« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月31日

無垢 子供部屋~スタディスペース 内装編~終章

こんにちは。肉体改造計画中の丸岡です
今回は、スタディスペースをどのようなモノするかをお知らせしたいと思います。

○壁面を収納に・・・・
壁面や窓の上を収納スペースと使用しみては。本はもちろん、意外に多い、学校のプリントや文房具などの小物をしまえる収納が重宝します。
棚は可動式にしてフレキシブルに対応できるようします。
収納という点では、スタディコーナーはリビングやダイニングの物もしまえるとスッキリして良いですね。
キッチンでいうパントリーな役割でしょうか?

○造り付けカウンター・・・・

直接手が触れるカウンターには木が気持ちよいですね。素材は適度の硬さがあるナラやタモがお勧めです。やわらかい材料は肌触りはよいのですが、文字を書くような作業には不向きです。
無垢の材料を得意とした家具屋さんもご紹介できますので、興味があれば、相談してください。
OBの方には使われている方もいらっしゃいますね。

○自然素材で仕上げ・・・・
木を中心とした自然素材を使用します。板張りにして写真をはったり、塗り壁にするなどして、バランスを組み合わせた空間を作ってみては。

さて、今回は3部構成のスタディスペースについてお話しましたが、私は好きな空間です。
それは私自身が家族が一緒に過ごす時間を増やし、子供たちが個室にこもらないようしてほしいという考えを持っているからです。ただ、これは私の個人的な感情ですので、子供部屋一つとっても、どのようにするのかは皆様、全然違うはずです。

家族の中でも、意見の相違は当然の事です。
お互いが納得しあう結論を見出し、お打ち合わせの中で、お手伝いしていきたいと考えています。

2007年08月30日

ムクドリ

施工部のノブです。
先日、現場から現場への移動中の出来事です。

細い路地を車で走っていると、ネコが1匹地面に向かって何かをしていました。
何をしているのかと、通り際、横目に見えたのはネコが鳥をおもちゃのようにして遊んでいる様子。

「ネコは鳥を食べない」と、どこかで聞いたことがあったのですが、鳥が可哀想なので助けました。
家に連れ帰り、嫁に何を言われるかとドキドキしていましたが、帰ってみると名前までつけて
大変可愛がっていました。

20070803mukudori.jpg

その後、色々世話をして、ようやく元気になったので空へ帰しました。

鳥の種類はよく分りませんが、話をした職人さんに「ムクドリ(椋鳥)」じゃないかと言われ、
“無垢”さんが“ムクドリ”を助けて“ムクの恩返し”が有るかもよ?と、笑われました。

2007年08月27日

土壁の家

こんにちは、リフォーム担当のいながきです。

今回は壁の話しを少しいたします。

先日リフォーム工事をさせて頂いたお客様のお家に古い土壁がありました。
最近あまり見かけなくなった、土の壁です。
細い竹を組上げ、荒縄で、一つ一つ編みこみ土を盛って仕上げた土壁は調湿性に優れた壁になり、高温多湿の日本にはとても適しています。

手作業で一つ一つ結び目を作りながら作られたこの土壁の家は築50年、ですから、壁が造られてからも50年目だそうです。
竹と荒縄を結んだだけの簡単な物ですが、規則正しく編みこまれたその壁は施主様を50年守り通した頑丈な物でした。また、土で覆い隠す事がもったいないくらいに綺麗な物でも有りました。

その土壁は50年の役目を終えて土に返って行きましたが、見えない所まで、気持ちを込めて施工していた当時の大工さんの思いは、50年後の私たちの心に残りました。

いい仕事だと、素直に思えました。
誇りを持って取り組んでいた事が分かりました。

何も言わない土の壁でしたが、私たちに無言の誠実さを教えてくれているようでした。
私たちも50年後の大工さんにこの思いが伝えられる仕事をしなければと思うこの頃です。




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

2007年08月26日

おさむっくのつぶやき~驚愕の事実

おさむっくです。今回は驚愕の事実ネタを仕入れてしまいました!(驚)
これはR-15指定くらいの驚愕モノだと思います。
(とかいって、知ってる人多かったりするんですよね・・・)

皆さん、ムックとガチャピンはご存知かと思いますが、あの2人が・・・・・


なんと師弟関係だったことを知っていますか!!


