« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月30日

住宅リフォーム工事検査制度

はじめまして。ながしまです!
初回のブログは、住宅リフォーム工事検査制度についてお話ししたいと思います。

埼玉県では、平成19年3月より、住宅リフォーム工事に伴うトラブルを防止するとともに、
誰もが安心して住宅リフォームを行える環境を整備することを目的に「住宅リフォーム工事検査制度」が
スタートしております。

この検査は、施工主(お客様)又は、リフォーム業者が指定確認検査機関に任意により申し込みをした場合に行われ、指定確認検査機関が検査を行うことによって、リフォーム工事が適正か否か客観的に判断することが出来るようにするものです。

検査の方法は、


1.書類検査→2.現場検査(目視)があり

1のみ、2のみ、又は1、2両方のパターンの方法で検査を行うことが出来ます。

検査の項目については、検査チェックシートに基づき、書類、現場の各検査が行われます。
但し、建築基準法に適合されているか否かの判断は行われません。


尚、注意していただきたい点があります。

1.検査は有料であること。(さいたま住宅検査センターのホームページ参照)
2.検査対象が建築基準法(建築に関する法律)に基づく許可、認定、確認及び検査等の申請を必要としない工事であること。
3.検査対象は、全ての住宅(但し、住宅の専有部分に限る)で、構造は全ての構造で規模の制限はありません。
4.検査結果が「不適正」であるとなった場合、指定確認検査機関が工事施工者に対して、契約の取り消し、若しくは工事の是正などの指導勧告を行いません。
5.再検査は実施されません。


もし、リフォームをご計画されている方がいらっしゃいましたら、この様な制度があることを知っておき、利用されるのも良いと思います。
検査チェックシートの内容がかなり細かくなっておりますので、各部分についての評価が詳しくわかると思います。

まだ、皆様に浸透していない制度ですので、詳しく知りたい方は、
私までお気軽にお問い合わせくださいね!

もしくは各機関のホームページで内容をご覧になって下さい!

埼玉県都市整備部住宅課 企画担当 048-830-5571
財団法人 さいたま住宅検査センター 企画開発部業務推進課 048-823-1256

2007年06月28日

おさむっくのつぶやき ~ペット続編~

どーもー!おさむっくです。

今回はペット感染症のお話し。

うちでも犬を飼っていますが、犬は可愛いですよね♪
喜ぶとシッポを振って駆け寄ってくるところなんか、癒し以外の何ものでもないですよね♪♪
この間も、久々に会ったらめちゃめちゃシッポ振って、振り過ぎてヨロヨロしてましたっ(笑)
そんな可愛いペットですが、気をつけなければならないこともあります。
それはペット感染症(動物由来感染症)です。

【主な感染症】

イヌ(ネコ)回虫症・・・幼児が感染しやすい。糞便から排泄された寄生虫の卵が口から入ることで起こります。

オウム病・・・粉塵となった小鳥の糞を吸い込むことでかかります。

ネコひっかき病・・・ひっかかれると感染することがあります。

などなどです。

更に気をつけなければいけないこと。それは、動物由来感染症があるということは、ヒト由来動物感染症があるということです。簡単にいうと、ヒトから動物にうつる感染症があるということ。

インフルエンザは動物(フェレットなど)にうつりますし、赤痢や結核もサルなどにうつります。
これらの感染症は主に接触感染ですので、必要以上に気を配る必要はありません。

ただ、動物に触れたあとは手を洗う、口などを舐められたらうがいをする、糞の処理は小まめにする、定期健診には年1回はいくなど、正しい知識を持ち、飼育環境を整えてあげれば問題はありません。

「ペットは家族」という気持ちはわかります。しかし、人とペットは同じではないという理解をすることが、人にとってもペットにとっても大事なのです。

だって食事からして違う訳ですし、風貌だって違う訳ですから。。。
ま、その違いが癒しを与えてくれるのかもしれませんねっ!

