« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月31日

木造住宅の特徴 〜耐震に強い無垢の家 さいたま市

こんにちは!
映画が大好きで、7月から8月にかけて、観たい映画が目白押しで、
2週間に一度は映画館に通っているムクスタの大林です!


今回は、住宅の構造について少しお話させていただきます。

木造は大別すると

軸組み工法(在来工法)パネル工法(ツーバイフォーなど)

2種類に分けられます。


軸組み工法は柱と梁でくみ上げる昔ながらの建築工法です。

強度的に優れた木を大工さんの知恵と工夫で上手につなぎ合わせ、

地震や台風に耐えるよう筋交いや金物で補強した工法です。


最大の特徴は柱を足したり抜いたり、

梁を入れたり変えたり補強したりなどが比較的簡単にできるため、

増改築を繰り返しながら永く使用されている建物も数多く見られます。


しかし、簡単に手を加えることができる半面、

設計と施工をしっかりしておかないと構造的に不安定な建物になってしまいます。

上下階の柱、壁の位置と筋交いのバランスなどに注意が必要です。


パネルの工法は、

床や屋根にかかった荷重を壁のパネルで受け止める壁式構造で、

ツーバイフォー工法などはこれにあたります。


増改築は難しいので総二階の建物に向いています。

平面計画の上では壁のバランスに注意し、

上下階の壁の位置をできるだけ一致させる必要があります。


パネル工法は地震に強いと言われますが、

軸組み工法も外壁面に構造用面材を張れば同様に強くなるので、

どちらかと言えば職人不足の解消と製品の均質化を狙った合理的な工法と言えます。


気密性・断熱性に優れ、工期も短いので時代に

合った工法のようにも言われていますが、

アメリカで生まれた工法なので、

高温多湿の日本の気候や日本人の生活に本当に合っているかは疑問です。

いずれにしろ日本ではまだ歴史が浅く、発展途上の段階にあると言えそうです。


2012年08月30日

消費税対策 〜家づくり資金計画

こんにちは、
あまりの暑さで毎週家の近所のプール通いをしている
無垢スタイル山本です。

消費税増税が騒がれていますが、

早くも駆け込み需要が懸念されていますね。

駆け込み需要が増すと、

資材の高騰によって工事上昇するといわれておりますので、

住宅購入を検討している方は敏感になる情報ですね。


2014年4月に8%・2015年10月に10%と、

2段階にわたって引き上げられる消費税ですが、

過去の事例から駆け込み需要のピークを読み取ることが出来ます。


1997年4月に3%~5%に消費税が引き上げられた際には、

半年前の1996年10月以降の請負契約から5%の税率が適用されたようです。

そうなると…新税率が適用される前が駆け込み需要のピークとなり、

96年9月末に前年比120%の着工数となりました。


今回の増税でピークと予想されるのは、

第1回目の増税が実施される2014年4月の半年前、

2013年9月です。

消費税の増税で損をしないよう、

スケジュール管理をする事が成功への近道ですね。

2012年08月26日

二世帯住宅の考え方 〜自然素材の二世帯住宅 さいたま

こんにちは
當間です。

近年、二世帯住宅を検討する人が増えてますね。

都会ほど土地の価格が高く、

自分たち(子ども世帯)だけでは家を建てられないとか、

自分たち(親世帯)だけでは自宅の建て替えにあたって

長期のローンが組めないなどといったことが

二世帯住宅を検討させる理由になっていると思われます。

確かに二世帯住宅は、親子両方の世帯にとってメリットがあります。


子育てひとつとってみても、

祖父母とのふれあいから子どもたちが得ることの大きさは計り知れません。

祖父母の側も、子ども世帯との暮らしの中で得られる刺激は大きいはずです。

家庭の味も代々受け継がせることが容易でしょう。

病気の時には看病してもらったり、旅行や外出の時には留守を頼めたりもできます。

金銭面で考えてみても、1世帯分の土地に2軒分の家を建てれば土地代が安く済みます。


光熱費も分担すれば、別々に支払うよりおトクでしょう。

住宅ローンにしても、親子リレー返済などを利用すれば返済期間を長くできるので、

毎月の負担を軽くすることが可能です。

ただ、二世帯住宅と一口にいっても、タイプによって得られるメリットや注意点が異なります。

二世帯住宅のタイプは、大きく分けて次の4種類になります。

(1)共用タイプ
(2)内階段タイプ
(3)外階段タイプ
(4)連棟(完全分離)タイプ


(1)の共用タイプは、完全に1つの住宅を2世帯で共有するもので、

玄関はひとつ。間取りの工夫で寝室以外をすべて共用にしたり、

玄関以外のすべてを内部で分けたりもできます。

いずれにしても、最も同居感の強いタイプだといえるでしょう。

このタイプの場合、区分登記ができないので、

原則として親子で別々に住宅ローンを組むことはできませんが、

建築コストは最も安く、共用部分を多くすれば、それだけ費用が安くなります。


二世帯住宅には建築技術以外の家族のルールが大事になります。

二世帯住宅のことをもっと詳しく知りたいと言う方、

お気軽に無垢スタイルまでご相談くださいね。


2012年08月25日

構造や素材は良質なものを選ぶ 〜自然素材 無垢の家

こんにちは!
夏の夜、田んぼでカエルの合唱が聞こえてくると
懐かしさを感じるムクスタの大林です!

