« 2017年08月 | メイン

2017年09月23日

祝!桶川市S様の無垢の家上棟!

こんにちは!

無垢スタイルの新築コンサルティング部の大林です!

夏のバーベキューもいいですが、秋のバーベキューもいいですよね(^^)

10月に部署のスタッフを集めて自宅でバーベキューを計画しています!

さて、先日、桶川市のS様邸が上棟しました!

20170923_s_o_01.jpg

屋根の一番高い部分に入れる構造材を「棟木」(むなぎ)と言います。

この棟木を上げるので、「上棟」とか「棟上げ」と言われる作業になります。

この日は職人さんがたくさん集まって一日で一気に骨組みを立ち上げます。

床の合板を先に張っておくことで、作業中の安全性を確保しています。

また、合板が土で汚れないようにブルーシートを張り付けています。

20170923_s_o_02.jpg

20170923_s_o_03.jpg

化粧柱は傷がつかないようにカバー(養生)をします。

20170923_s_o_04.jpg

床の下地になる構造材は45㎝間隔で細かく入れていきます。

20170923_s_o_05.jpg

20170923_s_o_06.jpg

屋根の下地を張って完了です!

S様、こだわりのお家が少しずつ形になっていきますね!

家がだんだんできていく様子をぜひ楽しんでくださいね。

これからもよろしくお願いいたします!

▼無垢スタイルの施工事例
https://ssl.muku.co.jp/construction/

2017年09月22日

祝! さいたま市見沼区 A様地鎮祭

祝!さいたま市見沼区 A様地鎮祭

こんにちは!
新築コンサルティング部の松木です!

残暑厳しい中、さいたま市見沼区にてA様の地鎮祭を行いました!


地鎮祭


A様の夢がたっぷり詰まったご自宅が約4ヵ月半後に完成いたします!!

設計士やインテリアコーディネーターとお打合せを重ねた、

A様の理想のご自宅が少しづく出来上がっていきますので、

是非お時間がある際は現場に足をお運びくださいね!!


今回、土地探しからお手伝いをさせていただいたA様ですが、

無垢スタイルに新築を検討されてご来店される約7割の方が

土地探しからスタートしたお客様です。


定期的に土地探しセミナーや、新築バスツアーにて

実際の土地を見ながら土地の見方や決め方などの極意をお伝えしております!!

明日から開催する入居後見学会でも土地探しでお悩みの方のご相談も承っています。

実際のお家を見ながら自分の理想をイメージして見てください。

是非、土地探しや家作りでお困りの方は参加をお待ちしております!!


▼ビルトインガレージのあるサーファーズハウスの無垢の家 入居後見学会
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2017/09/17/inspection_115.php

2017年09月21日

無垢スタイルではどんな近隣調査をしてるの?

こんにちわ。

無垢スタイルの新築コンサルティング部の伊藤です。

無垢スタイルで建てていただくお客様の約6~7割は土地からのご購入となります。

お客様が土地を購入される前に、弊社では「近隣調査」を行ない、その土地に

様々なリスクが無いかを予め確認した上で、

お客様に的確なアドバイスを行なっています。

今回は近隣調査のほんの一例をご紹介いたします。

<近隣調査の一例>

・ごみの収集場所はどこになるのか

・ご近所で騒音などのトラブルが発生したことがあるか

・過去、大雨などで洪水になったことはあるか、通常の雨で水はけは悪くないか

・普段の買い物はどこに行くのか

・どこの自治会に入ることが出来るか、自治会のイベントはあるのか

・近隣世帯の家族構成、年齢層など

・周辺の道路の交通量(朝夕、昼間の時間帯の違いによる) など

上記のように、土地の販売図面には全く記載されていない情報を収集することで、

お客様により的確なアドバイスが出来るということになります。

お客様にとって一生に一度の家づくり、

無垢スタイルでは、家だけでなく土地のご購入からお客様にお役に立てるように

精一杯お手伝いさせていただきます。

2017年09月19日

『ナイツのHIT商品会議室』に出演しました!