ペットを家族の一員として迎えるために、うまく付き合って下さいね☆


2007年06月27日

無から生まれる癒し空間

こんにちは!施工部の『うに坊』です。

070426002.jpg


上の写真をご覧になって、「素敵な新築だな~」と思いませんでしたか?


実はこれ、リフォーム現場なんですよ!

さいたま市のY様のお宅なんですが、まるで新築の様なアフターになっています。
桐は上品な雰囲気を醸し出し、日光を柔らかく反射して、幻想的な空間を演出します。
また、寒さの厳しい冬の朝なども、足が冷える心配なく過ごせます。
ここで、普通でしたらビフォーをお見せするところですが、残念ながら写真がありません。

なぜか?

それは…

壁と柱以外、何もなかったからです。

キッチンとリビングの間に、突如として出現した癒しの空間。
テーブルを貫通して天井に延びている桐の柱、実は鉄骨の柱なんです。
無機質な鉄骨とコンクリートも、無垢のリフォームにかかれば、ご覧の通りです。

癒しの空間を創るのに、場所は関係ないのです!

「癒しの空間が欲しい!」その情熱だけで十分です。
あとは『無垢マジック』で、その情熱を具現化し、形にします!


2007年06月24日

夏至

お子さんに「コメしゃん」と呼ばれているヨネダです。

この時期の土地探しのキーワードとして「夏至」が挙げられます。
なぜなら、一年で太陽の南中高度が最も高いからです。
ちなみに今年は6月22日でした。

200706241yonedanaohiro.jpg

正午:癒しスタジオ前のバス停と私です。

写真にあるように、影が非常に短いので日当たりがとても良く思えるんです。
だから、仲介業者はこの時期に条件の悪い物件を、あたかも日照が良いかのように紹介してきます。
日当たり抜群と思って購入したのに、一年の半分以上日照が確保できない・・・
なんてことにならないように注意しましょう。

時期によってどのくらい影に差が生じるのか気になる方は、正午に弊社スタジオ目の前のバス停の影をチェックしてください。
その際、私に声をかけていただければ写真のようにバス停の横に立ちますよ。

冬至のときにまた報告しますね!

2007年06月23日

無垢style 代表取締役西田光吉

こんにちは、無垢styleゲンタです。
梅雨に入ったにもかかわらず天気の良い日が続きますね。
水不足にならなければ良いな…と思う今日この頃です。

さて今回のブログは、
無垢styleの代表である「西田光吉」の普段の姿をブログにしてみようと思います。

20070623shachou.jpg

今回は、社員に対して事務所で指導している代表の西田を、
そっと後ろから近づいて写真を撮りました。

代表として忙しい中、私たちの指導も惜しまずにしてくれます。

そして逆に社長に対して何かお手伝いした時にかけてくれる言葉が、
「感謝!」
毎回、この言葉をお返しにくれます。

私も社長から多くのことを学ばせていただいており、
まだまだこれから学ぶところが多く、ご指導ご鞭撻を楽しみにそして励みに働いております。

これからちょこちょこと代表の西田を隠し撮りしてブログにしていこうと思いますので、
これからも無垢styleブログを楽しみにご覧下さいね!!
では、また。

2007年06月22日

おさむっくのつぶやき~悪質リフォームが及ぼす影響~

おさむっくです。

たまには硬いお話しをしたいと思います。

昨年末になりますが、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター「相談統計年報・2006」が発表されました。

その内容で目立ったのが、相談総数が前年度比5.2%増え、11,223件だったとのこと。

相談内容としては、数年前まで圧倒的な相談件数があったシックハウス関係の相談が大幅減となり、入れ替わって悪質リフォーム問題等の影響でリフォーム関係が前年度比23%増になったそうです。

≪影響した事柄と相談内容≫

●2004/10/23 新潟中越地震
2004/12/26 インドネシア・スマトラ島沖地震
2005/3/20福岡県西方沖地震
上記の地震災害の影響で地震や耐震に関する相談が増加したとのこと。

