« 2018年06月 | メイン | 2018年08月 »

2018年07月31日

さいたま市のS様のカフェが遂にOPEN!

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 インテリアコーディネーターの正武田です。

案の定、素麺ヘビロテしておりまして、早くも夏バテの予感です。笑


昨年9月にお引き渡ししたさいたま市のS様。

先日ついに念願だったカフェをOPENされました!

早速OPEN当日にお邪魔させて頂いて来ましたよ^^

20180731_s_m_01.JPG

「Blue Bird」の看板が可愛い♪

実はこの屋号、お打合せ中から既に決まっていたんです。

それだけS様の想いが詰まったお店。実現して本当に嬉しいです!


20180731_s_m_02.JPG

店内には奥様やご友人作のアート達が、心地よく並んでいました。

アトリエ×ワークショップスペース×カフェといったコンセプトで、

手作りアクセサリーやドリップコーヒー等の販売もされています。


20180731_s_m_03.JPG


木製サッシから入る柔らかな日差しが、とにかく心地良かったです。

お引き渡しの時よりずっと素敵な空間になっていて嬉しい^^

大事に、愛情をもってここで暮らされていることが伝わってきます。


お打合せの時に一緒に悩んで共有させて頂いた想いが、

確かに形になっていることを感じられて、

改めて素敵なお仕事をさせてもらってるなと感じました。

20180731_s_m_04.JPG

見た目も華やかな、美味しいパンケーキをご馳走になりました♪

至れり尽くせり・・・ありがとうございます!


20180731_s_m_05.jpg


大宮駅から歩いて行けるロケーションなので、

皆さまもお近くにお越しの際は、ぜひ足を運んでみて下さい。

笑顔の素敵な奥様が、美味しいコーヒーを淹れて下さいますよ^^


私も早くまたお邪魔したいなぁと思っています!

素敵な場所で、素敵な時間を過ごす。

幸せだなぁと思うのでした。

2018年07月30日

パッシブ設計ってご存知ですか?

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 新築コンサルタントの島田竣介です!


”パッシブ設計”という言葉を聞いたことありますでしょうか?

パッシブ設計というのは、太陽の熱や光、風や気候などの自然エネルギーを

建築的にコントロールして、温熱環境を整えようとする設計の方法。

山や田畑、自然豊かな場所に暮らす家だけではなくて、

どの家にも、太陽の熱や光、風、気候、景色といった自然環境が家をとりまいています。

どの家も自然の中に家を建てているということです。

建築的に自然エネルギーをコントロールするというと難しいようですが、

風の通り道、明るさの調整、冬は熱を取り込んだり蓄えたり、

夏は熱を逃がしたり、といったことを季節に応じて上手にいかす設計とすることです。


例えば、扇風機など風があると涼しさを感じることができるように、

窓を家の対角に配置したり、風の通る方向を把握したり、

自然の力で風が通るように考えます。


冬の熱の取り込みには、窓からの太陽光をどう取り込むか。

取り込んだ熱は、コンクリートや土壁、石材等の蓄熱容量の高い素材に蓄熱させます。

夜や曇った日など、温度が下がってくると蓄熱体から熱を放出させ

室内を暖める簡単な仕組みです。


無垢スタイルのライフスタイルハウスの中にもパッシヴ設計に特化した『無垢パッシヴ』がございます。

自然素材を扱う無垢スタイルだからこそ、自然のエネルギーを活用する住まいを

お客様にご提供していきたいと思います。

パッシヴハウスをご検討の方はライフスタイルのパンフレットをご請求ください。

よりよい家づくりを私たちがサポートさせていただきます。


▼セレクト型注文住宅『ライススタイルハウス』▼

https://ssl.muku.co.jp/lineup/concept.php

2018年07月29日

自然素材住宅とエコハウスの違いとは?