師匠ガチャピン、弟子ムック・・・・その愛弟子おさむっく・・・(嘘)

いや、意外ですよね~てっきり親友かなにかかと思っていました。
ちなみに、2人のプロフィールもGETできたのでこの際載せちゃいます。

名前:ガチャピン
名前:永遠の5歳
出身地:南の島
誕生日:4月2日
身長、体重:165cm、80kg
特技:スポーツ万能の恐竜の子供
秘密:手首についているのはエネルギーボール

名前:ムック
名前:永遠の5歳
出身地:北極の近くの島
誕生日:4月2日
身長、体重:185cm、110kg
趣味:自然の中で遊ぶこと、おいしいものを食べること
性格:やさしい性格をもつ、慎重派。みかけによらず花が大好き。
    ちょっぴりのんびりやで食いしん坊。
秘密:北極うまれのムックは暑くなると体が弱る。
    頭のプロペラは暑くなったときに冷やす冷却装置。(そーなんだ・・・)


いやぁー実は謎めいた2人だったんですねぇ~ って見かけからして謎ですが。。。


つづいて、2人の本名ですが、
ガチャピン→ガチャラン・パサラン  (中東系な感じですね・・・)
ムック→ムックリ・ポックリ  (爆笑・・・変な名前すぎ、宇宙人系ですね・・・)らしいです。

いやぁ、知っているようで知らないことってほんとに多いですよね。

2007年08月25日

無垢の家 プラスαのプランニング

設計部の吉田です。

我が家の子供も8才(小学3年)・5才(保育園年長)・1才(まだ赤ん坊)とそれぞれ大きくなり、
それに伴い家の中の環境も変わってきました。

家を建てて3年が過ぎましたが、家を造る時に「こうしておけばよかったなあ」と感じている点を
ブログに書きます。


・赤ん坊が寝ているときに大声で兄妹ケンカが始まると、うるさくて起きてしまう。
→吹抜けなどを設けて開放的なプランにしたが、主寝室だけでも生活音が届かないような
落ち着いて休める空間にするべき。(今現在我が家はドア1枚で隔てられているのみ)


・妻専用の家事コーナーを設けるべきだった。
→今現在、ダイニングテーブルで、レシートの整理、家計簿の記入や○協、ヨ○ケイの発注書、
子供の宿題のチェックをしているが、タタミ半畳のスペースでもよいので、妻専用のスペースが
あったら、ダイニングテーブル周りがもう少し片付くと思う。


・主人専用の書斎があればよかった。。
→自分が最近特に部屋に「こもりたい」時間が欲しくなってきた。開放的な家も良いが、
狭くて良いので何かに集中できる空間があればよかった。


また、月日が過ぎればさまざまな改善点がでてくると思います。

これからも家のプランニングに取り組む時には将来的に可変性に富んだ
家を提案して行こうと日々精進してまいります。

2007年08月23日

無垢 子供部屋 ~スタディスペース 計画編~

こんにちは。最近特にウエスト周りを心配されることが多くなった丸岡です。
前回からの続きですので、バックナンバーを見ていただけると嬉しいです。

スタディスペースを造るにあたってのポイントですが、数をあげれば、多いので、今回は最小限に留めさせて頂きます。

○生活スペースに配置・・・・スタディスペースは、リビングやダイニングといった生活スペースやその近くに配置することがポイントです。せっかく造ったのに、わざわざ行かなくてはならない場所では、本末転倒意味がありません。配置はとても重要ですよ。  

○音・気配・空気を共有する・・・・基本的には壁面や収納ボックス等で仕切りますが、壁の高さを低めにしたり、開口部を壁面に設けるなどして、生活スペースと適度な繋がりをもたせます。
風の通り道を意識し、互いに気配を感じあえるスペースを考えます。隠しすぎず見えすぎない。難しいようですが、この適度なつながりが感によって、個室から出て、気軽に使いたくなる雰囲気を造るのがポイント

