« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月27日

間取りと生活提案

インテリアコーディネーター(IC)のヨネダです。
ICの仕事は家具や壁紙や照明を選ぶだけではなく、暮らし方の提案をすることが大切な仕事なんです。
だから少しでも新しい暮らし方を提案できるように勉強の日々を送っています。

間取りの打合せの際に感じることですが、必ず予算と要望のバランスの問題がでてきますよね。
そのときにどの部分も及第点のそこそこ使い勝手の良いプランにするのか。
0点の部分はあるけどある部分は100点満点大満足の割り切ったプランにするのか。その0点の部分は将来的に100点に近づけていくことができるのか・・・
どちらの方が満足度が高いのか?これはお客様によって違うもので、一方が正解で他方が間違いというものでもないと思います。

新しい家での生活がぼんやりとしかイメージできていないのであれば、一度具体的にプランをつくってみましょう。
プランを提案する設計士と、そこに価値ある生活提案をプラスするインテリアコーディネーターと建築プロデューサー、そして家づくりの主役のお客様。
きっと楽しい新しい暮らしが見えてきますよ!

2007年04月26日

「川越線新駅ちゃくちゃくと・・・」

こんにちは~
無垢styleゲンタが送るブログです

皆さんはお花見をしましたでしょうか?
私は仕事中に車から花見をしました^^


さて、さいたま市にお住まいの方なら昔からかなり有名なお話である

「川越線新駅」

についてはご存知でしょうか???

3月28日の新聞に、さいたま市西区役所に駅の模型が展示されたとありました。

基本は、国道16号線からの北口ロータリーとなり、現在西区役所がある南の方です。

周辺は、区画整理が予定されており、現在駅予定地周辺はかなり工事が進んできました。

そして、昨年から多くの店舗も完成し、なにもなかった場所がかなりにぎやかになってきそうな雰囲気です。

国道16号線を通る際はちょこっと注意してご覧下さい!


それに伴い土地の価格が上がってきまして、
そうなりますと近所の地主さん方も手放してきているようです
この周辺で土地を探していらっしゃるかたはどうぞお問合せくださいね


ではでは、新駅完成を楽しみに待ちましょう♪

2007年04月25日

おさむっくのつぶやき

どーも、おさむっくです。

相変わらず建築や住宅に関係のないブログをつくってます!

皆さん選挙の投票にはいかれましたか?私はきっちり投票に行きましたよ♪

そんな中、知人が送ってきてくれたものがコレ↓


20070421192019.jpg


ぷ、プリティー長嶋さんじゃないですかっっ(驚

両腕で支えるように訴えかけるせりふは

『愛する人の命を守る』~プリティ長嶋  説得力無っっ(汗 守れますか、命。。。愛せますか、人。。。、愛されますか、その格好で。。。

おっと失礼!そんなことを言ってはいけませんね。

プリティ長嶋さん、千葉県市川市議会議員に立候補し、ダントツ当選を果たしたそうです。


選挙といえば、TVで全国各地の地名がずらずらとでます。

そんなこんなで興味を持ち、調べてみた実在する日本のおもしろ駅名シリーズです。

では、いきなりはじめますっっ

はげ ・・・半家駅 >あまり笑えない。。。泣

のぞき ・・・及位駅 >え・・・どうコメントするのが無難(!?) 

        
こぼけ ・・・小歩危駅 >切符とかすぐなくしそう。。。 

おおぼけ ・・・大歩危駅 >降りるのすら忘れそう。。。汗 

ふたまた ・・・二股駅 >ノーコメント(汗) 

みまた ・・・三股駅 >たびたびノーコメント(大汗) 

さがえきまえ ・・・嵯峨駅前駅 >駅なんだか、駅前なんだか、駅前にある駅なんだか。。。

こゆうかんしんえき ・・・湖遊館新駅駅 >えきえきになってますよ。。。

                           男の中の男ならぬ、駅の中の駅ってことでしょうか。

                           (フリー百科事典 ウキペディアでもえきえきで紹介されてます)

さて、日本一長い名前の駅をご存知ですか??

ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅

なんですが、間もなく

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅

にTOPの座を奪われるそうです。。。

ちなみに、世界一長い駅名はこちら↓

Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch

和訳:「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ駅」

・・・なが。。。 地元民はこの駅を何と呼んでいるのだろうか。こちらの駅はイギリスにあります。

しかしながら日本にも負けません!ワールドクラスの駅があります!こちら↓

うさ駅 ・・・宇佐駅 >ん、なんだ普通じゃんって思われた方、ローマ字にしてみて。(笑

 

USA駅


イッツ、アメリカ~ン☆
でけぇ~!!いまだかつてないスケールです!!