●2005/2 耐力壁に関する大臣認定書偽造事件の発生により、関連する問題の相談が多く寄せられた。

●2005/5 埼玉県富士見市にて悪質リフォーム問題が発覚し、訪問販売に関しての相談が増加した。

●アスベスト問題が社会問題になったことで、これに関連する相談が増加した。

●2005/11/17 国土交通省が構造計算書に耐震強度の偽装があり、その中に竣工済みのホテル、マンション が含まれると発表したことで、居住者や管理組合からの相談が多く寄せられた。

住宅リフォーム・紛争処理支援センターの相談内容をみると、その年の、世間一般の、住宅に対しての意識の高さの分野がよくわかります。

また、年度を超えて見比べてみると住宅に関しての諸問題の移り変わりがよくみえますね。
これは建築基準法の改定などとも深く関係していると思いますが、何よりも、悪質な業者がクローズアップされてきますね。

なぜ、人の拠り所となる住宅で悪質なことをするのでしょうか。。。

本当に困ります。やめて頂きたいですね。

2007年06月21日

間取りとインテリアの関係

こんにちは。インテリアコーディネーターのヨネダです。
今回は久しぶりにインテリアのことについて一言。

プランの打合せのときによく聞くのは、「広い空間にしたい」という声ですね。
圧迫感なく、部屋を広く見せるインテリアのちょっとした工夫を考えてみましょう。

まず配置ですが、部屋全体におくのではなく、出来るだけ一方にまとめましょう。
そうすることで、オープンスペースを確保できますよね。

次に部屋に入ったとき、その正面にはなるべく家具を置かない。
いきなり目の前に家具があると、圧迫感を感じやすくなってしまします。
そして手前に背の高い家具、奥に行くほど背の低い家具を配置します。
遠近感を利用することで、広がりを感じられるようになりますよ。

そしてソファーや椅子に座ったときの視線の先には絵画や植木を置いたり窓がくるように、配置や向きに注意しましょう。視線の先の広がりは、感覚的にも精神的にもとても大切なポイントです。

ただ何の意図もなく広い空間をつくるよりは、実際に家具をどのように配置して、
どのような生活をするのかを考えた方が有効だし楽しいですよ♪

2007年06月20日

建築とアートの融合施設

こんにちは!企画部のテルミです。

突然ですが、皆さんこの写真をみて何の建物かわかりますか?


20070617nommadhikku4-yoko.jpg

じつはこの建物、美術館なんです!

何からできているのかというと、 152台の鋼鉄製の貨物コンテナ、
そしてリサイクルや再利用のできる材料を組み合わせた構造になっています。

設計は世界的にも高い評価を得ているリサイクル建築の第一人者、坂茂(ばんしげる)氏。

ノマディック美術館は、カナダ出身アーティスト、グレゴリー・コルベール氏の写真と映像による作品「ashes and snow」を展示するために建築された、移動式の専用美術館です。

各地を移動するたびに作品が追加され、ニューヨーク…サンタモニカ…
そして、この度、東京はお台場へ上陸しました。

20070617nomadhikku2-enntorannsu.jpg

三角形を描いた紙管の柱が特徴的なエントランス。
垂れ幕は使用済みのティーバッグを大量に繋いで作ったもの。


20070617nomaddhikku3-konntena.jpg

会期が終わると、コンテナは解体されて元の持ち主へ返却され、
他の部材もほとんどゴミにならないらしいです。

建築だけでも見所のある美術館ですが、やはりここは中に入って作品を見ることをおすすめします。

人間と動物の交流が静かに描き出され、どれも素晴らしい作品でした。
個人的にはナレーションの無い、ショートムービーが気に入り、何度も見てしまいました。(笑)


最近では六本木にサントリー美術館、国立新美術館が創設され、雑誌の特集も絵画の解説であったり、「ちょっとしたアートブーム」を感じます。
このブームにのって、「雨の休日はのんびり美術館めぐり」も良いですね!

20070617nomadhikku-iriguchi.jpg

ちなみにノマディック美術館は6月24(日)までの期間となっています。
興味のある方はお見逃しなく!