こんにちは。

「紆余曲折があった・・・かもしれない」

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です(笑)


冒頭からこんな入りをした理由は・・・

先日『ナイツのHIT商品会議室』に代表の西田を始めとする、

ムクスタスタッフ5名で出演させていただいた際に、

ナイツさんより私が頂いた言葉でご挨拶させていただきました(^^;)


『ナイツのHIT商品会議室』はナイツのお二人が

色々な会社様の商品やサービスなどをHITさせる為に、会議を行う番組で

無垢スタイルでは、

①平屋の新商品プロデュース

②住まい体感モールの集客方法

③住まい発見バスツアーの内容

以上、3点のプロデュースをしていただきました!

ナイツさんや、ゲストのYUさんのトークが楽しく

新しい発想や感覚がとても新鮮でした(^^)!


番組が紹介されてから、お客様との打合せの際にはよく話題に出るようになり、

カスタマイズハウスの種類から誕生ヒストリーや、

バスツアーで知れる家造りに大切な事、

岩槻体感モールで体感いただける内容など

お客様に大変、興味を持っていただけるのがとても嬉しいです(^^)


そして、始めて会ったお客様にも

『大久保さん、紆余曲折あったんですか(笑)』と話題にしてもらえ

とても、ありがたく思っています(笑)


1回目のOAには会社の概要からスタッフの自己紹介(?)も放送されていますので

無垢スタイルの雰囲気を感じていただければ幸いです!


そして・・・放送内容について各出演スタッフ

いじっていただけると尚、嬉しいです(^^)



2017年09月18日

祝!さいたま市北区のE様の無垢の家お引き渡し!

こんにちは。

無垢スタイルのコーディネーターの正武田です。


暑かった夏も終わり、大好きな秋がやってきました!

だいぶインドア派の私ですが、この時期ばかりは外に出たい欲が湧いてきます。笑

季節を感じられるお出かけスポットをご存知の方、ぜひ教えて下さい^^

去る9月16日に、さいたま市北区のE様の無垢の家のお引き渡し式に参加してきました。

グリーンの玄関ドアがとても印象的なE様の無垢の家。

20170918_s_s_01.JPG

奥様の好きな色がグリーンということで、

玄関ホールにこんなニッチをご提案させて頂きました。

20170918_s_s_02.JPG

グリーンのモザイクタイルを貼ったニッチは、

何も飾っていなくても空間を華やかにしてくれます♪

(もちろん、何か飾るとより素敵なアイキャッチになりますよ)

E様ご家族はとっても家づくりを楽しんで下さっており、

普段のお打ち合わせの他にも、メールや電話で色々とご相談を頂きました。

私も一緒に家づくりに参加させて頂いたという想いが大きく、

こうしてお引き渡しの日を迎えられたことが、本当に嬉しいです!

記念すべき、テープカットの瞬間!

お嬢様も、小さな手で一生懸命ハサミを入れてくれました^^

20170918_s_s_03.JPG

そして最後にとても可愛らしいお手紙をプレゼントしてくれました!

一生懸命描いてくれたのが伝わってきて、きゅんとしました^^

家づくりのお仕事をしていて、ホントに良かったなぁと感じる瞬間です。

20170918_s_s_04.JPG

Hちゃん、ありがとう☆

家づくりを思い切り楽しんでくださったE様、

ぜひ、新しいお家での生活も全力で楽しんで下さいね^^

そして、これからお会いする皆さまとも、

素敵なお家づくりが出来ることを楽しみにしております!

2017年09月17日

東道路の土地のメリット

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティングの島田竣介です!


南道路の土地は日当りが良いイメージがあると思いますが、

東道路の土地もメリットがございます!


