« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月30日

ロフトの有効性~さいたま市西区の一級建築士事務所

こんばんは。
無垢スタイル建築設計です。

改めて、、ロフトとは、天井の上の小屋根部分で、
天井を張らず、収納空間などに使う場合にこう呼びます。

このとき、一定の条件を満たせば、容積率に含めません。

・ ロフトの床面積が直下階(2階建てなら2階)の床面積の
  2分の1以内であること
・ 天井の高さが、一番高いところで1.4m以下であること
・ (市町村によっては、)固定された階段やはしごで上り下りしないこと

ご希望にもよりますが、「空間を作る」とき
ロフトの検討は有効だと思います。
ましてや、容積率に換算しないのであれば、嬉しい限りです。
ご存知なければ、少し覚えておいてくださいね。

2011年01月28日

【無垢スタイルの評判】西区S様邸 「光溢れるナチュラル自然素材の家」お引渡しを終えて

シンプルでナチュラルな自然素材の家、完成しました。
赤松の床材があたたかな光で包まれ、
陽当たり抜群、家族のつながる
やさしい無垢の家です。

nishiku-sa-webkansei-2.jpg
家族の会話を生むオープンなキッチン

nishiku-sa-webkansei-3.jpg
造作のデスクとデザインされたFIXの窓
景色もデザインします

nishiku-sa-webkansei-5.jpg
部屋の角に計画したタタミゼ。
寝転がってお昼寝も心地よいです

nishiku-sa-webkansei-6.jpg
建具も仕切りも無い空間は、将来的に多目的に使える
可変性のあるプランニング

nishiku-sa-webkansei-7.jpg
青空に映える塗り壁のナチュラルデザインです

さいたま市見沼区 「2世帯お手本住宅」入居後宅見学会開催!

完成見学会に行ったとき、
「ここに家具が入るとどうなるんだろう?」
「実際の住みごこちってどんなだろう?」
って思うことが多いと思いますが、
今回はそんな「住んでから」のお宅を見ることができる見学会です。

収納のアイデアや無垢素材のぬくもりなどの
住みごこちや使い勝手は、
やはり住んでみてからでないと分かりませんよね。

そんな間取りにしようか迷っている方にも、実際に住んでみてからの
生活のしやすいプランニングを体感していただけます。また、
お施主さんから直接住まいの心地を聞くチャンスです。
この機会にぜひ参考にしていただき、満足できる家づくりをしましょう!

今回ご覧いただけるのは、3世代が仲良く、快適に暮らせるようにと
配慮されたお住まいです。
閑静な住宅地の中、ひときわ目を引く外観は、伝統的な日本家屋を
思わせる上品な黒い壁と木の格子がとても印象的です。

20110128-m-01.jpg

リビングとつながる広いウッドデッキは、自然を感じながら
家族団らんのひとときを過ごせます。

リビングには、目の前の公園を独り占めできる大パノラマの窓。
見上げるとダイナミックな吹抜けと、それと調和するような梁が
堂々と位置しています。キッチンはリビングでくつろぐご家族との会話を
楽しみながらお料理できるようなオープンキッチン。
おしゃれなリビング階段は、
家族が自然に顔を合わせやすいようにと配慮されています。
 
外観はクラシックな和デザインとしながらも、
内観はシンプルモダンな印象のお住まい。
そしてなにより、家族の結びつきを重視した間取りは、
子育て家族には必見です。

ぜひご覧ください。

20110128-m-02.jpg

………………………………………………………………………
 2世帯お手本住宅「無垢の家 入居後宅見学会」
 開催のお知らせ

 ■日時 2011年1月29日(土)30日(日)
 ■場所 さいたま市見沼区
 ■URL  http://www.muku.co.jp/news/001302.html
 ■TEL  0120-26-2900(フリーダイヤル)

………………………………………………………………………


2011年01月27日

将来を見据えた土地探し~さいたま市 土地探しの極意

こんにちはムクスタです。


先日お客様が購入された土地には、敷地内に電柱が建っていました。
建築の際に邪魔になる位置にあるため移設することになったのですが、
移設できる場所は条件によっては限定されてしまいます。

なぜかというと電柱はまっすぐ立っているとは限らず、
電線の本数などの違いから左右の引っ張りの強さの偏りがあるために
それを緩和する方向に傾けて設置しているのです。

