« 2016年12月 | メイン | 2017年02月 »

2017年01月31日

無垢の家づくりのアイデア 〜ハンモック=

こんにちは、

新築コンサルティング部の大林です。


私の自宅でも採用している、家が楽しくなるアイデアをご紹介させていただきます。

リビングやタタミコーナーなどに、ハンモックをつけられるようにしておくと、

インテリアにもなりとてもいいです。


私の場合、家を建てる前、いつからか、

家にハンモックを付けるのにあこがれていたので、

タタミコーナーに付けられるようにしました。



金具も併せて2万円ぐらいでできてしまうので、

費用はそれほどかからないですし、

使わない時はコンパクトにしまっておけるのが良いですね。


でも実を言うと、新築した当初は私も乗って楽しんでいましたが、

最近では、子供たちがブランコのようにして遊び道具にしていることがほとんどで、

私が疲れて仕事から帰ると、

「ハンモックやって、ハンモックやって」と催促をされます(・・;)

子供ふたりをハンモックに乗せて、私がブラブラを揺らすのですが、

上の子はもう2年生なので、腕が疲れて大変です(>_<;


でも、将来子供と家で過ごした良い思い出になるのではないかと思い、

とても気に入っています。

是非、ハンモックをを家に取り入れたいとお考えの方は、

ご参考にしていただければと思います。

2017年01月30日

北海道と東京の年間光熱費は同じ!?その秘密は家の構造にあった!

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティング部の松木です!

今回は冬の暖房費について書きたいと思います。

北海道、東北の暖房費はかなり高いと思っている方は多いと思います。

総務省の家計調査では...

1年間にかかる平均光熱費は 札幌市で31万2818円 東京で28万83円

(総務省統計局 平成27年度「家計調査」二人以上の世帯の場合)

という結果が出ております。

関東では夏のエアコン使用で電気代が増えますが

札幌市では夏よりも冬の暖房で電気代やガス代、灯油代が増えます。

光熱費が多くかかる時期は違っていますが

年間でのトータルコストはそれほど差がないんです。

光熱費の差があまりない理由の一つとしては住宅性能の違いにあると思います。

冬で比較すると、関東より北海道、東北地方は遥かに気温も低いですよね。

冬に北海道や東北地方に行くと室内は物凄く暖かく、

半袖で過ごせるぐらいの室内だったりします。

断熱性能や気密性能を上げた家づくりをすることで

ガンガン暖房を焚かなくても暖かい家づくりが多くなってきているようです。

そういった住宅性能の違いが光熱費の差が

あまりないことに繋がっているのだと思います。

無垢スタイルの住宅性能は北海道の基準と同等レベルですので

冬でも少しの暖房で家全体が暖かく保たれます。

是非一度モデルハウスにて体感してみてください!!

▼1日で家づくりがまるわかり「住まいの発見バスツアー」
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/01/21/20170205bustour.php

2017年01月29日

無垢スタイルが提案する暮らしが楽しくなるインテリア

こんにちは。

インテリアコーディネーターの関口です。


無くても暮らせるけど、あったらより暮らしが豊かになるもの。


そ、れ、は・・・


タイルです!


インテリアと一口に言っても、後から足せる家具やオブジェもあれば、

後からだとなかなか難しい壁紙やタイル貼りもあります。

今日は新築ならではのタイルのデザイン貼りをご紹介します。


こちらのキッチンは、先月お引渡しをしたU様邸です。



ダイニング側に対面キッチンにされるお客様が多いなか、

こちらは調理機器とシンクを壁側にもってきて、

作業台をダイニング側に配置しました。

だから壁の面積がしっかりとれて、やや大ぶりのタイルもしっくりきています。


関口のこだわりポイントは、棚の厚みに合わせてボーダーを入れたこと。

細長い形状の小さいタイルを棚のラインに合わせて2列入れました。


こんなものです。


こうすることで、棚にかかるタイルをカットせずに使えますし、

ボーダーのタイルがアクセントになり、デザインとして美しくなります。

このタイルは洗面室でも使っているので、

遊びにきたご友人が気付くかもしれませんね。

キッチンパネルが貼られるのが一般的なキッチンの壁ですが、、、

どうですか?


