« 2016年03月 | メイン | 2016年05月 »

2016年04月30日

次世代に繋げる無垢な家づくり

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の蒲谷です。

今回は建て替えについてお話しさせて頂きます。

お客様の中で、実家を建て替えるか

リフォームするかで悩まれて来社される方が多くおられます。

親御さんからすれば、築年数も古いので、建替えて新しくして欲しいと思うそうですが

ご本人様からすれば、自分が幼いころから住まれて育った思い出のある場所を

少しでも残しながらと思う方が多いようです。

ただ、現実的な問題として、その建物が旧耐震基準(昭和57年以前)の建物ですと

今の耐震基準に合わせる行為が必要になります。

旧耐震基準の建物は中地震に耐えるように設計されていましたが

大地震に対するチェックはなされていませんでした。
(したがって、新耐震基準にあわせた耐震診断が必要となります)

一方で、新耐震基準以降の建物は、中地震に対して損傷しないことに加えて

大地震に対して倒壊しないことや、平面と立面的にバランスよくすること等が要求されています。

本来であれば、【家】は末永く住み続けていきたいものですが、なかなか難しい環境でした。

我が家を次世代に繋げる無垢な家づくりを行って行きたいものです。

2016年04月29日

GWは無垢スタイルの展示場へ

こんにちは。

無垢スタイルの望月です。


季節の変わり目で、毎日の服装を悩んでしまう今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。


先日、スタッフで展示場の大掃除を行いました!

日頃なかなか掃除ができない外回りや高い場所など、

今年初めて汗だくになる作業でした。

掃除をして感じたことがあります!

掃除がとてもラクチン!ホコリがほとんど無いのです!

弊社が採用している全館空調システム「無垢ブリーズシステム」のおかげで、

室内の空気を緩やかに動かしてくれます。


ホコリが溜まることなく、フィルターでキャッチしてくれるので奥様の手間も最小限。

また無垢材は静電気をほとんど帯びていないため、

ホコリが溜まりにくいアイテムなのです!

吹抜けにむき出しになっている梁もホコリが溜まらず、掃除もラクチンでした。



GWはきれいになった展示場を是非ご覧ください!

家づくりのお話はもちろんですが、お手入れの仕方や日頃のメンテナンスまで、

奥様目線でご案内させていただきます!


☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

2016年5月3日(火)〜8日(日)
GWも休まずOPEN!
【無垢スタイルのモデルハウス見学会】
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2016/04/19/inspection_89.php

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

2016年04月28日

スマートウェルネス体験パビリオン

こんにちは當間です。

今回は弊社の建築材料などの取引先のナイスグループさんと

横浜市慶応義塾大学の共同開発による最新の設備を整えたパビリオンについての紹介です。

学びと体感ができる「センター棟」と

センター棟で学んだ内容を実際の住まいで確認できる「スマートウェルネス住宅棟」があります。

センター棟では「温熱」「空気」「睡眠」「安全・安心」「省エネ・エコ」

5つの要素を体感できます。

併設されている「光と風のオープンカフェ」や

「わくわく広場」で木に触れながらのんびりくつろぐこともできます。

住宅棟では、住空間の心地よさ、健康に配慮した断熱性能

木材の優れた特性、未来のゼロエネルギー住宅などを体感できます。

目に見えにくい健康・省エネをテーマにした快適な住まいについて

「体感」を通じてその価値を再発見して頂ける場となるよう様々な展示をしています。

また、こちらのパビリオンでは将来年齢を重ねた時の擬似体験をできる施設があり

私も体感してまいりました。

私たち建築業者はバリヤフリーが住宅の設計において大事なことだと

頭の中ではわかっているつもりでも

実際に健康な生活を送っていると切実に感じることは中々ないものです。

今回の疑似体験で白内障の状態に見えるメガネや

体に重りをつけお年寄りの体の状態を疑似体験し

階段や廊下を歩いてみましたが怖くて歩けない程でした。

改めて我々の住宅の果たす役割の大事さが身にしみました。

こちらのパビリオンは一般の方の入場も出来ますので

これから家を建てようと思っている方、家のリフォームを考えている方は

是非体験に行ってみてください!

