« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月29日

外構をイメージしたコーディネート~自然素材の注文建築

こんにちは。ムクスタのふるはしです。

最近、OBのお客様のお家に行かせて頂くことが、多々あります。
そこで感じたのが、外構です。
外構で建物のイメージがガラッとかわります。
この間行ったお家は、木を植えかっこよくなっていました。

外構って結構大事ですよね。

外構は、建物と別ではなく、一緒に考えなくてはなりません。

たとえば、建物だけだと1色で何かものたりなく感じますが、
そこに、表札やポスト、塀、駐車スペースの土間だったり、
外構で色を加えることでいい感じになったりもします。

fh-100130-01.jpg

ですので、外構も頭に入れつつ外壁の色を選んだりしましょう。
なので、どんな外構がいいのか、いろんな家を見てみるのもいいですよ。
そして、イメージを無垢スタイルスタッフに伝えて下さい。
よいご提案をさせて頂きます。


2010年01月25日

無垢の端材「ご自由にお持ち帰りください」

こんばんわっ、ムクスタ工務部松村です。

知ってる方もいるとは思いますが。
無垢スタイルの各事務所の前には、
ご自由にお持ち帰り下さいと書いてある、カゴが置いてます。

現場にて出た無垢の端材等を集めて、
そのカゴに入れております。

誰でもご自由に持って行ってください!!
えっ本当に???
はいっ本当です!

実はコレ結構人気なんです、
端材を入れると次の日には無くなってる場合が多いです。

みなさん何に使っているのかが知りたいぐらいです。

実際に無垢材に触ってみると気持ちがいいものですよ!
本物の木の臭いがプンプンします。

是非近くに寄った際は、お立ちより下さい。

お気軽にスタッフにも声をかけてくださいね。

mm-100125-01.jpg


2010年01月22日

小屋裏で見守る幣串・幣束

こんにちは、ムクスタ 設計部のあっちゃんです。

耐震診断を行なわせて頂く際に、小屋裏に入ります。
多くのお宅の小屋裏の棟には、
あるものが取付けられています。

幣串・幣束

それは、幣串・(へいぐし・へいごし)、
幣束(へいそく)などと呼ばれるもの
(お祀りの長さや種類は色々あります)で、
新築時の上棟祭(棟上まで工事が完了したことに感謝し、
無事建物が完成することを祈願する儀式、
古くは平安時代末期まで遡るとか。)
の際に棟に取り付けられたものです。

