« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月31日

良質な中古住宅の見分け方

土地探しセミナー講師の當間です。
前回は年始に不動産の流通量が多くなる理由を解説しましたが、中古住宅をお探しの方には、より良い物件にめぐり合うためにも、基本的な中古住宅の見分け方ですが重要になりますので下記①~⑥の注意事項を参考にご検討いただければと思います。


①建てた建設会社の評判(特に建売は要注意)
②築年数よりも、手抜き工事がないか見極めること。(耐震診断がお勧め)
③瑕疵担保免責の物件は確実に家に問題があるので検討範囲から除外すること。
④建物に目が奪われるので、土地の方位や敷地形状等も十分に検討すること。
⑤構造躯体の材質特に(基礎・土台・柱・梁)は取替えが出来ないので十分に確認すること。
⑥④と同様で建物に目が奪われるので近隣の人間関係・騒音・工場などの匂いなども
分かりにくくなり易いので注意が必要です。


総論ですが、土地探しに比べ中古住宅の場合、家そのものに集中してしまいその他の検証箇所が甘くなりがちなのでより高度な判断基準が必要になります。
毎月開催している、土地セミナーにおいても、中古住宅含めてアドバイスしておりますので是非ご参加下さい。




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

2008年01月28日

さいたま市 不動産~不動産流通量

年始の不動産流通量が多い理由について
當間です。

早速ですが、本日のテーマについてですが、年始から春先にかけては、
下記①~⑤等の理由より、不動産の流通量が、秋口から年末に比べる
と沢山の情報が流通します。

①お正月に家族親族が集まるので、売却や購入などの話がまとまり易い。
②何年も前から(暦・家相・風水)等の理由で今年売るのを決めているような売主がいる。
③春先より年末年始はお年寄りの死亡が多い為
④住宅メーカーのCM・不動産広告・TV番組が住宅の特集等の影響
⑤住宅購入希望者が増えるのを見越し、不動産業者等が物件を年始
から売り出すケースが多い。

よって、不動産の購入を検討されている方には、絶好の時期と言えます。
但し、条件の良い不動産と、そうではない不動産も出回りますので、沢山
の物件を見ることで、目が養われれば良いのですが、条件の悪い沢山の
物件をみて、判断基準が甘くなるケースがありますので、次回は中古住宅
及び土地の基本的な見分け方について解説致します。

2008年01月26日

【無垢スタイルの評判】「西区U邸無垢の家」お引き渡しを終えて・・・

こんにちは、いしはらです。

U様、完成おめでうございます。
U様と初めてお会いしたのが、3月の中ごろ
和みスタジオに来場されて、お話しさせて頂いたのが、
始まりでしたね。

それから、家の話~間取り~OB訪問~土地探しと進
んでいきました。

家の希望に合う土地が見つかったのが6月、間取りの
打ち合わせ、暑くて倒れそうだった8月の地鎮祭など
様々な思い出があります。


「私が至らない点など多々あったと思いますが、
U様の家づくりをお手伝いする事が出来まして、
本当にうれしく思っています。

   ありがとうございます!!!


ue-rib-080125i.jpg
やわらかい色合いの木材と、小窓から見える
緑が癒しを与えてくれそうです

ue-fukinuke-080125.jpg
ロフトから下を見下ろすと、キッチンとリビングが。
すぐに声が届く空間です

uekichi-kichin-080125.JPG
赤がアクセントになったキッチンスペース。
眼前に広がる外観を眺めながらのお料理は魅力的


uea-baru-080125.jpg
暖かくなりましたら、広いウッドデッキでのバーベキュウの
お誘いを楽しみにお待ちしております。」


「やんちゃボーイのにっくんにも会いたいので、
ちょこちょこ顔を出させて頂きます。今後とも
どうぞ宜しくお願いいたします。」


uehara-baru-080125.jpg

2008年01月24日

【無垢スタイルの評判】自然素材・無垢の家~完成見学会in川越市~

こんにちは無垢styleげんたです。
最近多くのお客さまからブログを楽しみにしていただいているという、
うれしいうれしいお言葉をいただきます。
ご覧いただいているみなさま、本当にありがとうございます!!