スマートウェルネス体験パピリオン 写真

〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央4-38-1(ナイス株式会社 本社前)
【お問合せ先】0120-714-501

2016年04月25日

空き巣に注意!!

こんにちは。新築コンサルティング部の大久保です。

4月も後半になり、いよいよGWが近づいてきました!

GW中は出かける日も多く、家に誰もいない時間も長くなるのではないでしょうか。

家にいない時間が長くなると心配なのが『侵入窃盗』です。

警視庁のHPによると平成16年以降空き巣被害は現象しており

平成27年度は46,091件と前年比-4.2%と減少しております。

しかし、それでも一日あたり約126件もの住宅侵入窃盗が発生しているのも事実です。

その中でも一番多いのが一戸建てで41.6%となっており

侵入口は窓からのガラス破りとなっております。

侵入を防止する為には、窓を防犯ガラスにしたり格子などを付けてあげる必要があります。

5分以上侵入に時間がかかる場合、侵入を諦めるそうです。

大切な家族と過ごす家、防犯面もしっかりと見直し安心して暮らしたいですね!

2016年04月24日

住みたい街ランキング

こんにちは、新築コンサルティング部の斉藤です。

今年は例年より早く桜がさいて、お花見なども楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

先日リクルートの調査により、住みたい街ランキングが発表されました。

既知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

住みたい街ランキング表

埼玉勢が20位、21位とランクインされました!

このランキングから見えてくるのは、その街がもつ公共交通機関や商業施設など住みやすいか

どうかというよりは利便性が優位に立っているようにもみえます。

実際住むとなると、マンションかアパートになってしまう方がほとんどです。

土地から注文住宅でお考えの場合、なるべく土地の値段をおさえて・・・

と考える事が多いので、駅から少し離れたり、ちょっと不便なところだったりと

探していくことが多いと思います。

しかし、通勤通学で都内等に通われる方にとっては

片道何時間もかかるのは現実味がないと思いますので

お客様にとって最適な場所を我々が調べ、土地と建物合わせてご提案させていただいております。

埼玉県はJR宇都宮線や高崎線、京浜東北線、埼京線など各路線が都内への交通の要となって

おり、新宿や東京への直通路線が栄えています。

また西武線や東武線などの私鉄も西部地域の足となり

各線の駅周辺の再開発やバス便なども便利なところが増えています。

ちなみに大宮駅から車で20分程走らせれば

豊かな田園風景も見られるギャップもまた魅力なのかもしれません。

弊社では毎月「土地探しセミナー」を開催しております。

無垢スタイルのに来られる新築のお客様の7割が土地なしの方です。

セミナーを受講し、一緒に土地探しから建物までされている方がほとんどです。

この機会にぜひご参加してみてはいかがでしょうか?


▼無垢スタイルの住まいづくりセミナーはこちら▼
ttp://www.muku.co.jp/event/event/2016/04/22/20160507seminer.php

