« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月29日

自宅の建築ブログ⑧~さいたま市 一級建築士事務所

こんにちは、ムクスタ 設計のサトちゃんです。

今回は、DIYを行なったので、その報告です。

私の家は、リビングとダイニングで550mmの段差がついていて
それが、椅子代わりになる間取りです。

しかし、1歳になる次女がハイハイをし始めたので、
その段差が危ない状態になりました。
(計画段階から分っていました)

そこで、ホームセンターからタモの丸棒を買ってきて、
ダイニングテーブルの下に落下防止の柵代わりに取付しました。
これは、可動式となっていて、柵として使わない場合は
下に移動して、足掛けにもなるようにしています。

20100429-st-01.jpg

20100429-st-02.jpg

この他にも、フックをつけたり
住みやすいように色々しています。

元々、DIYが好きなので、
これからも少しずつ楽しみながら
住みやすいようにしていこうと思います。



2010年04月22日

床の傷がきになるあなたへ~無垢の床メンテナンス 初級偏

どうも、ムクスタのまっちゃんです。

今日は床のメンテナンス 初級偏をお送りします。

引越しを終えて、ひと段落もつかの間・・・・
実際に使用してみて、傷が!!!

なんて方も多いかと思います。

確かに無垢の床材は他の床材より傷は付きやすいです。
しかし、しっかりとメンテナンスを行なう事によって、
長持ちし、味となっていきます。

方法としては、ペーパーという紙やすりを用意してください。

よくホームセンターに行くと売ってますが、
紙やすりは100番という目の粗さがいいです。
グリップのついた道具と合わせて1500円程度で購入できます。

この道具を用いて床の表面を削るのです。

多少の傷に関しては、この作業でかなり分りにくくなります。

個人的には削っている時の臭いがスキです!
何度でも蘇る木はやっぱりいいなぁと想うひと時でもあります。

この時注意してください!!!
必ず床の目と同じ方向に削ってください。

削ったあとは、掃除機で埃を十分に吸い取り。
自然塗装のウッドライフを塗り、しっかりと乾燥させれば完成です!!

「うまく出来るかなぁ」と感じた方は
アフターサポートサービスを利用して下さい!

「おっいいかも!やってみようかな」
という方は、ぜひ試してみてください!!

「こんなの知ってるよー」って方は・・・

次回上級編を乞うご期待!!


2010年04月16日

【無垢スタイルの評判】東京都足立区S邸 お引き渡しを終えて

木のぬくもり感じる、南欧風住宅
完成しました。
外観からもやさしい雰囲気が伝わってきます。

IMG_9146.jpg
なんだかプロバンスを感じさせる外観。
個性的なかたちのバルコニーも印象的です

IMG_9092.jpg
高い天井が開放的な空間づくりを演出してくれます。

IMG_9099.jpg
造作のワークスペース。
コルク素材の壁には、お気に入りの写真やメモを
簡単に貼ることができます。

IMG_9122.jpg
バルコニーに、うれしい手洗い場。
これでバルコニーで家庭菜園も!

2010年04月15日

匠の道具~自然素材の家づくり

こんにちは。ムクスタ 監督のジュンジです。

本日は無垢スタイルの職人さん達(匠)が
現場で使用している道具を少しご紹介します。

匠の道具1

写真の道具は蚤(ノミ)です。
しかし、皆さんが見たことのある形とは少し違いませんか???

刃の部分が極端に短いと思います。
無垢スタイルの大工さん、建具屋さんは、
しばしばこの形の蚤を使って加工しています。

なぜでしょう???

刃が切れなくなると砥石を使って砥いでいきます、
すると鋼が削れて刃が短くなっていくのです。

匠の道具2

本来はこのぐらい刃があるのですが、
長年道具を愛用し、大切に使ってきた証拠ですね。


私は職人さん達のこのような道具を見ると
つい嬉しくなり道具について話を聞かせてもらいます。

中には3代引き継いで使っているとか、
兄弟子から引き継いでいるからなどと、
少し嬉しそうに話をしてくれます。

無垢スタイルの現場では、
朝早くなど砥石を使って刃を研いでいる光景を見たりします。

やはり昔ながらの教えや道具などは見ていると、
職人さんをつい"匠"と呼びたくなります。

次回はまた違う道具を紹介していこうと思います。

2010年04月10日

【無垢スタイルの評判】八王子市O様邸 無垢の家お引渡し

こんにちは、ムクスタのイワサキです。

最近ゴルフを始めることにしました。
正月明けに父に道具を一式もらったのですが、まだ未使用です・・・。
四月には必ず練習場デビューします。

さて、先日八王子市のO様邸が
無事お引渡を迎えました。

初めてお会いしてから1年半近く経ち、
ようやくこの日を迎えることができました。

八王子市O様邸 外観

八王子市O様邸 無垢のリビング

八王子市O様邸 無垢の家 吹き抜け

八王子市O様邸 無垢の家 2階

赤松の羽目板がアクセントとなっているリビングを中心として
2階へとつながる大空間は光と風をたっぷりと受けとめる
気持ちのいい空間となりました。

お子様の成長に合わせて変化していく家で
これからたくさんのご家族の想い出を積み重ねていただければと思います。

O様これからもよろしくお願い致します!


2010年04月08日

自宅の建築ブログ⑦~さいたま市 一級建築士事務所

ムクスタ 設計のサトちゃんです。
今回は、後回しになりがちなカーテンや照明についてです。

まずはカーテン関係ですが、
和風の家なので、障子が良かったのですが、
引違い障子にしても、開口が半分しかとれないというデメリットがあったので、
和紙調のプリーツスクリーンとしました。

sk-100408-02.jpg

中庭に面した、リビングの窓です。
左が、上に上げた状態で、右が下げた状態です。
遮光性はありません。
その代わり、閉めていても光がスクリーンのところで屈折し、
部屋全体を明るくしてくれます。
部屋全体の雰囲気もとても良いです。

次に、照明です。
照明器具でも部屋の印象を大きく左右されます。
リビングの勾配天井部に、大きな灯篭のような照明を設置しました。

sk-100408-01.jpg

メインの照明は、大きくて雰囲気のある物を選び
それ以外の照明は、ダウンライトや間接照明とし、
すっきり見せています。

内装の仕様打合せ中は、
壁紙や設備の色に意識が偏ってしまいがちですが
カーテンや照明をイメージしながら内装を決めていくと、
バランスのとれた家になりますよ。


2010年04月02日

春の不動産探しの注意ポイント~さいたま市 土地探し

こんにちはムクスタの當間です。

春満開ですね、
先日家族で花見をしましたがまだ肌寒かったですね。

今回は春の不動産探しの要注意ポイントです。

特に春先だからこその注意ポイントは2点あります。

一つ目のポイントは日当たりです。
春先はまだ冬があけて間もないので、
日当たりがそんなに良くないイメージがありますが
太陽の南中高度が一番高い夏至の2ヶ月前の時期なので、
本来は1年の中でも日が高い時期に入りますので、
実は日当たりの良い時期なのです。

二つ目のポイントは建物の性能です。
春先の外気温や湿度は、私たちにとってとても過ごし易い季節ですね。
そのため建物の断熱性能が低くても気づく事ができません。
特に中古戸建を検討される場合は非常に重要なポイントになってきます。

上記で共通して言えるのは、
春シーズンは不動産を検討するのに、
判断が甘くなりやすい時期なので、
しっかりとした分析が必要と言えるでしょう。


無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35