上の写真は、築約30年にお宅のものです。

建物によっては、建築年、施主様のお名前などが記されております。
小屋裏にある為、建物完成後に見られることは、ほとんどないでしょう。

しかし、建物が役目を終えるまで、ずっと小屋裏で見守っています。
小屋裏が見られるお宅の場合、
気になる方は覗いてみては如何でしょうか。

弊社の新築では、上棟の際に幣串を取り付けております。

幣串・幣束2

これから建築される方は、
ちょっとこのことを覚えておくと良いと思います。

これからも無垢スタイル建築設計を宜しくお願い致します。


2010年01月20日

【無垢スタイルの評判】西区指扇S邸「中庭を囲む"コの字型"和モダン住宅」

敷地の南側に2階建ての隣家が建っており、
プライバシーを確保しながら日照と開放感を考慮し、
中庭のあるコの字型のプランとしました。

外観は黒い吹付けの外壁と格子で、
和モダンのシンプルながらもバランスのとれた、
環境に馴染むデザイン。

中庭を通して家族の気配が感じられ、
道路や隣地と隔離されているので、
夜でもカーテンなどを閉めずに外を感じることが出来ます。

sashiogi-s-k04.jpg
和モダンな雰囲気の凛々しいリビング。
中庭に向けてオープンで開放的な空間

sashiogi-s-k03.jpg
優しい間接照明のひかりがもれるテレビボードも
空間にマッチするオンリーワンの造作

sashiogi-s-k05.jpg
桧の耳付き板を式台とした8.5帖の和風玄関

sashiogi-s-k06.jpg
中庭を介して家族が繋がるプランニング

sashiogi-s-k07.jpg
グレーチングの床のバルコニーは
1階にも光を落としてくれます

sashiogi-s-k01.jpg
和の趣が高級感や品を感じさせてくれる和モダン住宅

2010年01月18日

照明の選び方~さいたま市 自然素材の注文建築

こんにちは。ムクスタのふるはしです。

今回は、照明の選び方について少しお話をしたいと思います。
照明ってデザインによったり、機能によったり金額が変わります。
照明を選んでいくとどんどん金額があがっていきますよね。。。

そこで、皆さん!!
照明器具を選ぶ時の注意です。

まず、選ぶにあたり、
どこの照明は譲れないのかを考えてみて下さい。
リビングやダイニング、寝室等お客様が見られるところなどは、
デザインの良いものを選んでいいと思います。

しかし、トイレや洗面、子供室は
ちょっと頑張らなくてもいいと思いませんか?

よーく考えてみて下さい。。
『今、自分の家のトイレとか洗面の照明ってどんなのついてるの?』
と、聞かれすぐに答えられますか?

答えられない方が多いと思います。
そうなのです、トイレや洗面の天井ってあまり見ることないですよね。。。

ってことは、そんなに高い照明でなくても明るければいいってことなのです。
そして、子供室等は、
今、使っているものを持ってきて使ったりすればいいのです。
引掛けシーリング゙(豚の鼻みたいなやつ)にしておけば、
あとで変えたければ交換できますし、
こうすることで、コストを下げることもできます。

照明も家を造る上での大事なのです。
ですから、抜くところは抜いて、力を入れるところは入れ、
良い家造りにしましょう!!
わからないことがあれば、気軽に聞いて下さいね。


2010年01月15日

『エコプロダクツ2009』に行ってきました!!

新年明けましておめでとうございます。
2010年度ムクスタのゴローさんブログ開幕です。
本年も宜しくお願い申し上げます。

先月、ビックサイトで開かれた、
年に一度の祭典『エコプロダクツ』にいってきました。

gm-100115-01.jpg

ニュースや新聞でも報道されていましたが、
3日間で述べ18万人の来場者があったとのこと。
社会的にも関心が高いためか、エコ≠難しいそう・・・
ということを極力軽減するような体験ブースが数多く見られ、
子供達も体験学習のような形で参加していたようでした。

各ブースは、建築・衣料・食品等々、6つのブースにわかれており、
当然私は建築のブース。
そのブースだけで1日が終わってしまいました。
個人的にも環境分野に関しては興味が高いところなので、
出展している業者さんで、
無垢スタイルと相性が合うような商品があれば、
積極的に使っていければと思います。
既に何社かはお取引もあり、使っているものもありました。

本日は1つだけご紹介。
皆様の関心も高いのではないでしょうか。

gm-100115-02.jpg

上記は東芝さんのブースにあった、
白熱電球とLED電球との消費電力の違いです。
LED照明は、CMでも流れている通り、
寿命が長いことはご周知の方も多いかと思います。
プラス消費電力もこんなに違うんです。
これだけ見ると、我が家も全てLEDに取り替えたくなります。
今後間違いなく主力となってくるのではないでしょうか。

私事ですが、実家は白熱球のダウンライトです。
実家は築20年位ですが、よく取替えをした記憶があります。
今は両親も高齢になり、高い位置での電球の取替えは危険なので、
ダウンライトをやめるか、LEDを勧めるつもりです。

これからも身近な分野で住宅とエコに結びつく商品があれば
発信してきます。
次回もお楽しみに!!