今回も家づくりについて少し考えてみたいと思います。

建物の寿命は少なくとも25年と言われますが、本当はもっと長いはずです。

ところが、現実には20年前後で建て替えられている建物が日本では少なくありません。

これは、間取りや設備が住み手の暮らしに合わなくなったためで、

構造的には問題のないものも数多く見られます。


このことは、将来を見通した間取りづくりがいかに大切かを意味しています。

100年以上も住み続けられている民家を観ると、

間取りは単純で、住み手の家族構成などに応じて

部屋の使い方を自由に変えられる造りになっていることが分かります。


これは和風住宅の持つ使われ方の柔軟性を示すものですが、

こうした柔軟性はこれからの住宅の間取りにも大いに取り入れていくべきだと思います。

そして、永く住み続けられる家をつくっていくことが

今後の高齢化社会に向けて質の良い家を残していくことにもなるのです。


もちろんその為には、

構造材など自然素材の家の骨格にあたるものはできるだけ

良質なものを使うことも重要なポイントです。


2012年08月24日

東日本大震災以降の住宅設備の変化 〜自然素材のスマートハウス さいたま市

こんにちは、
まだまだ、暑い日が続きますが、いかがおすごしでしょうか?
無垢スタイルの山本です。

先日、雑誌にこんな記事が載っておりました。

【東日本大震災以降に導入したくなった住宅設備ランキング】
といったものです。

ランキング内容は、

1.太陽光発電
2.LED証明
3.免震機器や地震対策の制震ダンパー等地震対策設備
4.オール電化
5.エコキュート

・・・等などが挙がっておりました。


震災後は計画停電の為の節電対策・防災対策が必要で、

住宅の設備に対しても大きく意識が変わっているようです。

ランキングから読み取ると各家庭への供給電力の内容が変わり

電気料金の改定を見込んだ結果、

省エネ機器や太陽光発電などの必要性が増しているようですね。


また、オール電化かガス併用か…といった論点では、

現状でははっきりとしたメリットを見出しにくくなっています。

国のエネルギー政策の方向性が決まるまでは、

よく相談をして計画を進めて行きたいものです。


2012年08月23日

選ぶ金利 〜家づくり資金計画 さいたま市 無垢の家

こんにちは當間です。

本当に暑い日が続きますね。


今回は住宅ローンの長期固定金利についてです。

先月の日経新聞(7月27日)の記事で

大手銀行8月より長期金利一斉引き下げの記事が掲載されていました。

特に大手みずほ銀行を筆頭に10年固定を前月より0.1%引き下げを決定している様子です。


これはフラット35Sエコなど35年固定且つ、

20年間の金利優遇に対して対抗できる金融商品を狙ったものと考えられます。


やはり住宅ローンを検討している方が、

短期固定や変動金利に大きな不安を抱えている現われでしょうね。

住宅ローンの商品に悩む我々にとっては、選択肢が増えるのはよい事ですね。