こんにちは

無垢スタイル建築設計 新築コンサルタントの當間です。


今回は自然素材住宅とエコな家の違いについてのお話です。

●自然素材住宅
構造【土台/柱】内装【室内壁/床】などを自然由来の素材や枯渇しない資源を使うこと。人の体に害が少ないもの。


●エコハウス
【LCCM住宅】【ZEH住宅】等の断熱性能/日射取得係数/太陽光発電等できる限り購入するエネルギーを減らす住宅。

実は上記は全く違うことを指しています。

無垢スタイルではどちらにもこだわり、エコで自然素材をふんだんに使った本物の家造りを掲げ
日夜研究開発しています。


最近では、排気・給気のデメリットを解消した熱交換型の一種換気の全館空調が多くなってきており、夏涼しく冬暖かいシステムを導入することで、より快適な暮らしが保証されます。

特に夏の暑さを緩和させるには、各部屋の空調で対応するには、エネルギーロスが大きく非効率な冷房になります。

無垢スタイルの地元さいたま市では、夏40℃/冬-7℃となんと外気の温度差47℃の過酷な環境なので、この温度差は、小さなお子様やお年寄りには過酷な環境ですね。

さらに小さなペットにとってはもっと過酷です。

無垢スタイルで採用している全館空調【無垢ブリーズシステム】では春夏秋冬で、どの部屋も温度差がほとんど無く暮らすことが可能です。

人も快適ペットも快適で数日であればペットをホテルに預ける必要もなくお出かけできて安心です。


8月4日(土)・5日(日)無垢の家完成見学会の蓮田市 T様邸でも全館空調を搭載しております。

ファサードの格子が素敵な和モダンデザインの家です。

無垢スタイルの家づくりがきになる方は、是非この機会に体感していてください。


▼真夏でも快適な全館空調搭載の和モダンの家 無垢の家 完成見学会▼

https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2018/07/26/inspection_130.php

2018年07月28日

埼玉県八潮市 A様の新築パーティー!

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 新築設計室の望月です。


先日お引渡しさせていただきました埼玉県八潮市のA様邸。

家具家電も整い、ひと段落ついたとのことで、新築パーティーに招待していただきました。

埼玉県八潮市のA様邸

テーブルを囲みながら、ご契約時の思い出や、打合せ時に悩んだたくさんの出来事を話しながら、あっという間の楽しい3時間でした。

埼玉県八潮市のA様邸

家具家電がはいると、一段と雰囲気が良くなります。

照明に影ができて、それがとてもオシャレに演出してくれたり、カウンターに飾る絵にもA様のセンスの良さが現れてきます。

わんぱくな男の子が2人。

フローリングや壁にところどころ傷がありましたが、それも良い思い出です。

外構ができたら再度おじゃまさせていただき、素敵な写真を撮らせていただければと思います!

A様、今後とも末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

2018年07月27日

壁面収納とウォークインクローゼットのメリット・デメリット

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 新築コンサルティング部門の玉津です。


夏も遂に本番ですね。

先日は、5歳の息子と自宅近くの公園にセミ捕りに出かけました。

虫かごと虫取り網を持つと、何だか子供に戻ったような懐かしい気分で、子供と一緒になって楽しんじゃいました☆

セミは、ニイニイゼミ2匹を捕まえましたよ(^^)


さて、本日は収納についてお話いたします。

今回は壁面収納とウォークインクローゼットのメリット・デメリットについてまとめました。


●壁面収納

壁面収納

メリット

○小スペースで収納が可能
○ほこり等の進入を防ぎやすい


デメリット

○扉が必要
○一度に衣類を見渡す事が難しい


●ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット

メリット

○内部で着替えが可能
○衣類をまとめて管理できる


デメリット

○相対的に居室空間が狭くなる
○通路スペースには物を収納出来ない


一言で収納と言っても、普段着からスーツやドレス、お布団、子供のおもちゃ等その方の生活スタイルによって収納するものや収納量は様々です。

どちらの収納タイプが良いのかはご自身の生活スタイルによって違ってきますので、先ずは現在のお家にどんな物があるのか、収納量は今後どう変わっていくのかを想像することが大切です。

無垢スタイルでは、収納便利な家についてもご提案させていただいております。是非お気軽にお問い合わせください。


▼無垢スタイルの施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年07月26日

無垢スタジオラボ事務所内の珪藻土塗りを実践!

