き合いいただければ幸いです。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

熱帯魚と暮らす

設計のイッシーです。

suisou061122.jpg


先日水槽を大きくした話をしましたが、多少水草のセッティングがひと段落しましたのでアップしました。まだまだ改善していく予定でいますので今から楽しみです。。。

私が熱帯魚を飼うきっかけとなったのは、半強制的に友人に進められたからなのですが、
飼ってみると意外と癒されるというか、和むというか・・・
いまだにかなりはまっております。

人が生活していくうえでは癒される趣味や空間は必要不可欠だと思います。
そのような空間や、提案をご提案できるよう日々精進しておりますが、いまだ私のお客様で水槽を検討されている方がいないのが残念です。。。

いつかくるそんなお客様のために案を練っておこう。。。

家具のお手入れ方法Vol.2

どうも、こいけっちです!
さてさて、さっそく前回の続き、家具のお手入れ方法についてお話していきたいと思います!

今回は布張りの家具のことについてです。
ホコリがついてしまった場合はブラシを掛けながら、表面を軽く叩いたり、掃除機でホコリを吸い取って下さい。

パイル地であれば毛並みの方向に軽くブラッシングをかけてもらうだけで、普段は大丈夫です。

もしも、食べ物やあぶらなどで汚してしまった場合はすぐ濡れタオルなどで拭き取るってください。
長時間そのままにしておくと空気で酸化したり、紫外線のため変化して、取り除くことが難しくなる場合もあります。

市販の洗剤としては、カーペットシャンプーかカーペットクリーナーなどがお手入れには向いています。
使用前に張地の隅か目立たないところで試し洗いをして、変色や色落ちがないことを確認して下さい。
※注:オキシドール、さらし粉などの漂白剤及びアセトンやシンナーなどのシミ抜き剤はなるべく使用しないで下さい。

日光が直接長時間あたるような場所、直接高熱が伝わるストーブのそばなどに置いた場合、変色や変質の原因となります。
また、湿度の高い場所はカビがはえたり、変色や変質の原因となります。

特殊加工した毛皮製品やビニール製品などが、長時間、布張り部分にふれていると変色などの
原因となるおそれがありますので充分ご注意ください。
アルコール、シンナー、ベンジンなどをこぼすと、変色や変質、破損を起こすことがあります。

2006年11月29日

赤松の床

施工管理のジュンジです。

無垢スタイルの家づくりに使っているムクの床。
一番多いものは「赤松」です。

そこで今日は赤松についてお話します。

アカマツ Pinus densiflora マツ科

一名メマツ(雌松)、漢字では赤松とかく。樹皮がよくむけて赤肌を見せることからこの名がある。通常は海岸から離れた土地に分布する。近年はマツクイムシの害で枯れるものが目立つ。
山の上の陽あたりの良いところに育つと樹脂(ヤニ)を多く含むという。

マツは樹脂(ヤニ)を多く含むことから、耐湿性が優れている。かっては建築土木で基礎の松杭として利用されたそうです。

061129002.jpg

赤松など無垢の床材はとても足触りがよく心地良い質感です。

夏でも冬でも素足が一番似合います。

しかし、心地良い反面、キズがつきやすいという面もあります。

堅いものや角のあるものを落とせばすぐにへこんでしまいます。
工事中は職人さん達に特に注意をしてもらう部分ですが、どうしてもキズが付いてしまいます。

ですがそのキズはある程度は修復させることも出来ます。
木は材木になってもなお、呼吸をしています。
その性質を利用し水を含ませると多少のキズが回復します、次回はキズの回復の写真をブログにて紹介したいと思います。

2006年11月27日

【無垢スタイルの評判】さいたま市西区 極上のくつろぎ空間演出

和風×アジアンの極上のくつろぎ感のある空間。
半露天風呂がある浴室。。
お子様の学習意欲が沸き、笑顔あふれることが浮かんでくる、配置計画。
今回の完成見学会では、施主様の感性が見る人々を魅了しましたねっ。
皆で、この家住みたいっと思いました。。
出会ってから2年ですか。。
建築中も色々とご迷惑をお掛けしました。。
今後とも、顧客満足度向上の為、様々なお声をいただければ幸いです。

