« 2016年02月 | メイン | 2016年04月 »

2016年03月31日

はじめまして

はじめまして、

新人インテリアコーディネーターの吉野と申します。


今回、ブログにて自己紹介とご挨拶させて頂きます。

趣味は、DVD鑑賞、読書(ミステリー)、お買い物、料理、

旅行、インテリアショップ巡り(散歩)など多趣味です。

得意なスポーツは柔道になります。

10年以上続けており二段の資格を持っています。

また子供が好きなので体操も教えていました。


私がインテリアコーディネーターとして

無垢スタイルに入社に至った理由は、

皆様に快適でより良い暮らしを考えご提案したい!

お客様の家造りに役立ち、共に考え模索し楽しんでいきたい思いで

無垢スタイルに入社しました。


前職は、木材を使用した家具を販売しており、

木が大好きなのも一つの理由です。

暮らしについて考え、建築に関わっていきたいと思ったのは、

過去に、繰り返した引越しや経験を通じて

家族、絆、思い出など大切さを知りました。


私はそれらを大事にして皆様としっかり向き合い、

お客様に喜びと感動して頂けるように

誠心誠意を持って頑張っていきたいと思います


OBの皆様、お打ち合わせ中の皆様、

どうぞ宜しくお願い致します。

2016年03月28日

ほがらかな季節に『住まい見学バスツアー』はいかがですか?

こんにちは。

新築コンサルティングの蒲谷です。


そろそろ桜も開花宣言を迎え、

あちこちで花見を行っているかもしれませんね。

我が家でも、毎年近くの上谷沼に桜見物に行きます。


4月も10日(日)、23日(土)に

無垢スタイル恒例の住まい見学バスツアーを開催します。

毎回、7組から10組前後のお客様に参加頂き有りがたい次第です。

当社で建てさせて頂いた建物、工事中の現場、実際の建物を3邸は

ご見学頂く様に企画しております。

なかなかリアルな現場を見る機会は少ないと思いますので、

参加頂いた皆様には『参考になった!』という感想が多いです。


毎回、締切近くに駆け込みで連絡頂けるお客様も多くおられます。

ただ、バスの座席の関係上、難しい場合もありますので、

なるべく早めのご予約をお願いします。

社員一同、皆様のご参加をお待ちしております。

お気軽にお申し込み下さい。



【1日で家づくりがまるわかり「住まい見学バスツアー」】
●開催日:2016年4月10日(日)
●開催時刻:13:30〜16:30
●集合場所::無垢スタジオ ラボ
▼詳しくはこちら
http://www.muku.co.jp/event/event/2016/03/24/20160410bustour.php

2016年03月26日

既製品ではなくオーダーメイドの家づくり

こんにちは。新築コンサルタントの望月です。

既製品をそのまま設置するのも良いですが、

せっかくの家づくり。

無垢スタイルだからできる造作アイテムがたくさんあります。

工場生産ではなく、大工さんがイチからつくる家づくりだからこそ、

”細かな注文”、”こだわり部分”をカタチにすることができます。


例えば洗面台。台や棚を造作でつくりました。

フローリングと色を合わせることで統一感が生まれます。

壁のタイルもオリジナル。一品ものの洗面台です。

書斎コーナーもこの通り!パソコンやプリンターの

サイズに合わせて、自由に棚を設けられます。

収納の中は稼動棚を設置。

サイズに合わせて自由に高さを変えられます。

造作で遊具も出来ちゃいます!天井に注目してください。

うんていを設置いたしました。

意外と大人の方の使用頻度の方が高く、

皆様から好評のアイテムのひとつです。

造作で欲しいものをつくるのはもちろんですが、

『いま使っている既製品のものを新築で活かしたい』

という声にもお答えできます!