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の円谷です。


先日、無垢スタジオラボ事務所の壁をスタッフみんなで珪藻土に塗り替えました!

20180726_s_m_01.jpg

しっかり養生をして、ペースト状になる前の珪藻土と水を混ぜ、

珪藻土を作成していきます。

20180726_s_m_02.jpg

何度も経験のあるスタッフは、綺麗に素早く仕上げていました。

珪藻土を塗るのがはじめてのスタッフもおり、コテ使いに苦戦するスタッフも!

壁が塗り終わる頃には、

コテ使いに苦戦していたスタッフも素早く塗れるようになっていました。

20180726_s_m_03.jpg

ラフに仕上げ、最後はスタッフの手形を付けて終了です。

スタッフみんなでわいわいしながら作業して、大変盛り上がりました!

珪藻土は、素人でも施工できる(ラフな仕上げでもそこまで気になりません)ので、

ご家族で思い出作りとして、施工してみるのも面白いかもしれませんね!

珪藻土の空気清浄の成果のおかげか、

デスクの観葉植物(コーヒーの木)が良く成長している気がします。

植物にも子供にも自然素材の与える効果は、とても大きいように感じます。

是非一度、自然素材で作られた無垢スタイルのモデルハウスにも遊びに来て見て下さい。


▼無垢スタイルの施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年07月23日

祝!久喜市S様の無垢の家お引き渡し!

こんにちは、

最近、夏の日焼けが気になってしまう無垢スタイルの大林です!


先日、久喜市のS様邸が完成し、感動のお引渡しを迎えました。

S様に初めてお会いしたのは2年前の10月でした。

土地探しからのご相談を受け、

早い段階で無垢スタイルに家づくりを託していただきました。

土地を選ぶには、まず建物のボリュームや、

家でどんな生活を送りたいか(間取り)をイメージする必要があります。

S様も家のご要望をお伺いしていく中、

将来自宅で個人の美容室をやりたいという奥様の夢のお話が出てきました。

美容室のスペースを設けると家のボリュームが大きくなり、

コストもかさむため、本当に必要かどうか一度ご検討いただきました。


その後、S様はご夫婦で話し合いをされた結果、

美容室はこの家づくりの絶対条件であるということがはっきりした、

とのお言葉をいただきました。


その分リビングのスペースを抑えたとしても、

奥様の夢を叶えてあげたい、というご主人様の想いに感動したのを覚えています。


本当にとても素敵なご夫婦で、いつも楽しくお打合せさせていただきました。

お二人のセンスで、とても渋くてかっこよくておしゃれなお家ができました。

久喜市 モダン住宅

久喜市 モダン住宅

久喜市 モダン住宅

久喜市 モダン住宅


S様、お家の完成本当におめでとうございます。

途中いろいろありましたが、S様に出会えて、

信頼していただけて、ご一緒にいくつものハードルを乗り越えてこられたこと、

本当にうれしく思っています。


素敵なお家でご家族仲良く、楽しく過ごしていただけることを願っています。

これからも長いお付き合いをよろしくお願いいたします。


▼無垢スタイルの施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年07月22日

祝!埼玉県上尾市 K様邸の上棟祭!

こんにちは!

無垢スタイルのコンサルティング部の谷口です。


先日、上尾市K様邸の上棟祭を行いました!

20180722_s_t_01.jpg

昔は棟上げの際にお酒やお餅をふるまい、工事の安全祈願を行った上棟式。

今では執り行うところは少なくなりましたが、

弊社では上棟してから一週間後くらいに「上棟祭」というイベントを行っております。

この日も、みんなでお揃いの「上棟」ハッピをまとい、工事の安全祈願をしました。

20180722_s_t_02.jpg

終盤には、お家の2階からお外に向かってお菓子を投げて振る舞い!