○子供部屋は別に・・・・スタディスペースは自由に気兼ねなく出入りできるようにすることが大切です。そのためドアは設けず個室にはしません。ただスタディコーナーとは別に子供室は必要です。例えば大きくなって受験勉強(思い出します・・・)に集中する時や一人になりたい時間というのは必要だからです。

今回は、スタディスペースを造る場合の配置や生活スペースとの関わりを中心にお話しました。ポイントは外部への眺め・周囲の視線と気配そして動線計画です。

子供好きな丸岡ですが、(お客様には毎回言っているかもしれませんね・・・)教育についても高い関心があります。自分に子供が出来た時はスタディスペースのある空間を作りたいなと思い描いている今日この頃です。

次回は最終章。スタディスペースの中に注目してお話します。乞うご期待!

2007年08月22日

無垢スタイル 夏の思い出

お久しぶりです。施工部のノブです。

休みに渓谷に遊びに行きました。

そのときに珍しいトンボを見つけたので紹介します。

20070803tonbo.jpg

初め飛んでいる姿を見て、てっきり蝶が飛んでいるのかと思いましたがトンボでした。

不思議なトンボで、草などにとまっている時は羽を立てていて、左右の羽がピッタリとくっつき2枚の羽に見えました。羽を開いている姿の方が綺麗なので頑張って写真を撮りました。
飛んでる姿もとても綺麗で写真を撮りたくしばらく追いかけましたが、流石に撮れませんでした。

最近よくトンボを見かけますが、初めて見る綺麗なトンボに大興奮でした。
でも、トンボって秋のイメージが・・・

もしかしてトンボじゃない?!

無垢 子供部屋 ~個室からスタディコーナーへ~

こんにちは。最近お客様よりウエスト周りを心配された丸岡です。
今回は全3回にわたって、「勉強部屋」についてお話したいとおもいます。

私には子供がいませんが、子供好きということと、学生時代に塾講師をやっていたので、個人的な教育観というのは持ち合わせています。

子供の勉強部屋といえば、個室が主流で、理想的とお考えになっている方も多いと思いますが、もともと、小さい子供は親のそばで勉強したり絵を描いたりするのを好むそうです。

よくダイニングテーブルが勉強机の代わりになっているのを目にしますが、本来食事を取る場所なので、本やノートの収納は当然なく、また、食事のたびに、こうした細々としたものを片付ける必要がありますよね。中々悩ましい所だと思います。

そこで、考えられるのが、子供の勉強意欲を促し、個室に閉じ込もる時間を減らす、親子でマルチに使えるスペースがスタディスペースです。
次回はそんなスタディスペースのポイントをご紹介します。乞うご期待!

無垢の家 夫婦の寝室を新提案!

暑い日が続いていますが、皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか。
最近、週末はコンタクトにしているヨネダです。

今回はご夫婦の主寝室についてちょっと調べながら考えてみました。
(まだ結婚してないので、あくまで想像での話しになります・・・)

いくつかのアンケートを見ているとおおよそ2~3割りの方々が
夫婦別寝室でお休みになっているようです。

ちなみにその理由ですが・・・
・いびきがうるさい
・就寝時間の違い
・布団とベッドの違い
・就寝時の快適温度の違い
などなど、ご夫婦の間にはいろいろあるようですね。

新築直後は別室にすることは考えられないと思いますが、
将来的には上記のような理由が想像できてしまう・・・とちょっと思った方もいると思います。

そのような方は、
・主寝室も将来家具や建具一枚で仕切れるようにしておく
・ベッドのスペースの脇に、少し高くした畳スペースを設ける
・一部屋だけど、少し距離を置いて寝るようなプランを考える
などのアイデアもちょっと頭の片隅にあるといいのかなぁ?
と、思ったりもしました。