こうやってタイル貼りにすることで、

キッチン空間がぐんとグレードアップして見えませんか。

新築の方はもちろん、キッチンのリフォームをお考えの方も

是非タイルでステキなインテリアをご検討下さい♪


▼無垢ヴィスタコルシェソル展示場
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

2017年01月28日

本当に使い勝手のいい収納について考える

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の水出です。

1月後半になり日が伸びてきました。

人の動く時間も伸びてくるこの時期は

家づくりに動き出す方も増えてくる時期でもあります。

今日はそんな家づくりの失敗ポイントをご紹介させていただきます。

スーモの『間取りで失敗したポイント』のアンケートによると

1位 収納のつくり方

2位 配線計画

3位 部屋の広さ

なんと1位が収納のつくり方だったのです。

家を建てるならウォークインクローゼットに憧れを持ちますよね。

しかしながら、実際の使い勝手などでいうと

壁面収納のほうが使い易かったりするのです。

なぜ壁面収納の方が使い勝手がいいかと申し上げますと、

ウォークインクローゼットですと左右にハンガーパイプが付き、

意外と奥のものが取り出しづらかったりするようです。

収納に関しては、収納を広くするのではなく、

しっかりと寝室にはどれぐらい収納するのか。パントリーなどは必要なのか。

こういった生活を考えていくと使い勝手の良い

程よい広さの収納が確保できるのではないでしょうか。

無垢スタイルでは、土地の探し方から完成現場見学会までを1日で見て学べる

バスツアーを開催しております。

間取りのご相談も是非無垢スタイルにお任せください。

▼1日で家づくりがまるわかり「住まいの発見バスツアー」
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/01/21/20170205bustour.php


2017年01月27日

防犯意識の高い土地を見つけるコツ

こんにちは、

新築コンサルティング部の斉藤です!


1月も終わりに近づき、そろそろ正月ボケを

直さないといけない時期になりました(笑


家づくりにおいても土地が動き出す時期でもありますので、

今回は『防犯』という観点から考えてみたいと思います。


まず、泥棒が好む地域があるのをご存知でしょうか?


□公園の塀や駅の高架下などの落書きが放置されている。

□路上駐車や放置自転車が多い。

□粗大ゴミが未収集のままになっている。

□公園のトイレや水道が壊れている。

□公共の場の植え込みや植栽が手入れ不足。

などなど。。。


このほかにもいろいろありますが、

この時点ですべて当てはまる地域は要注意となります。


また、ボランティア団体によるパトロールや青色回転灯を装備した

パトロールカーが走っているところは防犯意識が高い地域となります。


警察庁の資料によると、防犯ボランティア団体の増加と

犯罪件数の減少に関係性があるのがわかります。

犯罪を抑制したり、検挙に貢献したりといった事例も増えており、

地域の安心・安全のために欠かせない存在になっています。


このように建てる場所の地域性を初めに確認することにより、

住んでから「こんなはずじゃなかった」

というようなことを防げることがありますので、

お土地のない方はぜひお気軽にご相談いただければと思います。


▼あなたの理想の場所を探します【土地探しコンシェルジュ】
https://ssl.muku.co.jp/concierge/

2017年01月26日

狭小でも開放的空間になるリビングイン階段

こんにちは!

新築コンサルティングの島田竣介です!


リビングイン階段は、各居室へ出入りするために、

必ずリビングを通る設計になる為、

家族間のコミュニケーションの機会が多く持てるとされています。

また、子どもがいつ帰ってきたのかがわかることもメリットです。

その開放感もメリットのひとつです。

階段がリビングに取り込まれているだけで、

リビングが圧倒的に広く見えます。



このようにメリットは沢山あるお洒落なリビング階段ですが、

一番の問題点が室内温度の調節が難しいということ。

住宅の断熱性能、気密性能を高めれば問題はありませんが、

夏場は冷房、冬場は暖房の効き具合が若干悪くなり、

結果エアコンの電気料金が少しかさんでしまいます。

こういった事も考慮して、間取りや設備を考えたら

よいお家が出来上がると思います。


▼23坪の狭小地に建て替えた3階建ての二世帯住宅 無垢の家 完成見学会【完全予約制】
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/01/16/inspection_103.php

2017年01月24日

マイホーム購入を考えはじめる最初の一歩

こんにちは!

