« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月31日

さいたま市 お手ごろ大工

先日フラワーボックスの取り付け工事がありましたのでご紹介します。

今回このフラワーボックスを取り付けるきっかけは「布団を干すのに階段の昇降が大変!」
と言う奥様の要望でした。


施工前


施工後

バルコニーや外観と合ったフラワーボックスで、まるで最初からあったような感じですよね。
これで布団を持って階段の昇降もなくなり、毎日気持ち良い布団で眠りにつけますね。

無垢スタイルではこのようなちょっと困った家の修理、リフォームなども、
専門の技術スタッフがお得な価格で技術とサービスをご提供します。

小さなことでもお気軽にご相談ください!

2007年10月29日

森の中に佇むカフェ

こんにちは丸岡です。

唐突ですが、今日は私、丸岡のお勧めのお店を紹介したいと思います。
その名も”温々(ぬくぬく)”。所在は下記にあるURLで確認していただくとして・・・
ひっそりと佇む落ち着いた雰囲気の素敵なお店でした。

個人的に建物単体の美しさより、周りの環境に溶け込む建物が美しいと考え・嗜好する丸岡ですので、そういった意味では、借景も楽しめる場所でした。
ちなみに私がオーダーしたのは、おむすびセットと深入りコーヒー。どちらも絶品でした。
(微妙な組み合わせですが・・・)

今後もお勧めスポットをご紹介していく予定ですので、興味を引かれた方はぜひ行って見てください。お会いした時にお話できたら楽しいですね。

○温々
http://www5f.biglobe.ne.jp/~nukunuku/

2007年10月28日

「メガ盛り」と「オーバーサイズ」

メガ牛丼に興味深深、ムクスタのヨネダです。
メガマックから始まった「メガ盛り」ブームですが、当分続きそうですね。
コンビニでも通常の2.8倍の大きさのおむすびや、1.6倍の大きさの弁当などが発売され、
極めつけはメガ牛丼・・・しかもこれらの商品が人気を集めているらしいですね~

実はインテリア業界でもここ2~3年前から、一部の間ではあるのですがオーバーサイズの
家具や照明が注目を集めています。

たとえば照明器具ですが、松下電工さんからラージサイズペンダントが発売されています。
画像は下記のリンク先でご確認ください↓
http://biz.national.jp/Ebox/newproj2007/largesize/index.html

吹き抜けや広いLDKにはぴったり合いそうですね。
また、AQUA CREATIONSというイスラエル発の照明器具もそのデザイン性から世界中で
高い評価を受けています。

ソファーも奥行きが深く、クッションなどで背もたれを調節するような大きなタイプが人気です。
横になったり、ソファーのうえに座ったり、それぞれの使い方で楽しんでいるようです。

メガ盛りのブームは脱メタボリックの反動ともいわれていますよね。
ブームはどのタイミングで移り変わるかわかりません。
住宅やインテリアにも様々なブームがありますが、生活しやすく飽きがこない程度にその
エッセンスを取り入れて、ワンランク上の住空間を楽しみましょう!

2007年10月27日

おさむっくのつぶやき~鉄道博物館駅

どーも、おさむっくです!

さて、今回は地域に根付いた話をしたいと思います。
弊社、無垢スタイル建築設計は埼玉県さいたま市にあります。

さいたま市の駅と言えば「大宮駅」ですが、大宮駅から高崎線やニューシャトルで
1駅北上しますと「大成駅」という駅があります。

ご存知の方も多いかもしれませんし、少ないかもしれません。
少なからずとも多いかもしれませんが。。。。(どっちですか・・・汗)

この駅の名前が変わりました。

その名も「鉄道博物館駅」!!!

もはや博物館なのか、駅なのか理解に苦しむ所はありますが、
10月14日現大成駅に鉄道博物館がオープンしております!

高崎線やニューシャトルを利用される方は、電車から建設途中の現場をよく
目にしたかと思いますが、かなり大規模ですっっ

東京ドーム1個分

の6分の1個くらいはあるかと思います。。。汗
すいません、まだ全貌を把握してないので目算です。っていうか単なる勘です。。。

ご興味のある方は是非一度行ってみて下さい。
そしてそのノリで是非とも無垢スタイルの列車を見ににお立ち寄り下さい。

無垢スタイルの家づくりを運ぶ夢列車を見に♪(うまいっっ!もう1杯!!!・・・って青汁か・・・って欧米か・・・って古い?ってか寒い?

