« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月27日

土地情報の多い時期

こんんちは當間です。

今年もあとわずかですね。
今回は不動産の売り出し物件の多い時期についての、心構えとそれまでにやっておくべき事についてのヒントです。
ずばりそれは1月中旬~2月末の時期です。
大げさに言えば、年間の3割くらいの土地情報が、この時期に出ています。
理由は下記の4点が主な理由です。

①年回りを気にして不動産を売却・購入する方。

②正月に親族が集まり、所有している不動産などの話が進む方。

③大手のハウスメーカー・不動産会社が年末・年始にかけて大々的にCMを放送する為。

④単純に年も明けて今年は不動産を売るぞと意気込む方。

上記のようにそれぞれ動機は違いますが、私の担当しているお客様の事例で申し上げますと、今年土地を購入された方の約3割の方が2月の末から3月中旬に土地の取得に成功しています。
と言う事は、現状の段階で土地を購入して建築する方の場合、できるだけ早めに建築費の概算又は間取りなどの要望を建築業者に依頼し整理しておくことをお勧めします。
そして来年早々には、不動産の取得に集中できる環境をいち早く整えると、夢のマイホーム作りも現実味が増すのではないでしょうか・・・・

2006年12月26日

~住宅の怖い話~ 人を不健康にする要因

それでは、前回の続き、人を不健康にする要因とは?です。
家が人の健康に及ぼす影響は大きく二つに分けられ、一つは化学的影響。今回はその化学的影響のお話しです。

化学的影響とは、有害化学物質と空気の質の関係の事で、シックハウス症候群が代表的な例です。
住宅の内装材に含まれる化学物質が人体に悪影響を及ぼすという現象です。
ビニールクロスなど壁紙に含まれる可塑剤、壁に貼り付ける為の接着剤に含まれるホルムアルデヒド。
フローリング材の合板に用いられているホルマリン系接着剤などなど・・・。
皆さんもいくつか耳にした事があるかと思います。
それらが室内の空気を汚染し、その空気を人が吸ってしまうために起きるのが、このシックハウス症候群です。

主な症状としては、頭痛、喉の痛み、眼の痛み、鼻炎、嘔吐、呼吸器障害、めまい、皮膚炎など。
病気としてのメカニズムや治療法もまだ十分に解明されてなく、医療分野でも対応が整備されてないのが現状です。

実はホルムアルデヒドなどの有害物質を含んだ接着剤や塗料はかなり以前から使われています。
しかし、それが大きな問題とならなかったのはなぜでしょう?
それは以前の住宅は今ほど高気密化していなかったからでしょう。
以前の住宅には多少の隙間があり、そこから自然に換気がが行われていたのです。
ところが現在の家造りは、高気密・高断熱化が進み、自ら窓を開けるなどしない限り換気不足になりがちなのです。
その為、現在は大きく取り沙汰されているのです。

次回はもう一つ要因、物理的影響です。

無垢スタイルな大掃除

こんにちは!施工部の『うに坊』です。
最近はぐっと気温も下がり、外仕事の方には辛い季節になりましたね。

さて、皆様そろそろ大掃除の準備に取り掛かってらっしゃる頃かと思います。
窓を拭き、床を掃き、浴槽を磨き…

家中ぴかぴかで新年を迎えられるって気持ちがイイですよね!

…でも、何か忘れていませんか?


エアコンの風がタバコの臭いをしていませんか?
網戸は破れていませんか?
捨てられずに困っているゴミが、庭先や開かずの間に鎮座していませんか?


自分が思う以上に、いらっしゃるお客様やご近所の方は気にします。

私は主にリフォーム工事に携わっていますが、部屋を改装するだけがリフォームではありません。

心機一転、『いつか捨てよう』などと後回しにしていたゴミを片付け、配置変えや模様替えをし、部屋をリフレッシュする事も、立派なリフォームです。

2007年は、今までとは違った視点で我が家を見つめ直してみませんか?

その時は、私・うに坊が微力ながら協力致しますよ!