コンサルティング部新築部門谷口です。

先日、埼玉にも雪が降りましたね。

私の現在の住まいは築23年の木造一戸建てなのですが、

この時期は家の中にいても寒くて仕方がないです。

いつか無垢スタイルの家を建てて

暖かな冬を過ごしたいと企んでおります。(笑)


皆様が家づくりをお考えになるきっかけは何ですか?

とある会社が一昨年実施したアンケートによりますと、

家づくりのきっかけとして一番多いのは、

子どもの誕生や成長によって伸び伸び子育てできる

広い一戸建てへ転居したくなったという理由だそうです。


確かに、狭い1LDKの賃貸に子どもが2人も3人もいたら

手狭に感じますよね…。


私はまだ独身なので子どももまだおりませんが、

もし子どもがいたら、自分の家を自慢に思ってくれるような家に

住まわせてあげたいという気持ちが湧いてくるような気がします。

また、小学校に上がると“学区”という規制がかかるため、

それまでに家づくりをご検討される方が多いようですね。


また、過去と比較してもまだまだ住宅ローンは低いです。

仮に1ヶ月の家賃が9万円としたら、

一年間で9万円×12ヶ月=108万円、

二年間だと108万×2年間=216万円になってしまいます。

消えて無くなる家賃を払い続けるより、

早く住宅ローンを組んで定年までに返済したいという考えが

きっかけになる方もいらっしゃると思います。

家づくりのきっかけはさまざまだと思いますが、

一生に一度のことですので私たちと一緒に家づくりをはじめてみませんか?

まずは、展示場や見学会に行き、「マイホームの暮らし」を体感することが

はじめの一歩になります。


今週末、28日(土)・29日(日)は狭小敷地に建てた3階建て二世帯住宅の

完成見学会を開催致します。

夢のマイホームのための、最初の大きな一歩を踏み出してみませんか?


▼23坪の狭小地に建て替えた3階建ての二世帯住宅 無垢の家 完成見学会【完全予約制】
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/01/16/inspection_103.php

2017年01月23日

ペットが滑りにくい無垢材の床

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です。

昨年末、我が家ではちょっとした事件が起こりました。

その事件と言うのは・・・

我が家は10歳のチワワ(♀)と一緒に暮らしているのですが

頸椎が原因であろう症状で突然、歩けなくなったのです。

(断定できないのはMRIを撮っていないからです)

元々、ヘルニアがあったのでなるべく負担がかからないように

階段にはフェルトのシートを貼ったり

ベッドに上る為の階段を置いたりしていたのですが

ツルツルして固いフローリングの床は犬の足腰には負担になっていたようでした。

無垢材の床と違い、フローリングには表面にプリントしコーティングをされているため

表面がツルツルで動物の爪が刺さらない為

歩く時に不安定になり支える為に腰や首など全身に負担がかかります。

そして、固い床は足への衝撃も強くなる為

疲労しやすくダメージがより強くなります。

室内犬などの小型犬などは足腰の弱い犬種が多いらしく

フローリングの床で犬を飼う場合には犬の行動範囲には

コルクマットやカーペットなどを

敷いてあげると足腰への負担が軽減されます。

家族の一員の為にも早く無垢材の床を使った住まいに暮らしたいです。。。

今回は注射と薬の治療でほぼ回復しましたが

歩く時にバランスを崩しやすいので

犬が歩く動線にコルクマットを敷いて少しでも負担を軽減できるようにしました。

ペットを飼っている方もこれから飼う予定がある方も

是非、体感してみてください!


▼23坪の3階建て 二世帯住宅 無垢の家 完成見学会【完全予約制】▼
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/01/16/inspection_103.php

2017年01月22日

2017 住まいづくりフェア開催中!

昨日は身を切るような風の中、たくさんのお客様にご来場いただきました!

セミナーや相談会といった住まいのこと全般を題目とする『住まいづくりフェア』。

ご家族で来場しても楽しめる催しを開催しております!


▼無垢スタイルの展示場とHONDAの展示車のコラボの一枚!


▼埼玉県のマスコットである『さいたまっち』も登場し、お子様たちも大喜び!