今度お会いした際、ご主人(奥様)が席を外したそのときに、こっそりご意見を聞かせてくださいね。

本日より業務を開始致します

長期に頂いておりました夏季休業も昨日で終了し、
本日から通常通りの営業を開始致しました。

無垢Feering Studio-癒し・和みで、
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

20070822nagomimae.jpg
↑無垢Feering Studio-和みにて。。。。

2007年08月12日

夏季休業のおしらせ

夏季休業のおしらせ

弊社では、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。


●夏季休業● 8月13日(月)~21日(火)


なお、8月22日(水)より平常通り営業いたします。
期間中のお電話・FAX・メール等でお問い合わせいただきました件につきましては、
22日以降順次ご返答をさせて頂きます。
期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承くださいますようお願い致します。

自然素材の家 「建てた人は要チェック!」の巻

こんにちは丸岡です。
今日は既にお家を建てられ、かつ所得税の住宅ローン減税を受けている方、
もしくは平成19年の確定申告から受ける予定の方に大事なおしらせです。
これから入居させる方に関しては、今回はあまり関係のない話ですので、流してくださいね。

さて、この度、税源移譲(所得税から住民税に)により、所得税額が減少されることで、
本来受けられるべき住宅ローン控除の額が減少される方もいるかと思われます。
所得税の税率が従来の4段階から6段階に変更になりましたので、まず、ご自身の課税される
所得金額が変化しているのか、下の表で確認してみましょう↓

20070701hyou2.jpg


仮に税源移譲により減少する住宅ローン減税相当額については、平成19年度分以降に申告を行なうことにより、平成20年度分以降の住民税から控除することができるように措置されます。

簡単に言いますと、減った分は住民税から減らしますよ~ ということです。とりあえず安心ですね。

ただし、1点問題があります。それは、従来は住宅ローン控除を受ける場合、
最初の年のみ確定申告すれば、翌年からは年末調整で自動的に済んでいたのですが、
今回の住民税からの減額措置を受ける場合、毎年確定申告をしなければならないということです。

要するに、たいへん面倒になってしまったわけです。

ですので、これから皆さんにやって頂きたいことは、まず確認すること。
確認には国税庁のHPで、進めていくやり方と、税務署で聞く方法があります。
まずは確認から始めましょう。

特に二年目以降の年末調整をしている方は盲点になりやすいですね。
次に、ご自身が変更に該当していたら、次の確定申告までに手続きをしましょう。
住民税からの減額措置は確定申告時にするようです。

ただし、前述したように、毎年確定申告する必要がありますので、どうするかは考えておいてくださいね。

それでは、また時期が近づいたら連絡させていただきます。まだまだ先ですが・・・・

2007年08月11日

和の家の探求~3~

こんにちは、無垢styleゲンタです。
ブログだと元気良く「こんにちは!!」と言っても(書いても?)伝わらないのが残念です。。。


さて、「和の家」の探求シリーズも三回目に突入。
まだまだブログにてお伝えしていきたいことはいっぱいなので、ロングシリーズになりそうな予定をしております。

前回は短冊型の京町家の土地についてブログしましたが、今回はではそれを現代に活かしたらどうだろうか検証してみましょう。

下記の土地をご覧下さい。

2007073kuwari.jpg


記の土地は、ある土地の区画割を考えてみました。
左図と右図は同じ大きさの土地を異なった形に分筆してみました。
左図は一般的に売りに出されているような土地の区画の方法ですね。広告などで見ることもおおいのではないでしょうか?

右図では真ん中で真二つに区画を分筆してみました。
細長い土地となってしまい、あまりこのような区画割はよほどのことがなければありません。
それは建築が難しくなってしまうからです。

多くの建築会社は企画住宅などが多く、対応しきれない業者がでてきてしまいます。
しかしどうでしょう、「京町家づくり」から多くの素晴らしいところを学び、建築計画を考えると、
街並みも損なわず、左図B区画のような完全に奥まった敷地を作らずにすむのです。

左図B区画のような敷地延長土地では、本体建築費用以外に付帯工事で他の区画に比べて多く費用を要したりもします。(家づくり資金計画ブログ・資金計画セミナー参考)
風通しも違うだろうし、多くのメリットを見出すことができます。