無垢スタイル ロフト造作

こんにちはズッキーです。
今回はロフトの造作をご紹介いたします。

内容は2人のお子様がおおきくなり、今有るロフトを広げて1つのロフトから2つの子供部屋に改装を致しました。間仕切り壁にアクリル材を使い、光が入る設計を行いました。又、完全にしきってしまうと空気の流れやエアコンも効かなくなってしまうため、開放的な間仕切りにしております。
0612110011.jpg
(施工前)

061211012.jpg
(施工後)

天井高が有れば部屋としても十分活用できますので、是非参考にしていたげればと思います。




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

雨の日を忘れていませんか・・・

こんにちは、いしはらです。

普通、土地を見に行く時は、晴れの日の昼間に見に行く方が多いと思いますが、人と同じで土地も色々な顔を持っています。

そんなには、多くありませんが見に行った時(案内をされた時)は、日当たりが良く、とても良いイメージだったのに、雨の日に行った時(個人的に行ってみる)は、前の道路は水はけが悪いのか、ものすごい水たまりが・・・、(気になって行ってみると)雨が止んで二日たったのに、まだ水たまりが残っている・・・
なんて事もあるのです。

本当に気に入った土地に出会った時は、朝・昼・晩・晴れの日・雨の日など色々な顔を見てあげて下さい。

そして、本当に信頼できるプロの建築家への相談も忘れずに・・・。

2006年12月25日

無垢スタイル 増築工事

菖蒲の増改築の現場です。
外観のビフォー・アフターを見てください。

061225002-1.jpg
(施工前)

061225002.jpg
(施工中)

061225002-3.jpg
(施工後)

お客様の選んだタイルのセンスがとてもすばらしく近所の方々にも大好評のようです。
作っているこちらも自慢できる工事になりました。

ホルムアルデヒドのお話

こんにちわ。設計のヨシーです。

最近、使用する住宅建材の話で「F☆☆☆☆の材料なので問題全くありません・・・」などと平気でおっしゃる方がいるようです。

みなさまは「ホルマリンキャッチャー剤」ってご存知ですか?

シックハウスの規制前からあるホルムアルデヒド類の多く含有された接着剤に、内部添加型ホルマリンキャッチャー剤を混ぜるだけで、なんと F☆☆☆☆の試験にパスしてしまうという優れもの。

われわれから見ると「毒をもって毒を制す」的な方法に見えるのだが、世の中的にはそれが当たり前となっている。しかも一般ユーザーにはそれが知らされていないという現状。

ホルマリンキャッチャー剤の効果も集成材の接着剤と同じように何年持つかは定かではなく、住んで何年後かには実は有害物質まみれの家になってしまう・・・なんてことも?

現代の住宅建築でF☆☆☆☆の建材なしにするというのも工夫が必要だが、 F☆☆☆☆を使いまくるのも問題だと思う。

今の世の中、何を信用したらいいのかわからないと言われているが、やはり自分自身、知識や情報を常に収集分析し、正しい情報をお客様に提供していかなくてはと考える一日でした。

車づくりに学ぶ家づくり

設計のさとちゃんです。
今の自動車業界は軽自動車が人気ですよね。
これは、軽自動車を主に使用している女性のニーズをうまく捕らえて開発しているからだそうです。
 たとえば、収納の多さや、室内のインテリア、消臭機能、燃費、風が直接肌に当たらないエアコン、環境に配慮した排気・・・など、
色々女性に合わせた提案をして、受け入れられているようです。
家づくりにも当てはまる点が多いので、設計時には意識をしています。
「収納をなるべく多く」「室内をお洒落なデザインに」
「光熱費が抑えられる間取りや構造」「健康的な室内環境」などどの奥様も気にされている項目です。

車も家も居住空間としては似ている所が多いですね。
車以外にも、色々な物から家づくりのヒントが得られるかもしれないので視野を広くし、物事を多角的に捉えていかなくては・・・。

2006年12月21日

空間を広く見せるこつ!

道に落ち葉が沢山散ってしまう季節になってしまいましたね。
やっと葉が色づいてきたと思ったのに…

京都の紅葉とか、テレビでみるとすっごく綺麗ですよね。
実際に観たことがないので、いつかは行きたいな~
って思っているぽん吉です。
さてさて、今回は何の話をしようかなぁ。
空間を広く見せるこつ!にします。

脱衣室と浴室は仕切りをガラスのドアにすると一体感がでて、狭さを感じさせないですよ。
窓を大きくすると、光が沢山入って明るくなるし開放感もあって、これも広く感じさせるポイントです。
鏡を大きくするのもいいですよ。
ガラスのドアを使う場合は、念のため強化ガラスを使ったほうがいいかもしれませんね。
ガラス張りのバスルームっておしゃれですよね~。
そんな素敵な家いつかは住んでみたいものです。

2006年12月16日

THE 火災保険Vol.2

おさむっくです。THE 火災保険Vol.2です。

前回は「火災保険を選ぶ時にどのような所に目を向けると良いか」
というお話しをさせて頂きましたが、今回は保険料にちなんだお話です。

火災保険には年払いと長期一括払いとがあるのはご存知でしょうか。毎年一定額の保険料を支払っていく年払い。これに対して、35年なら35年間分の保険料を最初に一括して支払う長期一括払い。(35年でなくても入れます。)