2007年06月18日

おさむっくのつぶやき~時差

こんにちは!おさむっくです。
今回は時差のお話。

皆さん、海外旅行に行かれたことはありますか?

突貫旅行にでも行かれたことのある方は、旅行から帰ってきて次の日から仕事だと、時差ボケに困ったこともあるかもしれません。

時差といえば、日付変更線からの距離がかなり影響してきますが、ロシアやアメリカ、カナダではどうなっているのでしょうか。

ロシアでは、国内でも約9時間の時差があります。アメリカ、カナダでも国内で3~4時間の時差があります。

では、ロシア、カナダに続き、国土面積第三位の中国での時差はというと、中国は「時差なし」です。

いや、実際はアメリカとほぼ同じ大きさをしている訳ですから時差が発生するはずですし、発生しているのですが、中国では全て首都北京の時間に合わせるということで統一されているそうです。

ですから、実際の時間と部屋の時計とが約3時間も違う地域などあるそうですよ。

そんなもんなので、北京から離れすぎている新彊などの地域では非公式で、新彊時間なるものを設けているそうです。




・・・・・ま、そりゃ設けますよね。

2007年06月17日

JR川越線新駅ちゃくちゃくと・・・

こんにちは、無垢styleゲンタです。
最近は本当に暑い日が多く、夏に向けて楽しみな毎日です。

さて今回のブログは、以前も取り上げましたJR川越線の日進-指扇間の新駅についての話題です。

前回のブログで、さいたま市西区役所に新駅の模型が飾られていますよ~とお伝えしましたが、今回のブログではその写真を撮ってきましたので掲載しましょう。

20070602shinneki1.jpg

20070602shinneki2.jpg

20070602shinneki3.JPG


いかがでしょうか?
現在の状況からは想像しがたい内容に仕上がるようですね!
工事もちゃくちゃくと進んでおり、完成が楽しみです!

さいたま市のJRの駅ではまだ新しいほうである、「土呂駅」「新都心駅」になんとなく似ているような気がしないでもありませんが、皆様はどうでしょうか?

この新駅周辺の情報は会社が近いということもあり、早い段階で新しい情報が入ってきたりします。
何か知りたいことがある場合は、お気軽に声をかけて下さいね!

ではまた。

2007年06月16日

要望とコンセプト

インテリアコーディネーターのヨネダです。
今回は家づくりの前段階のお話です。

皆さんは新しい家にどのようなことを期待しますか?
明るいリビング、風通し、家事が楽な間取りなどなど。
これらは「要望」ですよね。
それらを実現する為の核となる考え方が「コンセプト」だと私は思っています。

要望の一つ一つは関連性が無い項目であることが多い。
そのなかで優先順位を明らかにして、家づくりを進めていく上で絶対にぶれることの無い
骨格となる観点を一言で表現する。

それこそが「コンセプト」で、家づくりにおいて一番大切なことだと思います。
それは考えに考え抜いて、シンプルであればあるほど良いです。

家づくりで迷ったとき、行き詰ったときにはそのコンセプトから外れていないかを意識してみてください。

それが判断基準になり、一貫性を持たせてくれて、必ず良い家づくりができますよ。
家族の事、家づくりの事、今の生活とこれからの生活、趣味や生き方や価値観などなど
いろんな話をして、世界に一つだけの「コンセプト」づくりを一緒にしましょう!

2007年06月15日

プラスαリフォーム提案 和風意匠

プラスαリフォーム提案で住まいを蘇らせる。
昨年から、箱根と伊東の旅館めぐりにはまっいています。。
昔ながらの古民家の旅館や和風モダンの旅館めぐりです。
なぜ、はまっているのかと言うとやはりそのような感性を磨く事も目的ですが、自分が癒されるのです・・・・。