東道路


そもそも、南道路の物件は比較的日中の日当たりが良く、

洗濯物がよく乾き、昼間照明が不要です。

昼間暖かい日差しを浴びることができるので、

秋冬の暖房費が浮くといったことが挙げられます。


東道路は南道路と違い、朝日を燦々と浴びることができるので、

朝型タイプの人に向いています。


洗濯物も日当たりが確保できる午前中に干せば乾きも早いですし、

朝の日差しで部屋を暖めることもできます。

なにより、朝日をしっかり浴びることで体内時計が狂いにくくなります。

会社勤めなどで日中家にいない人には、良いと思います。


以上のように、南道路、東道路、北道路、西道路。

それぞれのメリットが御座います。


ご家族のライフスタイルや周辺環境によっても

最適な道路付けは変わってきますので、土地を探される際には、

南道路以外の土地もご検討してみてはいかかでしょうか。


▼カスタマイズしながら建てる家『カスタマイズハウス』
https://ssl.muku.co.jp/lineup/concept.php

2017年09月16日

祝!さいたま市 E様の無垢の家完成!

こんにちは、

無垢スタイル 新築コンサルティング部の大林です!

最近涼しい日と暑い日の差が激しいですね。

私は夏が好きなので、この季節は少し切ない気持ちになります。


さて、今月、さいたま市のE様邸がいよいよ完成を迎えました。

吹き抜けのある開放的なリビングにこだわりの雲梯も付いています(^^)


20170916_s_o_01.jpg

20170916_s_o_02.jpg


最近、雲梯をつけていただくお客様が増えてきていますが、

雲梯をつけるとご主人様の体力づくりに使えるのもありますし、

個性的なインテリアとしても機能しています。


なにより、部屋に雲梯があることで家が楽しくなるのがいいですね♪

20170916_s_o_02.jpg

実は私の家にも雲梯がついています(^^)


E様とは土地探しからご一緒にお手伝いさせていただきましたが、

なかなか土地が出てこないエリアでしたので、土地を探すのも、

その中で選ぶのもいろいろ苦労があり、深夜に及びメールのやりとりを

させていただくこともありました。


その中で、最後に購入を決断していただいた土地は、

立地も日当たりもとても良い土地でした。

どのお客様もそうなのですが、土地の購入を決断していただくときは、

私も一緒に、家のイメージをするお手伝いをさせていただいたり、

悩みながら検討させていただくので、家が完成した時はとても感動します。


E様のお家も、土地を購入した時に想像した以上の素晴らしいお家になりました。

E様、いよいよ新居にお引越しですね!

快適な無垢の家を体感できるのを楽しみにしていてくださいね!

これからもよろしくお願いいたします!


▼プライベートなカフェ&アトリエのある無垢の家 完成見学会はこちら
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2017/09/10/inspection_114.php

2017年09月15日

祝・完成!熊谷市 H様の無垢の家

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の水出です。


9月1日に熊谷市のH様のお引渡しをさせて頂きました。

H様の無垢の家 リビング

H様の無垢の家 洗面台


H様との出会いは昨年の7月の事でした。

会社宛にご連絡をいただき、当日に資料をお届けさせて頂きました。


その後、東松山市、熊谷市にてお土地探しをさせて頂き、

9月末にご契約をいただくまでとんとん拍子でお話が進みました。


H様に弊社とご契約いただいた経緯をお話いただく機会があり、

その中でとても心に響く言葉がありましたので、少しご紹介させて頂きます。


H様「人とのご縁を大切にしたい」この言葉が非常に心に残っています。


H様はどんな時も優しく、ご心配をお掛けした際もありましたが、

無事お引渡しが出来たことを心から嬉しく思います。

2017年09月14日

土地探しに重要な日当たり!埼玉県の太陽の角度は?

こんにちは。

無垢スタイルのコンサルティング部新築部門の大久保です。


早いもので9月に入り、朝晩などは肌寒い風が吹く季節になりした。

皆さま、くれぐれもお身体にはお気を付けください。

さて、夏休みに土地を探しに動かれた方も多いのではないでしょうか?

8月は、埼玉県は太陽の角度(南中高度)が約70度となります。

太陽の角度が高い位置にあるこの時期に土地を見に行くと陽当りが良く、

明るい土地に見えます。


しかし、ここで「陽当りの良い、いいお土地」と判断するのは待ってください!