なによりも、これから先のお付き合いが楽しみです。


061127007n-gaikan.jpg
和を感じられるモダンな外観

061127002n-living1.jpg

061127003n-wasitu.jpg
1Fのコンセプトは古民家風。
まるでちょっと贅沢なお宿のよう。。。

CIMG0543.jpg
まさに古民家風な欄間

061127006n-toilet.jpg
暖かみのある照明が配置されている、
広々したトイレ

最後に、ご主人様。。色々と教えてくださいねっ。。
遊びに伺います。。

この度は、見学会開催にご協力いただけたこと、心より感謝いたします。


【無垢スタイルの評判】さいたま市西区 こよなく愛する趣味の充実

初めての、出会いは見沼区での見学会でしたねっ。
非常に、感動してくれたことを覚えております。
玄関を入るないし、DEN(男の隠れ家)には、皆さん
「すごい、ん~ほしい。」など、うなっていました。。
友人に早く見せていただきたい。
また、DENで騒いでいるところに混ぜていただきたい。
そう思いました。。。(その際にはよろしくお願いします。。)

そして、これから生活することを待ち遠しく感じている、ご夫婦の笑顔が、とても印象的でした。

必ず、飲みにいきます。。(大勢で笑い。。)

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

061127008gaikan.jpg
趣味の品を散歩する人に見ていただくようにと、
ショップウィンドー的な小窓が設置された外壁

061129001.jpg
居酒屋が好きなご夫婦のためのくつろげる空間。
奥には瓦屋根がついた座敷が!

IMG_2747.jpg
座敷席をイメージした畳コーナー。
ご夫婦でゆったり晩酌もよし、お友達をよんで
わいわい楽しむもよし。
家中本格居酒屋オープンです♪

061127007kitchen.jpg
ダイニングには天然木でつくるテーブル、キッチンには
桐でできたカップボード

100%DESIGN TOKYO PART3

コーディネーター兼アシスタントのヨネダです。
100%DESIGNの紹介も今回で最後になります。
メイン会場は写真撮影禁止の為、様子を案内できないのが残念ですが、気になった展示や傾向などをお知らせしますね。

一番の注目は、マックスレイとスワロフスキーのコラボレーションです。
スワロフスキーのクリスタルにLEDの照明を組み合わせた照明器具が展示してありました。
かなり高額なんですけど、すごくきれいなんですよ!
写真で紹介できないのが残念です。

今後は住宅でもLEDが使われていくと思いますので、その点でも時代を先取り、かつ今流行のホテルライクのゴージャス感をも表現している素晴らしいデザインだと感心しました。

また、プロジェクターのようなもので映像を壁面や床に映し出すことで空間を演出する展示も興味を引きました。住宅でこれを導入すれば、季節によって、もしくは日によって部屋の空間のイメージを変えることができるようになるので、非常に面白いと思います。

他にも照明に関するブースが多くありましたし、多くの人が足を止めていましたので、これからは住宅においても「光」をデザインすることが重要になってくると感じました。これからは、かっこよくて機能的で心も休まる空間を演出する鍵は照明だと思いますよ!