次回は、設計・デザイン面でどのような違いが出てくるのかを上記の図を利用して考えていきましょう。

尚、この「和の家」の探求・・・はあくまでも探求であり、現在わたしも探求しているところです。
ぜひご意見などある際はお気軽にメールなどいただけますとうれしく思います。
そういったご意見で、さらにわたし自身深く探求していければと思います。

では、また。

2007年08月09日

無垢スタイル 「トレンド」

先日久しぶりに目黒のショップをまわってきたヨネダです。
今回は久しぶりにトレンドについて考えて見ました。

「メゾン・エ・オブジェ」というパリの有名な見本市があります。
日本からも多くのデザイナーやバイヤーが参加しており
今後のトレンドを左右する注目の見本市なんですよ。

さてその見本市のテーマですが、前々回が「パラダイス」、
前回が「セレブレーション」(お祝い・祝宴)でした。

なんだか明るい楽しい様子ですね~。

でも、いろいろなレポートや画像を見ていると、そんな単純ではなさそうです。
まだまだ「エログロ」(ちょっとグロいエレガント)やゴージャスも
流行っているようですし、「ロハス」は当たり前で、そこにどれだけデザインを
プラスできるかが、注目されているようです。

その根底にあるのは、「非日常の癒し」だと感じました。
考え方や素材は自然なものを採用しつつ、非日常の空間を演出するという、
なんとも難しいことに取り組んでいるように感じました。

日本もまだまだホテルライクがキーワードとして取り上げられているので
この傾向はまだしばらく続くと思います。
ただ、住宅に取り入れる場合は、飽きがこないように注意が必要ですよ。

無垢の家にどのようなデザインをプラスして、お客様に合った「癒し」の空間を
つくりあげるのか?

その引き出しの一つとして、今後もこの流れを注目していきます。

2007年08月06日

おさむっくのつぶやき~伝統工法

こんにちは!おさむっくです。

最近ではすっかりお目にかかれなくなった伝統工法。
伝統工法と聞いて、ハッキリとその姿を思い浮かべることが出来る人がどれだけいるでしょうか。

以前にも少しお話ししたことがありますが、かつての大工さんは、家を建てるために山に木を探しに行くことから始めました。

当時は当然機会なんてものはありませんから、クネクネまがった木をみて、この家のここの柱とここの柱に合う梁は・・・という具合に探しにいって、梁として架けた後にどの方向にどの程度反るかまで見通して骨組みを組んだという話を聞くほどです。

今、弊社無垢スタイルの大工さんはこの数少なくなってきた伝統工法での建築が出来る大工さんです。

この大工さんに話しを聞くと、「言葉で話すのは簡単、でも曲がった木と曲がった木を組み合わせて家を建てることの難しさは一度体験した人でないとわからない。
何十キロ、何百キロの梁を手で刻んでは柱に乗せ、また降ろしては、微妙な組み違いを刻み修正する。この繰り返しにより家が組みあがっていく。言葉ではわからんよ。」と言っていました。


無垢スタイルではこの伝統工法を少しでも復興させていきたいと考えています。

平成19年8月26日(日)には伝統工法を見て、触れて、実際に材木屋、伝統工法を建てる大工さんの話しを聞いて頂くイベントを企画しております。
興味のある方は是非ご参加下さい。

締め切りが8月9日(木)と期日がありませんのでお早めに!!

和の家の探求~2~

こんにちは、無垢styleゲンタです。
蒸し暑い日が続き、体調管理が難しい季節です。

さて、わたしは「和の家」の探求にはまっております。

皆さんは「和の家」と聞いてどのような家を創造するでしょうか?
純和風づくりの家など住宅展示場へ行きますとたまにありますね。
「和の家」といってわたしが現在イメージするのは、「心が落ち着く~」みたいな感じです。

「和の家」を探求することに終わりがないものだとは思いますが、純日本人であるわたしが
個人的に思う、「落ち着く」家づくりをブログを通して何回かに分けてお話させて頂きますね。

「心が落ち着く~」の要因はなんでしょうか?