ってな訳で以上です。

2007年04月23日

古材を活かす。

こんにちは、千嶋です。

旧家を解体し、梁を再び使用する、吉見町のA様邸です。
大工と無垢スタイルスタッフの腕により、とても良く仕上げる事ができました。

070423001.jpg


当初は塗装仕上げの予定でしたが、磨き方に工夫を施し、良い色に焼けた感じを表現する事ができました。

070423002.jpg

元からあるホゾ穴には、隙間無く大工に埋め木してもらい、磨きをかけ、見事に解らない仕上がり、現場で作業している職人皆からこのままがいいねと声があがり、A様にも伝わりました。  

070423003.jpg


これから更に年月が経ち もっと強くもっと良い色になります A様近所の皆さんに自慢してくださいね!

070423006.jpg

2007年04月20日

桜吹雪と『うに坊』

こんにちは!施工部の『うに坊』です。

ここ数日の雨と強風で、桜もすっかり散ってしまいましたね。

桜吹雪を浴びながら仕事が出来るのも、施工部の特権ですけど(笑)

070420003u.jpg

2007年04月19日

トップライトの効果

トップライトというのは天窓の事で、屋根に開けられた窓から自然光が入るようにしたものです。

普通の窓は、横から光が入りますが、トップライトでは上から光が入るというのが、トップライトのメリットです。

何がメリットかというと、横から入る光と上から入るでは、明るさにも違いが出ます。

070419001.jpg


トップライトのように上から入ってくる光は、横から入ってくる光の3倍の明るさがありますので、暗くなりがちな北側の部屋などに、トップライトをつけると効果的ですよ。

2007年04月18日

無垢スタイル 「部屋」と「空間」

こんにちは、いしはらです。

「部屋」と「空間」という言葉は、似ているようで実際は異なった意味合いの言葉だと思っています。

一般的に、床と壁と天井で区切られた箱を「部屋」と呼びますが、そこに光と空気、眺めなどの様々な要素を含めて呼べば「空間」となります。
 
家づくりを考えた場合、「部屋」ではなく「空間」が家を構成しているのです。

例えば、4畳半の部屋は狭いと感じると思いますが、空間として考えた場合、天井を高くしたり吹き抜けにしたり、隣の部屋とのつながりを考えて、視線が遠くに抜けるようにすれば、4畳半という「空間」は、広く心地良く感じられるようになります。
 
「部屋」ではなく「空間」を意識して、一緒に素晴らしい家づくりをしていきませんか?

2007年04月16日

臭いの秘密~フィトンチッド2

おかまっぷです。
今回はフィトンチッドのお話のつづきです。

二次的に生産されるこれらの化学成分のうち、主要成分は、いずれの樹木にも含まれておりその構成比率も樹種による差はほとんどありませんが、微量成分の種類と含有量は、樹種によって大きく異なります。成分によっては、特定の樹木にしか含まれないものもあります。

たとえば『ヒノキチオール』は、ヒノキに含まれる成分と誤解されることが多いのですが、日本のヒノキには含まれていません。タイワンヒノキ、青森ヒバ、能登ヒバなどに含有されている成分です。同じヒノキ科でもこのような違いがあります。

ちなみに上記の誤解はその発見と命名とに由来しています。ヒノキチオールを発見して命名したのは、野副 鐵男氏(東北大学名誉教授、故人)です。同氏は、1926年から1948年までの22年間にわたり、台湾総督府専売局、台湾総督府中央研究所、台北帝国大学において、台湾産の動植物成分の研究に携わっており、その研究の一つが『タイワンヒノキの精油成分の研究』だったのです。この研究成果は1936年の日本化学会誌に発表されました。このように、微量成分としてのフィトンチッドは樹種により大きな差異が見られます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【補足説明】
上記では、『ヒノキチオールは、日本のヒノキには含まれていない』としましたが、これについて若干の補足説明をします。ヒノキチオールは、上記のように、タイワンヒノキから最初に単離された物質です。その後、日本産ヒノキにも含有されているかどうか研究されましたが、現在までにその存在は明確に証明されていません。しかし、最近になって、『微量ではあるが含まれている』とした報告も出ています。たとえば、第50回日本木材学会大会において、岐阜県森林科学研究所の森氏、森林総合研究所の大平氏、同研究所の松井氏、の研究グループは、『ヒノキ材からのヒノキチオールの検出について』を発表しました。その中で、『ヒノキ材抽出物のTMS誘導体のGC/MS分析の結果、ヒノキチオール(-ツヤプリシン)由来のピークが検出され、さらに異性体である・及び・ツヤプリシン、類縁体である
 