夏至の頃に78度だった南中高度は冬至では30度となります。

夏の時期に見た、高い位置から太陽の陽が当たっていた明るい土地でも

冬に見てみたら陽が当たらず暗い土地だったという事もあります。


土地を見る時は夏の明るさだけではなく、冬の太陽の角度まで考え

それによってどのようにプランニングすると良いか、土地だけではなく

建築のプロと一緒に見るのがベストです!


太陽の角度の他、周りにある現在の建物や将来どのように変化するかなどを

想定して賢く良いお土地探しをしていきたいですね!


▼無垢スタイルの土地探しセミナー
https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

2017年09月11日

祝!さいたま市緑区大木 K様の無垢の家上棟しました!

こんにちは。

無垢スタイルのコンサルティング部新築部門の蒲谷です。


今回は、さいたま市緑区大間木のK様お話しをさせて頂きます。

先週、9月9日に上棟させて頂きました!

20170911_r_k_01.jpg

20170911_r_k_02.jpg

20170911_r_k_03.jpg

20170911_r_k_04.jpg

朝から大工さん達が頑張って、見る見るうちに、立ち上っていきます。

そして、夕方には無事、匠の技の結集により、無垢の家が上棟完了しました。

土地を契約して頂いたのが、12月ですので、8ヶ月が経過しました。

奥様も朝から現場に出向いて頂いたようで、家が建って行く姿に

嬉しさがこみ上げて来たそうです。

完成が楽しみですね。

以上、蒲谷でした。


▼無垢スタイルの注文住宅施工事例はこちら
https://ssl.muku.co.jp/construction/

2017年09月10日

断熱性能の高い住宅は疾病発症リスクを減らす!?

こんにちは

無垢スタイルの新築コンサルティング部の斉藤です!


前回、断熱性能の高い住宅で家庭内事故を減らす話をさせていただきました。

血管系の疾病だけでなく、皮膚炎や関節炎、

糖尿病などの多くの疾病発症リスクを減らすこともあるという

データがありますのでご紹介いたします。


【アレルギー性鼻炎】
転居前 28.9% → 転居後 21.0%

【アレルギー性結膜炎】
転居前 13.8% → 転居後 9.3%

【アトピー性皮膚炎】
転居前 7.0% → 転居後 2.1%

【気管支ぜんそく】
転居前 6.7% → 転居後 4.5%

【関節炎】
転居前 3.9% → 転居後 1.3%

【糖尿病】
転居前 2.6% → 転居後 0.8%


※出典:健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価、日本建築学会環境系論文集、VOL.76,No.666,2011.8より


上記のように高い断熱性能を有する住宅によって温度差をなくすだけでなく、

結露減少によるカビやダニの抑制、

換気による空気の改善など様々な工夫がもたらす複合的な効果によります。


また、弊社の場合は自然素材や無垢材をメインに使用していますので、

より性能の高い調湿効果による安定した湿度を保つ効果や、

森林浴のようなリラックス効果など

より家族の健康を維持させる家づくりをしております。

まだその効果を試していない人はぜひ

展示場や完成見学会で体感していただければと思います。


▼無垢ヴィスタコルシェソル展示場
https://ssl.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

▼無垢スキップスキップハウス展示場
https://ssl.muku.co.jp/modelhouse_skip/

2017年09月09日

コンセントの設置場所

こんにちは!

無垢スタイルの新築コンサルティング部の松木です!!

今回は、意外と悩むコンセントの位置についてお話ししたいと思います!

電化製品の数が以前よりも増えていて、

使う場所や用途によってはコンセントの数や

位置などを事前に計画しておかないと、

新築の完成後に「ここにあれば良かった…」

などの後悔をしてしまうこともあります。

コンセントの数と位置を決める為には、

まずは家具や電化製品の設置場所を検討し、

部屋ごとに使用する電気機器をリストアップし、

生活のイメージを行うと設置計画が上手くいきます。

また、コンセントの高さも重要なポイントになります。

例えば、掃除機や扇風機、充電器などのは移動して使うことが多く、

コンセントは抜き差しがしやすい位置に設置するのがポイントです!!