敷地延長土地を語るNO.2

さいたま市 無垢な土地探し
~敷地延長土地を語るNO.2~

土地探しをしている方々こんにちは。
土地探しから家づくりまでをサポートしています無垢Styleゲンタです。
今年もあとわずかになってきました。一年の締めくくり、最終の12月イイ年にしましょうね。

では、今回のテーマの「敷地延長土地を語るNO.2」前回は接道幅について話をしましたが、今回は敷地延長の土地を検討する上での注意点となる、外部給水工事排水工事についてブログします。
資金計画上の注意点になるのですが、敷地延長の土地は、接道から実際に家を建てるとことまでの距離があります。ですので、道路に入っている水道管・下水道管を家まで引っ張ってくるのに、普通に接道している土地よりお金がかかります。単純に距離が長いですからね。
言われてみれば簡単なことですが、土地の購入を検討している土地には忘れがちなので御注意しましょう。

では、シリーズNO.3も楽しみにしていて下さい。
実際にご検討している土地がある際は、またご相談下さい。

2006年11月25日

家具のお手入れ方法

この頃は朝晩の冷え込みが、一段と厳しくなってまいりましたが
いかがおすごしでしょうか?
どうも、こいけっちです!

今回は奥様必見!家具のお手入れ方法についてお話していきたいと思います。

1.木製家具
まずは、家具の設置場所ですが、急激な温度変化や、高低度の激しい場所、エアコンや暖房器具の近く、また直射日光のあたる場所などには、なるべく設置しないようにするとより長持ちしてくれます。
(木材の接着のハガレ、干ワレの発生、色あせ、黄変の原因となってしまいます。)

塗装面のお手入れですが、埃は柔らかい布やガーゼ、またはピアノ用のハタキなどで軽くはらうように拭いてください。
普段のお掃除は柔らかい布で軽くはらう程度でよいでしょう。
このときに気をつけたいのが、角の掃除です。
角は下地がでやすい為、こすり過ぎないように
特に注意して、こすりすぎないようにしてください。
ワックスをつける場合は、柔らかい布に指定のワックスを薄くつけ、ムラにならないように気をつけて
一面ごとに丁寧に塗って下さい。(ワックスは木製家具専用のものか、メーカーさんなどで推奨しているものを使うことをお勧めします)

もしも汚してしまった場合のお手入れ方法は石鹸水を染み込ませて硬く絞った布で、汚れが落ちるまで拭き取った後、ワックス掛けをして下さい。

2006年11月24日

建て替えするなら・・・ここがポイントVo.1

建て替えするなら・・・ここポイントVo.1

こんにちは無垢Styleゲンタです。
いよいよ朝晩が寒い季節になってきました。周囲では風邪らしき症状が流行っているようなので、十分注意しましょうね。

本日のお題は、
「建て替えするなら・・・ここポイント」です。
土地から購入する場合、現在の家を解体して家を建て替える場合では注意点がことなります。今回は建て替えの際に必要となる「仮住まい」についての注意点をブログします。
家を建て替える際には、当然家を解体しなければならないので家を建てている間住むところを考えなければなりません。そしてその間の家賃を資金計画しなければなりません。ここまでは、よくご存知のことかとは思います。
いざ仮住まいを探すとなった時に注意が必要となります。
それは、一般的には仮住まいを借りる期間は6ヶ月くらいでしょうか。
できることなら家賃を少しでも少なくしたとなるので、短ければさらに良いとお考えになります。
しかし、通常賃貸のアパート・マンションなどは2年などで契約をすることが多く、短期だとお貸ししてくださる大家さんが少ないのです。しかも短期賃貸の間が2月~4月を含むとさらに大家さんは貸し渋ります。ですので、礼金を多く取られることも・・・。

といったことがありますので、仮住まい探しには十分注意しましょう。
個人でお探しの際は期間をしっかりとお伝えすることを忘れずに行いましょう。

では、またお送りします。

2006年11月22日

古材でオシャレな家づくり

こんにちは 千嶋です

自分も家を作る時は是非使いたいと思っている古材。
桜区N様邸は、古材を柱に見立て設置しました。

61122005.jpg

玄関をくぐり 真っ先に目に付き、入ってくる人皆が、少し普通の家とは違うオシャレな家と思うでしょう。

これから十分に乾燥させて 塗装をして仕上げていきたいと思います。
完成をお楽しみに。

 最近 自分もインパクトのある使い方を考え中です

100%DESIGN TOKYO PART2

コーディネーター兼アシスタントのヨネダです。
前回お約束の100%DESIGN TOKYOの紹介です。
メイン会場外で面白いものを見つけたので写真とともに紹介しますね。