展示場で造作の一例を見ることもできますし、

実例集も取り揃えております。

是非一度お時間ございましたらお気軽にご見学ください。


▼無垢スタイルの完全オーダーメイド『無垢・プレミアムスタイル』
http://www.muku.co.jp/lineup/muku_luxury.php

2016年03月25日

『鉄骨』VS『木造』 【揺れ編】

こんにちは。

コンサルティング部新築部門の蒲谷です。


良くお客様が勘違いすることは、

鉄骨は揺れないだろうという思い込みです。

しかし、鉄骨は揺れて、外力を吸収しなければいけないため、

揺れない建物はありません。

当然構造体が揺れますので、外壁も追随して揺れる様に

設計されていないと大変です。


良く理解していない業者は、構造を鉄骨、

外壁を木造で作る会社もあります。

私からすると恐ろしいことです。


地震で外壁が崩れ落ちないと良いのですが。

阪神淡路大震災の時に、鉄骨建物の外壁だけが

崩れ落ちていた例もあるようです。


以前の会社の4階建て鉄骨の事務所では、

地震ではないのに幹線道路沿いなので

地震かな?と思うほど頻繁に揺れていました。

それから比べると、我が家の木造3階建ては

そこまで揺れないことを体感しております。

.
軽さにかなうものはないかもしれません。

そう言っていると、自分自身も痩せなくては

感じる今日この頃です。

2016年03月21日

『 いい家 』


こんにちは!

無垢スタイル山本です。


先日雑誌にて、「いい家とはどんな家でしょう?」

という見出しを見つけ、考えてしまいました。

「いい家」とは、一体どんな家なのでしょうか。

家づくりには様々な切り口があり、

一概に「いい家」に定義づけするのは難しくも感じます。


ただ、「家」というものを根本的に掘り下げていくと、

天候などの自然の力や災害から身を守り、

自分や家族を守るためのものだといえると思います。


地域の天候、温度、湿度、環境や気候風土に馴染み、

その地域だからこそ心地よく生活できる、

そんな家は、「いい家」と言えるのではないでしょうか。


弊社では、埼玉県南部に特化した家づくりを行っています。

埼玉の地域で育った材料を使い、

埼玉特有の高温多湿で冬は寒く、夏は暑い特殊な気候条件で、

快適に生活する家づくり。


いい家の定義は地域に特化した「その地域ならではの家」

なのかもしれません。

2016年03月20日

さいたま市内野本郷『Muku Village』

こんにちは、新築コンサルタントの斉藤です。

暖かい日が続く過ごしやすい季節となってきましたね。

花粉症の方には最悪の時期でもありますね。。。


自然と共存しながら都心へも近い場所のご紹介です。

おかげさまで残り4区画となりました内野本郷の土地ですが、

無垢スタイルでお建てになられたお客様も多くいらっしゃいます。


実際に現地で建築中の現場を見られ、実際の建物の外観も

いろいろみられるのでイメージが湧きやすいというお声を

いただいております。

タイミングがよければ完成間近の建物もご体感できますので、

お土地をお探しの方は一度ご見学をおススメいたします。


【さいたま市内野本郷『Muku Village』】
http://www.muku.co.jp/mukuvillage_uchinohongo/

2016年03月19日

太陽光発電のある生活

こんにちは、無垢スタイルの大林です。

昨年自宅を新築し、太陽光発電を4.2kw乗せました。

この2月でちょうど新築して1年が経ち、一年間の光熱費のデータが出ました。

建替える前の31坪、築38年の家では、電気、ガス、灯油を合わせると、

年間約21万円かかっていました。

新築して、オール電化にし、太陽光発電を乗せたところ、1年間で光熱費は

なんと! 約17,000円でした。

古屋の時は、冬の朝と、夜仕事から帰った時は、寒くてまず灯油ファンヒーターの

前で暖を取るという生活でした。

今はストーブはなく、床暖房で暖房していますが、家のどこにいても快適です。

光熱費がかからず、しかも快適さが劇的に変わったので、本当に感動します。


新築をご検討の皆様、ぜひ一度家づくりのご相談にいらしてください!

リアルな生活の状況をお伝えできますので、ご参考にしていただけると思います。

2016年03月18日

祝!さいたま市南区 N様邸完成!

