« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月30日

さいたま市マンション情報

10月にインテリアセミナーを開催するヨネダです。
皆さんが楽しんでインテリアのことを好きになってもらえるようなセミナーに
していきますので、ぜひご参加下さいね。

さて今回のブログは、普段のお仕事の一部でもある不動産売買のお知らせです。
弊社にて無垢の家を建てるお客様より、さいたま市のマンション売却のご依頼を
頂いており、そのご紹介をさせて頂きます。

所在地:さいたま市北区櫛引町2丁目574
名称  :グランアージュ大宮


入り口の緑を抜けて敷地内に入っていきます。

敷地内の様子です。


郵便局側からの写真です。

マイカルシネマや赤ちゃん本舗もテナントとして入っている大宮サティの南側の
きれいなマンションとお伝えすれば、知っている方いらっしゃると思います。
小学校・中学校・郵便局も隣接しておりますので、子育て世代のお母様には
とても利便性が良い物件となっております。

価格は2700万円で9坪強のテラス・専用庭付きの1階になります。
リフォームで和室とリビングをつなげて開放的なLDKにすることもできますよ。

実際にご案内も致しますので、ご質問やお問い合わせはお気軽に
電話:0120-26-2900、または、HPの問い合わせまで、ご連絡ください。

2007年09月28日

無垢の家 雨桶

施工部のノブです。

今日施工しました、雨樋の落ち葉除けネットの紹介します。
このお客様のお家の裏には神社があり、大きな木があります。
裏といってもすぐ隣と言うわけではないですが、なかなかの落ち葉が雨樋につまっていました。


施工前


施工後 ネット取り付け後

これから落ち葉の季節になりますが、かなりの効果を発揮してくれそうです。

2007年09月25日

温暖化とヒートアイランド

こんにちは當間です。
今回は温暖化とヒートアイランドについて少し考えたことをブログします。

先月8月13日から帰省で9日間沖縄の実家に帰っていたのですが、滞在中の最高気温が
32℃夜になると27℃位でエアコンもほとんど必要が無い状況でした。
例年通りですが・・・
TVニュースでは、関東は40℃を越えて酷暑だと報道されており、どちらが南国か
わからない状況だねと家族で笑い話になっていました。

でもよくよく考えると、マスコミなどでは、関東が猛暑な理由を、温暖化の影響や
都市化によるヒートアイランドの影響でと表現することが多いのですが、調べてみますと、
沖縄県では過去20年でほとんど平均気温の変化は1℃にも満たないそうです。

関東の猛暑には温暖化の影響もあると思いますが、やはり大きく影響しているのは、
都市化によるヒートアイランドなんだなと感じさせられました。

猛暑を、温暖化なんだから世界的な問題となんだと捉えず、一人ひとりが猛暑の影響は
マンション・戸建・ビル・アスファルトなどの私たちが建てた、都市化によるヒートアイランドが
原因と思うことで、少しは身近に感じられるのではないでしょうか。

ちなみに私の家は小さいながらも芝生を植えています。

2007年09月22日

インテリアコーディネータセミナーに参加して

こんにちは、ヨネダです。

先日青山にある「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー」
という、インテリアの専門学校でセミナーのお手伝いをしてきました。

実は私もこの学校でお世話になり、今回声をかけて頂いたという訳なんです。
参加されていたのは、学生さん~大手ハウスメーカーのコーディネーターさんなど、
インテリアに関心のある方々でした。

講師は雑誌やTVでも活躍されている深澤先生です。


よくコーディネーターさんは「センスが良い」と思われがちですが、決してそれだけではなく、
快適に過ごすにはセオリーがあり、それを知っているからこそ、より良い提案ができるんですよ。

まったく要望が同じというお客様は存在しませんし、ご家族の中でも要望は様々です。
設計士やコーディネーターの仕事はその想いを汲み取って、より良いご提案をすることです。
どのような要望にも応えられるように日々勉強しなければと改めて感じたセミナーになりました。

2007年09月17日

元無垢スタイルスタッフ 大工修行中!