・ドラブリンもあわせて検出された。』と報告しています。簡単には検出できないほどの微量ながら、今まで疑問視されてきたヒノキチオール存在の可能性が示唆されたわけです。これは、分析機器と分析技術のめざましい発達によって、従来は難しかった化学物質の検出が、容易に行えるようになってきたからだと思います。
今後、実際にヒノキチオールが単離されれば、その存在が証明されることになり、上記の『ヒノキチオールは、日本のヒノキには含まれていない』は、現時点での話であって、近い将来訂正しなければならないかもしれません。

2007年04月13日

不動産の間違いない選び方

こんにちは當間です。

今年は暖冬のせいか南国生まれの私は絶好調です。(温暖化は気になりますが)

さて本日のお題は不動産選びと、亡くなる前に何を食べたいか、についてです。何の関係があるのと皆様お思いでしょうが、いずれも似た思考パターンで考えているなと、お客様をみて感じます。

誰しも一度は亡くなる前に何を食べたいですか?質問を受けた事はないでしょうか。
そうすると一番食べたい料理を本気で考えますよね。

不動産も購入するとなると一生懸命思考を働かせて考えるときに住みたい憧れの家を創造すると思います。
ただ残念な事に不動産を取得するときには実際に家は建っていないのでイメージを膨らますのが難しいのが一般的です。
私自身の考える不動産の間違いない選び方は、土地を決める前に、建築のイメージを膨らませ舞台化したところで、土地選びに入るほうがより確実な創造通りの住宅になるのではないかと考えます。

2007年04月12日

おさむっくのつぶやき ~ベスト5

どーも、おさむっくです。
前回お話したトカイナカに私自身が少し興味を持ちまして調べてみました。その調査結果のご報告です。

ちなみに、調査結果・・・とか、報告・・・とか、そんなたいそうなことは調べられておりませんのでご了承下さい。

団塊の世代を中心に田舎暮らし志向が強いが、いざ移住となると慣れない土地で大変だ。
そんな中で、都会からそんなに遠くなく、自然もそれなりに豊かな土地で暮らす「トカイナカ」族がニューライフスタイルとして脚光を浴びている。

トカイナカ族とはこんな方々!!

都会からマイカーなどで片道1時間半から2時間以内の土地で、ガスや水道のインフラが整備され、その土地になくても近郊に病院や買い物ができるスーパーがある。

新築・中古の一戸建て、あるいは賃貸マンションに住む60代の夫婦が多く、年金生活者がほとんど。
趣味程度の農作物を作り、ゴルフ、釣り、温泉、トレッキング、ハイキングなどを楽しむ。
また、たまに所帯を持った子どもやかつて仕事、プライベートを通じて知り合った友人・知人に会うため都心に出かける。片道1時間半から2時間以内なので、気軽に“都会回帰”ができる。

『トカイナカ』族の多くは、都会に一戸建てやマンションを持ち、それを貸したり、子どもに住まわせている。
売却してしまうと、何かの事情でいざ都会に戻らなければならないとき、拠点なしでは困るため。

これが大まかな『トカイナカ』の定義とのことです。

東京を基点に人気が高い「トカイナカ」はどこか。「トカイナカ」人気ベスト5は次の通り。

<千葉県内房>

富浦、浜金谷、君津、木更津の地域。

比較的温暖で、きれいな海で釣りができ、近場にはゴルフ場も多い。
魚も新鮮。土地は坪5万円前後が相場で、100坪程度の新築2階屋に住む「トカイナカ」族が多い。

<奥多摩>

日の出町やあきる野市などの地域。

自然豊かな山間は四季を楽しめる。
空き家の中古物件が多く、土地と家屋込みで1000万円以下で購入できる。関東では“穴場”的な場所。

<富士五湖>

山中湖と河口湖が中心。

アーティスト系の住人が多く、静かな環境の別荘地。
2000万円台から3000万円のログハウスが人気。

<山梨県明野・白州>

北杜市明野町は「29万本のひまわり畑」が有名、白州(はくしゅう)町はきれいな水が売り物で、渓流釣りが盛ん。
坪2、3万円の100坪程度の家に住む中高年が目立つ。

<栃木県の日光・今市>

温泉とゴルフを十分に楽しめる。
500万~600万円で購入した中古別荘に住む「トカイナカ」族が結構いるという調査結果となりました~

いかがでしょうか、何かお役に立ちましたでしょうか!

2007年04月11日

引き続き金利の上昇

こんにちは當間です。

今回のお題は前回に引き続き金利の上昇局面での、住宅ローンを組むにあたってよくお客様から相談をうける質問事項をまとめてみました。

(1):金利の確定いつの時点になりますか?

各銀行で土地契約時にすべて確定するタイプのローン~
住宅が完成しないと金利が確定しないタイプのローンがあります。出来れば、金利上昇局面ですので出来る限り早めに金利確定できるタイプがお勧めですね。

(2):金利は低いタイプがお勧めですか?
  