とりあえず最初にざっくりのお話しをさせて頂きますと、保険金額(保険金額とは、簡単に言えば、被災した場合に補償されるMAXの補償額のこと)を2000万円と設定した場合の保険料ですが、年払いにしますと、毎年1.5万円位が相場かと
思います。長期一括ですと、35年間でおよそ40万円から入れます。
※家財保険や地震保険、その他オプションを付けるとその分割り増しになります。
※オール電化住宅の場合の保険料は更に安くなります。

単純に35年間で比較してみますと、年払いの場合、35年間でおよそ52.5万円の支払い。
これに対して長期一括の場合、35年間でおよそ40万円の支払い。
この時点で10万円強の開きが出ます。

ですから、長期一括で加入できる方には長期一括払いをお勧めしております。
ちなみに、水害補償にして家財保険を100万円分付けたプランにして比較してみますと、35年間で40万円前後の開きが出ます。

ただ、最近の火災保険の世情はと申しますと、これがなかなかややこしいことになっているようであります。物事には常に表と裏があるようでありまして、長期一括払いにしますと加入する側にとっては年払いに比べて安価で加入できる訳ですからお得です。しかし、加入される側にとっては、仮に被災した場合、お得に加入して頂いた分、ある意味痛手となってしまう訳です。

そのため、長期一括払いは先の見通しがつかないことを理由に、なくなる(!?)かもしれないという話しが持ち上がっているようです。

しかしこれに反対するのが銀行です。銀行は住宅ローンとして融資をする訳です。返済期間を35年間にする方は少なくないのではないでしょうか。35年ローンで融資したは良いが、仮に被災して全焼してしまった場合、かつ、火災保険に加入していなかった場合、銀行はどのようにして残金の回収を行なえば良いのか、、、という話になってしまいます。そのため銀行側は反対する訳です。

なんとも堂々巡りな話しではありませんか。

まとめに入らせて頂きますと、長期一括払いでお考えの方はまず長期一括払いのシステムがある保険会社なのかどうか、また、長期一括払いのシステムがあっても、5年こと10年ごとの保険料の見直しがあるのかどうか、あるのであればどのように見直すことになっているのかを予め把握されておいた方が良いと思いますよ♪

次回は、地震保険の話しをしたいと思います。 つづく

自然素材100%障子のお話

設計のさとちゃんです。

今回は「障子」についてお話します。
「障子」というと、和室に付属する物と考えがちですが
機能やデザインを考えれば、リビングや寝室にも採用を検討してみてはいかがでしょうか?

0612110013.jpg


障子の機能としては、視線を遮りながらも光を採り入れられるだけではなく、障子面に当たった光が乱反射し、やわらかな光で部屋の奥まで明るくする事ができたり、冷房や暖房の効率を高める効果もあります。
しかも、素材は「木と紙」で自然素材100%です!格子のデザインも考えれば、無垢の家にピッタリマッチする事間違いありません。障子の格子の影と、障子紙を透過した光はには趣がありますよ。

住宅の怖い話~シックハウス2~

何が人を不健康にするか
前回、「住む人を不健康にする家」についておお話ししましたが、今回は「何が人を不健康にするのか」についてお話しします。

地球上で生きるすべての動物の中で、衣服を身に着けて生活しているのはたぶん人間だけでしょう。
たまに服を着ている(着させられてる?!)ワンちゃんを見かけますが・・・自ら身に着けているのはたぶん、人間だけかと思われます。
いつから、どのようにして人間が服を着るようになったかは別の問題として、その目的の一つが「寒さ、暑さから身を守る為」であることは確かでしょう。
そう意味からすれば、人間にとって「家」は衣服の延長線上にあり人間の日常的な生活空間に丸ごと服を着せたのが家であるとも言えるでしょう。
家の壁は衣服で、屋根は帽子。床は靴下・・・・
多少、強引かもしれませんが皆さんも是非「家である」と声を揃えて言って頂きたい!