こんにちわ、監督のジュンジです。
今日は以前無垢スタイルで監督をしていた滝野さんのお話です。

現在は無垢スタイルの大工棟梁の元で修行中です。
監督をしていた経験を活かして「お施主様の事を第一に考える大工さんになりたい」と言っていました。

takinodaiku1.jpg takinodaiku2.jpg


一人前の大工さんに早くなれるように、頑張れ!滝野大工!

2007年09月16日

無垢の家 珪藻土塗りに参加!

こんにちは丸岡です。

皆さん珪藻土塗りをやったことはありますか?
通常はありませんよね。
最近はお客様参加型と題して、ご自身・ご家族で塗られる方もいらっしゃいます。

私も先日、珪藻土塗りをお手伝いしてきたのですが、予想以上にたいへんでした。
ただ塗るだけかなと思ったのですが、綺麗に塗るのが難しいのです。

以前その道のプロに聞いたところ、フラットに塗るのが一番難しいとおっしゃっていました。
今回のお宅は・・・フラットでしたので、中々たいへんだったのではないでしょうか。

ただ、施主様とご両親様+無垢スタイルスタッフ数名で一つの共同作業をできたのは、
今後めったにないであろう、貴重な体験でしたので、こだわりのお家に私も参加でき、
大変うれしかったです。

2007年09月15日

電磁界測定

お風呂上りに扇風機に顔を近づけているヨネダです。

先日検討している土地の近くに送電線があるので、電磁界を測定してほしいとお客様からご依頼を受け、早速東京電力に電話をして、測定してもらいました。

どんな機械で測定するのかというと・・・

sokuteiki.jpg


ボタン一つですぐ測定できてしまうんですよ!

その測定結果ですが、送電線の近くよりも電柱の近くのほうが数値が高かったのです。
なぜなら送電線は電柱よりも高い位置にあり、地上に届く前に測定できないほど弱くなってしまうからなんです。

その後、お客様のご自宅でも、テレビ前やエアコンの前面、扇風機なども測定しましたが、一番高い数値が出たのは扇風機のモーター部分でした。

電気製品や送電線から発生する磁界の健康への影響は、心配ない範囲とのことです。
測定自体は無料ですので、興味がある方は声をかけてくださいね。

2007年09月14日

和の家の探求~5~

こんにちは、無垢styleゲンタです。私の生まれ故郷は山梨県。

山梨といったら、『武田信玄』!!といったら『風林火山』!!といったら『孫子の兵法』!!
とうことで書いてみました。

私は、『疾きこと風の如く、徐なること林の如し。侵略すること火の如く、動かざること山の如し』
何事も時機や状況に応じた行動をすることが重要だと思っております。

さあ今回はシリーズ5作目。
『和紙』についてのブログになります。

これについても現在勉強中のためまだまだ知らないことだらけ・・・。
『和の家』といって古くから馴染みのある内壁といえば、竹や木を組み下地にし、
土や漆喰を塗るものでしょうか。そして『和紙』。

自然素材が多く見直されている最近、その中の一つとして『和紙』があります。
『和紙』は繊維と繊維の隙間の中に空気を含み、その空気層が暖かさを保つため、
保湿効果があり、湿度もコントロールしてくれる内装の仕上げ材料です。

このような特徴を持つ内壁仕上げ材料としまして近年は珪藻土が有名です。
珪藻土のこのような効果は多く知られているのですが、『和紙』についてはそうでもありません。

しかしデメリットもあります。
『和紙』は水に弱いことや、毛羽立つことが気にされます。。。
しかし色々と調べてみると克服方法もあるようです。
それは、『和紙』の上に漆や柿渋を塗る!
そうすることで固く絞った雑巾などでの水拭きが可能となるそうです。