あまりに左右の引っ張りの強度が違う際は支線
(よく黄色のカバーがついているワイヤーだったり細い電柱だったりします)
を設置しなくてはならず、
敷地からの出入りに支障をきたす場合もあります。
結果としてカーポートの位置が限定されてしまうこともあります。

土地を購入する際には事前に電柱の移設可能な位置、
設置方法を確認しておくことをお勧めします。


土地探しのちょっとしたコツや、
本当なら教えたくない不動産の裏話が満載の
土地探しセミナーも毎月開催中です。


2011年01月25日

埼玉県の「県の木」けやき~自然素材の注文住宅

こんにちは、設計の中山です。


埼玉のマスコットキャラといえば「コバトン」。
(先日のイベントでもお子様に大人気で
            大活躍してくれました!)

20110125-ny-02.jpg

では埼玉県の「県の木」は何の木かご存知でしょうか?

埼玉県の「県の木」は
大宮の氷川参道の並木でもおなじみの「けやき」です。

20110125-ny-03.jpg

硬くて強いので昔から家具や建物に使われ
先日のイベントで使用した餅つきの臼や
京都の清水の舞台もけやきが支えています。

20110125-ny-01.jpg

けやきの造作テーブルなども造ることができますので
ご興味ある方は、スタッフにお声がけください。

2011年01月24日

ウッドデッキにラティスを利用した扉設置~さいたま 自然素材の注文建築

ウッドデッキ工事も今回はラティスを利用した扉です。
お元気ですか?
施工部のたっちゃん(*^ー゚)vです。

ホームセンターで販売しているラティスフェンスを
加工して扉に。

(施工前)
20110124-k-01.jpg

(施工中)
20110124-k-02.jpg

(施工後)
20110124-k-03.jpg

デッキ材と同じ色に塗装すれば出来上がり。

なかなかサイズの調整は難しく
枠と板を別々に加工する必要があります。

一体感の有るデッキにする為の苦労は見えませんが、
ムクサポを利用すればこのような事も出来てしまいます。

今ではデッキを3匹のワンちゃんが占領(笑)

ちょっとした工事から悩ましい工事まで、ご相談下さい。

2011年01月17日

ブラインド計画~一級建築士事務所のインテリアコーディネート

こんにちは無垢スタイルです。

先日、カーテンの打合せをしてきました。

今回はブラインドにした場合のちょっとした注意点を
お教えしようかと思います。

ブラインドといってもいろいろ種類があります。

特に木製などブラインドの羽根の厚さが厚いものに注意です。
それはなぜか?というのは・・・

厚ければ厚いほどブラインドを全部あげた時、厚くなるのです。

20110117-m-01.jpg

特に窓枠内に取付をする場合、
リビング等の大きい窓だとせっかく窓を大きくしたにも関わらず、
ブラインドで20センチちかくも窓が隠れてしまいます。

それにブラインドの羽根を動かすのにも
ポールと紐で動かすタイプがあります。

タイプにより器具取付部分の高さが厚くなったりします。
そうすると段々と窓の面積が減ってしまうのです。
では、窓の外に取付したらいいのでは???

そこにも落とし穴があります。。

窓外に取付けるとすると今度は、
ブラインドの高さを考え取付位置を高くすればいい。

と、お思いますが、下地が無かったりします。

サッシ上には大抵下地はありますが、
カーテンレールの取付られる高さぐらいなので
高い位置に取付を考えると、早めに計画していない場合、
取付たいと思ったときにはもう付けられない可能性が高いです。

それと、窓外に取付で目隠しにカーテンボックスを取付ける場合、
目隠しは、取付器具を隠すためのものであるので、
ブラインドを全部隠すには、造作でないとできません。

高さのある窓ですと、
ボックスの高さも高くしないとすべて隠れないので、
見栄えもスマートでなくなってしまい、あまりお勧めできません。。
早めに考えないと使用できなる可能性があります。

これはカーテンも同じことが言えますので、
使用する場所や用途をよく考えてみてください。

20110117-m-02.jpg

2011年01月15日

ムクスタ10周年イベント!和みスタジオで開催中!