そこで、話しを戻しますが今回ご紹介するのは、さいたま市見沼区の歴史ある日本家屋です。
弊社で一年をかけてリフォームが終了しました。

そこで、プラスαリフォーム提案で、癒しのせせらぎを感じられる佇まいと、懐かしさを感じられる居心地を表現しました。

それでは、ご覧下さい。

070530002i-a.jpg
<写真施工前>

070530001i-b.jpg
<写真施工後>


今後も、このようなリフォームを行いたいですねっ。。




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

プラスαリフォーム提案 洋風意匠

プラスαリフォーム提案で住まいを蘇らせる。
近頃、外壁塗装を行うにしても意匠提案を希望されるお客様が多い。
私たちも、単一的な塗装塗り替え等よりもやりがいも出る。

今回は浦和区にお住まいのお客様。
中古住宅を購入し、リフォームを行い蘇らせる。
水周りも、おしゃれに仕上がったが、写真を取り損ねた・・・。(残念)
一部分に、Rを加えたりしながら、しつこくなく。シンプルに存在感を表現する。
そんな事を思いながら意匠計画を行った。施工前・施工後の写真をご拝見下さい。。

070606001-a.jpg
<施工前>
070606001-b-2.jpg
<施工後>
070606002-b.jpg

しかし、一番感心するのは良質な中古物件を購入したというこということです。

弊社でも、中古住宅の再販や仲介を行っているが、一般の方々が中古住宅を購入する際にリフォームのイメージと、どの程度までこの予算で出来るのか等を見極めるのは至難の技である。
特に中古住宅購入時は、不動産としての知識と見識を持ち合わせている担当者ということは勿論の事。
リフォームに対する知識と見識を持ち合わせ、スピードをもって的確に予算を見極め、建築に対しての知識と同様に、劣化状況の見極めや、今後のメンテナンス計画を話してくれるかが重要なファクターであると思います。
現在、中古住宅をお探しの方々は上記を踏まえた対応を取れる会社を見極める事が重要です。

弊社では、中古住宅リフォームのセミナーや勉強会を行っております。。。
このセミナーでは、中古住宅購入の極意、中古住宅購入時の注意点、中古住宅+リフォーム
の資金計画、そして、賢い中古住宅リフォームなどを伝授いたします。。。
是非御参加してみてください。。




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

スッキリ収納

こんにちは!
結構なパソコン好きの丸岡です。

10年前には考えもしなかったことですが、今やパソコンは一家に一台、一人一台が主流になりつつあるようですね。

パソコンの周辺には、様々な周辺機器があり、これらを配線するケーブルで、ゴチャゴチャと乱雑になりがちです。
見た目の悪さもそうですが、ほこりが溜まって火事の原因にもなりかねないので要注意です。

最近はスッキリ収納するものもチラホラ見かけますが、中々これといった良いものが見あたりません。
これから独立したパソコンスペースという場所も増えると思います。設計段階で事前に打ち合せをし、造作できる大工さんの力を借りて、スッキリと収めたいですね。

2007年06月14日

照明のお手入れ方法

どうもこいけっちです♪

今回は意外と忘れがちな(←あたしだけですかね?!)照明のお手入れ方法をご紹介したいと思います。

まずは一番ポピュラーな照明器具である金属やプラスチックのものは、やわらかい布に中性洗剤を水で薄めた液をしみこませ、よく絞ってから拭いて下さい。この時、よく絞らないと錆の原因になりますので気をつけましょう!その後、固く絞った雑巾で洗剤が残らないようによく拭き取ってください。

次にガラスの部分は、器具からはずせるものであれば器具から丁寧に取り外し、水で汚れを洗い流します。水を拭き取るときはやわらかい布で拭き取ってください。
この時、化学雑巾を使うと油膜が付き、かえって汚れがつきますので気をつけましょう!
消しガラスは素手で触ると指紋が付く場合がありますので、ゴム手袋を使うといいでしょう。

木や竹、和紙を使った照明も最近ではにんきですが、これは水が使えない為、やわらかいハケやブラシでホコリをはらい、布で軽く拭いてください。
ガラスと同じように、化学雑巾を使うと油膜がつきかえって汚れてしまいますので気をつけましょう。