さらに、『地元和紙』というのも伝統的にあります。無垢styleの所在地埼玉県では、
『細川紙』が有名です。

この『和紙』は埼玉県の小川町の方で引き継がれているもので、
くわ科の楮(こうぞ)のみを原料とした『和紙』だそうです。
『和紙』は調湿と保温の他に光の取り入れとして障子にも使われます。
部屋に落ち着いたやさしい雰囲気を演出するのに『和紙』は欠かせません。

東秩父村に『和紙の里』というところがあるそうなので、ぜひ行こうと思います。
とても興味深いことなので行った際にはまたこのブログにてご報告させて頂きますね。

2007年09月13日

【無垢スタイルの評判】無垢の家完成間近!~狭山市富士見~

こんにちは、無垢styleゲンタです。

夏の夕方に降る雨。。。少し前の雨は、ものすごかったですね。
「すごい雨だぁ!!」というより、「なんだこれは!!」と思いました。

違いがわかりづらいですけど、個人的に「すごい」という表現を超えていた気がします。
ちなみに雨は嫌いじゃないです。

さて今回は、9月22日土曜日 23日日曜日に狭山市富士見で完成現場見学会を予定している現場の紹介です。

写真は施工中の現場風景です。→現場の様子をもっと見てみる

gaikann200700913-y.jpg


見所としましては、
○北側道路の土地で、光の入り方を大切にし明るい間取りづくりができました
○個室におけるウォークインクローゼットの新しいとりかた
○リビングとファンタスティックルーム、家族のつながりとともに個性を活かす
○自然素材をふんだんに使用し、さらに自然素材をアクセントとして利用する
○アウトドアが好きなご夫婦、用途に合った土間収納ができました
○まだまだあるけど現地でお話しましょう。。。

とうことで、またまた個性的な家が完成をむかえ、お施主様のご好意で見学会を
開かせていただきます。

ぜひご都合宜しければ、体感し参考にする価値は多くあると思います。
お越しくださること楽しみにしております。

→狭山市富士見完成見学会

2007年09月09日

無垢材の汚れ落としの仕方

こんにちは、監督のジュンジです。

先日、リフォームのお客様からSOSのメールを頂きました。

内容は子供さんが習字をした際に、墨汁で無垢材の赤松の床を汚してしまい、
何とかならないですか?と言うことで、早速お伺いしてきました。
下の写真をご覧下さい。

20070716yuka.jpg
お客様も何とか落とそうと擦ったりして頑張った様子が伺えます。

無垢スタイルでは、新築、リフォームの施工をさせて頂く場合、
ほとんどと言って言いぐらい無垢材の床材を張ります。

その時に一番多いお客様の声は、「無垢材が良いことをわかっているけど、
子供がいるから、すぐ汚れたり、傷が付きやすい」という部分で悩むそうです。

実際アフターメンテナンスでお伺いしますと、合板の床材の方が傷が付かなかった・汚れが落ちたと
言われる場合もあります。
しかし、私的にはそんな事は無いと思っています。

合板の床には厚い塗装で処理している為に傷が目立ちにくいだけで、
冬などは冷たく、これからの季節ではジメッとします。

しかし、無垢の床材(特に無垢スタイルで多いのが厚み3センチの赤松)は、
傷、汚れが目立ってきたら紙やすりで削ってしまえば、ほとんど目立たなくなります。

今回お伺いさせていただいた場合も、作業時間はたった5分前後で、汚れはほとんど落ちて
細かい傷などは目立たなくなりました。
その後に自然素材のワックスで磨いたのが、この写真です。

20070716yuka2.jpg

お客様も大変喜んで頂き私も嬉しくなりました。

無垢スタイルのアフターサポートシステムに御加入頂きますと、
この様な床の汚れ落としをしてワックス掛けは、出張料と
ワックスの材料費だけで、出来てしまいます。

詳しくは無垢スタイルまでお問い合わせください。

2007年09月08日

和の家の探求~4~

こんにちは、無垢styleゲンタです。
今年の8月は猛暑でしたね、熟睡できなかったのが一番きつかったです。。。
ウーロン茶を飲みに起きた回数は数え切れない・・・

さてこのシリーズも早4作目。
本日は「玄関土間」について写真と共に、私自身が感じることをブログにしましょう。


この写真は山梨県北杜市明野町にある、日本料理『夢ょう』の玄関の土間です。
ここに入った際に感じたのはまず、「涼しい~。」
真夏の炎天下、関東では40度近い気温となっていました。