ついでのように申し上げており、誤解を招く恐れがありますのであらかじめお断りしておきますが、無垢スタイルと鉄道博物館は、そんなに近くありません・・・涙(キッパリ)

でも来て下さい!家の話しも含め色々な話をしましょう!
無垢スタイルに寄ってから鉄道博物館に行かれるのも良いと思いますし、
なんでしたら無垢スタイルに寄って話し疲れたらそのまま帰っても構いませんし。

・・・鉄道博物館の話しはなんだったんでしょうか。。。

2007年10月25日

「再生×RINO」デザイナーズリノベーション住宅完成間近!

こんにちは監督のジュンジです。
今日は無垢スタイルの新ブランドの「再生×RINO」の現場が
完成間近になりましたのでブログに書きます。

「再生×RINO」???と思う方も多いと思いますのでこの言葉を説明します。

一般概念のリフォームでは到底、行わない規模のリフォーム工事です。
今後、弊社の「再生×RINO」も精力的に活動していきますので楽しみにしてください。

リフォーム=改装は見かけの化粧直しで綺麗になりますが、
基本性能の根本的な改善は見込めません。


弊社では、住まいの革新(リノベーション)を推し進めてゆきます。
既存住宅の耐震性能・断熱性能・調湿性能等、既存住宅の基本性能を高め、
使い勝手を革新するリノベーション。


それが、弊社新商品「再生×RINO」です。



施工前


施工中1


施工中2


施工中3

今回は築60年前後の住宅でした。
基礎と骨組以外全て解体して現在の建築基準法に下付き耐震補強及び
基礎補強を行うのと伴に防音効果の期待できる断熱材、
「セルロースファイバー」の施工をしました。


施工後


同じ物件だったように見えますか?

内部の写真も、今後ブログにて紹介したいと思います。

2007年10月20日

【無垢スタイルの評判】アジアンモダンのマンションリフォーム完成

計画的に部分的に行えるという事もリフォームの利点である。

今回の、リフォームは、計画的なリフォーム。。。
リフォームの最大の利点は、部位や居室などに応じて計画的に
実行できる事であろうと思う。
今回の事例は、賢いリフォームの成功例とも言えるだろう。

一年程前、弊社で、リビングも水廻りもリフォームを行っている。



施工前


施工後

今回のマンションリフォームは、マンションにお住まいの施主が
効率よく収納できるように収納を一新する事。
そして、趣味多彩な奥様の水墨画が、際立つ和室を創り上げる事。
何よりも、居心地が良い感性育む空間を作り上げる事。
そんな、風に私は解釈しこのように出来上がりました。


施工前


施工後1


施工後2


施工後3


施工後4


計画的に行う落とし穴もございます。
以前の仕様の商品が無かったり、ちぐはぐになったり。。。

リフォームも新築同様、今だけよければ、今はこれでいい等、そん
な軽んじた気持ちに、もう一度携わる業者が施主にビジョンを与え
なければならないとこのような事になりがちです。

私の経験上、そのようなリフォームは、顧客は感動しません。
感動は、思いもしないものに出会い、それが期待を越えたものでなけ
れば生まれません。

期待以上のサービスそして、感動を与える事。
それが、私達の使命です。
その使命を果たす為にも、時には顧客のパラダイム(思考)を変えられ
るかどうか、この住まいであればこのようにしてあげた方が必ずや、成
果を得られる。という強い信念を持ち接しなければ、心に打たれないで
あろう。
常に、プロ意識を持ち取り組むべし。

無垢の床材~汚れの落とし方

こんにちは監督のジュンジです。
今日は無垢の床材の汚れ落としについてお話します。


良く言われる言葉で「無垢材は良いのは分かるが、傷や、手入れが難しい」
と言うのが多いです。
その時、私が御説明するのが、無垢材だからこそ、後の手入れが出来ると説明しています。


癒しスタジオの桐部屋コーナーは約5年経ちますが一度も手入れをしていませんでした。
(サボりすぎました・・・・)

桐の床材は柔らかく、暖かく感じますが、その分合板の床材に比べると、傷は付きやすいです。
癒しスタジオも傷と汚れが目立ってきましたので、あえて、磨いた場所と磨いていない場所が分かるように磨いてみました。