こんにちは!無垢スタイル山本です。


今回のブログでは、前回に引き続きさいたま市南区に完成した

2世帯住宅をご紹介させて頂きます。

お引渡しさせていただきましたN様は、とても長い間一緒に

家づくりをお手伝居させていただきました。

上下階分離の2世帯住宅です。各世帯で生活パターンが異なるので、

上下階とも楽しい間取りになっています。


1階のリビングは和コーナーがある明るいリビングです。

キッチン周りも広々していて使い勝手が良さそうですね。

2階のリビングは明るく更に大きく窓がとってあるので、開放感抜群です。

小さいですが、畳コーナー兼、書斎もあります。

外観は白くてすっきりしたモダンな外観です。

これから外構ができて緑が入ると、白い壁と相性がいいですね、。


N様、この度は本当におめでとうございます!

これからも末永くよろしくお願い致します!

2016年03月17日

快適な無垢ブリーズシステム

こんにちは、新築コンサルティング部の斉藤です。

寒暖の差が激しく、体調がくずれやすい時期となっておりますが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年はインフルエンザと花粉とダブルパンチで流行っておりますが、

一昨年から流行りだしたPM2.5や黄砂など、マスク着用必須の

時期でもありますね。


真冬の寒い時期に弊社のモデルハウスにお越しいただいた方は、

家中どこでも暖かい空間に感動される方が多くいらっしゃいました。

通常エアコンを設置することのない「玄関」や「トイレ」「洗面室」など、

特に真冬の時期の北側の部屋などは暖かいリビングから一気に

寒い所への移動となりますので、ヒートショックなど命の危険に

もさらされますが、そんな心配がなく、家中どこでも温度差ゼロの

モデルハウスとなっております。


導入されているお客様からも「快適に過ごせる」というお声を

いただいております。

いつでもご体感できるように皆様のご来場をお待ちしております。


【無垢ヴィスタコルシェソル展示場/無垢スキップスキップハウス展示場】
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corcie/index.php

2016年03月15日

土地探しセミナーに参加してみませんか?

こんにちは。コンサルティング部新築部門の大久保です(^^)


3月も後半になり、移動や進学などで忙しい時期になってきましたね。

移動や進学、進級を期に家づくりを考え始める方も多くいらっしゃり

多くのお客様からお問い合わせ、ご来場をして頂いております。


無垢スタイルにお問い合わせを頂くお客様の7割の方が

土地探しからですが、小学校が決まっており、学区を限定して

土地探しをされる方はやはり学区限定がない方より、

選べる土地が限られてきます。


ただし、学区限定で土地が出にくいエリアだったとしても

一般的には条件が良くないと言われるような土地をお得に購入し

設計次第では快適な暮らしを手に入れることができるんです!


無垢スタイルでは土地探しセミナーやバスツアーで実際に

土地を見たり出来る各種イベントもご用意しております。

お気軽にご参加頂き、賢い家造りの参考にしてみてください!


【土地探しセミナー】
http://www.muku.co.jp/seminar/land.php

2016年03月14日

子育て安心の二世帯住宅

こんにちは。新築コンサルティング部の水出です。

私事ながら、三月末に第一子が産まれます。

子供のことを考えると今の住まいの状況を、
改善しなければいけないなと思ってします。

テーブルの角や段差など。。。

大人からすれば当たり前だと思うことも、
親になると過敏に反応してしまいます。

子育て真っ只中の方も様々なところに注意を
払っていますよね。

子供が頭をぶつけないように、子供が自由に遊べる広い部屋が欲しい。
たくさんあると思います。

共働きの家庭ですと実家の近くに住んで子供の面倒を見てもらいたい方も
いるのではないでしょうか?