多くの人が足を止めて、面白がっていたものがこの「ゴミ袋」です。

ゴミ袋をデザインすることで、ゴミ置き場がデザインされ、街並み自体も
デザインされる。身近なものをちょっとデザインするだけで、街並みまでも影響を与えることができるというのは、かなり素敵なことですよね。

061122001.jpg
資源ゴミは、緑で木が描かれている袋に入れてゴミ置き場に・・・
これでゴミ捨て場が緑の森に変身!

061122002.jpg
燃えるゴミは、赤い花が描かれている袋に入れてゴミ置き場に・・・
これでゴミ捨て場が赤いお花畑に変身!

061122003.jpg
燃えないゴミは、青いお魚が描かれている袋に入れてゴミ置き場に・・・
これでゴミ捨て場がたくさんの魚が泳ぐ海に変身!

こんなゴミ袋が採用になれば、ゴミの日が待ち遠しくなるかも!?

2006年11月20日

寝室の内装について

こんにちわ。設計のヨシーです。

寝室の内装について。

打合せの中で、「寝室の壁と天井はどんな色がいいですか?」の問いに「真っ白で明るい色が気持ちよさそうでいい!」とイメージされるお客様がとても多いです。

確かに珪藻土や紙壁紙のサンプルをよく見ると、白は清潔感あふれる綺麗な色で、私も良いとは思うのです。

が、寝室となると少し話が違ってくると私は考えています。

寝室とは夜がメインの部屋であり(ムフフ・・・)、やわらかい白熱灯の明かりとのバランスを考えて、又、朝目覚めた時に最初に目に入る色はまぶしさを抑えるということを考えて、茶系の色で内装をまとめるのがもっとも良いのではと考えています。

風水でも、「茶色は、安定感を求める色で夫婦が円満になるためには良い色」とされていますし。

もちろん、家具や照明器具、カーテンとのバランスを見ながら内装は決まっていくべきと考えていますが、参考になれば幸いです。

2006年11月17日

100%DESIGN TOKYO PART1

コーディネーター兼アシスタントのヨネダです。
早速ですが、先日開催された100%DESIGN TOKYOに行ってきました!

061117001y.jpg

今回から3回に分けて、その報告をしようと思います。

100%DESIGNとはどのようなイベントなんでしょうか?
元々はロンドンでの革新的なプロダクトに特化したイベントで、来場者と出展者にビジネスチャンスをもたらしています。
そのイベントが2005年より日本でも開催されるようになり、青山神宮外苑で開催された昨年度は6日間で67000人を超える来場者があり、とても注目されているイベントなんですよ。

061117002y.jpg


メイン会場での展示と、屋外でのコンテナ展と学生展示で構成されていて、一般公開前にも関わらず、外国の方、学生さん、業界関係者でにぎわっていました。
(一般公開日に行った友人に聞いたら、行列ができるくらいの人だったらしいです。)
住宅、インテリア関係のプロダクトだけではなく、映像や香りもデザインの対象なんですよ!

では、その内容は次回以降に紹介しますね。


2006年11月16日

カーテンコーディネート第三弾

こいけっちです!
さて、今回もカーテン話の第3弾とまいりたいと思います♪

今回は、カーテンのひだについてご説明させて頂きたいと思います♪

縫製カーテンの美しさの特徴は、そのなめらかなドレープラインと美しいシルエットにあります。その表情を決めるのが、カーテンの
吊り元であるプリーツ(ひだ)となります。

このプリーツ及び個数、プリーツの間隔などによりひだ倍率を調整することにより、好みに応じたドレープラインを形作ることが出来るのです。
それによって、同じ生地を使っても、印象が異なるのです。
プリーツの間隔は、2倍ひだ程度で12cm前後が最適と考えられていて、1間巾の窓にかけるカーテンのひだ個数は18個が美しいと考えられています。