▼恒例のスキップスキップハウスからのお菓子まき!


本日が最終日となります。

昨日、ご来場できなかった方もお気軽にご来場ください。


▼ムクスタ恒例!2017 住まいづくりフェアはこちら▼
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/01/12/20170121newyearfest.php

2017年01月21日

さいたま市のI様邸が上棟を迎えました!

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の大林です。


先日、さいたま市のI様邸が上棟しました!

見晴らしの良い高台に建つアトリエのあるお家です☆

201701121_s_o_01.png

201701121_s_o_02.png

大工さんとトビさんが集まってこれから上棟です。

土台の上には既に床の下地が張ってあり、足元は安全です。

雨に濡れないようにブルーシートを掛けてあるので、上に乗って歩いても下地が汚れません。

201701121_s_o_03.png

201701121_s_o_04.png

2階の床の骨組みを組んだら、下地の板を先に張ってしまうことで

2階から上の組立て時に作業性が上がり、事故が起きにくくなります。

梁の間隔は一般的な91cmではなく、45.5cmで入れていますので

床がよりしっかりします。

201701121_s_o_05.png

201701121_s_o_06.png

そして上棟完了です。

雨が吹き込んで家が濡れてしまわないように、全面にブルーシートを張ります。

I様、これから少しずつお家ができていくのが楽しみですね☆

無垢スタイルでは、無垢の家の完成見学会を開催しております。

お施主様のこだわりが随所にみられますので是非、ご参加ください!

▼無垢の家完成見学会!▼
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/01/16/inspection_103.php

2017年01月20日

無垢スタイルの家の気密性能

こんにちは!

新築コンサルティング部の松木です!!


今回は気密について書きたいと思います。

夏は暖かく、冬は暖かい家づくりが理想ですが、

その中でも大事なのが気密性能です!

木造住宅は寒いという印象を抱いている方もいるかもしれませんが、

断熱性能、気密性能の高い家づくりができれば

外気の影響を受けることなく快適に過ごすことができます。

気密性を上げるには、コストではなく施工品質を上げることが重要です!!


同じ断熱材を使用して施工したとしても、

施工技術が低いと隙間の原因となり、気密性も落ちてしまいます!


施工技術の差で気密性の差がでると言っても過言でないかもしれません!!


無垢スタイルでは、現場見学会を定期的に実施し、

建築中の建物を見ていただくことが可能です!

建ってからではご覧いただけない、施工状況もご確認いただけます!!

是非、家選びのご参考になると思いますので、ご参加をお待ちしております!!


▼23坪の狭小地に建て替えた3階建ての二世帯住宅はこちら▼
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/01/16/inspection_103.php

2017年01月19日

大統領選の影響も?住宅ローン金利の上昇

こんにちは!新築コンサルタントの山本です。


アメリカでの大統領選の影響で

長期金利の住宅ローン金利が上昇傾向にあります。

まだまだ低金利には違いありませんが、

この2カ月ほどで、0.1%ほどの上昇がありましたので、

最近の金利上昇の中では、比較的大きな動きだったと思います。

また、変動金利は連動する対象が異なるため、いまだに低金利を継続しており、

特に上昇の傾向は見られません。


すでにお借り入れをされて、お支払いを始めていらっしゃる方、

これからお借り入れをされる方ともに

変動か、固定か、判断が難しくなってきています。


また、どちらの選択をされても間違いではないのですが、

今後景気が回復し金利が上がると予想される方は固定、

今の好景気感は一時で、すぐにまた金利は下がると予想される方は

変動金利を選択されるといった状況でしょうか。


長期金利も急激な変動をする可能性は比較的少ないので、

お借入額や月々返済額の検討とともに、専門のFPへの相談も大切です。


1月21、22日の土日には大成の無垢スタジオラボにて、新春イベントを行います。

私も日ごろお世話になっている、プロのFPのセミナーもございますので、

お気軽にご参加ください!