しかし、実家だと手狭に感じて子供を預けられない、
昔からある家だと不安。など様々なことが考えられます。

しかし、二世帯の家でしたら、そんな悩みが軽減されます。
二世帯を考えて建て替えようを思われたら、
是非、無垢スタイルのモデルハウスや見学会へお越しください。

きっと理想の家のカタチが見えてくるはずです。


【無垢ヴィスタコルシェソル展示場/無垢スキップスキップハウス展示場】
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corcie/index.php

【無垢ゼロビックル展示場】
http://www.muku.co.jp/modelhouse_zerobigroof/index.php

2016年03月13日

祝!さいたま市 S様邸完成!

こんにちは、無垢スタイルの大林です。


先日、さいたま市見沼区のS様邸が完成しました!

S様は土地探しからご相談いただき、

無垢スタイルの家を気に入っていただいてから、

何度か土地をご一緒に見に行き、

タイミング良く良い土地に出会うことができました。


閑静な住宅地、日当たりの良い南道路、

歩いて行けるスーパーが4件もあるという珍しい立地でした(^^)

明るくモダンな雰囲気の、おしゃれで素敵なお家になりました☆



S様、いよいよ無垢の快適な生活が始まりますね!

今後ともよろしくお願い致します!

2016年03月12日

地域の家を建てる知恵と技術と責任

こんにちは、新築コンサルタントの當間です。


我々、地域密着の建築会社の良さとしては、

お客様とスタッフとの距離感の近さです。

私自身もさいたま市に住まいを構え、仕事をしていますので、

お客様との距離の近さは肌で感じながら日々すごしています。

お客様との距離感の近さは仕事の緊張感やハリにつながり

より良い仕事をする上での重要な力になると感じています。


その地域の家を建てる工夫で、一番大事なことは

それぞれの風土に合った家づくりを考える事です。

たとえば我々の住む埼玉県の気温は真夏ですと40℃前後、

真冬は氷点下と温度差がなんと40℃以上もなります。

これは日本の中でも本当に厳しい環境ですね。

だから我々地域の工務店は、埼玉の地域の温熱環境にあった

断熱や気密の技術と努力が必要なわけですね。

無垢スタイルでは、より良い家を提供するために

日々の研究や情報収集に力を入れています。

家の進化はその地域の進化に繋がりますので、

地域向上の責任を感じながら無垢スタイルは、

日々精進しております。

2016年03月11日

祝!蓮田市 Y様邸完成!

こんにちは!新築コンサルタントの山本です。

今回のブログでは、埼玉県蓮田市に完成したY様のお家をご紹介させて頂きます。

お土地探しから700日以上お手伝いさせていただきました。

1階にメインのリビングと2階にセカンドリビングがある上下階分離の2世帯住宅です。

1階のリビングは広々としてみんなが集える明るいリビングです。

付属した和室もかっこいいですね。

2階のセカンドリビングは天井高をしっかりとって、

限られたスペースですが、開放的なリビングになりました。

収納たっぷりの旦那様の書斎も完成です。

Y様、この度は本当におめでとうございます!

これからも末永くよろしくお願い致します!

2016年03月10日

ほっこりできる自然素材

こんにちは、IC石川です。

先日、無垢ヴィスタコルシェソル展示場の無垢の木の靴べらが、

折れてしまい普段お世話になっている吉田木工さんに相談したところ

素敵な靴べらを1本ご提供頂いてしまいました。



また折れてしまう可能性もあるし木ではない物にしようか…

と他のスタッフと話も出ていたのですが、

やはり木だと靴下越しでも温かみや優しさが伝わってきてなんだかほっこり。

普段靴べらを使う習慣がない私もいそいそと使っては感触を楽しんでいます。


吉田木工さんはさいたま市北区の天然木にこだわった家具屋さんで、

私が担当させて頂いたお客様の中にも吉田木工さんで家具を購入した方も

いらっしゃいます。

弊社のおうちと吉田木工さんの家具は相性抜群!

もちろん靴べら以外でも展示場では吉田木工さんにお世話になっています^^



展示場用にテーブルを設計・製作して頂きました。

既製品があふれる世の中で自分のためだけの家具って本当に贅沢ですね。


大成展示場から車で10分程度なので、おうちと一緒に家具のご検討も

いかがでしょうか?