さて今回のブログは、
川越市寺尾とさいたま市緑区にて1月26日(土)27日(日)
に開催する、『無垢styleの家』完成見学会のお知らせブログです。

まずは川越市の無垢styleの家。



『家族みんなが居心地良い家相・風水7LDKの家』
フリーでマップデザイナーの仕事をしているご夫婦と小学生の娘さん、
息子さん、幼稚園に通う娘さんの5人家族。

始めてお会いしたのは同じ川越市寺尾で開催した完成見学会でした。
小学生のお子さんがいらっしゃるということで、
小学校・中学校の【学区限定】での土地探しをご一緒しました。
さらにお仕事を家でするので土地の広さもほしい。
いくつか候補地があったなかで今回の土地になりました。
ご夫婦で家相・風水の本を数多く読み、
そのなかでご夫婦と無垢styleスタッフとなんどもなんどもお打合せをし、
この素晴らしい家が完成しました。





今回家づくりをご一緒して印象に残ったこと、、、
『子供の頃から自分の家をつくることが夢だった。
  小さい頃からずっと自分の家を思い描いていたのです』
『家族一緒の時間を少しでも多く過ごしたい
  だから子供が小学生までのうちに家を建てたかった』
ご主人は家族一人一人のことを深く考え家づくりをデザインしていきました。

ブログではお伝えすることがしきれないこの家づくりを、
ぜひご体感しにお越しください!!
完成見学会開催、さらには広告の地図製作にご協力いただきまして、
お施主様には心より感謝しております。
出会ってからここまでを思い出すと本当に感動します。。。

【無垢スタイルの評判】自然素材・無垢の家~完成見学会inさいたま市緑区~

こんにちは、無垢styleブログをご愛読くださっているみなさま
先日は朝から雪が降り、やはり山梨県の山麓出身者としては、
冬は雪が降るとなんか落ち着きます。雪の日はとってもきれいですよね。
雪が積もった自然は本当にきれい。。。

さて今回のブログはもう一つのブログで紹介しました、
川越市寺尾とさいたま市緑区にて1月26日(土)27日(日)
に開催する、『無垢styleの家』完成見学会のお知らせ。



こちらはさいたま市緑区の無垢styleの家。
『侘び寂びの家』と名づけさせて頂いたこのお家。
ネーミングは奥さまが『侘び寂び』『日本旅館風』という言葉を幾度となく
使っていたことで決まりました。

こちらのお客さまの家づくりのスタートは、
雑誌をご覧頂き無垢FeelingStudioへお越しいただいたのが始まりでした。
ご実家の近くでの土地探しからご一緒し、
幾度となく土地を見に行った結果、今回の場所に決まりました。
そして始まった家のデザイン。
とても感性豊かなご夫婦ならではの家となりました。
一つ一つに意味があり、生活を想像しながらの間取り・空間づくり。
ぜひ見ていただきたいところばかり・・・
ブログでは語りきれません!
本物の家づくりは言葉では伝わりにくいのです。



障子戸や畳など、まさに「日本旅館風」な玄関。
腰をかけるのに丁度いい高さだったり、
その下には収納スペースがあったり。
ちょっとうれしい心遣いです


たくさんの収納スペースは、主婦の必須アイテム


勾配天井とたくさんの窓で開放感たっぷりに。


多くの思い出のつまった家づくりが完成しました。
途中お子様がお生まれになったり、
ご一緒に食事をしたり、
ご一緒に土地探しドライブをしたり、
珪藻土を三人で塗ったりと、
やはり家づくりは感動しますね。。。

お施主様、ありがとうございます。


toblog_icon.gif

上棟式の様子~さいたま市西区S邸

こんにちは丸岡です。
先月、西区S様邸にて上棟式をとりおこなってきました。




最近は上棟式といっても、幅が広くなり、どこまでやるのか悩ましいところです。
ただ、形式を重んじることも大切ですが、大工さん・協力業者さんおよび関係者
一同と、施主様が顔合わせをすることで、共に素晴らしいお家を建てようという!!
という気持ちになるような場になってくれればと感じています。
お祝いという意味からは若干それるのかもしれませんが、そうあって欲しいです。