▼ムクスタ恒例!2017 新春お家フェスタ 住まいづくり大相談会はこちら▼
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/01/12/20170121newyearfest.php

2017年01月16日

一生の負担はできるだけ軽くするための『家づくり資金計画』

こんにちは、無垢StudioVilla店長の當間です。


14日・15日と開催しました『2017 新春お家フェスタ』も

非常に寒い気温にも関わらず、大盛況のうちに終了し、

ご来場されたお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。

新春イベント

新春イベント

新春イベント

今週末は、無垢StudioLaboで『住まいづくりフェア』が開催されます。

今回のイベントに参加できなかった方は、是非『住まいづくりフェア』に

ご来場ください。スタッフ一同お待ちしております。


さて、話し変わりまして、正月気分もなくなってきたこの時期。

家づくりに本腰を入れる方が多いと思います。

今回のテーマは住宅ローンについてお話ししたいと思います。


基本中の基本ですが、住宅ローンは必ず自分で最終決断して決めましょう。


なぜなら建築業者や不動産業者の中には

企業融資の資金や土地の仕入れの付き合いなどで

お客様のメリットやデメリットとは別にローンを進める場合があります。


住宅ローンを不動産会社や住宅メーカーにおまかせで

決めてしまう方がいまだに多いのがとても残念に思います。


おまかせは楽ですが、自分で何も検討しないのは、

見えざる負担を一生負い続ける危険があるのです。

「面倒な手続きは一度!利息負担は一生!」です。

弊社では一貫して住宅ローンはお客様の最大のメリットを考え検討いたします。


1月21日(土)・22日(日)に開催される

『2017 住まいづくりフェア』内でも”住宅ローンセミナー”を行います。

セミナー後の個別相談も承っていますので、

ご興味のあるかたは、お気軽にご参加ください!


▼2017 住まいづくりフェアはこちら▼
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/01/12/20170121newyearfest.php

2017年01月15日

2017 新春お家フェスタ開催中です!

昨日からスタートいたしました

ムクスタ恒例!2017 新春お家フェスタ 住まいづくり大相談会』!


今期最大の寒波と言われる中、

たくさんのお客様にご来場いただきました!

ムクスタ新春イベントといえば、やっぱりもちつき!

朝早くからもちつきに参加していただきました!

ただ、ノロウィルスの大流行もあり、もちつき体験だけとなりました。

食することはできません。

しかし、それとは別にふるまえる用としてお餅を用意しおりますので

安心してください。

ついたお餅はスタッフだけでいただいております。


木工教室もいつもどおり大人気!

珪藻土レリーフ以外にも、キャンドルスタンドやスマホスタンドも

ご用意しております!

20170115_s_e_08.jpg


今年もがんも農場さんに参加いただいております。

今回はいわし削り節を振りかけたおにぎりを試食できちゃいます!

もちもちで甘みのあるお米にピッタリです!

一度、食べたら虜になるお米です。

お米の販売も行っていますので、一度購入してみては?


本日が最終日となっております!

お近くにお立ち寄りの際には、お気軽にご来場ください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております!


▼ムクスタ恒例!2017 新春お家フェスタ 住まいづくり大相談会はこちら▼
http://www.muku.co.jp/event/event/2016/12/26/2017newyearfest.php

2017年01月14日

さいたま市緑区で人気の土地を手に入れたK様の土地探しポイント

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の蒲谷です。

新年も明け、今年もお客様にいっぱいお手伝い出来るよう

頑張っていく所存です。


さて、昨年、緑区にて、土地をお探しのK様と打合せさせて頂いておりました。

ご主人の事情があり、少し時間をかけて土地を見て行きましょうかと

お話しさせて、頂いておりました。


ふと、緑区の土地情報を見ていると、当日出たばかりで、

しかも手ごろな物件が出ており、すぐにお客様と現地に見に行きました。

その場で、買いましょうと決まり、買付を入れさせて頂きましたが、

無事、1番手で買付が入りましたが、2番手、3番手もいるという人気の

土地でした。


ここで、土地探しの一番のポイント。

それは、良い土地が出た時にすぐに買うか、買わないか、

判断出来る状態にしておくことが、重要です。

この土地に建物を建てたらいくらになるか、調べていましたら、

他の人がその土地を買ってしまうかも知れません。

ですから、事前準備をしっかりし、パートナーとなる建築会社を決めて、

予算をしっかりと把握することが大切です。

いい土地があれば、すぐに買える準備。そして一緒に土地を探してくれる

パートナーとなる会社選び。

土地探しをする上で一番、大切です。


無垢スタイルでは、仲介手数料の仕組み、業者の土地探しの方法などを

セミナーで説明させていただいております。

理想の土地が見つからない方、土地を探す前に知識を身につけたい方

是非ご参加下さい。


▼無垢スタイルの土地探しセミナーはこちら▼
http://www.muku.co.jp/seminar/land.php

2017年01月13日

人もペットも快適に暮らせる『無垢ブリーズシステム』

こんにちは、

新築コンサルティング部の島田です!