金利は短期の固定タイプは金利が低く長期の固定のタイプは金利が高いのが一般的です。
それぞれ金融機関の条件(保証料・手数料)を同一にして月々の支払いだけでなく、最低でも10年単位の長期的な支払い総額をシュミレーションする事が重要です。

(3):金利はいつまで上がるのですか?

どんな優れた金融エコノミストでも、自論はあっても現実はわからないと思います。但し、私自身も住宅ローンを組んで10年になりますが、当時の変動金利が2.25%で現在の変動金利2.625%で0.4%ほどですので極端に金利が上がるとは思いません。推測ですが、バブル期は住宅ローンと言えば都市銀行か、金融公庫のどちらかでしたが、現在はネット系の銀行や外資の銀行でも住宅ローンを組める時代ですので、大きくバブル期のようなことがおきるとは思いません。


代表的なご質問は上記のような感じですが、このほか沢山質問をいつも頂いております。
のでお気軽にお問い合わせ下さい。
  

2007年04月09日

無垢スタイル 呼吸する家

コーディネーターのヨネダです。
今回は開口部について考えてみました。

まだまだ家の評価の着眼点が、性能を計量できる気密や断熱に向かっていて、これは閉鎖時の性能しか評価していない表れだと思います。

高気密高断熱にするには、開口部を小さくするのが一番です。そうすると通気性能は無視されてしまいますよね。また機械換気システムに依存している住宅が健康住宅とも思えませんよね。

日本では昔から建具を重ね使いしてきました。
すだれ、網戸、ガラス戸、障子などです。障子は断熱性を得られるだけでなく、やわらかい光を取り込み、プライバシーも確保できます。また、戸袋を計画しておけば引き込んでしまうこともできます。さらに軽さも魅力です。私の家でも障子がある部屋はなぜか落ち着きます。断熱性だけでなく、様々な価値を考えていた昔の家づくりに学ぶところは非常に多いですね。

冬の時期だと窓を開けて暮らすことを忘れ性能面ばかりに気をとられてしましますが、健康や窓を開けて過ごす快適さも忘れないようにしましょうね。

2007年04月05日

おさむっくのつぶやき ~トカイナカ

どーも、おさむっくです。
今日は「トカイナカ」 のお話しです。

まだ私もあまり詳しくはないのですが、どうやらこのトカイナカ、【リタイア後には、自然に囲まれた空気の美味しい場所でのんびりと・・・】と考える人が増えてきた
ことで出来た言葉だとか。

ただ、老後のことを考えると、徒歩圏内に病院やコンビニ、スーパーがあって便利な生活は捨て難いものですよね。それを考えると都市の中心部寄りに住まなければなりません。

しかし、都市の中心部寄りですと、空気の美味しい自然に囲まれた空間は・・・(汗)ということになってしまいますよね。

そろそろ「トカイナカ」が見えてきましたでしょうか。

そう、トカイナカとは都会と田舎の中間に位置する「都会ともいえ田舎ともいえる場所」、逆に言えば「都会でもなく田舎でもない場所」のことです。

退職したら、どこに住もうか・・・、定年を迎える団塊の世代をはじめ、都会と田舎の中間に位置する「トカイナカ」に、関心が集まっているようです。

ある週間誌によれば、トカイナカの定義とは都会から車で片道1時間半から2時間以内で、その土地になくても、近郊に病院やスーパーがあるエリアのことを指すのだとか。

トカイナカなら、広い庭でガーデニングをしたり、温泉やゴルフを日常的に楽しめる上、ときどきは都心に出向いて、コンサートや美術館へ足を伸ばすなど趣味を満喫することも可能。

多様化するライフスタイルのひとつの形として、今後さらに注目度が高まりそうですね♪

2007年04月02日

主寝室を見直そう

インテリアコーディネーターのヨネダです。
唐突ですが、皆さんは住宅の中で、どこを一番重視しますか?

ご主人は「外観・浴室・リビング」、奥様は「ダイニングキッチン・リビング」
子どもはもちろん「子ども部屋」という場合が多いように感じます。
どれも家族との関係を大切に思っているからこそですよね。

自分が家を建てるときは「主寝室」を大切にしたいと思っています。
寝るという機能だけでなく、ゆっくりリラックスして疲れを癒す部屋にしたいと思っています。
欧米でも家の中心はマスターベッドルームで、シャワーやサニタリーなども隣接していることが多いです。
そのことにより、家の所有者が親であることを子どもに教えることにもなりますしね。
(そうは言っても、現実にはかなり厳しいと思いますが・・・)
 
子どもが部屋を必要とする時間よりも、夫婦が過ごす時間の方が長いので、
もう少し主寝室の重要性を考えてみると、より良い家族関係が築けると思います。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35