木のぬくもりにあふれた、素敵な空間になる事間違いナシです!

2016年03月07日

収納と時短家事

こんにちは。新築コンサルタントの大久保です。

3月に入り暖かい日が少しづつ増えてきましたね(^^)♪

暖かくなってくると朝も起きやすくなり、家事もはかどる・・・

ような気がします(笑)


家事がはかどるようにするには気持ちも大事ですが

家事の動線を考える時、一緒に収納を考えると家事が

格段にしやすくなります。

キッチンには缶詰や根野菜などのストック用の収納と、

キッチン用の掃除道具やゴミ箱やゴミ袋などを収納できる

場所があると楽ですね。


リビング付近には掃除機などの掃除用具、洗面にタオル類や

小さなお子様がいる家庭では下着などを収納しておけると

便利ですね!


お子様の五月人形や雛人形などは使う事の多い、和室などの

1階の収納にしまっておけば重い物でも出し入れするのが

楽ではないでしょうか。


そして、2階のバルコニーなどに出る近くには物干し用の

ハンガーや洗濯ピンなどを収納しておけると洗濯物干しを

する際にとても便利です。


この様に、家事の動線を考える時に一緒に収納を考えると

とても使いやすく、そして誰が探しても分かりやすい収納が

できますので参考にしてみてください(^^)

2016年03月06日

新築に暮らしてみて「こうして良かった!(成功)」と感じることは?

こんにちは、無垢スタイルの大林です。

新築をする時、大抵の人は初めての経験です。

どんな土地に建てるのか、どの建築会社で建てるのか、

これも重要な選択になります。

家を建てた人が全て100%満足しているわけではありません。

新築をして、3年以内に、もう一度やり直したいと思っている人が

全体の7割近くいるそうです。


そこで、なるべく失敗がないよう、建てる前に、実際に建てた人の

意見をたくさん聞いて知っておくというのは大事なことだと思います。

成功体験をいくつかご紹介させていただきます。

昔の家は往々にしてお風呂やトイレなどの水回りが北側の暗いところにまとまっていたように思いますが、あえて明るい東南側にしました。お風呂屋トイレも明るくて気持ちがいいですし、洗濯物を干すベランダも近くなって楽ちんで大成功。 (佐賀県・40代・女性)
和室の畳床を1段高くして引き出し収納をつくりました。段差があるから腰掛けても座れるし、旅館のロビーみたいでお洒落です。(鹿児島県・30代・女性)
リビング南側の開口部を大きくしましたが、庇を長くしたので、夏は強い日差しを遮ってくれます。でも、冬は日射角度が低く、ちゃんと光が部屋まで届くので、昼間でも照明は要りません。(千葉県・20代・男性)

(日経ホームビルダーより引用)


無垢スタイルでは、無垢スタイルで注文住宅を建てたOB様宅を

実際に見て頂く『オーナー様宅見学会』も開いています。

注文住宅を検討している方は是非、ご参加下さい!


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
一挙に学べる無垢スタイル弾丸ツアー
【1日で家づくりがまるわかり「住まい見学バスツアー」】

日程:2016年3月12日(土)
時間:13:30〜16:30(集合 13時20分)
集合場所:無垢スタジオ ラボ
http://www.muku.co.jp/event/event/2016/02/20/20160312bustour.php
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

2016年03月05日

結露とダニから守る家

こんにちは、新築コンサルトの斉藤です。


過ごしやすい季節となってきましたが、花粉症の方には

辛い時期でもありますね。

家づくりを検討する中で、無垢材の魅力についていろいろ

ご説明させていただいておりますが、トリビア的な記事を

みつけましたのでご紹介いたします。


湿度を調整、香り成分でダニ防ぐ
木の家に使われる木材、特に無垢の木材は、乾燥していれば木の中の水分を吐き出して、湿気が多ければ余分な湿気を吸収してくれるので、家の中を調湿し、結露を抑制する効果があります。また、木材の香りには、アレルギー性疾患を引き起こす原因となるダニを抑制する成分も含まれています。優しい風合いの木の家には、こんなパワーも秘められていたんですね。
『新建ハウジングより抜粋』