家族にペットがいる場合、人もペットも両方が健康で快適に過ごせる

家づくりについて考えることって重要ですよね。


人にとって「暑くも寒くもない快適と感じられる温湿度環境」とは、

夏は温度25℃、冬は温度22度で、湿度は50~60%と言われています。


ペットにも種類や個体差はありますが、

よく飼われている犬や猫は人とほぼ同じくらいの環境が快適だとされています。


そして同時に気を付けたいことは、ペットが暮らす環境は人の膝より下、

床上50cmくらいであるということ。

アレルギーの原因となるハウスダストが溜まりやすくなっていないか、

きちんと換気ができているかがポイントとなります。


全館温度差をゼロにする無垢ブリーズシステムは、

床下から小屋裏まで快適な温度を一年中保っています。

床下も室内と考える無垢ブリーズシステムの家では、

床下にも適切な温度に調整された新鮮な空気を送り、

床には通風ガラリを設け、空気がしっかりと家全体に循環されるよう配慮しています。

そのため、汚れた空気が部分的によどむことはありませんので、

無垢ブリーズシステムはペットにとっても、とても優しい空調方式です。


無垢スタイルのモデルハウスで体感することができますので、

まだ、注文住宅を検討段階の方は是非モデルハウスで、

快適な暮らしを実感してみて下さい。


▼無垢ヴィスタコルシェソル展示場▼
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

2017年01月10日

子育て世帯優遇のフラット35『5年間、金利0.25%下げ』

新年明けましておめでとうございます。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の水出です。


2017年が始まりました!

年が明けてから春先のような天気が続き心地よかったですね。


今回は、昨年末の読売新聞に耳寄りな情報がありましたので

ご紹介させて頂きます。

20170110_s_m_01.png

2017年度から子育て世代の方にも

住宅を購入してしやすい環境を作るために国土交通省が発表しました。


現在マイナス金利などと言われていて過去に見ない低金利状態が続いています。

その中でも変動を選ぶ方より

35年間金利が固定されるフラット35を選ぶ方が増え続けているそうです。

フラット35ですと金利が固定されますのでライフサイクルを組み易くなります。


例えば、お子様が小学校に入るなどお金がかかるところでの計画が

変動金利に比べて非常に計画し易いのです。

その金利から0.25%の優遇が受けられますので、なおさらプラスですよね!


その他にも無垢スタイルの家ではフラット35Sが使えるようになります。

フラット35Sを利用する場合には

『省エネルギー性』
『耐震性』
『バリアフリー性』
『耐久性・可変性』

のいずれかに該当しなければ利用できません。

フラット35Sではお借入の当初10年間0.3%の金利優遇を受けることができます。

現在は低金利ですし、国からのバックアップもしっかりして

住宅を購入し易くなっています。


無垢スタイルでは、その他の金利や資金面を詳しくご説明させていただく

「1000万円得をする資金セミナー」がありますので是非、ご参加ください。

本年も宜しくお願い致します。


▼1000万円得する家づくり資金計画セミナー▼
http://www.muku.co.jp/seminar/planning.php

2017年01月09日

窓の性能とエコ

あけましておめでとうございます!

コンサルティング部新築部門の大久保です。


今年も家造りのパートナーとして一生懸命頑張りますので宜しくお願い致します!


さて、1月に入り本格的な寒さになってきましたが

埼玉県の寒さのピークは1月で平均最高気温が9.2℃、平均最低気温が3.6℃となっております。


埼玉県は冬はマイナス、夏は40℃近くになる温度差が激しい地域ですが

この埼玉県でより夏涼しく、冬暖かく快適に暮らす為には少し工夫が必要です。


工夫の中の一つで今回は窓の種類についてご説明させて頂きます。


窓の種類の中で『LOW-Eガラス』というガラスとガラスの間に特殊な金属膜が

入っていて、太陽熱を防ぐ遮熱タイプと太陽熱は採り込み暖房熱は逃がさない

断熱タイプの窓があります。


このLOW-Eガラスをうまく利用するととっても快適に暮らすことが出来るんです!