通常のコンセントは、床から25cm前後ですが、

掃除機は床から35cm~40cm、

洗濯機用は105cm~110cmが適していると言われています!

また、将来のことを考えて、しゃがみながらの作業は辛くなる為、

少し高めの位置に設置するのも良いですね。

コンセントの数や位置を事前にしっかりと計画することで、

より快適な住まいとなります!

また、間取りなどでご不安な方は、

無垢スタイルの間取りセミナーなどにも参加してみてください!!

▼無垢スタイルの設計プラン相談会
https://ssl.muku.co.jp/seminar/construct.php

2017年09月08日

土地の探し方教えます!

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティングの山本です!


9月に入り過ごしやすい気温になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

9月は土地情報が動き出す季節です。

皆様はどのように土地をさがしていますか?


上手な土地の探し方とは、スケジュールを明確にすること。

未知の事を計画するのって、なんだか面倒ですよね。

しかし、その面倒なことをすることで、成功する確率が格段にアップします!


例えば…

市場の物件の量には波があり、物件量の豊富な時期があります!

聞いたことがある方も多いかと思いますが、

長期休暇のあとは、止まっていた不動産の動きが活発になり、

更に長期休暇中に土地売却の話が具体的なり新規物件量が多くなります。

特に、9月と2月~3月は毎年新規物件が活発に出てくる傾向です。


土地探しはスケジュールを明確にして、『○月迄にいい土地をみつけよう!』と、

ゴール設定をしてみてはいかがでしょうか。

普段は気がつかない、いい物件に巡り会えるかもしれません。


無垢スタイルでは、そんな土地探しのスケジュールからお手伝いをさせて頂いています。

まずは、無垢スタイルの土地探しセミナーに参加してみませんか?

あなたの理想の住まいを実現するため、全力でサポートいたします!


▼理想の土地が見つかる『土地探しセミナー』
https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

2017年09月07日

プランニングに重要な廊下の考え方

こんにちは!

無垢スタイル コンサルティング部の島田竣介です!


今回は、プランニングをするにあたって、重要な廊下の考え方についてです。

一昔前までは住宅のほとんどに廊下がありました。

パターンとしては、玄関を入り廊下を進み、

南側にリビングや和室が並び、北側には水廻りが並んでいる。

というものが多いと思います。

なので、廊下は暗くて寒い場所というイメージがあると思います。


反対に、和室には縁側がつくられ、

障子を開けるとリビングと和室は一体的な空間として使うことが出来ました。

和室の縁側は隣の広縁と繋がって通路にもなりました。

この用に、同じ通路でも、

リビングに対する位置によって扱われた方に違いがありました。

現代の住宅では、限られた広さを有効に使わなければならず、

同じ廊下でも、採光上の理由だけで

その扱われ方に違いが生まれないように考えなければなりません。

プランを考える際には、できる限り廊下を少なくする様に考えますが、

廊下のスペースを全て排除することで、

必ずしも暮らしに則したプランになるとは限りません。

逆に廊下があることで生活動線の流れがスムーズになり、

暮らしやすくなることもあります。

それなら、廊下を作りながらも単に移動空間で終わらせるのではなく、

本来持っている以外の用途を持たせる事で、

暮らしの中に幅をつくり出せるとも考えられます。


例えば、日本家屋の和室と広縁の関係のように、

壁を建具に変える事で、広がりを作り出すことが出来ます。

また、壁一面を本棚にする事で廊下に別の用途を持たす事が出来ます。

この様に+αの何かを付加することで、

廊下としての本来の意味を持たせながら、

更なる存在感を持たすことが出来ます。


間取りでお困りの方も、是非無垢スタイルまでご連絡ください。

2017年09月05日

住宅におけるシャッターの必要性

こんにちは、

無垢スタイル 新築コンサルティング部の大林です!