こんにちは!和みスタジオです。

本日1月15日より2日間、無垢スタイルグループの
10周年イベントを開催しています。

和みスタジオでは主に、新築のご相談を中心に
餅つき!
木工教室!
家づくりセミナー!
など楽しいイベントを明日、1月16日(日)も開催いたします。

大盛況のお餅つき、明日もたくさんご用意します!
20110115-n-01.jpg

毎回人気の木工教室。
今回はスツールのデザインがリニューアル!
20110115-n-02.jpg

お近くを通った際は、お気軽にお立ち寄りください!

2011年01月14日

四季を感じる中庭~さいたま 一級建築士事務所

ムクスタ設計室のサトちゃんです。
我が家の中庭の冬の姿をご紹介いたします。

中庭の中央に植えた、もみじが紅葉し、
最近になって葉が落ち始めました。
(赤くならなかったのが少し残念です)

落葉樹は、この季節の落ち葉掃除が大変ですが、
少し見方を替えてみましょう。

20110114-s-02.jpg

20110114-s-01.jpg

この中庭は、白川砂の「白」、長城レンガの「黒」、
玉竜の「緑」のコントラストを楽しめるように造りました。

そこに、無造作にもみじの「黄」が入り、とても綺麗にみえます。

写真では、色合いがうまく撮れませんでしたが、
実際見るととても風流です。

落ち葉を拾うのがもったいないくらい、「絵」になります。

今度は、雪が積もるのを楽しみしています。
これからも、四季感じ楽しめる、庭づくり、
そして家づくりをしていきたいと思っています。

2011年01月13日

規模は小さい工事も直接施工でお得にサポート~アフターメンテナンス

こんにちは。
テクニカルアドバイザーのたっちゃん(*^ー゚)vです。

車が事故をした時はディーラーなどで修理しますよね。

ではお家の時は?

そんな時も無垢スタイルにお任せ。

工事の規模は小さいものの、
通常で職人を頼むと手間代が馬鹿にならない。
そこでムクサポを利用して、お家の修理です。

20110113-%EF%BD%8B2-01.jpg

外部の基礎上部に付いている水切りが壊れています。

20110113-%EF%BD%8B2-02.jpg

20110113-%EF%BD%8B2-03.jpg
この様に修理いたしました。
保険を使わず修復。

その他にも色々と使い道のあるムクサポをご利用下さい。

まだご加入されていない新築、リフォームのOB様も
スタッフまでお声掛け頂ければご説明にあがります。

OB様だけがご利用になれるサービスです。

今年もいろんな事例をUP致しますので是非参考にしてください。

2011年01月11日

「建具」~日本の住文化~さいたまの注文建築

こんにちは、ムクスタの大林です!
今日は「建具」について少しお話したいと思います。

「建具」というのは、ガラス窓や障子、襖、ドア、シャッターや
間仕切りスクリーンなど、建物の中で「空間を仕切る道具」を言います。

人の出入り、モノの出入り、光と風の出入りとその量や
温度・湿度までを調節する大切な道具です。

この「建具」の種類が日本では非常に多く、
日本にしかない建具もいくつかあるのに対して、
欧米の建物・住宅の建具はドア・両開き窓がほとんどで、
種類も少なく形態も単純なのが特徴です。

例えば日本の障子の中には
手の込んだ「雪見障子」や「猫間障子」というものがあります。

20110111-o-01.jpg

また、障子・襖などの引違戸の他にも建具は色々あります。
雨戸、縁甲板戸、ガラス引戸、網戸、掃き出し窓、
欄間、無双窓、書院窓、上げ下げ窓、滑り出し窓、格子窓などです。

さらに日本の場合はこれらの建具を複雑に組み合わせて使います。
例えば縁側などでは雨戸、網戸、ガラス戸、障子といった
複数の建具を併用して、防雨や防虫、光・風の調節に使うのです。

このように何重にも建具を準備し、
これを使い分ける生活習慣は
日本の特徴的な住文化と言えるものです。

建具を使いこなすことによって
家の快適さが大きく左右されますので、是非ご相談ください!

2011年01月10日

見沼区 和モダン住宅の四季を楽しむ外溝工事

こんにちは テクニカル部千嶋です。

自分でやると言いきってしまった外構工事が
一向に完成しない千嶋邸です。

アプローチにモミジを植えてみました。

20110110-c-01.jpg

このモミジはお客様に教えていただいた植木屋さんで
格安で購入してまいりました。

紅しだれという種類だそうで
昨年の年末には最高なほど綺麗に紅葉していて、
帰るのがとっても楽しみでした。

現在冬になり、葉が一枚もなくさびしい感じですが
早く葉が付かないかと待ち遠しいです。

まだまだ植木も足りない状態なので
沢山増やし完成を急ぎます!