多くの家が南側には大きな開口を造り、明るく冬は暖かい家を望まれると思いますが

南側には断熱タイプのLOW-Eガラスを使用することをお奨めします。


断熱タイプを使用する事により冬の暖かい陽射しは採り入れつつ

暖房で暖めた熱は逃げにくくなります。

逆に遮熱タイプを使用した場合、夏の熱い陽射しは遮熱してくれるのですが

冬の暖かい陽射しも遮熱してしまうのでもったいないですね。


この場合、夏の高い位置から入る陽射しは軒の出を長くして遮り

冬の暖かい陽射しは取り入れる工夫をするのが正解です!


遮熱タイプのガラスは西側の窓に使用し、西日を遮ってあげると

夏の室内が暑くなりにくくなる為、冷房の使用を控える事が出来るので

節電にもつながりますね!


窓をうまく工夫して、より快適によりエコな暮らしが出来ると良いですね!

2017年01月08日

無垢の家完成!行田市A様&さいたま市T様

こんにちは、新築コンサルティング部の斉藤です!

本日は、昨年末にお引き渡しをしました

行田市のA様とさいたま市のT様をご紹介させていただきます。


行田市 A様邸



行田市のA様は5年くらい前から無垢スタイルをご存知で、

他のハウスメーカーや工務店と検討して頂き無垢スタイルに決めて頂きました。

ご主人様のご実家も無垢スタイルでリフォーム工事をして頂き、

末永いお付き合いをさせていただいております。

このように、ご家族内でのご紹介や仕事仲間内でのご紹介など、

満足して頂くことによりご紹介をいただくことがどんどん増えております。

A様もご両親様やお仕事仲間で無垢スタイルで建てられた

OB様にご紹介していただき、無事完成しお引き渡しさせていただきました。

A様こだわりの対面キッチンや、吹き抜けからの明るい日差しのリビングなど、

たくさん想いの詰まったお家となりました。


さいたま市 T様邸



さいたま市のT様は2年くらい前に無垢スタイルの完成見学会にお越しいただき、

いろいろ検討して頂いて無垢スタイルに決めて頂きました。

奥様のご実家がお持ちの土地で進めることにあたり、

畑を宅地に変える手続きで1年以上かかりました。

T様こだわりの対面キッチンやのリビングつづきの畳スペースなど、

たくさん想いの詰まったお家となりました。


A様、T様、これからも末永いお付き合いを宜しくお願いたします!

2017年01月07日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

新築コンサルタントの當間です。

年末年始は天候に恵まれ、過ごしやすいお正月になりましたね。

毎年の事ですが、お正月には新聞やTVなど住宅メーカーなどのチラシが入ります。

それをきっかけにマイホームを考え始めたかたも多いのではないでしょうか?

いろいろ調べるうちに聞いた事もないような言葉を目にすることもでてきます。


本日は、弊社でも推奨するZEHについてお話させていただきます。

ZEHは高性能な住宅を検討される方には少しメジャーになってきた言葉です。

残念ながら、一般住宅ではまだ認知度が足りないですね。

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。

住まいの断熱性・省エネ性を上げて、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、

年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナスゼロ

以上にする住まいのことを言います。


平成28年度からはZEHビルダーも登録制になっており現実問題として中小企業ですと

まだ登録できる技術基準に達していない会社も多くあります。

今後の建築業者選びの基準になる制度ですので登録店の確認は必修ですね。


無垢スタイルはもちろん登録該当企業です。

ZEHのことや賢い家づくりをお考えの方は是非、無垢スタイルまでお問い合せください。

セミナーや相談会などでもお応えいたしますので、お気軽にご参加ください。


▼無垢スタイル恒例!2017 新春お家フェスタ 住まいづくり大相談会▼
http://www.muku.co.jp/event/event/2016/12/26/2017newyearfest.php

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35