2016年04月23日

将来を見据えた家事動線

こんにちは。コンサルティング部新築部門の蒲谷です。

今回は、家事動線についてお話しさせて頂きます。

私はキッチンから洗面所への動線を設計する上で

なるべく1直線になるように心がけて設計させて頂いております。

先日お伺いさせて頂いたOB様の家では

2階リビングで、広さの関係上、浴室・洗面を1階に配置しておりました。

動線的にそこはどうかとお聞きしましたら、そこまで気にならないとのお話しでした。

ただ、そこから3階のバルコニーで洗濯物を干すので

浴室が3階にあったら眺めも良く良かったかもしれないと申されておりました。

ああ、なるほどと思いましたが、、、

将来的に階段を上がって3階まで行ってお風呂に入るのは辛いかなと感じました。

家事動線に関しても、今は良くても、10年後、20年後、30年後にどうなるかも

必要な考案要素になると思っております。

我が家は、3階建てで2階にリビング水廻りがあるため

将来は1階に水廻りとリビングをリフォームして持ってこようと考えております。

そんな将来を見据えながら、後悔しない家づくりを行いたいものです。

無垢スタイル キッチンの写真

2016年04月22日

住まいの温度差と健康

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティング部の松木です。

今回は、住まいの温度差と健康について書きたいと思います。

現在、高齢化社会が進むにつれ、住環境はバリヤフリーが一般的になりつつあります。

しかし、室内の温度のバリヤフリーに関してはまだまだ課題が残っています。

普段過ごすリビングは十分に暖房されていても

廊下やトイレ、脱衣所などは非常に寒いと感じた経験をされた方は多いのではないでしょうか?

この温度差により身体には物凄く負担を掛けていると言われています。


人間は極端な温度差を感じると、血管が収縮し、血圧が急上昇します。

急激な血圧上昇は、脳卒中や心筋梗塞などの大きな引き金となります。

そういったリスクを回避する為にも

建物から温度差をくすことは快適な住環境を作るための重要な要素の一つだと思います。


温度のむらを無くすことにより、身体への負担を減らし

より快適的な空間づくりへと繋がります。

無垢スタイルは、温度のバリヤフリーに取り組み、快適な空間づくりを行っております。


無垢スタイルが造る無垢の快適な家を是非一度展示場で実際に感じてみてください!!


▼2016年5月3日(火)〜8日(日) モデルハウス見学会はコチラ▼
 http://www.muku.co.jp/event/inspection/2016/04/19/inspection_89.php

2016年04月21日

展示場に春がやってきた

こんにちは。コンサルティング部新築部門の大久保です。

暖かくなってきて過ごしやすい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

桜も咲き、春を感じられる場所がおおくなってきましたが

無垢スタイルの展示場にも春がやってきて、展示場周りに花が咲いてきました。

無垢スタイル 展示場の花

こちらはコルシェソルの入り口お花です。

無垢スタイル 展示場の花

ちらはコルシェソルの脇側にあるお花です。

是非、ご来場頂いた際はモデルハウスの春も感じて頂ければと思います(^^)


▼2016年5月3日(火)〜8日(日) モデルハウス見学会はコチラ▼
 http://www.muku.co.jp/event/inspection/2016/04/19/inspection_89.php

2016年04月19日

地震対策の重要性について

こんにちは、新築コンサルタントの山本です。

先月3/11に東日本大震災から5年が経ちました。

そして、今回の熊本大震災。震災関係の記事を多く目にします。

あらためて震災に対しての対策の重要性を考える月になりましたが

これからお家を建てられる皆様は、地震対策についてどうお考えでしょうか。

ある雑誌の抜粋ですが、日本は世界の1/400しかない国土に対して

世界の1/14の火山が集まっており

首都圏直下型地震が懸念され報道が盛んに行われています。

2010年以降は、1900年からの100年間のデータを集計した結果、

例年の7倍以上の地震発生率があるそうです。(世界規模で。)

これから新築を検討される方は、「どのように地震に強いのか」を

明確にされるとわかりやすいと思います。

地震の発生の対策をするには、まずは耐震をしっかり行おことが大切です。

耐震がしっかりしている上で、制震ダンパーや免震設備の導入を検討しましょう。

耐震についてのご相談も、ぜひお気軽に無垢スタイルまで。

2016年04月18日

学校を再利用した展示場に行ってきました!

こんにちは!

設計室の高橋です。

やっと温かくなってきましたね!

桜も咲いてきてとてもキレイですし!

そんな春を感じてる今日この頃なんですが

先日御徒町まで建築系の展示会に行ってきました。

御徒町写真

そこの展示会場がなんと学校を再利用していたんです!!

御徒町写真


御徒町写真


写真を見ていた見ていただくと分かりますが

全てを新しくするのではなく、一部改装程度でほとんどが

以前使われていたまま残っていました。

教室が一つの展示場になっているので

一度にいくつもの作品が見れるのもとても魅力的でした。

使われなくなった建物を再利用

エコですね!

環境に配慮した建物を見るとテンションがあがります!笑

2016年04月17日

バルコニーデッキの劣化報告(自宅)

こんにちは、新築コンサルティング部の大林です!