上棟することで、施主様はご自身の家という感覚がより実感できると思いますが、
まだまだ工事は中盤です。

安全第一で桜の舞う季節に素晴らしいお引渡しを迎える日が待ち遠しいです。

2008年01月23日

仲介手数料0円の謎・・・

こんにちは不動産セミナー講師の當間です。

今回は不動産仲介会社等の広告で、最近良く見かける手数料が、0円や50%OFFなどのからくりについてのお話です。

通常、不動産仲介業の会社は買主様と売主様より、それぞれ3%+6万円(消費税別)の手数料を頂いくのが、基本的な商いの流れになります。

当然買主様から仲介手数料を頂かないと、売上げが半分になってしまいます。
何でそんな事が出来るの?と仲介業の営業マンに聞くと、営業マンは決まって下記のような台詞を言います。


「弊社では数多くの仲介を行なう事で、売主様のみ仲介手数料を頂き、買主様からは仲介手数料を頂かなくて済むようにしています。」


そのまま上記の言葉を鵜呑みにすると、すばらしいシステムのように思いますが、そこに落とし穴があるのです。

確かに買主様は仲介手数料を払わずに不動産の購入が出来ます。

但し、当然仲介業者は手数料を支払って頂ける売主様側に偏った説明等をするようになります。
その上、売主様は建売業者等も含みますので、土地探しを希望しても建売を進めたり、土地でも売れ残っているような不動産を進めたりするのです。

さらにそれを加速させる、不動産仲介業者と売主不動産業との癒着があるのですが、ブログには書きにくい内容ですので、御興味ある方は土地セミナーに御参加頂ければと思います。

もったいつけてすいません・・・・・・

2008年01月21日

自然素材の家~室内干し

こんにちは、デムラです。
お客様とのお打ち合わせの中で、お客様の生活サイクルやライフスタイルについて
お話をうかがってゆく中、ここ最近よく話題に上るのが洗濯物のお話。

夫婦共働きの場合、仕事を終えて帰ってくるのは夜。それから洗濯をして外に干すわけにもいか
ず、朝洗濯をしても冬は日が短く、外に干して仕事に出かけるわけにもいかない。
最近は乾燥機付の洗濯機も増えており、すでにお持ちの方もいらっしゃるかとは思いますが、
しっかり乾燥させるには3~4時間ぐらいかかったりしますよね。そのような悩みをもっている方は
意外に多いんじゃないでしょうか。

そんな時お話しするのが弊社のOB様のお宅のお話。

過剰な湿気や臭気を吸着する健康と安全に配慮された木質繊維素材『セルロースファイバー
断熱材』と、すでにご存知の方も多いかと思いますが珪藻土を使った内壁のお部屋は、部屋
干しでも渇きが早く、いやなにおいも付かない!!(あまり大量の場合等、限度はあると思い
ますが...)と、その調湿効果を実感しに驚いておられました。

現在、家作りを考え、室内干しの悩みを抱えておられる方は、ぜひこのような自然素材を積極
的に生活に取り入れ、有効利用してみてはいかがでしょうか。

2008年01月19日

はじめての家づくり~広告の坪単価

今年こそスノーボードにいこうと思っているヨネダです。
ここ2シーズンはほぼ滑っていないのでどうなることやら・・・
ちなみにクリスマスに雪山に行った友人曰く、今年は雪質も良いようですよ。

さてお正月は様々なメーカー、工務店が広告をいれてくれます。その広告で
気になるのはやはり坪単価ですよね。中には坪単価30万円~の文字も
見かけるかもしれません。ところでこの坪単価の基準となる面積(坪)は
どうなっているのでしょうか?