土地における環境については今回考えないようにし、家について考えていきますね。
個人的には大きく分けて、「デザイン」と「素材」だと思っております。
(正直この辺の考えは変わったりすることもあります・・・)

「デザイン」については、間取り・外観・空間など、「素材」については、「心が落ち着く」素材とは・・・、
といったところだと思っております。

このような内容をこれから「和の家」の探求・・・といった題名でブログつくっていきます。

実際に「和の家」については一人一人考え方・感じ方が異なることが多くあります。
それは、「心が落ち着く~」は人それぞれ感じ方が異なることが多く、まったく同じ感性を持った人は
いないじゃないかと思うからです。

現在進行中の「探求」です。
ですので、これからこの内容について書いていきますが、
もし意見などある場合はお気軽に意見していただけたらうれしく思います。

2007年08月05日

空飛ぶ車に空飛ぶ家!?

こんにちは、いしはらです。

先日、ニュースで、アメリカの航空機会社が空飛ぶ車の購入予約を開始したとやっていました。

空飛ぶ車なんて、漫画の世界の話だと思っていましたがビックリです。
まだ、発売は何年か先のようですが・・・・。

値段も2000万円ぐらいするようです・・・、高いような安いような解らない値段です。

家も何十年か先には、宙に浮いて移動も出来る「空飛ぶ家」発売なんてチラシを
見れるかもしれませんね。

あっ・・・、そのころには「チラシ」なんて無いかな・・・。

2007年08月04日

和の家の探求~1~ 

こんにちは、無垢styleゲンタです。
蒸し暑い日が続き、体調管理が難しい季節です。
エアコンの付けっぱなしでの睡眠は身体に負担がかかるので控えるようにしてます。

さて、今わたしは、「和の家」の探求にハマっております。

皆さんは「和の家」と聞いてどのような家を創造するでしょうか?
純和風づくりの家など住宅展示場へ行きますとたまにありますね。
「和の家」といってわたしが現在イメージするのは、「心が落ち着く~」みたいな感じです。

「和の家」を探求することに終わりがないものだとは思いますが、純日本人であるわたしが
個人的に思う、「落ち着く」家づくりをブログを通して何回かに分けてお話させて頂きますね。

「心が落ち着く~」の要因はなんでしょうか?

土地における環境については今回考えないようにし、家について考えていきますね。
個人的には大きく分けて、「デザイン」と「素材」だと思っております。(正直この辺の考えは変わったり
することもあります・・・)
「デザイン」については、間取り・外観・空間など、「素材」については、「心が落ち着く」素材とは・・・、
といったところだと思っております。

このような内容をこれから「和の家」の探求・・・といった題名でブログつくっていきます。
実際に「和の家」については一人一人考え方・感じ方が異なることが多くあります。
それは、「心が落ち着く~」は人それぞれ感じ方が異なることが多く、まったく同じ感性を持った人は
いないじゃないかと思うからです。

現在進行中の「探求」です。
ですので、これからこの内容について書いていきますが、
もし意見などある場合はお気軽に意見していただけたらうれしく思います。

2007年08月03日

木の話し~時代を超えて、世代を超えて~

はじめまして リフォーム担当のいながきです。

はじめてのブログは「私にとっての身近な木の話し」をさせて頂きます。

新しい商品が高く、古い商品が安くなると言うのが当たり前の社会になっている今日で、逆の発想で考えられている物がいくつかあります。ワインや、骨董品なんかはその類ですが、私が体験したのは楽器でした。

趣味でギターやベースを弾いていた頃、どこの楽器屋さんでも最新型が、高く売られ音色の美しさや、仕上げの良さをどのメーカーも競っていました。

私もそんな楽器に魅了されお金を出しそうになったとき、一台の古いジャスベースが、目に止まりました。形、色ともぱっとしないそのジャズベース、何の気なしに弾かせてもらって驚きました。

音が丸いのです。いい音なんです。古いのに。

その1967年製のジャズベースは、私よりも年上で、剥げかかったボディーに黒ずんだネックは、なにやら臭って来そうな雰囲気ではありましたが、今まで弾いた物の中で一番良い音に聞こえました。