2012年08月21日

無垢の部屋で趣味を堪能 〜自然素材の家 無垢の床

こんにちは
テクニカル部の千嶋です。


毎日の暑さにバテてきたこの頃です。

そんな中、環境変化のせいでしょうか、

セミが鳴いているのを例年から考えると非常に少なく感じています。

真夏の感覚がいまひとつです・・・ 


高校生以来12年間何も無かった趣味がやっとできました。

今では息子と毎日一緒にやってます。

写真は我が家の無垢材の床の上で、パターの練習風景です。

趣味の部屋

趣味の部屋


スポーツ全般得意な私ですがこればっかりはどうにもうまく行きません・・・

まだ初めて間もないですが無機になりすぎて、ちょっと負傷中です。

趣味を通じてお客様とのコミュニケーションが盛り上がります! 

お客様の中では部屋を練習用の部屋にリフォームされた方もいらっしゃいます。


完全に趣味で使える部屋にする!

とても夢があり楽しい家造りですよねっ

無垢スタイルではお客様のご要望に応えられる為、

多少の無理難題にも全力でお手伝いさせていただきます。

沢山の見学会やイベントを豊富に開催しております。

是非皆様のご来場お待ちしております。


<<ムクスタイベント情報>>
http://www.muku.co.jp/event/

2012年08月20日

壁面緑化 〜注文建築 外構デザイン

こんにちは
設計室の宮です。

先日、お洒落な街、代官山に行ってきました。

印象に残ったエクステリアがありましたので、

ちょっと紹介させていただきます。


20120820_o_m_01.jpg

20120820_o_m_02.jpg


計算された壁面緑化。

道路に面した壁に広い面積でアピールしています。


近くに寄ると、人工地盤的な材料に植物が埋め込まれて

多種多彩な葉を楽しませています。


人工的に植物を維持出来る、コストはと考えてしまします・・・・

街は緑があって人間が住める環境になると感じました。


無垢スタイルでは外構も承っています。

ご興味のある方は是非、宮までご相談ください。


2012年08月19日

季節の暦 〜快適 無垢の家 さいたま市

こんにちは。
8月から無垢スタイルに仲間入りしましたICの小林です。

インテリアや住まいを彩るヒントを中心に発信していきたいと思っておりますので、

これからどうぞよろしくお願い致します。


さて皆様、暑い暑い夏をいかがお過ごしでしょうか。

夏真っ盛りの毎日ですが、

二四節気(にじゅうしせっき)とよばれる日本古来の生活暦の上では、

立秋(りっしゅう)を8月7日に迎え、8月23日には処暑(しょしょ)と

呼ばれる秋に向かう暦に入って来ております。


二四節気とは、1年間を24の季節に分類し、

それぞれ日本の風土に適した意味がありまして、

立秋ー1年で一番暑い日を超え、これから徐々に涼しい季節に向かう頃

処暑ー暑さはとどまっているが、朝夕は心地よい涼風が吹いてくる頃
(台風のシーズンとも言われています)