通常、確認申請を出す際の面積は基準法床面積といい、建築基準法にその算出
方法が決められています。ところがもう一つ、施工床面積という基準が存在します。
それは基準法床面積にポーチや吹抜・バルコニーなどを加えたもので、法律的に
明確な基準はないのが現状です。

たとえば基準法床面積=30坪、施工床面積=35坪の住宅で2000万円の家の場合、
・基準法床面積・・・・2000万円÷30坪=66.6万円
・施工床面積・・・・・・2000万円÷35坪=57.1万円
なんと、坪単価に9万円以上の差が出てきます。

さらに注意書きをよく見てみると、屋外給排水工事費が別だったり、35坪以上の場合
といった但し書きが書いてあることが多いようです。

広告の宣伝文句の踊らされてこんなはずじゃなかったのに・・・とならないためにも、
スタッフに家づくりに必要な総額費用を相談するようにしてくださいね。

2008年01月16日

無垢スタイル~さいたま市ナンバーワンの…

ど~も!おさむっくです。

今回のキーワードは「さいたま市 ナンバーワン」です。

さいたま市の図書館はIT化が進んでいて、パソコンや携帯電話から、インターネットで
読みたい本を検索し、予約することが出来るそうです。

そして、予約している本が到着するとメールで連絡してくれるそうです。

本当に便利な世の中ですね♪

では、「さいたま市のナンバーワン」はというと“年間1人当たりが借りる本の冊数”が
17ある政令指定都市の中でナンバーワンだそうです! ん~勤勉なによりです♪

また、さいたま市では、子供たちに読書の楽しみを知ってもらいたい、そして、図書館で学ぶ力や情報活用能力を身につけてもらいたい、といった願いから大都市で初めて、すべての小中学校に1人ずつ司書を配備したそうです。その数158名!

まさに『生活文化都市・さいたま』ですね♪

読書を通じて感受性や想像力豊かな子供達がこのさいたまから多く生まれそうですね!
10年後、20年後が楽しみです。

2008年01月15日

中古住宅再生~梁の話

こんにちは、設計部のながしまです。
今回は梁についてのお話です。



この写真は、築37年で、先ごろリノベーションを行った物件の
ダイニング・キッチン天井部分です。
既存の梁を表しとし、37年前の材料が堂々を天井に組まれています。

古いからと言って隠すのではなく、少しの手を加えれば、現代風の趣
のある広空間を創ることが可能です。

皆様のお宅の天井裏には、裏方で家を支えている立派な梁が眠って
いませんか?




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

2008年01月13日

無垢の家 無垢スタイル~新人スタッフ紹介

はじめまして、新人のデムラです。新人といっても30をこえておりますが...。
ちなみに弊社のスタッフからは年齢より若く見えると言われフレッシュな気持ちで
がんばっております。

さて、今回は私の自己紹介を兼ねて、なぜ私がこの仕事を選んだのかについて
お話ししますね。実は私、以前はメーカーの作った商品(完成品)を販売する
営業だったんです。

扱っていた商品というのはすでに出来上がった物ですから、その商品がお客様の
ご希望にぴったり合えばいいのですが、お客様も様々、必ずしもぴったりとは限りません。
「ココはこうなればもっといいのに」等のご希望やご要望を伺っても残念ながら
出来上がった商品の仕様を変更することはできず、非常に歯がゆい思いをしておりました。
そんな中、お客様にとってより価値のあるより良いものをご提案し、お客様と一緒に
理想の家作りを目指すことができるこの仕事に出会い、遅かりしも新人となりました。

入社して日々感じることは、どんな仕事もそうですがお客様の夢を預かる家作りは、
とくに「信頼関係」が大切であると本当に感じる毎日です。

お客様の家作りの想いや不安をお伺いし、一つ一つを感じ、また解決することで
価値の高い家作りとなるようお手伝いをさせていただければと思っております。
なんでもお気軽にご相談くださいね。それではイベントや弊社のスタジオで
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

2008年01月12日

ヒートショックにご注意を!

積算部の石倉です。
冬の朝は寒くて起きるのが大変です。あまりに起きるのがつらいので、一時期
朝風呂につかるのが日課になっていました。
入るとスッキリ目が覚めるのと、ポカポカして少々の寒さなんかヘイチャラになっ
てしまうので、何日か続いていましたが、あまり良い事ばかりではないと、家内
に言われ、注意するようにしています。

眠りから覚めた直後は、体に急激な変化を与える事は良くないのだそうです。
血圧についてよく言われていますが、血管にいきなり極端な圧力がかかってしま
い、からだの中で弱くなっている部分に影響を及ぼすそうです。(※)
心臓だったり、脳の血管だったり。そう考えると怖いですね。