昨年2月に新築に入居してもう1年が経ちました。

年間を通しての住み心地、光熱費、家の経年変化

1年住むといろいろ分かってきます。

今日はバルコニーに使用したデッキパネルの劣化状況をお伝えしたいと思います。

私の自宅では、屋外に無垢の木材を多く使用していますが

仕事上、木の劣化具合を実感するために、4種類の木材を使い分けています。

ちなみに、バルコニーの床には、イケアで購入したデッキパネルを使用しています。

このデッキパネルはとても安価で

大工さんに造作してもらうデッキの5分の1ぐらいの費用でできてしまいます。

パネル式で組立はとても簡単です。

床のパネルは劣化しやすいので、消耗品であることを考えると

すぐに取り替えられて、費用もあまりかからないものが良いと思い、選定しました。

実はOB様から教えていただいて知ったのですが(^^;

バルコニーの劣化写真1

このように、屋根のある部分と屋根のない部分で、劣化の仕方が違います。

バルコニーの劣化写真2

写真の左の方は雨に濡れにくい場所、右の方は雨に濡れやすい場所です。

劣化の具合がかなり違います。

建物の装飾、ウッドデッキやウッドフェンスなど

屋外に木材を使うと温もりのある外観になりますし

木の独特の雰囲気が、とても味わい深いですね。

でも、屋外に使用するとどうしても劣化してしまい

メンテナンスが大変だったり、長持ちしないのではないかというお声を、

お客様からよく聞きます。

木の種類、雨の当たり方、使う場所によって木材がどのように劣化していくのか

これから随時お伝えしていけたらと思っています。

楽しみにしていてください!

2016年04月16日

内野本郷『無垢ヴィレッジ』残り1区画!

こんにちは、

新築コンサルティング部の斉藤です。


内野本郷の『無垢ヴィレッジ』が、

盛況により残り1区画となりました!

豊かな自然と大宮まで2駅という立地条件に恵まれた内野本郷ですが、

すでに弊社で建築された方の建物も間近で見る事ができます。


多少駅から離れた場所ではありますが、

バスや自転車で通う事ができる範囲ですので、

自然を求める方には最適な環境です。


隣接する上尾道路も圏央道の桶川インターまで開通予定ですので、

ますます交通の便がよくなる将来性のある立地ですので、

ご検討中の方はお早めに!


【無垢ヴィレッジ】
http://www.muku.co.jp/mukuvillage_uchinohongo/

2016年04月15日

地震への備えは大丈夫ですか?

こんにちは。コンサルティング部新築部門の大久保です。

昨晩、熊本県にて震度7の直下型地震が発生しました。

津波の心配は無かったものの大きな被害がでたそうです。

被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。


私の出身は宮城県です。

あの日から早5年。

地元に帰る度、震災のテレビ番組や新聞を見る度に思い出しまだまだ復興には遠いと感じます。


関東に関してもM7クラスの地震がおこる可能性は70%以上と言われております。

打ち合わせなどをしていても、やはりお客様も地震に対しての心配をご相談される事が多いです。

今回は、東日本大震災の時に体験した事を含め、家造りの中で取り入れると良い点をご紹介したいと思います。


【1】できるだけ固定できる物を使用

東日本大震災の際、私が住んでいた家が古いマンションだったと言うこともありますが、大きな揺れに食器棚は倒れ、大きな冷蔵庫は1m以上動いていました。

その後、余震に備え食器棚の固定をしましたが、新しく建てるなら食器棚ではなく、固定のカップボードなどを付け、食器の下には滑り止めを入れてあげるのお勧めです。



【2】ライフラインは電気がお勧め!?

東日本大震災の時、私が住んでいた地域は4日目に電気が復旧しました。

電柱が地中に埋め込まれている地域は3日目に復旧しており、復旧と同時に水道も出るようになりました。

プロパンの家は火が使えましたが、都市ガスだった私の家は約1ヶ月かかりました。

オール電化が絶対に良いとは言えませんが(計画停電などもありましたよね)復旧の早さで言えば、その時は電気が一番でした。


そして、やはり必要になるのが・・・・

【3】備蓄などの備えを完璧に!