正しいお手入れをすれば、明かりを美しく長持ちさせることができます。
反対に、器具やランプが汚れていては、暗く感じたり、器具自体の寿命を短くする原因となります。
月に一度、拭き掃除をするだけでも違いますのでぜひ、お試しください♪

2007年06月11日

無垢スタイル 壁のお話

こんにちわ。設計のヨシーです。

今日は、私たちがこだわっている素材のひとつの「壁紙」について

ビニールクロスは会社では一切使用禁止となっていますが、その代わりに使用しているのは、 「珪藻土を表層紙に漉き込んでいる紙壁紙」「稲麦やマニラ麻などの天然素材を表層紙に漉き込んだ紙壁紙」「竹炭パウダーとケナフをミックスした紙壁紙」です。

いずれも「通気性」「消臭効果」が優れており、新築くさい匂いや結露は抑えられる製品です。

ただ、クロス屋さんにとっては「施工しにくい」といわれたり(まあ、ビニールクロスが施工性良すぎるので仕方がないですが・・・)、子供がつけてしまった汚れが落ちにくかったり、悩みもありますが、住む人の健康を第一に考えるとやっぱりこれらの壁紙がベストかなとつくづく思います。

ヨーロッパの家は、天然の紙の壁紙を貼って自分で塗装してリフォームを楽しんでいます。

日本の文化は「新しいものに価値がある」ですが、ヨーロッパは「使い続けられる「本物」に価値がある」の文化です。

早く日本の人も見た目だけの良さにとらわれることなく、本物を大事に使い続けられるようになればいいなあと感じます。

2007年06月09日

和室の配置について

こんにちは、いしはらです。

最近は、畳の部屋が一つも無いという家も珍しくないですが、和室は独特のくつろぎを得られる空間です。
何通りもの使い方が出来るので、何部屋も持ったのと同じ意味を持つ便利さがあります。


070201006washitu.jpg

(リビングの一画に設けられた和室)


和室を配置する場所は、廊下を隔ててしまうとほとんど使われなくなってしまいます。
上の写真のように、リビングの一画を3畳ほど畳にすれば、色々な使い方も出来ると思います。

2007年06月08日

おさむっくのつぶやき~ベルマーク

ども!おさむっくです。

いきなりですが、昔、学校でベルマーク集めましたよね。

ふと思い出して身の廻りを探してみたんですが、、、全くない。。。汗

ベルマーク自体なくなってしまったのではないかと思い、向かいの机にいるIさん(主婦の方)に聞いてみると、学校でベルマーク集めをやっているとのこと。

ベルマークって、昔はなんで集めてるのかわからず、なんとなく集めてませんでした?
約20年経ち、ふと素朴な疑問にさいなまれた私は調べてみました。

ベルマークとは…
1960年に朝日新聞社が創刊80周年を記念して創設したのがベルマーク教育助成運動。
社会貢献を目指す企業と学校、そしてベルマーク教育助成財団が三位一体となって進めるボランティア運動。

最近では、災害被災校への援助や防災用品の購入といったところでも活用されています。
先の新潟県の中越地震の時などには6千万点(1点1円なので6千万円)がベルマーク募金として贈られたそうです。

ベルマークの名前の由来は、『愛の鐘の音』を、静かな水面に広がる波紋のように、日本全国津々浦々まで鳴り響かせようと意味合いが込められています。

主婦の奥様方などは身近なこととして感じているのかもしれませんが、子供がいなかったり、学校から離れてしまうと忘れがちなベルマーク。

おそらく、少し気をまわせば一番簡単に出来るボランティア活動かと思います。
何かを買った時に、少し意識してみて下さい。

物があたり前にある時代ですが、地域によってはまだまだ物が不十分な学校もあります。
あなたのちょっとした意識が何かを変えるかもしれません。

もしかしたら、あなたのそのちょっとした意識が第二の松坂、第二のイチローを生み出さないとも言い切れませんし♪

2007年06月06日

セルフビルドの入った家づくり~珪藻土塗り~

こんにちは、無垢styleのゲンタです。
これからの時期は夕方からの急な雨に要注意!!