※ヒートショック…温度が急に変わると血管が伸縮して、血圧が急激に変動したり、
脈拍が速くなったりする。高齢者がヒートショックを受けると、脳卒中、脳出血、
心筋梗塞などの命にかかわる病気を起こすおそれもある。

初めに寒い状態の浴室で体を冷やし、その後お湯で急激に体を暖める・・・・
確かに決して良い事では無いようです。

ヒートショックを防ぐには、初めに浴室を暖かく
しておく事などで室内の温度差を少なくすことが必要です。

私場合は、朝の時間的にかなり難しいです。

朝気持ちよく起きる方法を、何か考えなくては!

最近の浴室は、そのあたりも考慮され快適に入浴する事が出来る工夫がされて
いますが、その機能に頼りすぎる事無く、体をいたわる事を忘れないで下さいね。

2008年01月11日

住宅ローンの選び方

こんにちは丸岡です。
昨年は、建築・住宅業界の間で様々な事が起きましたが、その一つに住宅ローンが
挙げられます。年々減少する住宅取得控除や相続時精算課税制度の特例、しいては
サブプライムローンの影響からか、上がる上がると予想されていた金利も上がらず、
むしろ下降傾向でした。昨年は明暗を分けた秋でしたね。

住宅金融公庫の「住宅ローンに関する顧客アンケート調査」では情報の主な入手先は
インターネットがトップだそうです。ですが、あまりの商品種類の多さと見慣れない用語、
法律も絡むことが多く、迷路に迷い込んでいる方も多く見受けられるように感じています。

「今日はそんなあなたに・・・ずばりお勧めの住宅ローンはこれだ!!」

というようなお話は致しません。
なぜなら、実際に個別に状況をお伺いしますと、オールマイティなものは存在しないから
です。(当然の事ですが・・・)ただ、その方にあった家造りがあるように、その方にあった
ローンの組み方もあるはずです。

個人的には客観的なスタンスを取り、比較検討できるような提示をすることで、ご自身で
選択してもらうような行動をとっています。
家造りのスタートは、間取りから・土地からと様々ではありますが、資金計画からとお考え
であるならば、お気軽にご相談下さいね。
受けた以上はより前向きな一歩を踏み出せるご提案を致します!

風呂場からの変な音

こんにちは。リフォーム担当の稲垣です。

最近寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんなに寒い日は、コタツにみかん、と言うのが、平均的な
日本の冬のすごし方だとは思いますが、寒さ対策は万全ですか?

今日は、実際に10年前の私のお客様からの声を元にお話ししていきます。


タイトルは「風呂場からの変な音」

先日、施工完了しました春日部市のS様、ユニットバスとシステムキッチン、
そして給湯器の交換をさせていただきました。
ほどなく完了となり、施工後の点検にお伺いしたところ、こんなお話しを頂きました。

「夜になるとお風呂場から変な音がする。」

それは、毎日ではないのですが、今まで聞いた事のない音が夜中にすることがある
との事。まるで誰かがお風呂に入っているときのような音が夜中にしている。

二人暮しのS様宅では、夜中にお風呂に入るような方はいらっしゃる訳もなく、
音に気づいて起きてしまう奥様がたいそう気になされていた様子でした。

勝手にお湯が沸いている様だ、とのお話しでしたので、遅い時間にお伺いしましたが、
わかりませんでした。念のためメーカーに聞いてみたところ、驚く答えが返ってきました。

なんとその給湯器には、凍結防止装置なるものが搭載されており、それが働いて
夜中に勝手にスイッチが入るとの事。

仕組み的には、給湯器の中に入っている水が、凍結しそうな寒い夜になると
給湯器の中で水が凍結するのを防ぐために、お風呂に張ってある残り湯をくみ上げ
給湯管の破裂を防ぐ装置だそうです。お風呂のお湯を自動でくみ上げると言う、
給湯器の性能の高さに当時はびっくりしていましたが、今となってはほとんど全部の
機種に、標準装備されています。