プリーツの種類には大きく分けて4つに分けられます。

●ツマミひだ
3つ山ひだ,2つ山ひだ
カーテン芯地を用いて作られた一般的なプリーツです。 
オーダーカーテンでは3つ山ひだが一般的ですが、厚手の生地や倍率の低いものは2つ山で作られます。

ゴブレットひだ
芯地えお用いて、コップのような丸みのある表情を持たせたひだスタイルです。

●ボックスひだ
ボックスひだ(箱ひだ)
カーテン芯地を用いて箱状の形状のひだを作ったスタイルです。
ひだにボリュームの無いスタイルなので、奥行のないカーテンボックスや2重吊りのレースなどの仕様に最適です。3倍ひだの場合はボックスを2重にして縫製されます。
逆ボックスひだ
ボックスひだを室外側にとったひだスタイルです。
カーテンの柄を大きく見せたいときなどに最適なスタイルです。

●ギャザーひだ
ギャザーひだ
ギャザーテープを縫い付け、引き紐をしぼることで、ミシンなどでは表現しにくい高級感のあるひだを表現したものです。ペンシル状の駒かなひだタイプと上下に交互にできるスモック状のひだの2タイプがあります。
ロッドポケットひだ
カーテンの吊り元部分を袋状にして、その中に木製のレール等を挿入し、生地をよせることでひだを表現したスタイルです。

●プレーンひだ,片ひだ
プレーンひだ
プリーツ(綿)テープにフックを取り付けて、ひだを取らずにシンプルに吊り元を表現しております。生地の持つ柔らかさをいかしたスタイルです。
片ひだ
コントラクト物件や予算を抑えたいときに使用されるひだスタイルです。
ハトメひだ
シャワーカーテンやスタイル提案として人気の高まっているスタイルです。
装飾レールに直接取り付けたり、紐を通して取り付けたりします。
ループひだ
生地を使ってループを形作ったスタイルです。装飾レールなどと共に使用され、最近人気の高まってきているスタイルです。
ボウスタイルひだ
吊り元をひも状に作成して、装飾レールにリボン状に取り付けたスタイルです。

このように、カーテンとは生地からスタイル縫製の仕方にいたってまで、バリエーションにとんでいておくの深いものなのです!

もし模様替えを考えているけど…という方、カーテンだけでもこだわってみてはいかがですか?
カーテンを替えるだけでもお部屋の印象は全く違うものに変化しますよ♪
 

2006年11月15日

おさむっくと歩く日光の旅(3)

おさむっくです。日光の旅、第三段です!

50.jpg

五重塔:若狭国小浜藩主 酒井 忠勝が慶安3年(1650)に寄進した塔。
高さ36m。吹抜けの内部を吊り下げの心柱が貫く耐震構造。

写真には、カメラの性能かカメラマンの性能か2層目から5層目しか撮れてませんが、初層から4層までは垂木が『平行の和様』だが、5層目だけ『放射状の唐様』になっている。
全てを揃えず、完全にしないのが日光 東照宮スタイルなのだそうな。
無垢スタイルと共通するところが。。。変な仲間意識が・・・♪

神社の境内に仏教建築の五重塔があるのは不思議だが、こんな神仏混淆(しんぶつこんこう)が数多くみられるのが日光 東照宮の大きな特徴。ってじゃらんに載ってました。。。ははっ バラしてどーする

sakasa.jpg


不揃いといえば上の写真。日光 東照宮の陽明門というところに立っている柱。
正面向かって左側から3本目の柱が上記写真なのですが、この柱だけ渦巻き模様が逆!有名な「逆さ柱」だ。

ってか、逆さ柱しか写ってなかったら、逆さなんだかどうだかよくわからないしっっ
我ながら自分の愚かさにウケる。。。ぷぷっ 撮った本人もこれが逆さなんだかよくわからなくなってきました・・・汗