5年も経つとだんだんと意識が薄れ、備蓄などの備えも怠り勝ちになっている様ですが、備えに勝る物はありませんでした。

スーパーもコンビニも物が十分に買える状態ではなく、少ない品の中から1人○点と決められた中での買い物。

友人などが困っていたのはカセットコンロのガスや電池でした。

缶詰や水だけでなく、意外と備蓄しておく必要のある物が多いので、パントリー兼備蓄庫などもあると備えあれば憂いなし・・・ではないでしょうか。

いつ来るか分からない、地震に備えた家造りが出来るといいですね。

2016年04月14日

毎年恒例の第4四半期 『全体会議』

4月11日(月)に、無垢スタイルグループ全体会議が行われました。

今回は昨年同様、Altavista Gardenに会場をお借りしての

オールハンズミーティング。

その大きな会場に全員が正装で集合しました。


まず、無垢スタイルの歴史を振り返るPVで現状の立位置を確認し、

西田社長の今後の無垢スタイルのビジョンを語って頂き、

ムクスタッフそれぞれのベクトルを統一しました。


そのあとは、新しくムクスタッフとなる4月入社の新入社員の顔見せ挨拶あり▼


そして、勤続10年の2人に感謝の特別賞授与があり▼


ムクスタ恒例のマジシャントミーさんのショーがあり▼


最後は、無垢スタイル恒例の締めで鼓舞しました!


無垢スタイルでは現在スタッフを募集しています!

こんなフランクな無垢スタイルで働いてみたいという方

こちらよりご応募下さい!あなたをお待ちしております!


無垢スタイル 【採用情報】
http://www.muku.co.jp/company/recruit.php

2016年04月11日

無垢スタイルに入社して

はじめまして。
3月から無垢スタイルに仲間入りさせていただきました関口みどりと申します。

インテリアコーディネーターという仕事をしています。
有り難いご縁に恵まれ、入社の運びとなりました。

今回は私のブログデビューということで、少し自己紹介をさせていただきます。

住まいは埼玉県西部の田舎町。
愛犬(シベリアンハスキー)と主人(自称イタリア人)の3人暮らしです。

一目ぼれした土地を1週間後には契約し、家を建て、移り住んでもう9年になります。

休日の楽しみはとにかく家でのんびりすること。
例えばカウチに座って大好きな海外ドラマを観るのは大好物です。
気にしていないつもりが見ちゃうんですよね、インテリア。
外国のインテリアデコレーションは独特なので、つい一時停止してじっくり観察してしまいます。
色使いも豊かだったり、照明器具が大ぶりで個性的だったり、とても興味深いです。

それから料理が好きなので手の込んだものや時間のかかるものが作りたくなります。
異国の郷土料理のレシピを調べて作るのも楽しいです。
最近のヒットはイギリスのシェパーズパイです。

ラム肉とマッシュポテトとチェダーチーズのオーブン料理で、お肉に混ぜたシナモンとタイムが異国感をアップします!とても美味しくてワインによく合いますよ。

こんな風に”ダラっとするのに忙しい”という休日に、ふと「いい家だな~」と実感します。

何年経ってもそう思える家で暮らせること、こんなに幸せで贅沢なことってありません。
私自身が肌で感じているからこそお客様にも同じ気持ちを味わって頂きたい、といつも思うのです。

無垢スタイルのスタッフはみんな気持ちの良い方ばかり!
面倒見の良い先輩社員と勉強熱心な若手社員。
部署間でもお互いにサポートし合っている様子がすぐに見てとれました。

これから無垢スタイルの家づくりに対する思いを十分に学び、一日も早く皆様のお家づくりのお手伝いができるように頑張りたいと思います。
大成のLABOに居りますので、お気づきの方はお気軽にお声がけくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年04月10日

高さを利用した収納設計

こんにちは。新築コンサルティング部の望月です。


過ごし易い季節になりました。

衣替えで収納奥から夏服を引っ張ってくる今日この頃。


収納スペースで悩まれるお客様は多くいらっしゃいます。

もちろん納戸や収納庫をつくればスペースは確保できますが、

居室を広くしたというご要望も多く、どちらを優先するか。

皆様悩むところです。

そんなときは高さを活かした収納がオススメです!