20180722_s_t_03.png

20180722_s_t_04.jpg

お子様にもとっても喜んでいただきました。

完成まであともう少し!

最後までよろしくお願いいたします。


▼無垢スタイルの施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年07月21日

祝!埼玉県さいたま市 M様邸の上棟祭!

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 新築コンサルティング部の松木です!


今回は、埼玉県さいたま市のM様邸の棟上げと上棟祭の様子をご紹介いたします!


M様には、棟上時にも現場で見ていただきましたが、

朝から沢山の職人の方々がお施主様の想いを込めて作り上げていく姿や、

お施主様の想いがカタチになっていく様子は、何度見ても感動しますね!

上棟 1

上棟 2

上棟 3

上棟 4

無垢スタイルの上棟祭では、お施主様に家づくりへの想いや、

ご家族への想いなどを見えなくなってしまう柱に綴っていただきます!

家づくりの思い出作りとしてだけでなく、

これから沢山の職人さん達が作業する際に、

お施主様の家づくりへの想いを知っていただき、

より一層想いを込めて建物を完成させていただく為にも行っております。


▼無垢スタイルの施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年07月20日

住宅におけるこれからの耐震設計

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルタント山本です!


6月18日に起きた大阪北部地震、埼玉県は離れてはいますが久しぶりに大規模な被害が出る地震となり、改めて地震対策について考えさせられました。

最大震度6弱を観測した大阪北部地震でしたが、なんと住宅被害は2万1451棟、全壊が4棟、半壊は50棟にのぼったようです。

一生に一度の家づくりにおいて、災害から命を守る家というのは地震の多い日本という国ではとても大切な観点です。
安全な住まいか否かを判断する方法の一つに、「耐震基準」があります。
耐震基準は建築基準法の中で定められています。
建築基準法が制定されたのは1950年ですが、その後日本の耐震基準は大きな地震の後に改正をされています。

大幅な建築基準法1の改正が行われたのが1981年です。
1978年の宮城県沖地震を受けて改正されたもので、この改正以前を旧耐震基準、以降を新耐震基準と呼んでいます。

その後、阪神淡路大震災をきっかけに2000年の建築基準法の改正で耐震性が向上する規定が盛り込まれ、家を建てる前の地盤調査の事実上の義務化、地盤がどの程度の荷重に耐えられるかによって決まる基礎構造などが定められております。
2007年の耐震偽装事件後は建築確認・検査が厳しくなり、違法建築、違反建築が実質できなくなり、耐震への取り込みがより強化されました。


耐震基準は現在耐震等級という1~3の数値で表すことができます。
阪神・淡路大震災後の2000年に定められた現在の建築基準法では、震度7クラスの地震では倒壊しないレベルの耐震性(耐震等級1)を有する住宅しか建築できないことになっていますが、2016年に起きた、熊本地震では本震と同程度の余震が発生したことで、耐震等級2相当の住宅も倒壊していることがわかりました。