ちなみに、陽明門は想像上の霊獣をはじめ500以上の彫刻が施され、すべてが見事に着色され飾られた絢爛豪華(けんらんごうか)な門で、1日中眺めていても飽きないことから、「日暮門(ひぐらしもん)」の別名をもっています。

こうした微妙な不揃いは、『ものごとは完成したときから崩壊が始まる』との思想に基づき不完全にしてあるという。ウチの建築物と共通する考えですね~

2006年11月13日

赤ちゃんの喜ぶプランとは…

こんにちわ。設計のヨシーです。

Y宅の一番下の子供は11ヶ月なのですが、その子のマイブームは2階の廊下から1階のリビングにいる家族に向かって声をかけること。

ハイハイの格好で「んがー」、「まー」など訳のわかりにくい言葉を大きな声で呼びかけてきます。

a-kun.jpg


Y宅の2階の廊下の床はスリット状になっていて、そのすき間から1階を見下ろせるようになっており、赤ちゃんもハイハイしながら、同じように 1階を見下ろすことができます。

保育士のY氏の妻の話によると、赤ちゃんが下を見下ろす景色とは普段見ることができない異次元の空間を見ているのに近くて、脳に刺激を与え、見ている本人も楽しいらしいとのこと。

(大人が「たかい、たか~い」と持ち上げた時に赤ちゃんが喜ぶのはそのためらしい。)

本来、1階と2階の光と風を考慮して、2階廊下をスリット状にするのだが、それが赤ちゃんの脳の活性化につながれば、まさに一石二鳥!

家造りは奥が深いと感じた今日一日でした。

後はヨダレが2階から降ってくるのをなんとか防ぐ方法を考えねば・・・

2006年11月09日

カーテンコーディネート

一雨ごとに秋の陽気へと近づく今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?どうも、こいけっちです。
秋ということで情緒に浸ってみたわけですが、芸術の秋・読書の秋・食欲の秋とまぁ 色々な秋がありますが、こいけっちの秋は当然といいましょうか?
もっぱら食欲の秋がメインとなります。

さてさて、今回はカーテン等の窓周りのお話を少しさせて頂きたいと思います。

まず、カーテンとはどうして必要なのか?
みなさまはそんな常識…とお思いでしょうが、ひとつおさらいということで。カーテンとはお部屋を美しく演出するだけのものではなく、
外からの視界を遮る、光を調節する、冷暖房の効率を高めるなど、それぞれのお部屋の用途に適したカーテンを選ぶことがポイントです。カーテンは大きく言って2種類に分けられます。
一つ目はドレープと呼ばれる厚手のカーテン生地です。
生地巾は1m,1.5m巾のものが主流です。

二つ目はレースと呼ばれる透過性のあるカーテン生地です。
最近はシンプルなボイルレースやデザイン性の高いシアーカーテンも人気です。

ここでしっておきたいのは、最近聞かれるようになった
遮光率と透過率です。

遮光率とは SD1~7 (光を遮断する目安)までのもので
数字が低い程、光を遮断します。(例:SD1=遮光1級)
1~3級までのものを遮光カーテンと呼び、光を99.4%以上遮ります。
そういったものは、部屋を暗くして休みたい寝室や、ホームシアターの部屋などに
適しています。
人影が写らない程度でいいのであれば、密度が高く目の詰まったものをで
SD4~5程度のもので大丈夫です。

透過率とは TP1~6 (透けやすさの目安)のものをいい
数字が低い程、透けやすく軽い感じに仕上がります。
中庭に面した窓や人目を気にしないで良い部屋などに、目で風を感じたい時などに適しています。
TP5や6は視線や光を遮る率が高くなり、
レース自体の存在感もより大きくなります。

今はカーテンといっても、本当に多種多様に
なってきているので、しっかりと基本を踏まえて
選びたいものですね(*^ ^*)