高さをうまく利用することで、生活空間も変わらずかつ収納量も

取れ快適な生活を送ることが出来ます。

また、収納に関する注意点がいくつかありますが、

その中のひとつをご紹介いたします。


洋服や靴など毎日使用するアイテムの収納スペースについては

湿気を除去するための通気性が大事と言われております。

人間は汗をかき、また空気中の水分に触れるため、

衣類や靴類を長持ちさせるには収納の中も湿気対策を

しっかりすることが重要です。


無垢スタイルでは湿気を吸ってくれる桐・エコクロスといった

調湿効果のある素材を組み合わせることで

収納時の湿気対策をしております。

収納アイディア満載の展示場で、是非一度ご体感ください。

2016年04月09日

子育てにいい家を考える

こんにちは。

新築コンサルティング部の水出です。


やっと、春らしく暖かい日が続いてますね。

私事ながら第一子が誕生しました。


これからは、家に関しても子供に対応した、

子育てに最適な家にしていかなければいけないなと

実感しております。


子育てにとってどんな空間が最適なのでしょうか?


LDKで対面キッチンにし目の前に、

勉強ができる様なカウンターを設け、

図書コーナーを作るのはいかがでしょうか。


これによって、料理をつくりながら子供の勉強を見ることができます。


無垢スタイルのお客様のほとんどが子育て世代のお施主様です。

そんな子育て世代で家づくりを始めようとしている方向けに

見学会やセミナーを随時開催していますので、

お気軽にお問い合せください。

2016年04月08日

無垢材の床とペット

こんにちは!

新築コンサルタントの山本です。


今日はペットについて書いてみたいと思います。

私の実家には。13才になるウエスティーという種類の犬がいるのですが、

先日、腰を痛めてしまいました。

原因は、年齢と床材の問題ということでした。


一般的な合板フローリングでは、摩耗しないように表面がツルツルの

ウレタンやビニールで加工されています。

犬は走る際に爪を出して走るので、爪がかからないフローリングでは、

希に足腰を痛めてしまうワンちゃんがいるそうです。


弊社のOB様には小型犬からゴールデンレトリバーのような大型犬まで、

無垢の家でいっしょに過ごしている方がたくさんいらっしゃいます。

無垢の床は合板フローリングよりも柔らかく、

温かみがあるので、ワンちゃんの足に負担をかけずに生活できるようです。


汚れ対策や傷の問題はどうしても消えはしませんが、

無垢の床で気持ちよさそうに生活しているワンちゃんとお施主様を見ると、

無垢の床でペットを飼うのもイイものだなと感じます。


このような無垢材の床で、ペットライフを楽しみませんか?

2016年04月07日

『 1/f ゆらぎ 』による無垢材のリラックス効果

こんにちは!

新築コンサルティング部の松木です。


今回は、無垢材のリラックス効果について書きたいと思います。

皆さん、『 1/f ゆらぎ 』という言葉を聞いたことがありますか?

『 1/f ゆらぎ 』とは、川のせせらぎや、ろうそくの火の揺れなど、

自然の中にある不規則な音や動きなどにより、

人に心地よさを与える効果のことを言うそうです。


無垢材の木目も良く見ると不規則な模様となっており、

自然が作り出す絶妙な模様が視覚を通して人に

心地よさを与えると言われています!!


無垢材の価値は、家の耐久性を高めることだけではなく、

触覚で感じる自然との繋がりや、嗅覚で感じる木の香り、

視覚から感じる『 1/f ゆらぎ 』のリラックス効果といった

様々なものがあります!!

そういった自然に包まれた空間がお好きな方は、

是非一度、無垢スタイルの展示場で体験してみてください!