これからの住宅では、耐震等級という考え方とともに、制震や免震などの新たな取り込みが必要といえますね。

▼無垢スタイルの耐震設計▼
https://ssl.muku.co.jp/concept/earthquake.php

2018年07月19日

シンボルツリーの選び方

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部の谷口です。


先日のとある暑い日、4月にお引渡しをさせていただいたお客様と

シンボルツリーを選びに川口市にある造園屋さんへ行ってきました。

シンボルツリー 造園屋

炎天下の中、1~2時間くらいかけて園内を一周したため

暑さで熱中症になるのではないかと思いましたが、

色々な樹木を見るのはとても勉強になりました。

シンボルツリー 樹木

【シンボルツリー】とは、

その名の通りお家のシンボルになるような一本木ですが、

外構計画においてはとても大事な要素ですよね。

今回は、比較的育てやすいおすすめのシンボルツリーを3種類ご紹介したいと思います。


① ソヨゴ

モチノキ科の常緑小高木です。

「葉っぱが風にそよぐ」という事から名づけられました。

常緑樹のため一年中緑を楽しむことができます。

赤い実をつける広葉樹で、樹高は約3mまで成長します。

ソヨゴ/wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A8%E3%82%B4


② ヤマボウシ

ミズキ科の落葉高木です。

初夏に真っ白な花が咲くのが特徴です。

風通しの良い場所であれば、寒い時期でもしっかり育ちます。

お花を楽しみたい方には特におすすめです。

ヤマボウシ/wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%B7


③ ヒメシャラ

ツバキ科の落葉高木です。

王道のシンボルツリー!といった感じがします。

乾燥しないように気を付けていれば、

手間いらずでゆっくり成長してくれるので、

私のようなズボラなタイプの方におすすめです。

ヒメシャラ/wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A9


この3種類はシンボルツリーの代表格ですが、他にもたくさんの種類の木がございます。

一つに選ぶのは迷ってしまいますね。

お家の雰囲気もガラッと変わりますので、

今からどれにしようか考えてみてはいかがでしょうか?

2018年07月16日

あなたの街は大丈夫?ハザードマップの確認で憂いなし

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティング部の斉藤です。


西日本の豪雨により、200人以上の尊い命が失われてしまったのは記憶に新しいと思います。

今回の水害は自然災害ではあるものの、

人災ともいうべき災害であるとも言えます。

「まさか自分たちの地域でこのようなことが起こるとは。。。」

誰もがそう思った今回の災害で、逃げ遅れた人々が多かったのも事実でした。

事前に知っていれば、このような甚大な被害にならずに済んだかもしれませんが、

2016年にハザードマップを全戸に配布しており、

浸水地域もしっかりと危険区域に指定はされていました。

しかし、配られたものの、内容を理解している人は少なかったといいます。

今回の災害を経験したことで、土地探しをする上で、

ハザードマップの重要性はしっかりと認知したことと思います。

各市町村の窓口にて入手できますし、HPからでも情報を閲覧することも可能です。


▼さいたま市洪水ハザードマップ・避難場所一覧▼
http://www.city.saitama.jp/001/011/015/002/003/p008311.html


▼さいたま市浸水防災マップ▼
http://www.city.saitama.jp/001/006/003/002/001/p015291.html


▼県内浸水想定区域▼
http://www.pref.saitama.lg.jp/a1007/shinsuisouteikuiki/


あくまでも想定ですので、絶対起こるとは限りませんが、

昔からその地域に住んでいる方の情報を入手することで、

より精度の高い判断をすることができます。

2018年07月15日

I様のご自宅に半年点検と一掃教育に行ってきました!

こんにちは。

無垢スタイルの新築コンサルタント 水出です。


今年は梅雨明けが平年より、22日ほど早く明けてしまいましたね。

先日、お引渡しをしてから6ヶ月が経ちました、I様のご自宅に半年点検と一掃教育に行ってきました。

◼︎一掃教育とは?

一掃教育とはお引渡しをしてから半年が過ぎた後に、OB様のご自宅にお伺いをし、家の中のお掃除をさせていただき、その中で無垢材のメンテナンスやお手入れの仕方などを一緒に学んでいただく機会になります。