これから2月にかけて、きっとまた、何人かのお客様から、「給湯器が勝手に・・・」
なんていうお話を頂くことになると思いますが、これをお読みになっていただいている
方の中で、もし給湯器の説明書が残って居るようでしたら、是非一度ご確認下さい。

日本製の給湯器の性能の高さにきっと驚かれることと思います。




Green-remake-baner.jpg
さいたま市・所沢市のリフォーム・増改築・リノベーション・営繕工事は
「Green-リメイク」

2008年01月10日

自然素材~選ぶ楽しさ、木でおしゃれインテリア

こんばんはムクスタのげんたです
いっつもブログでは「こんにちは」からはじめていますが、
夜に見てくださる方もいらっしゃるかな~と思ったのと、
私もたいていつくっているのは夜なので今回は「こんばんは」にしました
もう冬至も過ぎ夜も長いことですし・・・

さて今回のブログは、
<選ぶ楽しさ、木でおしゃれインテリア>と題しました
インテリアというとブログでは“よねっち”のブログが主となっており、
隠れファンもいるそうな。。。
こんな私もインテリアにはそれなりに詳しいのですが、
私を知る人ほど、「またまた~」。。。
まぁいいですけど。。。
しかし今回はインテリアとはいうもののスケールの大きいインテリア
『木』なんだけど『材木』のほう
写真をご覧ください。




そうこんなに大きなインテリア!!
構造躯体とは関係なく、ただただインテリアとしての『木』
これはお施主さまと一緒に材木屋さんに行って選んできた立派なインテリアの『材木』
これを大工さんの腕と長年の目で立派なインテリアとして家に加えてもらうのです。

『木』の樹種や太さなども選べて楽しい♪
世界で一つのインテリアなので気分は上々♪
ちなみにこちらのお施主さんとは洗面カウンター材も一緒に選びに行きました。
このようなインテリアをご希望の方はぜひムクスタッフ(←ムクスタ+スタッフ)まで!!

ちなみに2007年冬のボーナスをなにに使いますか調査第一位は、
『液晶テレビ』だったそうです。
そんななか、日本の家具業者はテレビボードに力が入ってますね~。
もしお気に入りのテレビボードがあってもなくても、
そんなときもムクスタッフにご相談を!!
手づくり、世界で一つだけおっしゃれ~なテレビボードを提案します!!

ではでは、今回はムクスタげんたがインテリアについてお送りしましたっ。

2008年01月08日

今年中の入居を目標にしている方

新年明けましておめでとう御座います。
本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて昨年の12月は、住宅ローン取得控除の段階的な減額の仕切り月と言うこともあり
私自身も3組様のお引渡しがありました。
新年を迎え、お客様の中には今年中に家を購入して年内には入居できればと、
考えているお客様も多いのではないでしょうか?

弊社でよく受ける質問で下記のようなことをよく聞かれます。

「(1)果たしてどれぐらいの時期までに土地を探して、(2)どれくらいの時期までに
建築業者を選定し、(3)いつくらいから建てれば、年内に入居ができるのでしょうか?」

(1)土地の探しの選定に関しては、めぐり合わせが多いので、期間的なことはなんとも
言えませんが
1月~4月にかけては、不動産の流通している数が多いので、良い物件に出会いやす
い時期ではあると思います。


(2)建築業者の選定に関しても、特に1月は各社総力戦で、イベントや広告などを一気
に繰り広げてくるので 業者の分析を1月にするのは、良い時期ではないでしょうか?
業者選定に関しては、なんともいえませんが、一般的な大きさの建物の場合建築期間が、
半年ほどかかりますので、少なくとも3月くらいまでに絞るのがベストかと思います。

(3)遅くとも梅雨明けの7月くらいには着工するべきかと思います。特に夏時期は気象条
件(長梅雨・台風) の影響を受けやすいので、 基礎や上棟などの施工が遅れると、完成
が年内ギリギリになり施主検査も しっかりできないまま、お引渡しになるとトラブルの元
になってしまいます。
 

上記から考えますと、短期集中の契約が絶対に良くないと言うことではないのですが、
できる限り余裕を見て、業者選定・間取り及び仕様決定・請負価格の検討が重要に思わ
れます。

では今年も宜しく御願いいたします。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35