2010年01月12日

自宅の建築ブログ④~さいたま市 一級建築士事務所

こんにちは。ムクスタ 設計のサトちゃんです。
今回も、自宅の建築現場のご紹介です。

大工工事も終わりに近くなってきました。
最近は目に見えて工事の進行がわかるので、
現場に行くのが楽しみです。

自宅の建築ブログ④~さいたま市 一級建築士事務所1

外壁も仕上がりました。
外壁は、モルタル下地に吹き付け塗装です。
色は、黒にして「和モダン」の雰囲気になりました。

自宅の建築ブログ④~さいたま市 一級建築士事務所2

銀色に見えるのはバルコニーの下地です。
1階の中庭に光を落とす為に、
床にFRPグレーチングを乗せる予定です。

自宅の建築ブログ④~さいたま市 一級建築士事務所3

キッチンは造作としました。
ダインニングテーブル一体型の天板です。
この形は、無垢スタイルではお馴染みの形状です。

1月末ぐらいに、完成見学会を予定しておりますので
ご都合の良い方は、是非見にきてください。


2010年01月11日

北本市S様邸 上棟おめでとうございます〜自然素材の家づくり

こんにちは。ムクスタのいしはらです。

S様、上棟 おめでとうございます。
当日は、風もあり少し寒かったですが天気が良い日
で本当に良かったですね。

北本市 S様邸 上棟

北本市 S様邸 上棟2

北本市 S様邸 上棟3

S様も、基礎の状態で見た時に小さく感じるとおっしゃられて
いましたが、ほとんどの施主様は同じように感じられるようです。
基礎の状態では、ほぼ平面の大きさでの認識になってしまう為、
小さく感じられるようですね。

次回、現場にて電気のお打ち合わせの時に、例の物(遊び心)の
取り付け場所のお打ち合わせも行うと伺っております。
こういう物(遊び心)は、今まで取り付けた事が無いので、完成し
てどのような感じになるのか、今から私もとても楽しみにしており
ます。

2010年01月08日

二世帯住宅計画~見沼区 完成見学会

こんにちはムクスタの當間です。
新年明けましておめでとう御座います。

今年の個人的な目標は、
H22年内に二世帯住宅用の土地を見つけることです。

今回は私の今年の目標にちなんで、
二世帯住宅を計画する前に親子間で、
確実に取り決めておいたほうがよいと思われるポイントの御紹介です。

1 光熱費の負担割合。
2 インフラの接続費用や解体費用の負担割合。
3 土地建物の所有権登記の割合。
4 キッチン/洗面/トイレ/バスルームなどの設置個数。
5 親子間での一階/二階のエリア分けの認識度合い
  (採光/通風/庭やベランダが必要か)
6 親子間の分離エリアでの防音状況の認識程度の合意。
7 孫に対する教育方針の親子間での合意明確にする。
8 重要なものについての主導権をしっかり割り振る。
9 土地から購入の場合ある程度土地の希望エリアを
  親子間で共通認識をとる。
10 勤務時間にばらつきのある世帯の場合
   特に玄関からの動線をしっかり取り決めする。

上記のポイントは、特に子世帯が親をないがしろにした場合に、
トラブルの傾向になります。
特に住んでわだかまりがあると、
せっかくの二世帯が台無しになりますので
事前の取り決めをお勧めいたします。


今月1月9日(土)10(日)と見沼区にて
二世帯住宅の完成見学会を行ないます。
建物の一番の特徴は2階建なのですが、
南東ひな壇の高台に建っている為1階の
日当たりや借景が素晴らしく、
開放感のある室内空間に仕上がりました。

間取りは1階親世帯、2階子世帯で
オーソドックスな配置ですが、
上記でも紹介したように特に1階部分の開放感がすぐれています。

これは間取りと土地の形状がいかに重要であるかを示しています。
又、最近の傾向として親世帯が元気な方が多いせいか、
一階で日当たりが悪い場所を毛嫌いして、
間取り自体を親子でメゾネット型にする場合も
多くなってきているようです。

今回の完成見学会は、
是非日当たりを気にする親世帯に見ていただきたい
仕上がりになっています。

見学会について詳しくは>>こちら

onMouseOut="this.src='http://www.69ie.jp/otoiawase450.jpg'">

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35