お引渡しをしてから半年が経ち、家具やインテリアが配置されたことによりI様らしいお家になっておりましたので、少しご紹介させて頂きます。


▼お引渡し時のリビング
無垢スタイルのアフターサービス

無垢スタイルのアフターサービス

I様から良いお話を聞くことができましたので、ご紹介させて頂きます。

弊社で建築させて頂きました家に住む前はマンションに住んでいたI様。

以前住んでいたマンションと現在の住まいの大きな違いがあるとの事でしたので、

お話を聞いてみますと、

現在の住まいは全く「結露」しないとのことで大変喜んで頂いておりました。

また、冬も暖かく生活できたので初めて迎える夏も楽しみですとの事でした。


I様とお打合せをしていた頃に、毎回のように弊社の家は冬も暖かく快適に過ごせますと

お話をしていましたが、なかなかイメージが出来ないと言われておりましたが、I様より「水出さんの言った通りでした」とお話を頂きました。


▼お引渡し後の玄関ホール
無垢スタイルのアフターサービス

驚いたのは、外構も少しずつ奥様が作り上げており、枕木や樹木も奥様のセンスで行っているとの事でした。

無垢スタイルのアフターサービス

また、I様のご好意により昼食もご馳走になりました。

今回の半年点検と一掃教育を行い更にI様との関係が良くなったと思います。

これからも無垢スタイルの家で快適に過ごしてください!

2018年07月14日

吹き抜けのある開放的なリビングの さいたま市桜区N様邸 完成!

こんにちは。

コンサルティング部新築部門の大久保です。


今年は観測史上初の最も早い梅雨明けとなり、猛暑日が続いておりますが

皆様、体調などは崩されていないでしょうか。

熱中症などにならないよう夏を楽しんで過ごして下さい!


さて、こんな猛暑日を迎える前に涼しくて気持ちの良い無垢の家にお引越しをされた

さいたま市桜区N様邸のご紹介をさせていただきます。

N様邸は6月中旬に完成見学会を開催させていただき、沢山のお客様がご見学にお越し頂きました!

N様とは初めてお会いしてから約2年のお付き合いとなり、良い土地にも巡り合え

収納沢山でN様ご夫婦様のセンスが光る、開放的で明るいお家となりました。

自然素材の家

北西角地のN様邸は南側に大きな開口と吹抜けを取り入れ、開放的で明るいリビングが
特徴となっています。

自然素材の家 2

北西角地のN様邸は南側に大きな開口と吹抜けを取り入れ、開放的で明るいリビングが
特徴となっています。

自然素材の家 3

自然素材の家 4

自然素材の家 5

所々に充実した収納を設ける事で、住んでから収納が足りなかった!とならない

充分な収納量を確保しました。


お引渡し後、6月下旬日お引渡しを迎えられたN様と偶然イオンでお会いし

これからの更なるお付き合いに御縁を感じました(笑)


N様、これからが本当のお付き合いの始まりです!

これからもよろしくお願い致します!

2018年07月13日

照明カタログから見るトレンド

こんにちは!

無垢スタイルインテリアコーディネーターの正武田です。


梅雨の間は「雨やだなー」と思っていましたが、

いざ雨が降らなくなると今度は猛暑!

自然は過酷ですね。。

既に素麺ばかり食べていて、この先が心配です。笑


さて、本日は「照明カタログから見るトレンド」というテーマで

お話ししてみたいなと思います。


毎年5月~6月に掛けて、照明メーカーさんの新商品が発表され、

カタログも新しいものが出来上がってきます。

そこには器具のラインナップだけでなく、実際にその器具を使った

空間のイメージ写真が色々と掲載されています。

「この器具でこんな空間が作れますよ~」っていうひとつの提案ですね。


今期の新商品やカタログ巻頭の空間提案ページを眺めていると、

インダストリアル(工業的)なテイストがひとつの大きなトレンドに

なっているのを感じます。こんな感じです。


20180708_s_s_01.jpg

ここ2~3年、Instagram や ROOM CLIPを見ていても

こういったラフな雰囲気のインテリアが目立っており、

実際にお打合せでも「かっこ良く」「ヴィンテージ風」というご要望が

とても多いなぁと感じていました。


照明メーカー各社が、こぞってインダストリアルなデザインの商品を

充実させてきていることからも、その流れの大きさを感じます。

「トレンド」から「定番」のスタイルになりつつあるようにも思います。


「照明」「建材」「設備」等々、日々色々なカタログを眺めていますが、

その時々に共通する「テイスト」「雰囲気」「トレンド感」といったものが

感じられるのが、なんだか不思議で面白いなぁと思います。


このまま終わるとただの独り言になってしまうので(笑)、

最近のインダストリアルな施工事例を、ひとつご紹介します。

20180708_s_s_02.jpg

基本は白とナチュラルウッドのシンプルな空間なのですが、

濃い板張りの壁やダークグリーンのドア、アイアンのブラックが入ると

一気にインダストリアル感が増しますね。


20180708_s_s_03.jpg

裸電球型のペンダントライト。これ、LEDなんですよ!