基本的な家の役割は、雨風・寒署などの厳しい自然環境から人間の身を守ることです。
ここで問題なのは、本来、人間の身を守る目的で建てられた家が、逆に人間の身を削るということです。
寒いからと身に着けた服で、逆に健康を害してしまう。こんな道理に合わない話し、ないですよね?
では、一体、家の何が僕たちの健康を害してしまうのでしょうか。そしてなぜ、そのようなことが起こってしまうのでしょうか。

誠に勝手ながら、そのお話しは次回に続かせていただきます

2006年12月15日

さいたま市西区「意匠 モダンデザイン」

意匠 モダンデザイン

創作・造作・色彩・その他
1Fの天井の色つかいなど内装仕上げの工夫・・・
猫ちゃんを飼っているため網戸をステンレスに・・・
造作のテーブル・・
収納の工夫・・・・
照明の工夫(夕方必見)!
猫ちゃんが遊べるインナーバルコニー・・
浴室からリビングを見渡せる配置計画・・
ちょいとオシャレな小物の数々。
そして、何よりも空間演出とダイナミックな梁の表し・・

玄関を入ると高級感あふれる飛び石のアプローチ。

061130003gaika.jpg
赤の金属サイディングを使い、シンプルな中にも
個性的な印象の外観に

061130005.jpg
階段の下はデザイン性のある収納スペース。
なにを置いてもかっこよくなりそうです

061130kit.jpg
インパクトのある赤が効いたキッチン

061130002genkan2.jpg

061130toiishi.jpg
玄関からのびる飛び石。本格的な玉砂利。
デザイン性のある内装に、ちょっと粋な和モダンインテリア

12.10-013.jpg
リビングにつるされたハンモック。
お昼寝したり、本読んだり。。。


そして、感性あふれる施主に感謝。。

今後とも、よろしくお願い申しあげます。

志木市 Designers無垢Style

今回は、完成現場が重なり見学会が開催できなかったこと、
残念に思います。
引渡が終わり、引越しされていること伺っております。

打合せの時によく、笑顔でお話した頃を懐かしく思います。

「光と風と素材をデザインする」
感性育む Designers無垢Style 
ぜひ堪能してください。

061214001.jpg
大きなバルコニーとダイナミックな片流れの
屋根が印象的な外観

061214003.jpg
光が抜ける、ストリップ階段。
窓から光が通過します

061214005.jpg
こだわりのガラスブロック

061214007.jpg
人も光も風も、気持ちいい開放的なLDK。

0612140010.jpg
わいわいバーベキューできる、広々バルコニー


今後とも末永くお付き合いください。
tokansei_icon.gif

JAPANTEX2006 PART3

コーディネーター兼アシスタントのヨネダです。
今回はJAPANTEXと同時開催されていた東京家具国際見本市でみつけた無垢な商材を写真つきでお届けします!

まずは時計です。


0612006.jpg

0612003.jpg

0612004.jpg


かわいらしいだけでなく同じデザインでもそれぞれ微妙に違う為愛着が湧くこと間違いなしですね。

もう一つは、以前設計のヨシーが紹介していたと思いますが、木のスイッチプレートです。

0612005.jpg

見本市で発表したということはこれからますます注目されると思います。
ちなみにスイッチプレートやドアノブなど、細かいところまで注意をすると全体としても統一感が出てきますよ。

これからは内装材や設備だけでなく、インテリア小物なども紹介していきますので楽しみにしていてくださいね♪

2006年12月14日

無垢スタイル THE 火災保険

おさむっくです。
今回は建築に携わる人間らしいお話をしたいと思います。
「THE 火災保険」です。 “THE”って付けるとなんかインパクト出ますよね~

建築計画を進める中で、ほぼ必ずといって良いほど必要になる資金として火災保険があげられると思います。私おさむっくは当社「無垢スタイル」で火災保険の担当をしております。なので、ちっとばかし、火災保険にはうるさいです。鍋奉行ならぬ、火災保険奉行ってやつです。 ハイ、使う所が違うのは重々承知しております(汗)

火災保険と一言で申しましても様々な会社の様々なプランがあります。
それら全てをひっくるめたお話しというのは難しいので、今回は弊社が代理店をしております。『あいおい損害保険のマイホーム総合保険』の内容を基盤として話しを進めていきたいと思います。

まず火災保険を選ぶポイントは、【新築地がどのような土地にあるのか】になると思います。
治安は良いのか、水害の恐れはあるのか、角地なのか、角地であれば車通りの多い場所なのか、車が突っ込んでくる危険性は高いのか、妙な集団・宗教の会場が近くにあるのかなどです。

火災保険といわれるだけあって火災に関してはどこも同じように補償してくれているようです。
ですから、火災の補償以外の補償に目を向けるべきかと思います。

特に、水害に関してはよくよく土地柄と相談された方がよいかと思います。
ただ、水害が補償されるプランとされないプランでは保険料がかなり違いますので、ただ単に「水害の危険性が高目だから」という理由で水害補償のプランに入るのも無駄な費用にもなりかねません。

今では、インターネットで荒川や江戸川、利根川といった1級河川の「洪水ハザードマップ」という水害情報を、さいたま市総務局危機管理室という所で提供してくださっておりますのでこちらもご参考にして頂ければと思います。