最近の建築をみると、玄関は極力小さくとる家が多いようです。
家の大きさが限られた中での間取りづくりで、その他の要領を削ってでも
玄関土間を大きくとる使い方を考えてみます。

玄関土間を大き目に間取りに入れる方で多いのは、

○家の中には持ち込みたくないものの収納をつくりたい。
○外から帰ったらコートなどをかけるために利用したい。
○大切な自転車などを置いておきたい。
○家族用の家への入口を別に設けたい。

などなどいろいろあります。そしてまだまだあります。

収納としての用途の場合は、玄関土間を玄関収納として壁で区切る方も多いですね。
大き目の玄関収納を通ってその先にキッチンといった使い方も良さそうですね。
これ以上に玄関土間の利用法にはいろいろとアイディアが浮かんできます。

私が玄関土間を自分の家に取り入れたいと思っている構想としましては、
玄関土間を広くとり、そのまま収納もつなげたりできることなら通り土間もつくりたい。
キッチンも通り土間に設置したい。

個人的になぜそんなに大きく欲しいのか?
一番強く思うのは、写真の『夢ょう』でも感じたことですが

毎年暑い暑い夏に家の中で打ち水をしたいから!!です。

そこに風が通ると気持ちよい家ができると思いません?
温暖化防止・節電にも少しだけだけどなるかな。。。

昔ながらの「和の家」は現在の建築において、多く取り入れていきたいところは
多くあると思っております。

深いことまではわからないですが、身体では感じることができました。

2007年09月03日

無垢スタイル 広島旅行

こんにちは丸岡です。
みなさんお盆はどこかへ行かれましたか?
私は、お休みを利用して、広島へいってまいりました。

学生時代は青春18切符というものを利用して、鈍行列車の旅が主だったのですが、
今回は飛行機でひとっ飛びです。少しですが旅行中に撮った写真を紹介させて頂きますね

一枚目に何故鹿が・・・ これは世界遺産の厳島神社が宮島にいた鹿です。
この日は猛暑でほとんどの鹿は日陰を独占していました。写真の鹿もあまりの暑さに
涼んでいるのでしょうか。


右に神主さんらしき人が写っています。
巧みにシンセサイザーを弾いている様子がちょっと不似合いでした・・・。


これは渡船に乗りながら撮りました。
二段渓という滝へいくために必ず通らなければならないそうです。
画像は猿飛というらしく、何でも猿が飛び交っていたことが由来だそうです。


他にもメジャーな所はいったのですが、
旅好きな丸岡ですので、お勧め場所があったらぜひ教えてください。ではまた。。。

2007年09月01日

新潟県中越沖地震

こんにちは、ながしまです。

9月1日は※「防災の日」です。
今回は、この防災の日にちなみ、「地震」に関係する身近な話をさせて頂きます。

私は、夏休みを利用して、新潟県上中越方面へ旅行へ行ってきました。
先の新潟県中越沖地震による影響を心配していましたが、
宿泊先及び周辺地は地震の被害が無い様で、宿泊客も結構いました。

しかし、宿へ向かう途中では、高速道路の交通規制や山間での土砂崩れ、
ブロックの倒壊や道路の被害、又、屋根の棟にブルーシートがかけられた住宅の数々など、
地震から約1ヶ月経った現在でも地震の爪跡が残っておりました。

以前と比べると、報道で取り上げる事が少なくなくなりましたが、現地ではまだ不自由な生活が
続いている状況です。

改めて、地震被害の怖さ、その後の生活への影響を身をもって感じた旅となりました。

※防災の日…9月1日の「防災の日」は、今から84年前の大正12年に、関東大震災が発生した日です。この日を中心とする防災週間には全国的に防災に関する行事が開催さています。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35