最近は、生活を朝方に切り替え、なるべく夜は10時頃寝て、

朝は5時頃起きるようにしています。

ここ4か月間はずっと目覚ましを使っていませんが、

睡眠時間がしっかり取れていれば自然に起きられますね(^^)


さて、今回は窓のシャッターについて少しお話をさせていただきます。

昔から日本の家は窓に引き戸の雨戸をつけるのが普通ですよね。

最近では引き戸ではなくシャッター雨戸をつけるのが通例となっています。

ちなみに2年半前に建てた私の自宅は、シャッター雨戸を付けていません。

シャッター雨戸は必要なのでしょうか?


私は長野県に3年ほど住んでいたことがあり、

その時はハウスメーカーで現場監督の仕事をしていたのですが、

長野県では雨戸を付けないのが当たり前でした。

理由は、冬は雨戸を閉めると朝凍ってしまって開かなくなるためです(笑)


地域によって家づくりの考え方が違うということもいろいろありますが、

その時に私は「雨戸ってなぜ必要なんだろう?」と考えさせられました。


突き詰めて考えてみると、

防犯上は防犯ガラスの方が日中の防犯には役に立ちますし

(雨戸を閉めて出かけないですよね)、

冬の寒さをしのぐためという意味では、サッシの断熱性が上がっているため

雨戸があるかないかではほとんど変わらないです。


最終的に付ける理由になるのは下記の3点ではないかと思います。

①台風の時に物が飛んできそうでガラスだと恐い。
②仕事で夜勤があるなどして、日中寝る時に部屋を真っ暗にしたい。
③雨戸がないと心理的になんとなく不安。

各々、お考え方や状況によって変わってきますが、

ぜひ皆さまも検討してみてください。


▼プライベートバルコニーのある多収納で開放的な無垢の家 完成見学会
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2017/08/30/inspection_113.php

2017年09月04日

吹き抜けのあるリビングで育つ子供

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の蒲谷です。


子供の成長と吹き抜けについてお話しさせて頂きます。

良くリビングに吹抜けを作りたいと言われるお客様がおられます。

20170904_s_k_01.jpg


解放感もあり、採光を取る上では良いことだと思います。

しかし、良い点がもう一つあります。

小さいお子様が吹抜けを見ると必ず吹抜けの天井を見ます。

そこにファンでもあればずっと上を見続けます。

そういう動作や空間で育つことによって、発想力の豊かな子供が育つと

ある研究機関が発表しておりました。

確かに普通の天井高で過ごすよりも、天井の高い空間で過ごす方が自由な発想が

出てくるのかなと考えます。


一度、お子様が吹抜け空間を見る時をご覧ください。

きっと、目をキラキラさせながら、天井を見ていると思います。

以上、蒲谷でした。


▼プライベートバルコニーのある多収納で開放的な無垢の家 完成見学会
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2017/08/30/inspection_113.php

2017年09月03日

無垢スタイルの営業スタッフのご紹介

こんにちは!