さて今回のブログの話題は、家づくりにおける「セルフビルド」です。
注文住宅で家づくりをお考えの方なら少なからずご興味をお持ちではないでしょうか?
「セルフビルド」といってもいろいろある中で、今回は「珪藻土塗り」です。

先日、家づくりが完成に近づいたお客様と「珪藻土塗り」をご一緒にしてきました。

070606001.jpg

愛着がよりいっそう強くなる
みんなで塗った良い思い出となる
キレイに塗れたとは思わなくともすばらしい手づくりの「味」がでる

このような「セルフビルド」はいかがでしょうか?
お客様と無垢styleスタッフとの共同制作の「珪藻土の壁」
6月の16日(土)17日(日)にはこちらの家の見学会を予定しております。
多くの見所をもつこの家をぜひ見に来てくださればと思います。
そして「本物の家づくり」を体感してほしいです。

ではまた無垢styleスタッフブログを宜しくお願い致します!

2007年06月03日

土地探しを応援します!~不動産広告編~

こんにちは、毎度無垢styleブログをご覧頂きありがとうございます!

無垢styleゲンタです。

今回は土地探しを応援するゲンタより広告の注意点をブログにてお送りしましょう。
今回の内容は、「日経TRENDY6月号」にも掲載されていた内容となります「不動産広告の売り文句は裏を読め!!」です。

例えば、
「頭金0円!!」「頭金不要!!」
などは、業者が売り急いでいる物件の可能性あり

「先着順!」「早い者勝ち!!」
など急がせる物件は売り残りが心配?

「2駅利用可能!」
どちらも駅が遠くなっている可能性アリ

「南側空き地のため日当たり良好!!」
現在だけで将来は保証させない可能性アリ

などなど、キャッチコピーには注意してみましょう。


しかし警戒しすぎて、本当に良い物件を逃していまわないように!!
では、また♪

2007年06月02日

結婚式にて

こんにちは 丸岡です。

6月は結婚式の季節ですね。自分は先月友人の結婚式に行ってきました。それも、ディズニーランドです。

結構、ニーズがあるらしく、何ヶ月も前から予約でいっぱいだったようです。

内容は、紹介してしますと、これから考えている方々に失礼なので、多くは語れませんが、激しくミッキー達が祝ってくれました。参列者の方も、新婚・新婦よりミッキー達を激写していたような気がします。(自分も連写していましたが・・・)


思うに結婚と家造りは似ているのかもしれません。
結婚すると決めることは、家を建てると決めること。

そして、長い打ち合わせの末、晴れて結婚式を迎えるということは、家造りで言うと、何度も打ち合わせをした後、家が完成し、無事引き渡すことに似ている気がします。

友人および関係者(自分も含めて)の幸せそうな顔を見ることで、プラスのエネルギーを頂きました。
家造りも完成のときは、満面の笑顔で、お引渡ししたいと感じた、今日この頃です。

2007年06月01日

無垢的観葉植物

こんにちは!
施工部の『うに坊』です!

20070530kanyoushokubutu.jpg


写真の植物は、『ココヤシ』という観葉植物です。
本日、我が家にやってきました。

埼玉スタジアム近くの某大型ショッピングモールで見つけたもので、欲しそうな視線を見かねた嫁が買ってくれました(笑)

さて。
観葉植物を室内に置く場合、写真のような場所は相応しいでしょうか。





答えは『NO』です。


風水的に観葉植物などは部屋の角に置くのが良いとされています。

もちろん、パキラやポトスなどの背の低いものは、天井から吊したり、棚やテーブルの上でも問題ありません。ではなぜ、我が家ではココヤシが玄関に置かれているのか…。

それは、僕の部屋が嫁によって物置化され。。。。
あとはご想像にお任せします…(苦笑)

緑が映えるこれからの季節、お部屋にワンポイントの植物で、心にも潤いをもたせるのもいいですね!


無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35