写真で分かるように右側はそのままで、左側は紙やすりで磨きました。
浅い傷、汚れが目立たなくなりました。


ぜひ無垢材の床材の汚れなど気になりましたら、御相談下さい。
やはり無垢材は良いと思う今日この頃です。

地球温暖化対策~屋上の太陽光発電

こんにちは リフォーム担当の稲垣です。

先日、小学生の娘の運動会に参加してきました。
建替えしてからまだ5年の新しい校舎は、私が通っていた
25年前のそれとは、まるで違っていました。

まず、教室に入るための扉が無いので、とてもオープンな感じ。

廊下は全て明るめのフローリングで統一しているので、
寒い感じがしませんでした。

全室天窓付き。 校舎が階段の様に段が
付いている構造になっているので、本当に明るく清潔な感じがします。
     
中でもびっくりしたのは屋上の太陽光発電。
現在の発電量が生徒にわかるような大型のモニターも
設置されていて、関心の高さを感じられました。



屋上の太陽光発電



モニター


地球温暖化が指摘されてから数年が経ち、やっと身近な物にも
温暖化対策が、見られるようになって来ました。

弊社でも太陽光パネルの設置は行っておりますが、関心度は
いまいちです。 電気の料金プランの見直しと、売電効果で
実は大変お買い得な商品です。 
スタジオにはサンプル模型も常備してありますので、
どうぞお気軽に、お声がけください。

無垢スタイル 土地探し

こんにちは、いしはらです。

土地探しから家づくりをお考えの方は、まず希望のエリアで土地を探して購入し、
それからハウスメーカーなどを廻って建築会社を決める方が多いと思います。

土地を探している時点で不動産屋から土地の紹介を受けて、良いとは思うけど
中々決断が出来ず購入出来なかったという方も多いと思います。

土地から探す場合、更地の状態で決断しようとしても家のイメージが出来なかったり、
家と土地の金額や諸費用がどのくらい掛かるかが分からなくて決断が出来なかった
という方も多いと思います。

これから、家づくりをスタートしようと思われている方は、土地探しと一緒に早めに
信頼出来る建築会社を見つけて家づくりをされた方が良いと思います。

2007年10月15日

日当たり良好?NO.2

ご無沙汰しております。設計のイッシーです。

昨年小さな幸せ?な報告をしたことをみなさん覚えていらっしゃいますか?
「我が家の庭でゆりの花が咲きました。」という内容のブログだったんですが、
なんと今年も咲きました。(ご報告が遅くなりました。)
相変わらず庭にほっぽり出したままだったんですが。。。



今年は毎年花をつけるサボテンもご紹介しますね。
これももう我が家にかれこれ20年程前からあるのですが、毎年花を咲かせます。
こちらも夏冬限らず1年中外に出しっぱなしです。。。



昨年も書きましたが、我が家の立地条件です。
南道路(位置指定ですが・・・)で、西側が駐車場になっています。
多少西日が激しいです。
やはり植物にとっても日当たりは重要なんだと毎年思います。

小さな幸せ?報告(NO.2)でした。

2007年10月14日

【無垢スタイルの評判】狭山市無垢の家完成!!

ムクスタのゲンタです。。。
「ムクスタ」、最近地域の方々からこう呼ばれます。
以後、「ムクスタ」にてよろしくお願いします。

さて、狭山市にて無垢STYLEの家を建築しておりましたが、
とうとう完成・引渡しをむかえました。
先日はお施主さまのご好意にて見学会を開催させていただきまして、とても大盛況でした。

_MG_3828.jpg
外観


お施主さまとは、かれこれ一年前の出会いとなります。
その後、ご出産があり一時停滞。。。
そして落ち着いてから土地探しをスタートしました。
それと平行してなんども無垢STYLEの家見学会にも足を
運んでいただき、家のイメージづくりもしました。

最終的に決めた土地は、実は以前に地元の不動産屋さんに案内された
土地であり、その際は良くない物件で終わった土地でした。
道路は北側、北側以外は三方とも家。

しかし、私はこの北側道路の土地なら間違いなく明るく開放的な家づくりが出来ると思い、
間取りを提案し、土地の購入となりました。
もちろん私がそうお客さまに断言しお約束したのにはしっかりとした理由もありました。

「北道路の土地=暗い家」この考えは間違っています。

確かにこの方程式が当てはまってしまうこともありますが、そうでないことも多くあります。
これは不動産のプロではなく、建築のプロの土地の見方。

こちらのお施主さまはお引渡しをしてからも、これから家を建てる方の
参考にご協力してくださるとのこと。

これから土地を探して家づくりを考えていらっしゃる方で、
もしご興味ございましたら、私が土地購入決定前にお客さまとお約束した、
「必ず明るく開放的な家づくりをします!!」
を体感してみませんでしょうか?
今後の土地探しにおいてお役に立つことをお約束します。

多くの要素にて、本当に良い家になりました。
これからも良い家をいっぱいプロデュースしていきたいです。

お施主さまには心からの感謝をしております。

では、完成したてのY邸をどうぞご覧ください。。。。



リビングを一望できるカウンターキッチン。
その先には小窓がついた板貼りの和室。
ちょっと個性的で、なんだかあたたかみのある空間です


家族みんなで本を読んだり勉強したりできる
開放的な多目的空間(ファンタスティックスペース)



ラウンジのようなたっぷり広々寝室。
月がきれいな夜は、電気を消して月明かりを楽しめます


将来的に、間仕切りを入れて2部屋にできる
ゆったり子供部屋


洋室のクローゼットと主寝室のクローゼットを
つなぐことで2つの部屋の通り道にもなる。
子供部屋へらくちんに行ける、便利な抜け道です


2007年10月11日

おさむっくのつぶやき~青春18切符で・・・

おひさぶりです。おさむっくです!