2011年01月09日

カラマツの不思議~さいたま市 自然素材の注文建築

こんにちは、工務部まっちゃんです。

いきなりですが、問題です、この板は何に使う板でしょうか???

20100109-o-01.jpg

ん~~ザックリ過ぎて分りませんねっ笑


正解はというと、よく大工さんが開口部とかに敷いて
作業をする際の渡し板に使われます。

厚みは3cm程度なのですが、人が乗っかっても大丈夫なんです。
なんでこんなに強度があるのでしょう?

木種はカラマツになります。

カラマツはネジレながら成長します、
しかも驚くことに50年経ったら逆回転でネジレて育つそうです。

なぜネジレるか?
日光に向かってより日差しを浴びる為にネジレるそうです。
その為、樹木の中でも成長が早い樹木でもあります。

この強度を利用して昔は電柱等によく使われていました。

しかし、このネジレのおかげで材料として使うのは
狂いが大きくあまり向いてはいません。

ちょっと不思議な木のお話しでした。

2011年01月08日

ウッドデッキの塗装~埼玉で建てる自然素材の注文住宅

年末にお伺いした新築OB様のお宅に
ムクサポのサービスでキシラデコールをデッキに塗装してきました。
お元気ですか?
施工部のたっちゃん(*^ー゚)vです。

ウッドデッキの塗装はどのくらいの周期で塗装したらいいのか?

一概には言えないので実例を見ていただきましょう!
2009年にお引渡しさせていただいたお宅の現状がこちら

20110108-%EF%BD%8B-01.jpg

日当たりがとてもよいデッキです。

20110108-%EF%BD%8B-02.jpg

こちらが塗装後です。

ウッドデッキはお洒落ですが手入れを怠ると危険な場所でもあります。

20110108-%EF%BD%8B-03.jpg

建築場所の状況によっては塗装周期もまちまちになります。
塗装が剥げてしまったりした場合はメンテナンスが必要です。
無垢スタイルのムクサポートには様々な利用方法があります。
ブログにてUP致しますので参考にしてみてはいかがでしょう。

無垢スタイルでは住まいの相談を出来るスタッフが大勢!

空気が乾燥し火災の起こりやすい季節です。
火の元には充分にご注意下さい。

2011年01月07日

一級建築士事務所の照明計画~電球の選び方~

こんにちは、2歳1ヶ月の息子が、
日々新しい言葉を覚えていくのが可愛くて仕方がない
ムクスタの新築プロデューサー大林です!

今日は照明、特に電球について少しお話したいと思います。

家づくりの要素の中で、照明計画はとても重要です。
一言で照明計画と言っても、器具自体のデザイン、配置の仕方、
どこを照らすか、どんな電球を使うかなど、色々な要素があります。

一級建築士事務所の照明計画~電球の選び方~

今日はその中でも「電球」を選ぶポイント、特に、
白熱球と蛍光灯のどちらが良いのか、比較してみたいと思います。

皆様もご存知の通り、蛍光灯は電球よりも長持ちします。

ただし、電球の価格は蛍光灯の方が高くなるので、
代表的なもので比較してみると、

① 電球型蛍光灯 15W 平均寿命8,000時間 \1,800-
② ミニクリプトン球(白熱球を小型化したもの) 60W 平均寿命2,000時間 \340-

となり、電気料金を考えなければクリプトン球の方がお得ですが、
リビングなどの部屋で常時使用すると
半年に1回は電球を交換しなければいけない計算です。

でも本当に重要なのは、経済的なことだけではなく、
どの電球を使うと空間がどういう雰囲気になるか、
人間の体や脳にどういう影響を与えるか、というところだと思います。

例えば、蛍光灯の中でも、
一般的な青白い光(昼白色)の電球を浴びると、
白熱灯などのオレンジの光などに比べ、
人間の味覚が敏感になるそうです。

その為、料理をする時は味覚が鋭くなる昼白色の方が良く、
食事をする時は味覚が比較的鈍くなる電球色の方が
おいしく食べられるなどといったこともあるようです。

他にも色々な電球があり、様々な特徴がありますので、
部屋の雰囲気や生活スタイルに合わせて
ご提案をさせていただきますので、是非ご相談ください。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35