ただ、最終的には相談していただければと思います。私に。。。

もちろん最終的にプランの内容を決めて頂くのはお施主様になりますので、私はあくまでも
土地柄の情報分析と火災保険プランの提案、及び、保険料の試算をさせて頂くだけです。

でも土地柄に対応したプランから選ぶというよりも、やっぱり保険料が気になる所ですよね。。。
では次回は保険料についてのお話をさせていただこうかと思います。 つづく

おさむっくのつぶやき ~パンダ~

おさむっくです。
パンダって皆さんご存知ですよね?ちょっと想像してみて下さい。。。パンダを。

十人十色のパンダが思い浮かばれていると思いますが、、、そこで質問です。

『パンダのしっぽは何色でしたか?』

・・・(汗)いやいや、ありますから、尻尾。
おそらくしっぽをイメージに付け忘れている方もいらっしゃるかもしれません・・・

では、今度はきちんとしっぽをつけて頂いたパンダ想いの方に質問です。

『そのしっぽは何色でしたか?』

・・・(汗)いや、あんまり変な色のしっぽはつけないで下さいね・・・
まぁなんというか、2択ですよね、、、白か黒か、どちらでしたでしょうか?

早速答えにいっちゃいますが、“白”です。 ←色見えます??

先日まで私はパンダのしっぽを黒だと思っていました。(というか、TVのCMだったり、ぬいぐるみのパンダにもしっぽが黒のものは結構多いです。) 根底からやられてました。。。

さて、何がいいたいのかというと、エセパンダが横行しているという現実です。

・・・少し遠まわしすぎましたので、もう少し簡単に言うと、今の世の中、「知っているようで知らないこと」や「理解しているハズのことがエセ情報だったり」ということが多いということです。

それは、情報が渦巻く社会の中で生きる宿命でもあります。

他人に影響力のある一人の人が「エセ情報を真実だと信じ込んでしまう」と、一般社会的には

それこそが真実だ
という考えが主流にもなりかねない危険極まりない社会です。

また、人それぞれが生きてきた環境等による先入観でもあります。

だからこそそれぞれにプロというのがいるのですし、必要なのだと思います。
信用出来るプロに出会うこと、それが今の世の中を幸せに過ごす秘訣かもしれません。

家づくりをお考えの方、是非とも弊社の勉強会に参加してみて下さい。
「知っているようで知らないこと」「理解していたハズが間違っていること」に気付くこともあるはずです。

また、それらの知識を得ながら、弊社が「信用出来るプロ」なのかどうかを見極めて頂ければと思います。

家づくりは、船の航行のようなものだと思います。始めの船選びを誤ると、あらぬ方向に進んでしまいかねないコワサを持っております。

また、絶対に沈まないと謳われていたタイタニックのように絢爛豪華な船も沈むこともあります。。。
大切なのは自分の目で見て、聞いて、可能であれば触って確かめてから乗船することです。

誤っても、自ら率先して海賊船などには乗り込まないで下さいね♪
信頼出来る家づくりの航海士を探しましょう☆

JAPANTEX2006 PART2

コーディネーター兼アシスタントのヨネダです。
お約束通りJAPANTEX2006のご報告をしますね。

今回は窓まわりで女性が喜びそうなアイテムのご紹介です。
TOSOさんから出ている「ラインドロップ」と「ワイヤータッセル」です。
飾られている実物を見たのは初めてでしたが、そのかわいらしさからブースに来ていた女性の方々には結構好評だったみたいですよ!


061211001.jpg
ラインドロップ

061211002.jpg
ワイヤータッセル

ただ、開け閉めが多い窓にはちょっと向かないかも・・・
向き不向きはありそうですが、お部屋のアクセントにはかなりお勧めです!
興味がある方はぜひご相談くださいね♪

2006年12月13日

建て替えするなら・・・ここポイントVO.2

お世話になっております、無垢Styleゲンタです。
定期的に家づくりブログをお送りしておりますが、お読みになって頂きましてありがとうございます。お役にたっていらっしゃるでしょうか???
これから家を建てる方はもちろん、もうすでに家を建て終わった方でも、この辺を聞きたいだとか、この辺をブログにしてあげると良いだとか意見を頂けましたら、私この上なくうれしく思います。ご意見お待ちしております。