今年の夏、長野の上高地へ行ってきた様子をブログします。

青春18切符を握りしめ、鈍行列車に乗ることおよそ6時間。。。汗
松本駅から松本電鉄に乗り換え新島々駅(しんしましまえき)へ行き、
更にバスに揺られることおよそ1時間。。。上高地へ到着です。

1泊旅行だったのですが、2日間とも天気がよく、夜は満天の星空でした。
本当にプラネタリウムみたいで、見えないだけで都会の空にもにはこれだけの
星が輝いているんだな~としみじみ思いました。

大正池(←であってますよね・・・汗)でボートに乗り

あれ、、、よくみると写真左脇に白い手が・・・・・心霊(!?)汗

いえ、違います!

気をとりなおして、ハイキングコースを歩き河童橋まで行きました。

ちなみに、自然を堪能しましたが、シーズン真っ只中だったため、人はたくさんいました。。。
写真をみて頂けるとおわかりになるかもしれませんが、河童橋が落ちるのではないかと
いうくらい人がたくさん橋を渡っておりました・・・

木々のざわめきや川のせせらぎ、視界の9割を占めるであろう林と山、
そんな自然を歩くだけで不思議とリラックスできました。

ふと気づけば、上高地は暑くない、、、というか暑さを感じなかったです。

でも松本まで降りるとやはり暑かったです・・・汗
きっと自然効果ですね♪おそらく、自然があるということと、木々があることにより出来る
日陰と、川が流れていることにより、陽があたる所との気温差で風が発生したり、
風通りが良いおかげでしょうね!

自然に触れた生活、そして、気温差の利用は暑いコンクリートアイランドの都会でも
様々な工夫で活用出来そうですねっ

2007年10月08日

無垢スタイル アロマテラピー講座

こんにちは丸岡です。

今日は無垢スタイルで定期的に開いている勉強会の様子をお知らせいたしますね。

下の写真は9月20日にスタジオ ”癒し” にて開催したアロマテラピー講座の様子です。

aroma-100706-1.jpg


お客さま感動部の磯村講師が参加された方々に丁寧にお話しています。

基礎講座ということでしたが、本格的な話もされていたようで、
参加された方もご熱心に聞いておられました。

2時間の講義の後は磯村よりすぐに実践できるお土産も出たそうで、
気兼ねなく過ごせた内容だったそうです。

私も後でハーブティーを頂きましたが、味もさることながら匂いも満喫し、
とてもリラックスができました。
スタジオにハーブとアロマの心地良い香りが満ちた、いつもとひと味違う
”癒し”が体感できた一日です。

これからも定期的に開催しておりますので、お友達を連れてぜひご参加くださいね!

2007年10月07日

無垢の家 手づくりの家づくりに完成はなし・・・

こんにちは、ムクスタのゲンタです
「ムクスタ」・・・無垢styleの略ですが、最近流行っているようです。
呼びやすくて、覚えやすくていいネーミングですね!!


さて今回のテーマは『手づくりの家づくりに完成はなし』
さてさてピンときますでしょうか???
手づくりの家づくりをしている会社は完成までやってくれないとかではなく、
引渡しを受けた後も自分で家をコーディネートしていこうという考えです。

今回写真で紹介するのは、
もう少しでお引渡し一年を迎えるお客様の家の2階のテラスの写真です。
このテラスはお引渡しの際は、FRP防水の状況でした。
その後、ホームセンターでのセールで商品を購入し、
ご夫婦でこのように手づくりをしたそうです。
最初の状況よりとってもいい雰囲気となっておりました。
こちらのご夫婦は、造作の棚に扉がないところにも布をかけたりと、
お引渡しから家の雰囲気がますます良くなってきております

手づくりの家づくりにはこのようなところがあり、むしろ残しておき、
住む方の手でつくっていくことがまた楽しみであったりします。
これもまた、本物の家づくりの良さですね。
私たちもご訪問させて頂くのが楽しみです。