なぜこんなに違うのかを、店員さんに聞いてみると、木は年月が経つと水分が抜けて枯れてくる。
そうすると強くていい音になるんだ。との事でした。

新しい物がいつも一番良くて古いものは捨てられていく、これが当たり前だと思っていた私にはこんな世界もあるのかと、興味が沸き、その後たくさんの時間とお金を楽器に注ぎ込んでしまう結果になった出来事でした。

先日開催させていただいた、弊社のオープンハウスの中にも、以前建てられていた建物の梁をもう一度再生した物がありました。

時代を超えて、世代を超えて施主様のご家族を見守る大きな梁を見ていると無垢材の強さを感じずには、いられませんでした。

不動産仲介業についての特徴

土地セミナー講師の當間です。

今回は不動産会社の大まかな業種別の特徴についての解説です。
一口に不動産業とは言っても、大まかには戸建建売業者・大手不動産仲介業者・地元不動産仲介業者分譲マンション業・賃貸アパート業・不動産投資・コンサルタント業等があります。

その中から弊社のお客様の係わりの深い(大手・中堅・地元)不動産仲介業についての特徴、メリット・デメリットについてお話させて頂きます。


大手不動産仲介業

特徴:
不動産業種の中では上場していて、CMを流したりイメージ的が良いので、数多くの専任売却不動産の依頼を受けており、基本的に中古住宅・中古マンション・土地等全般を網羅しており、ある程度専任物件の数がそろっている。

メリット:
基本的に宅建業法に則って、業務を遂行するので、大きなトラブルに繋がる可能性が低い。

デメリット:
売却物件等の価格査定が、マニュアルに沿って行なわれるので、余りお買い得な物件が出ない。


中堅不動産仲介業

特徴:
専任売却物件は余り無いのですが、その分買主様を数多く集客する為、同業者の情報を研究しており数多くの情報を網羅しています。特に土地や建売分譲等の情報はほとんど把握しています。
 
メリット:
不動産情報料はピカイチです。又、分譲業種の売主に強く意外と価格交渉に進んで応じる傾向にあります。

デメリット:
給料体系等が完全歩合の会社が多いため、イケイケの営業マンが数多くいるので、要望を聞かずに物件を押し売りする傾向があります。


地元不動産仲介業

特徴:
地主様の物件を多く取り扱う事が多いのですが、コンサルタント業務を兼ねている場合が多く、何百坪単位でだったり、売るのか貸すのか等はっきりしない情報が多い。
    
メリット:
タイミングが合えば、市場に出ていない物件があったり、地元密着型の体制なので購入後も面倒を見てくれる場合が多い。

デメリット:
比較的どんぶり勘定な資金計画をする業者があるので全て書面にしないと後で話が違っている事がある。


上記はあくまで、比較的そういった業者が多いという傾向なので、現実には一社一社又は担当者で違いがありますので、そこを見抜けることが必要と感じます。

仲介手数料0円の謎・・・

こんにちは土地セミナー講師の當間です。

今回は不動産仲介会社等の広告で、最近良く見かける手数料が、0円や50%OFFなどのからくりについてのお話です。

通常、不動産仲介業の会社は買主様と売主様より、それぞれ3%+6万円(消費税別)の手数料を頂いくのが、基本的な商いの流れになります。

当然買主様から仲介手数料を頂かないと、売上げが半分になってしまいます。
何でそんな事が出来るの?と仲介業の営業マンに聞くと、営業マンは決まって下記のような台詞を言います。


「弊社では数多くの仲介を行なう事で、売主様のみ仲介手数料を頂き、買主様からは仲介手数料を頂かなくて済むようにしています。」


そのまま上記の言葉を鵜呑みにすると、すばらしいシステムのように思いますが、そこに落とし穴があるのです。

確かに買主様は仲介手数料を払わずに不動産の購入が出来ます。

但し、当然仲介業者は手数料を支払って頂ける売主様側に偏った説明等をするようになります。
その上、売主様は建売業者等も含みますので、土地探しを希望しても建売を進めたり、土地でも売れ残っているような不動産を進めたりするのです。