さて今回は「建て替えするなら・・・ここポイント」の第二回目をお送りします。
前回は、仮住まい探しの注意点をお送りしました。今回は、解体時の注意ポイントをお送りします。
建て替えをする際に最初の工事としまして解体工事があります。この際の注意点としましては、「どこまで解体するのか・・・」です。解体お願いします!ではせっかくの外構ブロックなどまだまだ使えるもの、補修で十分良いものなど出てきます。特には、外構です。駐車場の土間コンクリートや境界ブロック、この辺の状態などには十分注意し、解体費と外構費用を節約する方法を考えてみましょう。
少しでも無駄のない解体が出来るように注意しましょうね。つまり設計の段階で現在の外構も念頭に設計していくのが良いでしょうね。

では、またお送りします。
ご意見、ご感想を頂けましたら幸いです。

【無垢スタイルの評判】さいたま市Y様邸引渡し完了

施主様のご協力の下
12/2,3で西区三橋のY様邸完成見学会が大反響で終える事が出来ました。
061216001.jpg

061216002.jpg

そのY様邸引渡しをさせて頂きました。御主人様の御希望であったハンモックを取付完了して写真を撮らさせて頂きました。

061211009.jpg

0612110010.jpg

ハンモックでの笑顔がとても素敵でお家が完成して満足して頂き無垢スタイルスタッフも笑顔になりました。

Y様長いお付き合いになりますが、今後とも宜しくお願いします。

JAPANTEX2006 PART1

お久しぶりです。
コーディネーター兼アシスタントのヨネダです。

先月、東京国際展示場で行われたJAPANTEX2006に行ってきました。
JAPANTEXとはインテリア関連企業が世界から集う国際見本市で1982年から続いてます。
今年は11月22日~25日の日程で33857人の来場者があったそうです。
私が行った23日は地方から来ている方も多くみられ、入場するための列ができていました。
インテリア関連企業の方、企業やフリーのコーディネーターの方、設計事務所の方や学生さんまで、
住宅関連の方々の注目は非常に高い見本市で、かなりの熱気でした。

窓まわりや内装材を中心にいくつものブースが出展していました。
また、同時開催で東京家具国際見本市も開かれていて半日では
全てをチェックすることができないくらいの規模なんですよ。

今回からその内容についていくつかご報告させていただきますね。
きちんと了解を得て写真を撮れたブースもあるので、あわせてお知らせします!

2006年12月11日

無垢スタイル 雨樋のお話

こんにちわ。設計のヨシーです。

今日は「雨樋」の話

いつも何気なく使っている雨樋って塩化ビニール樹脂のものがほとんどですが、これをヨーロッパの人が見ると「雨樋がプラスチックなの???」と驚くそうです。

ヨーロッパはアルミやステンレスなど高耐久のものを使うのが多いのだとか。

確かに強い日差しや強風、雨にさらされるところに樹脂を使うのもどうなのかな?と感じます。自分の家も樋は樹脂で今のところは問題は全くありませんが。

私たちがお勧めしている樋はアルミ製のもの。現場で長さを測り、それに合わせて製作するのでつなぎ目もなく綺麗に仕上がります。耐久性もバツグンですし。

これから新築や外部のリフォームを計画している方、ご検討いかがでしょうか?値段も樹脂よりも少し高いだけです。

それだけでデザインもかなり良くなりますよ。

浦和レッズ優勝!

久しぶりの登場、ズッキーです。
遂に、、、念願のリーグ制覇!! 本当にうれしいですね。

地元意識が薄いといわれる埼玉県民ですが、浦和レッズだけはちがいますね。
日本で一番といわれるサポーターもいますし、優勝が決定した夜は喜びが爆発しましたね、、
浦和駅周辺では「暴動」まではいかないにしてもそれに近いものが有ったと聞きました。。。

リフォームでも旧浦和市のお客様まと接しますが、ほとんどの方がファンでないにしても、誰もが知っていますし(当たり前かな、、)息子様や親戚の方が試合を良く見に行っていたり、子供部屋にポスターが張ってあったり、家族全員で応援に行く家庭もありました。

当社も地域に根差して活動をしておりますが、お客様が満足していただける仕上がりを目指し、レッズのように愛される会社目指し、自分自身も頼りにされる1人になれるよう精進していきたいと思います。

不動産を検討するに当たっての季節的な注意点

こんにちは當間です。

前回1月中旬~2月末には、沢山の不動産の売り出し物件が出るとお話しましたが、この時期は他にも下記のような不動産を見るにあたっての、季節柄の注意点があります。


①一年のを通して、一番日照があたらない時期なので、シビアに日当たりが判断しやすい。

②中古物件を検討中の方であれば、寒い時期なので家の断熱性能を判断しやすい。

③乾燥している季節なので、湿気のたまるような土地の判断がつきにくい。

④空気が乾燥していると近くの騒音が軽減されるので、騒音が気づきにくい。

⑤夏に比べ比較的風が吹くので、風のと通り抜けの悪さに気づきにくい。


代表的には上記のようなのが大まかなポイントですね。
不動産を判断するには、他にも沢山の注意点が必要です。
是非弊社の家や不動産の勉強会にお越し頂ければ、ワンランク上の不動産の見方を
伝授させて頂きますので挙ってお申し込み下さいね。