さいたま市中古住宅~解体工事の様子

こんにちは、無垢styleゲンタです。
最近やっと秋らしい気候にもなり、気持ちの良い毎日を送っております。

さて、今回はさいたま市浦和区での解体工事の様子をブログにてご紹介します。
土地探しからの家づくりを始めたS様。実家の近くという条件の中、ご一緒に土
地探しをしてきました。狭い範囲の中での土地探し、けっこう難航しました。
しかし、現在も土地を探している地域の付近に住んでいた為、物件がでたらすぐ
に見に行ける、といったことを繰り返しているうちに、この中古住宅付き土地を探
し、ご購入にたどりつきました。

以前も、土地探しにおける「更地」と「中古付き」の物件のメリット・デメリットで比
較しましたが、もし現在ご興味あるかたはセミナーにお越しいただくか、お気軽
にご質問下さい。

さて、新築する家の図面も完成しまして、無事に解体工事スタートしました。
一週間くらいで解体工事は完了し、再地盤調査、地鎮祭などをしまして、本体
工事の着工を迎えます。

解体工事は、産業廃棄物の処理の関係で業者選びはシビアなものとなっており
ます。

今後解体工事をすることがある際は、業者さん選びには十分注意いたしましょう。


解体工事中

こちらの家は、完成後の雰囲気がかなり期待しています。ご夫婦ともにとっても
家づくりを楽しんで行っております。私も本当に完成を楽しみにしております。

2007年10月06日

木の強度

こんにちは、いしはらです。

構造部分に木材を使った住宅は強度について、
鉄やコンクリートなど較べて不安に思われる方が多いと思います。

実際に、杉と鉄とコンクリートを比較した日本林業技術協会のデータを見ると、
引っ張られる力に対しては杉は鉄の4倍以上、コンクリートの200倍の強度があります。
圧縮される力に関しては、杉は鉄の2倍以上、コンクリートの9倍以上あります。
曲げる強さは、杉は鉄の15倍以上、コンクリートの400倍にもなります。

見た目で、強そうとか弱そうというイメージもありますが、
木の強度や耐久力は歴史的建造物が現存している事からも分かると思います。

個人的には、単純に木は自然を感じさせてくれて、和ませてくれるところに魅力を感じています。

2007年10月04日

無垢の家 衣替え

新人の石倉です。
10月と言えば衣替えの季節。学生服もOLさんの制服も冬スタイルに変わる時期ですね。
サラリーマンのスーツの変化はちょっと判りずらいですが。

「家は服を着てるわけじゃないから、衣替えは関係ないでしょ」とおっしゃる皆様、
そうですね、季節ごとにサイディングを替えていたら相当資金が必要になってしまいますが・・・・・。

”しつらえる”という言葉をお聞きになった事があると思いますが、むかしから日本では住環境について、いろいろな物で演出を施し、季節を感じる工夫がされてきました。

玄関の花だったり、食堂の器だったり、床の間の掛け軸なんかもそのひとつですね。

きっと家も衣替えしたいと思っているでしょう。

大掛かりなことじゃなくても、ちょっと季節を家の中に取り込んでみませんか?

2007年10月01日

リフォーム詐欺について

こんにちは リフォーム担当の稲垣です。

先日久しぶりに実家に帰ったときに、母からこんな話し聞きました。
友人の80歳になる女性の家が、リフォーム詐欺に遭ったと言うのです。
どのような手口なのか聞いてみると、床下に潜り、耐震工事を行うと言って、話し込み、
一人暮らしの資産家だと分かると、何ヶ月も通い、見えない箇所の施工を行うと言っては
何もしない、もしくは到底金額には見合わないような簡単な工事を繰り返していたとの事でした。

被害総額 2000万円 

信じられない金額ですが、ご本人は最後まで気がつかなかったとの事。
被害届けを出しに行き警察官に 「2000万円と言うのは、普通に家が建つ金額ですよ、おばあさん。」と言われたそうですが、その女性の返答は、「私が、おばあさんですって、あの人たちはちゃんと、お嬢さんと呼んでくれたのに」と、言うものだったそうです。

言葉巧みにとはこの事で、もしかしたら詐欺に遭っている事にこのおばあさんは気が付いていたのかも知れません。 が、お嬢さんと呼んでくれる人を最後まで信じたかったのかもしれないと思うと、老人の心の隙間をねらった卑劣な手段は、許せないものだと思いました。

でも自分もわかる気がしました。太ってるのは分かっているのですが、女の子から「貫禄があるね」とか、「頼れそう」なんて言われると、やはり嬉しいものです。

ほんと、人事ではないですよね。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35