と言われていますが、果たして皆様の実感としてはいかがでしょうか。


ちょっと古いですが

2008年の調査データでは埼玉県は1年間の快晴日数が全国2位とのことですので、

埼玉県にお住まいの方にはなかなか暦通りには感じられないかもしれませんね。


また、この頃は暑い時期をずっと過ごして来て体力の消費も激しく、

夏バテや食中毒にもかかりやすい時期と言われています。

のどごしが涼しくなる冷たいものばかり摂っていると胃腸も弱りがちになりますので、

運動をしたり入浴をしたりして体を温めることも忘れないでくださいね。

残り少ない暑い夏を元気に楽しんでいきましょう。


2012年08月18日

地鎮祭で良い 〜無垢の家 さいたま市

こんにちは!
新築部門の吉井です。


先日、お客様の地鎮祭に参加させていただきました。

地鎮祭とは、

家を建築する際にその土地の神様(氏神様)に

土地を利用させていただくことの許しを請う儀式で、

工事の無事や建て主様の繁栄を祈る行事です!


20120818_o_y_01.jpg

無事に地鎮祭も終わり、これからいよいよ建築工事の始まりです!

ブログ内でも進捗状況をお伝えできたらと思っておりますので

楽しみにしていてください!

M様、これからも宜しくお願い致します!


2012年08月17日

風と窓位置 〜自然素材の家 さいたま市

こんにちは、
設計の中山です。

毎日暑い日が続きますね。


今回はさいたま市に吹く風のお話をさせていただきます。

弊社がある、さいたま市はどの方向から吹く風が多いかご存知でしょうか?

さいたま市の春から夏にかけての日中は

北、東、南と比較的いろいろな方角から風が吹いてきます。


ところが、夜に吹く風はほとんどが南、もしくは南南東から吹いてきます。

全国的に見ても、さいたまの夏はとても暑く、

昼間は多くの方がエアコンを使われていると思いますが、

寝るときはエアコンが苦手なので自然の風で眠りたいという方もいらっしゃいます。


そんな時重要なのが、

夜に吹く風をどうやって家の中に取り込むのかが重要になってきます。

さいたま市であれば南から吹く風ですね。


窓1つとっても、配置や種類で風の入り方は全然違います。

気になる方は、詳しいお話をさせていただきますので、

お気軽にお声掛けください。


2012年08月16日

下がる長期金利 〜家づくり資金計画

こんにちは、
夏休み中はオリンピック観戦で
寝不足気味だった無垢スタイルの山本です。


さて、前月の2012年7月は、各銀行が長期金利の見直しをした月でした。

今までは、フラット35の低金利化の影響でメリットが少なく、

動きが鈍かった2年~10年程度の期間固定金利ですが、

特に5年を超える長期金利は、都市銀行・地方銀行各行金利を下げています。


変動金利は低金利を継続しているものの、

7月の店頭金利の見直しは各銀行にてありませんでしたが、

期間限定にて優遇幅を増やし、さらなる低金利競争が見られました。


これからは変動・フラットがメインの選択肢だった住宅ローンに、

5年固定・10年固定といった期間固定のローンも検討する方も多くなりそうですね。


無垢スタイルでは家づくり計画の小冊子をご用意しています。



【家づくりにかかるお金の話】

こんな方は是非ご覧下さい。

■自分にあったマイホーム計画を立てたい方
■賢い住宅ローンを組みたい方
■金利を選ぶ基準を知りたい方
■これから住まいづくりを始められる方

住宅ローンのこともお気軽に無垢スタイル建築設計までご相談jください!