2006年11月06日

観葉植物の配置

お久しぶりです。
アシスタント兼コーディネーターのヨネダです。
今回は「観葉植物の配置」についてお話をしようと思います。

通常、大きなもの(家具や照明器具)から配置を考えていきますよね。
そうすると、なんとなく寂しく感じるスペースや、ちょっと隠したいスペースができてきてしまう事がありますね。
このスペースこそ観葉植物を置くのにもってこいの場所になります。見せ場にもなるし、目隠しにもなってくれるからです。

植物を置くときに気をつけるのは、その鉢です。鉢一つでイメージは全然違うものになってしまいます。
モダンなイメージなら、それに合った陶器の鉢、アジアンがテーマ
ならカゴなどもお勧めですよ。植物そのものよりも、鉢のほうが全体の印象を決めてしまう
こともある!ということをちょっと覚えておくと素敵な空間ができますよ。

2006年11月04日

おさむっくと歩く日光の旅(2)

おさむっくです。
7回続いた日光放浪の旅も今回で最後です。

ike.jpg

二荒霊泉(ふたられいせん)。背後の洞窟から沸く薬師霊泉(やくしれいせん)と滝尾神社境内の酒の泉が流れ込む池。ここの水で酒を仕込むと銘酒が出来るといわれ、また、眼病に効くといわれている。

下の写真、たぶんこれは知らない人が多いはず。

tenkiishi.jpg

天気石。日光 東照宮入口の一ノ鳥居(いちのとりい)に続く石段があるのですが、その石段の10段目中央の石は茶と青の石が斜めに組み合わされている。

雨を感じて(!?)、2つの色のコントラストが強くなることから天気石(照降石:てりふりいし)と呼ばれている。摩訶不思議。。。

つづいては変身する灯篭↓

kirikizami.jpg

単なる燈篭のようですが、こいつぁ化燈篭(ばけとうろう)と呼ばれるものです。

何でも、火を灯すと怪しい姿に化けたと言われ、警備の武士が胎児しようとしたといわれる刀傷がいくつも残っている。。。

・・・とまぁこの日も一日かけて日光を満喫して参りました。
今回はご紹介しなかった名所もいくつもありますので、皆さんも探してみて下さい。

人面木があるらしいのですが、みつかりませんでした。。。汗

1日歩き廻ると疲れます。どのくらい疲れたかたいうのは下の写真からご想像下さい。

kyuukei.jpg


注:犬は連れていってません。こやつらは私ほどに歩いても疲れてもいないのに、こんなに気持ちよさそうに寝ているのです。。。寝てばかりいるから太るんですよ、はなさん(手前)、あいさん(奥)・・・ トドに手足がはえたみたい。。。

2006年11月02日

セルロースファイバー

弊社では断熱材をセルロースファイバーというものを使っています。

cf2.jpg


どういったものかご存じない方に簡単に説明させていただきます。

まず壁にシートを貼り吹付ける部分に穴をあけてホースをそこに差込して吹付けていきます。もちろん穴をあけたところはふさぎます
断熱もさることながら防音もバッチリです。

srf1.jpg


セルロースファイバーとは、天然の木質繊維のこと。木質繊維が優れているその秘密は、一本一本の繊維の中に存在する自然の空気胞にあります。

セルロースファイバーは、この様々な太さの繊維が絡み合い、さらに空気の層を作り、一層熱や音を伝えにくくします。また、木質繊維特有の吸放出性で適度な湿度を保ちます。

現在、断熱材にはコストや施工の面から、グラスウールに代表される「鉱物系」や硬質ウレタンフォームなどの「化学物質系」のものが多く使われています。が、それらは人体や環境に対する負荷が大きいという問題があります。
自然の恵みが私たちに快適な暮らしをもたらしてくれる。 まさに天然の力です。
弊社ショウルームにもサンプルがありますので、是非、お越し下さい! 

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35