エジソンランプのようなフィラメントの光がレトロ感を出してますね。

一昔前までのLED電球って、あまりかっこよくなかったのですが、

ここ数年でデザイン性の高いものも増えてきています。


インダストリアルに限らず、インテリアのテイストに合った照明を

選ぶことで、よりそれらしい雰囲気を演出することが出来ます。

住み始めてからも、ふとした瞬間に「やっぱりいいな」と思って頂ける、

そんな空間づくりをしたいなと思っています。

お好みのテイストやイメージを、どんどんお伝えくださいね!

▼無垢スタイルの注文住宅施工事例▼
https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年07月12日

外観コンテストでが見事入賞した無垢サーファーズスタイルをご紹介!

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 新築設計室の望月です。


無垢スタイルでも人気のある外壁材「ラップサイディング」。

無垢サーファーズスタイルでもご提案させていただいており、

西海岸テイストの街並みを演出できたり、

インナーガレージや遊び心をイメージしているお客様にはピッタリな外壁材です。


20180707_s_t_05.JPG

無垢スタイルプロデュース「無垢ヴィレッジ大和田」にも採用し、

西海岸テイストのおしゃれな無垢の家をご提案させていただいております。

そんな中、ラップサイディングを使用した物件の外観コンテストがあり、

「無垢ヴィレッジ大和田」が見事入賞をいただきました。

20180707_s_m_04.jpg


▼外観写真がこちら!

20180707_s_m_03.jpg

白の塗り壁に、アクセントでラップサイディングを使用し、玄関や窓まわりの色を統一。

人気のブラウン色と、優しい色合いのリーフグリーン。

外構も海沿いのリゾート感を演出した、こだわりの我が家になっています!


他にもラップサイディングを使用した、サーファーズハウスを上尾市で建築中!

ウッドデッキを通して内と外がつながる、大開口・大空間の建物です!


真っ白のシンプルな家もいいけれど、遊び心溢れる外観も気になる!

そんな方は是非スタッフまでお声がけください。


▼無垢サーファーズスタイル▼

https://ssl.muku.co.jp/lineup/mukusurfersstyle.php

2018年07月06日

樹木と共存する私たちの暮らし

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の円谷です。


今日は、日本の木についてすこしご紹介します。

突然ですが、クイズです!!

日本で一番ながく生きる木はスギで、屋久島の縄文杉は樹齢2400~3000年程と推定されています。

では、日本で最も高く伸びる下の木の種類はなんでしょう?

ヒントは下の写真です。

さいたま市 T様 リビング


そうです。

答えは 杉(スギ) です!


杉(スギ)という呼び名の由来は、真っ直ぐに高く伸びる木というところから、「すぐき」→スギ となったと言われています。

日本の木の中では最も樹高が高くなる木で、大きいものは60メートル以上に育ちます。

縄文時代から使われていたといわれており、日本の文化を支えてきた木がスギです。

また、日本全土に植林され、国産材として最も多く使われている木でもあります。


そんなスギの木が1年間に吸収するCO2の量は、樹齢80年のスギの木1本で約14kgと言われています。

例えば、自家用乗用車1台から1年間に排出されるCO2は、樹齢80年のスギの木約160本の年間吸収量と同じくらいです。

成長期の若い森林では、樹木はCO2をどんどん吸い込み大きくなりますが、手入れのされない荒れた森林(人工林)では吸収能力が低下してしまいます。


下刈りや間伐などの適切な手入れを行い、森の成長を助けることは、CO2吸収という意味でも環境に貢献し、埼玉県の木を使い家づくりをすることにより、より豊かな森を作ることにも貢献できます。

無垢スタイルでは、埼玉県産材の木を使い、高耐久高品質で、快適で安全で健康な家づくりをしています。

木について気になる方も是非、無垢スタイルの展示場にご来場してみてくださいね。

2018年07月05日

埼玉県さいたま市 T様の無垢の家 完成!