無垢のフローリングのお手入れ方法

もうすぐ奥様方には大変な時期になりますね!
どうも、こいけっちです!!
今回は、無垢のフローリングのお手入れ方法についてお話したいと思います。

まず、普段のお手入れは、モップなどでほこりをたてずにふき取り、大きいゴミは一ヶ所に掃きよせて掃除機などで吸い取って下さい。
板の隙間などは枝の細い掃除機で吸い取って下さい。
後は固く絞った雑巾で床の目地に沿って拭いて下さい。

大掃除のときは、掃除機やモップなどでホコリやゴミを取り除き硬く絞った雑巾で水拭きし、汚れの気になるところは
中性洗剤を水で薄めたものを使って拭き取り、その後に固く絞った雑巾で再度洗剤分を拭き取って下さい。

床は肌に直接触れる場所ですから、出来れば3ヶ月に1度くらいの割合でワックスをかけると良いでしょう。
ワックスも最近では蜜蝋ワックスや植物性のワックスがホームセンターなどで市販されるようになりましたので
ぜひ一度お試しください♪

さいたま市西区中釘S様邸引渡し完了

施主様のご協力の下、先月末の土日でS様邸完成見学会が大反響で終える事が出来ました。
そのS様邸引渡しをさせて頂きました。その後、お施主様自ら引越しをやっている最中に、遊びに伺いしました。


0611008.jpg

御主人様の御希望で居酒屋風の酒の棚には見たことのないお酒も陳列完了していました。

0612007.jpg

どう見ても居酒屋な感じでした、写真を撮らさせて頂きました。


S様長いお付き合いになりますが、今後とも宜しくお願いします。

2006年12月09日

無垢って何の木??

初めまして。新人の丸岡です。

今日は「無垢材」についてお話したいとおもいます。
といっても無垢の特性などといったことではありません。
もっと単純な事です。
といいますのも、先日両親に「無垢って何の木」と聞かれたからです。
ハテ?どういうこと?と思われるかもしれませんが、
実は両親は無垢材といったものが、松やヒノキのような特定の木の名称だと思っていたのです。

あらためて聞かれて、考えてみると「ああ、なるほどなぁ」気づいた事があります。
それは字から連想できにくいと言うことです。

例えば、
合板=板が合わさっている
集成材=集まった材を成型している

などと、何となく字から意味合いが連想できると思います。
では無垢材は? ということです。

よく、無垢は「うぶ」とか「清潔」といった意味で使われることが
多いかと思いますが、よくよく調べてみると全く混じりがないこと、純粋なことといった意味があるそうです。
つまり、他の材と組み合っていない、混じり合っていない、樹木を伐採したそのものの材ということになります。

こうして考えてみると、何とな~くわかるのではないでしょうか。

無垢材!! いい響きですね~。
名前を付けた人に感謝感謝です。

無垢スタイル:子供の頃の夢

設計のさとちゃんです

皆さんは、子供の頃の夢はなんでしたか?

・・・・・・

自分が小学生のころは「大工さん」です。

親父が大工だったという事もあるのですが、あれだけ大きい家を造る大工さんは子供の自分の目にはカッコよく思えた記憶があります。

テレビなどのニュース番組でも、たまに子供の将来なりたい仕事ランキングが発表されていますが、「大工さん」はいつも3位以内に入っています。

しかし、小学生、中学生になるにつれて大工さん志望は少なくなり、スポーツ選手、芸能関係、医者、サラリーマンと段々現実的な職業が多くなっていきます。

すこしさみしいですね。

昨日も、新築現場で大工さんの仕事を見たのですが、ノミで柱を欠いて階段を綺麗に収めている姿を見てカッコイイ!と思いました。自分も大工になれば良かったと思ってしまいました。

今の子供たちは、普通に生活してても大工さんの仕事を見る事なんてあまりなでしょうし、最近の家造りは、現場に入れないようにしていたり、プレハブ式で簡単にできてしまったりして、子供たちが、大工さんと接する機会が少なくなったからかもしれませんね。
自分が大工になってないのに言うのもおかしいですが、もっと大工さんを知って欲しいですね。