2012年08月07日

設計士としての心構え 〜自然素材の家 無垢スタイル

こんにちは
設計のイシイです。

いつもお施主様にお伝えするのは、

住宅の建築は共同作業だということです。

設計する側とお施主様とが

ひとつのコラボレーションととらえ、

協力し合い、

満足度の高い家を完成させることを

絶対の目標とすること。


その中でも、やはりプロとしてご提案することは、


様々な生活ができる場を提供することです。


色々な要望があり、要求がありますが、

一時的なものなのかどうかをしっかり汲み取り、

形にする。


生活は変化していくものです。

それに対応した、自由度の高い家を設計することが、

本当に満足のいく家をつくることになり、

家族の幸せを作ることだと思います。

2012年08月05日

スキップフロアにトイレを配置 〜自然素材の家 無垢スタイル

こんにちは
當間です。

今回はトイレについてのお話です。

先日お客様と間取りを打ち合わせさせて頂いた際、

お客様へ間取りの提案で面白いアイディアがあったので紹介します。


新築を建てる際、

「プランニング段階ではおトイレは一階だけでもいいよ。」

とか、

「当然二階にも設置するよ。」


等お客様によって意見はばらばらです。

建売は殆ど一階、二階どちらもついていますが・・・・


先日打ち合わせで提案させていただいたのは、

階段踊り場部のスキップフロア部分にトイレを配置して、

トイレの上下を蔵を設置して見ました。


結果、一階、二階からもトイレが利用し易く、

トイレが一ヶ所でよいので、

思い切ってトイレも大きく1.5畳にし洗面所もゆったり設置ができました。

上下に収納の蔵が作れたので、なかなか良い提案ができたかなと思います。


特に一階の廊下が少ない家では、

トイレの位置が問題になるケースがあるので有効な手段ではないでしょうか。


間取り設計30の秘訣

「間取り設計30の秘訣」無料プレゼント!


2012年08月03日

将来を見通した家づくり 〜自然素材の家

こんにちは!
夏の暑い夜は、無意識でシャツを脱いでしまい、
朝になると上半身裸になっている自分に驚いている
ムクスタの大林です!

今回は家づくりについて少し考えてみたいと思います。

家を建てる時には、家族構成が大きく関わってきます。

設計をするときに

「子供が3人なので子供部屋は3室お願いします」

と即座に言われる建主様もいらっしゃいます。


ところが、

この子供部屋をいかにつくるかは間取りを考える上で

大変重要なポイントなのです。


子供は20年の間に赤ちゃんから成人に達します。

成長の過程ごとに部屋の役割も変わりますし、

独立して家を出ていけば残った部屋をどう使うかという問題も生じてきます。


子供の数だけ部屋をつくればよいわけではなく、

10年後、20年後を見通して、

そのときいかに住みたいかを基準にしてつくらなければならないということです。


もちろん将来を見通した家づくりは子供部屋に限った事ではありません。

少なくとも建物の寿命は25年以上ありますから、

もし35歳で新築するなら、60歳で、また70歳でどうしたいのか

自分たちの将来を予測しておく必要があります。


近年我が国では高齢化が急速に進んでおり、

2020年には4人に1人が65歳以上の高齢者になると推測されています。

公共・民間ともにその時に備えて様々な方策を練っています。


中でも住宅は主要なテーマとして多くの試みがなされていますが、

個人レベルでも高齢になった時のことを考慮して家づくり、

間取りづくりを行う必要があります。

家も住む人とともに年を重ね、

しかも住み心地の良いものでなければならないのですね。


2012年08月02日

汚れを落として夏の涼 〜自然素材の家

こんにちは
テクニカル部千嶋です。

息子が5歳になり、虫に興味を持つようになりました。

最近では会社からの帰りに近所の森へカブトムシとクワガタを

採りに行く日々が続いております。

夜中に一人で森の中へ入るのはなかなか勇気が要ります・・・(タヌキが怖いです)

見沼区には沢山の自然があり、毎日共存している感覚で生活できるのがとても大好きです!


今回は、先日ご依頼頂いた工事をご紹介致します。

ブラシで擦ってもなかなか落ちないタイルや土間の汚れ落としです。

20120801_o_c_01.jpg

20120801_o_c_06.jpg


今回は高圧洗浄機を使用し対応しました。

高圧で水を掛けるので目地材の剥離や土間の変色等に気を使い施工します。

20120801_o_c_02.jpg

20120801_o_c_07.jpg


ピカピカになったタイルと土間を見て

新築時を思い出して頂きました。

20120801_o_c_04.jpg

20120801_o_c_10.jpg


定期的に行えば落ちない汚れは少なくなります。

ムクサポにて対応致しますので是非ご利用下さい!


無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35