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 新築設計室の高村です。


先日、さいたま市 T様邸のお引渡し式に参加させていただきました。

入社して2ヶ月、数件お引渡し式に参加させていただきましたが、上棟祭とお引渡し式の両イベントに参加させていただいたのはT様邸が初めてだったこともあり、完成したのを見たときにはとても感動しました。

そこで、T様の素敵なお家をちょっぴりご紹介させていただきます。


床、柱、梁、窓枠、巾木がココア色で統一され、落ち着いた雰囲気のリビングスペース。

さいたま市 T様 リビング


広々としたL型のキッチン。

さいたま市 T様 キッチン


造作のキッチン背面収納はタイルと木材がマッチしていて可愛いですね。

さいたま市 T様 パントリー


お引渡し式では、とてもいい笑顔を拝見することができて、私たちスタッフ一同も、とても嬉しかったです。

T様、これからも末永いお付き合いをよろしくお願い致します!


▼無垢スタイルの注文住宅施工事例▼
https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年07月02日

梅雨から夏至に向けての土地の探し方

http://www.69ie.jp/20180702_s_o_01.jpg

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の大久保です!


今年は例年よりも早く梅雨が明けたようです。

2018年は6月21日に夏至を迎えますが、現在は夏至に向けて太陽の角度がどんどん高くなっていっている時期となります。

夏至前後でお土地を見学する場合、晴れている日はどんな土地でも、78度から降り注ぐ、太陽の日差しによって明るく日当たりの良い土地に見えます。

しかし、土地の良し悪しを判断するのには夏至の時期ではなく、冬至の陽の入り方を想定し、雨天時の状況を見る事も重要です。

雨天時には土地によって水はけが悪かったり、臭いがしたり、雰囲気だけでなく、その他さまざまな事が見えてくることがあります。

晴れの日には交通量が少ない道路も、雨が降ると車で外出される方も多い為、交通量が増え、それによって場所によっては通行が危険な箇所もあるかもしれません。

そして、雨の日の夜は視界も悪く危険も多くなりますので、夜の雰囲気も確認をしておく必要があります。

今の時期だからこそ、土地の判断の為にも土地探しを始めてみてはいかがでしょうか。


▼土地探しセミナー▼
https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

2018年07月01日

埼玉県桶川市 I様のシンプルモダンの無垢の家 完成!

こんにちは。

無垢スタイルの新築コンサルティング部 水出です。


お引渡し間近の桶川市のI様について少しお話をさせて頂きます。

I様との出会いは昨年のさいたま市南区の完成見学会でした。

その中で、転勤をする可能性があるため注文住宅は難しいので、

あまり考えていないとの事でした。

その中で奥様より弊社にて建てさせて頂きました、

建売を見学したいとご連絡があり、建売+OB様邸の構造現場をご案内させて頂きました。

その後、奥様と注文住宅のお話が進みご縁があり、桶川市の土地に巡り合えました。

旦那様も最初は「なんでもいい」と、ご要望などをお話いただきませんでしたが、

段々とお話をいただき、先月末にお引渡しさせて頂きました。

20180630_s_m_01.jpg

20180630_s_m_02.jpg

いい家づくりになりましたことを心から嬉しく思います。

ぜひ、注文住宅でお考えの方は無垢スタイルまでご連絡ください!


▼無垢スタイルの商品ラインナップ▼
https://ssl.muku.co.jp/lineup/

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35