2006年12月07日

さいたま市 土地探しのためになるヒント

こんにちは土地セミナーでおなじみの當間です。

最近土地セミナーに御参加頂くお客様に、土地の探し方についてお尋ねすると一番多いのがインターネットですね。

ほとんどのお客様は、希望範囲内の土地価格・土地面積で検索しているようです。

私も御依頼を受けているお客様のために、毎日定期で何社かのホームページを検索しますが、少し検索方法を下記のような方法で工夫しています。

(1)金額であれば希望のより少し高めでも検索範囲に入れます。

理由は価格交渉です。

お客様の条件(現金・引渡しが早い等)で業者にとってメリットのある場合は、意外と金額が安くなる場合があるからです。

(2)土地の面積であれば希望条件の倍数で検索範囲に入れます。

例えば30坪でお探ししてれば、30坪・60坪・90坪のような感じです。

不動産業者によっては分割してもらえる場合もありますし、一括でないと販売できない場合でも、条件があえば当社にて購入する場合もありますし当社の中でも同じ条件のエリアで探しているお客様も意外多いので試してみてはいかがでしょうか?

上記の二点を意識するだけでも物件の検索件数が増え、意外と検索も楽しくなるものです。
又、大きなメリットとしては土地面積が大きくなればなるほど土地の価格が下がる傾向にありますので意外とお徳になる場合もあります。

土地セミナーでこのような土地探しのヒントを沢山お話させていただいておりますのでぜひ御参加ください。

今月の土地探しセミナーの情報はこちらから…


設計士としての心構え

設計のイッシーです。

最近特に感じることです。
建物を引き渡したときにお施主様に感謝され、建物の出来栄えを褒められるのは当たり前になりたい。

えらそうなことを言っているように聞こえるかもしれませんが、私は10年後、20年後も感謝される設計士になりたいと考えています。

まだまだこれからでしょうが・・・

お客様の将来を想像し、何かライフスタイルが変わるごとに、部屋の可変性をこんな細かいところまで考えて設計していたんだ!と思い出してもらえる設計士でありたいと思っています。

なにかあるごとにご家族みんなに思い出していただけるなんてすばらしいことですよね。

さぁ!今日ももう一仕事がんばるぞっ!

2006年12月06日

家作りの楽しみとは…

設計のイッシーです。

どこで読んだか、誰に聞いたか記憶が定かではありませんが、家作りの楽しみは『節度ある悪ノリ』だと聞いたことがあります。

もちろん弊社であれば注文住宅ですので、お客様のご要望があり、お互いの信頼関係があってはじめて『節度ある悪ノリ』→『遊び心のある家』→『飽きの来ない家』
になるのだと思います。

今、お打合せをしているお客様もセオリーにとらわれすぎず、少しその辺を意識して打合せをしてみてください。きっとすばらしい家作りになるとおもいますよっ!


少しだけ私の『悪ノリ』に付き合ってやってくださいね!

2006年12月01日

家具のお手入れVol.3

こんにちは、こいけっちです!
今回も家具のお手入れ、第3弾です!

今回は永遠の憧れ(←こいけっちだけ?)
皮革張り製品のお手入れの仕方をご紹介いたします。

皮革張り製品は一日に一回は柔らかいウールで、乾拭きをして下さい。
汚れた場合は、家具専用のレザークリーナーで直にでも磨いてください。
その際、クリーナーは直接革に吹付けず、柔らかいウールにつけて磨いてください。
その後、乾いた布で乾拭きして下さい。

汚れがひどい場合は、生暖かく薄い中性洗剤溶液(1~3%)で湿らせた柔らかい布で、汚れを拭き取り、水に浸した布で洗剤をよく拭き取って下さい。
その後、乾いた布で磨いて完全に乾いたらレザークリーナーで磨いて下さい。

主な汚れとしては、水溶性,塩分,油性,ボールペンなどにが原因となります。
水溶性のものは、水で湿らせた柔らかい布で、汚れが取れるまで丁寧に拭いてください。

塩分(お味噌汁などの塩分の多い液体)は跡で塩の結晶が吹き出ることがあるため念入りに拭いてください。

サラダオイルなどの油分をこぼした場合は、ごく薄い中性洗剤(1~3%くらい)で
布を湿らせ、丁寧に拭き取ってください。その後乾燥したら皮革用液体クリームを塗ると仕上がりが綺麗になります。

意外に一番多いボールペンやクレヨンの汚れは、柔らかい消しゴムで軽くこすって下さい。
(強くこすりますと塗膜を損なう恐れがあります。)
それでも取れないときは、家庭用ベンジンで軽く拭き取って下さい。

家具は家と同様、いつまでも長く使っていきたいものですよね。
その為には、日々のちょっとしたお手入れを欠かさず、しっかりケアをしていきたいものですね。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35