弊社では天然無垢材を使用しておりますので、結露の発生を防いでくれたり、

ダニが発生しにくい環境づくりを得意としております。


また、発がん性の原因の一つとされるホルムアルデヒドも出ないので、

目がチカチカしたり、くしゃみが止まらなかったりするシックハウスの

心配はありません。


弊社のモデルハウスも天然無垢材をふんだんに使用した空間づくりを

行っております。

シロアリを寄せ付けない材料や、長持ちする構造の特徴など、無垢材を

専門に扱う会社ならではのお話をさせていただいております。


頭で理解するよりも、まずは体感して実感してみていただくことを

おススメいたしますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2016年03月04日

注文住宅建築者の予算

こんにちは!
コンサルティング新築部門の松木です。

今回は、注文住宅建築者の予算について書きたいと思います。


国土交通省の【2014年 住宅市場動向調査】によると、
注文住宅建築者の建築予算、自己資金共に増加傾向にあるそうです。

添付資料によると、背景には、株高・円安というアベノミクス景気の
影響があったようです。

注文住宅を初めて購入する方の建築予算は平均2958万円で
前年の115万円伸び、自己資金も1010万円で前年より
100万円増加したそうです。

景気状況によって、自己資金率に変動があり、特に不況時には返済額を
減らすというよりも予算を減らす傾向が見られるようです。

また、建替え層の平均建築予算は3245万円で前年より233万円伸び、
自己資金も2423万円で前年より283万円増加したそうです。

今後、暫くは上記状況は続くと予想されます。


また、一般的には、金融機関で住宅ローンを組むことで
住宅を購入される方が多いですが、皆さんが最も気にされることは
『金利』ですよね。

勿論、金利が高ければ支払総額は増加し、金利が低ければ
その分支払総額は抑えることができます。

2016年2月に、マイナス金利の影響もあり、住宅ローン金利は
過去最低を更新しています。
固定金利、変動金利いずれも住宅ローンを組みやすい状況にあります。

マイナス金利という異常な状態がいつまで続くかはわかりませんが、
史上最低にまで低下している住宅ローン金利ですので、固定金利で
借りることで総返済額を決定させることもよいかもしれませんし、
今後もマイナス金利の影響が大きく、金利の低い状況が続くと考える方は
変動金利を選択する方法もありだと思います。

ただし、何かの拍子に金利が上昇する可能性もあるので、
慎重な選択が必要だと思います。

2016年03月01日

地域密着型の住宅会社で家を建てるのは地域貢献になる?

こんにちは。コンサルティング営業の蒲谷です。


我が家の近所にたばこ屋さん兼切手を売っているお店があります。

良くうちの子供が切手を買いに行くのについて行くと、

たばこは、『地元で買ってくれると地元に税金が還元されるんだよ』

という話を聞きます。

しかし、買う側はそこまで考えていないと思います。

さて、住宅はどうなんでしょうか?


地元密着型の住宅会社でその地域の木材を使って建てた場合、

自分達の地域に流れるお金の割合は全体の60%と言われます。

一方、大手住宅メーカーで家を建てた場合、

その地域に流れるお金は30%2倍ほどの差があるんです。

地域にお金が流れれば、地域の経済が回り、地域貢献に繋がる。

という記事が記載されていました。


その恩恵は地域に住む自分達、子供たちに帰って来ます。

地球環境ということで、よく低炭素住宅等取り上げられています。

しかし、一番身近な【地元の地域】という地域貢献のことは、

あまり考えていないと思います。

こういう観点から家づくりを見てみるのも面白いですね!

弊社は、地域密着をメインに考えておりますので、

より多くの地域の方々に家を建てて頂ける様にし、

地域に還元出来るように頑張って行きたいと思います。

以上、蒲谷でした。

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35