無垢スタイルのコンサルティング部新築部門の谷口です。

無垢スタイルに入社してもうすぐ1年が経とうとしています。

毎日がとても充実しているため、時間が過ぎるのがあっという間に感じます。

今回は、私が無垢スタイルに入社した経緯について少しお話させていただきたいと思います。

私は元々、人間の周囲を取りまく家政学全般について興味があり、

その中でも建築やインテリアの雑誌を読んだりすることが好きだったため、

高校3年生の春に建築の道に進むことを志しました。

大学に進学してからは、建築に関する授業を片っ端から履修し、

建築のイロハを学びました。

また、家庭科の教員免許も取得できる制度が整っていたため、

「どうせ同じ学費を払うなら」と、中学・高校の家庭科教員免許も取得しました。

大学卒業後は、リフォーム会社に就職しました。

そこでは、営業・積算・設計・施工管理を任されていたため、

商品知識や現場の工程管理の仕方について実務を通して身につけました。

2年ほど仕事に従事した頃、ハードな業務内容に身が持たなくなり、

会社を退社することになりました。

そこからは、全く異業種であるブライダル関係の仕事をしたり、

イベントのスタッフをしたりしながら毎日何となく生きていました。

そんな毎日に嫌気がさして、ある時にふと「遠くに行こう!」と思い立った為、

海辺の旅館で一ヶ月住み込みのアルバイトをすることを決意しました。

そこは山奥で、近所に遊ぶ所などは無く、海しかありませんでした。

その為、空き時間を利用しては毎日海で泳いだり浜辺でぼーっとしたりしていました。

水面に太陽が写り込んでキラキラ照らされた海を眺めていると、

自分の中で何かが湧き上がってくるのを感じました。

「また一所懸命になれる仕事がしたい。建築の仕事がしたい!」

そこで真っ先に思い浮かんだのが、

現場帰りによく看板を目にしていた「無垢スタイル」でした。

「また建築の仕事をしよう」と心に決めてから、

下宿先まで駆け足で帰って、持っていたスマートフォンから求人応募し、

埼玉に帰ってきた頃社長から電話が入り、現在に至ります。

入社当初は設計職を希望しておりましたが、

今では、色々なことに興味を持って取り組んできた自分にとって

営業職は天職ではないかと感じています。

今までの私の微々たる経験が、

これから家づくりをされる方々にとって何かお役に立てれば幸いです。

長文をお読みいただきありがとうございました。

今後も飽くなき探究心の元、良い家づくりに邁進してきたいと思います!

2017年09月02日

全室温度差ゼロシステムで室内での危険を回避!

こんにちは、

無垢スタイル 新築コンサルティング部の斉藤です!


夏の暑さも和らぎ、秋の訪れさえ感じる今日この頃ですが

みなさんいかがお過ごしでしょうか?


夏の暑さ対策から一転、過ごしやすい秋が来たと思ったら

すぐに寒い冬がくる。。。と一年も早いもんですね。


暑さや寒さを住宅で解消するには「断熱」が必須となります。


2020年には断熱性能が高い住宅が義務化される動きもあるように

省エネというエコ意識が強く思われていますが、


実は健康で暮らすためにも必要な性能という面もあります。


厚生労働省人口動態統計によると、2003年から交通事故で

亡くなる人よりも家庭内事故で亡くなる人の方が多いというデータがあります。


2013年では2倍以上の差がひらき、お風呂場で亡くなる人の

割合が多くなっています。


特に家庭内事故で多いのは冬場であり、ヒートショックと呼ばれる

冬場の部屋間の温度差が原因とされています。


また、血管系の発症率は血圧が高いほど多くなり、

急な温度差で体に負担がかかることで亡くなるケースも増えています。


今はまだ大丈夫。。。と思っていても、体は嘘をつきませんので、

早いうちから未然に防ぐためにも断熱性能の高い住宅にされることを

おススメいたします。


▼全室温度差ゼロ!プライベートバルコニーのある無垢の家 完成見学会
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2017/08/30/inspection_113.php

2017年09月01日

9月は土地情報の動く季節です

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です!


早いもので9月に入り、肌寒い日が急にやってきました。

皆様、体調など崩されないようお気をつけ下さい。


さて、8月はお盆休みを使って帰省をされた方も多いのではないでしょうか。

私もこの時期は実家がある宮城へ帰省しました。

家族が集まると色々な話題が出て

仕事の事、家族の事、将来の事などなど・・・

こんな時に『家をそろそろ・・・』や『あの土地をこの先どうしようか・・・』など

こんな話題も出てくる事が多いですね。


親族が集まるお正月やお盆のあとの2月や9月と言うのは上記のような会話から

土地情報などもポツポツと増えてくる時期でもあります。

家造りを考え始める方も増え、展示場や各種セミナーや見学会などにも

多くのお客様にいらっしゃっていただく時期となります。

この機会を逃さずに良い情報が出てきたら、

何時でも動けるようにお打ち合わせを始めてはいかがでしょうか。


▼土地探しセミナー
https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35