【無垢ヴィスタコルシェソル展示場 / 無垢スキップスキップハウス展示場】
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corcie/index.php

2016年04月05日

好みで選べるLIXILのタイル

こんにちは、ICの石川です。


先日、LIXILさんのとある企画でタイルの目地詰めをしてきました。

実は目地にもいろいろな色があります。

ご存知でしたか?

ちなみにLIXILさんで体験してきたのは、

同じタイルを違う色で目地詰めしてみようという物。

私が選んだタイルは金属がアクセントのこのタイル。

白い目地だとタイルのテクスチャが際立ち、

黒い目地だとタイルのデザインを活かした落ち着いた印象ですね。

同じタイルでも、目地ひとつでここまで印象が変わるなんて・・・

うーん、奥深くて面白いです!

ちなみに私は表情がしっかり出る白目地の方が好きなのですが、

皆さんはいかがでしょうか?

他のスタッフはガラスタイルで試してきました。

やはりガラスは白の方が透明感があってキレイですね。


真っ白のありふれたタイルでも、

目地の色を変えてみるだけで個性あふれる空間になります。

タイルばかりではなく、是非目地にもこだわってみて下さい!

2016年04月04日

増税による注文住宅購入者への影響

こんにちは、新築コンサルティング部の斉藤です。


先日の新建ハウジングにて注文住宅予定者に関するアンケートが

掲載されていましたので紹介いたします。

株安や中国リスクで消費増税の実施が不透明ななか、

消費増税をにらみ住宅購入予定者の動きが活発かしてきています。

グラフ1によると、増税が建築計画に影響があると回答した方が全体の7割超にもなります。


20160404_s_s_01.jpg

また、グラフ2によると増税前への時期前倒しが7割超との回答になっています。

逆に白紙化が1割ともでています。


20160404_s_s_01.jpg

グラフ3では計画の見直しについての回答で、

予算の縮小が4割近くにも及ぶことがわかりました。


20160404_s_s_01.jpg

注文住宅ですと契約から完成まで期間を要しますので、

増税の影響は考えていかなければなりません。

一般的に今年の9月末までのご契約であれば、8%の消費税で間に合いますが

ご契約後の追加契約などは時期によっては10%の消費税適用になりますので、

注意が必要です。

増税によって計画への影響が出ている今回の結果となりましたが、

増税前に建てるべきか?はお客様ごとに条件が違いますので、

お気軽にご相談いただければと思います。

2016年04月02日

マイナス金利と住宅ローン

こんにちは、

新築コンサルタントの當間です。


今回はマイナス金利が住宅ローンに与える影響についてです。

現在10年固定の金利が0.8%を切り過去の金利では

記録がないほどの状況になっています。


現状は金利そのものがマイナスにはなっていませんが、

住宅ローン控除(住宅ローン額の1%)や住まい給付金等を含めると、

実質の利息(10年固定金利)よりも控除額が大きくなっています。

下記の資料にもあるように現在は住宅ローンを

組むには過去最大のチャンスですね。


20160402_s_t_01.jpg
■ 参考引用:『おうちのはなし』


2016年04月01日

祝!鶴ヶ島市 S様邸完成!

こんにちは。コンサルティング部新築部門の大久保です。

3月上旬に鶴ヶ島市にてS様邸の引渡しをさせて頂きましたので

ご紹介させて頂きます。



S様とは約1年以上のお使いとなり、初めてお会いした時は

同い年の女性同士と言うこともあり、とても楽しい

お打合せをさせて頂きました。

何度もお打合せをしましたが、いつも楽しいお打合せだったのを

覚えています。


『自分たちには注文住宅なんて無理なんじゃないか』

そんなS様の不安をなくし、こんなに素敵な家が完成したことを

とても嬉しく思います。

引渡し式は色々な思い出とS様の想いを思い出し、

涙が止まらない引渡しとなりました。
(涙が止まらなかったのは私だけですが・・・)

お話をする度に明るく話してくれるS様、

これからが本当のお付き合いの始まりです!

これから、新しいお家で家族楽しく健康に暮らしてください(^^)

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35