さらにそれを加速させる、不動産仲介業者と売主不動産業との癒着があるのですが、ブログには書きにくい内容ですので、御興味ある方は土地セミナーに御参加頂ければと思います。

もったいつけてすいません・・・・・・

2007年08月02日

おさむっくのつぶやき ~TAXIでの話(後編)

ども!おさむっくです。
TAXIでの話し(後編)です。

運転手さん 「今日は何、お友達の所に行ってたの?遊びすぎちゃった?遊びすぎちゃったのね~いいわねぇ~若い子は」

私 「・・・・・・・・」(いや、僕は何も言ってないんですが。。。汗)

というような会話(!?)言葉攻め(!?)が続くので中略させて頂き、ここからです・・・。

運転手さん 「おばさんは温泉が大好きでね。2日仕事して1日休みなんだけど、休みごとに天然温泉に行ってるのよ~。」

私 「温泉が好きなんですね」

運転手さん 「そうなのよ。最近の天然温泉は安いでしょ。1日いても1000円もしないでしょ。それでゆっくり休めるんだからいいわよ。それにおばさん風邪をひいたことないの。」

私 「へぇ~そうなんですか・・・」

運転手さん 「少しおかしいかなって思ったら、いつも温泉に行くのよ。そうすると汗と一緒に悪い菌が全部出てっちゃうの!」

私 「・・・・・・・」(大変申し訳ないが、その温泉には入りたくない・・・苦笑)

運転手さん 「おばさんの生まれは漁師の家でね、親が漁から帰ってきたらすぐお風呂に入れるようにいつでもお風呂が沸いてるの。五右衛門風呂!それなもんで、昔の子どもってすぐ腹痛とか起こしたり調子が悪くなるでしょ?そうするといつだってウチは“風呂はいって寝ろ”だったの。そうすると次の日にはすっかり良くなっちゃうんだから不思議なもんよね~」

私 「なるほどね~」

運転手さん 「それでも治らないと赤玉よ、赤玉。親が赤玉を1個ポーンと口に入れてバチーンてピンタくれて『はい治ったぁ!!』ってやってくれるのよ。」

私 「!!!!!!」声がデカ過ぎてかなり ビクーッ!! ってなりました・・・

私 「それは凄い(痛い・・・)ですね」

運転手さん 「それで治っちゃうんだから不思議なもんよねぇ」

私 「・・・・・・・・・・・」(治るの!?(驚)・・・ポーン、バチーンで治るんだ・・・?)

というような話でした。途中、気圧されすぎて「そこを右に・・・」の私の切なる願いは、おばさんのハイテンションな声にかき消され、そこを過ぎたところで「まだまっすぐ?」の質問に「はい・・・」としか答えられませんでした。汗

しまいには「まだ曲がらなくていいの?」と聞かれ・・・「もう少し行って右ですね」と言いながら、設置されているナビを横目に「やっぱアナログだよねっ」と自分にいいきかせました。

こうして通常、深夜の時間であれば20分ほどで着くところ、10分ほど遠回りして帰りました。
TAXIでの話しおしまい。

と、おもしろい話が満載だったのですが、一部抜粋で書かせて頂きました。

お風呂の話を聞いていた時にふと思ったことがありまして、“そういえば、じいちゃんの家の風呂も無垢の木でできてたな~”と思いました。

それと同時に、“新築のお風呂の当たり前ってユニットバスだけど、そんな無垢の木で出来たお風呂とかがなくなっていくのは少し寂しいなぁ”と思ったのでした。
でもやはり掃除やメンテナンスを考えると・・・というのはありますよね。

そんな中、おもしろそうなお風呂をみつけました!

まだみつけたばかりで細かいことはわかりませんが、下の写真をご覧下さい。

enokibasu-20070730-2.jpg


無垢の木のお風呂とユニットバスの融合です!!

一見、ユニットバスのようにはみえませんが、ユニットバスだそうです。
詳しいことはこれから調べますので(調べてからブログにいれろよ、と言われそうですが)ご興味のある方は是非、無垢スタイルの“おさむっく”こと榎まで、お気軽にお問合せ下さいね♪

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35