« 2018年09月 | メイン

2018年10月16日

西日本豪から3ヶ月/雨岡山県倉敷市真備町の現在の状況

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の蒲谷です。

今回、実家のお話をさせて頂きます。

私が育った、岡山県倉敷市真備町の水災後の現在の状況のお話をさせて頂きます。


災害後、3か月が経ち、現地に行きました。

町は、ゴーストタウン化しており、ほとんどの家が1階・2階の

窓ガラスがなく、風を通して乾かしている模様が見受けられます。


川の土手は復旧が進んでおりました。

20181015_s_k_02.jpg

我が家の実家は、2階床上1mの浸水を受けたため、

数多くの方々の支援を受け、家財等搬出が終わり、後は解体するのみの状況です。

近隣では、既に解体が終わっている家、

解体中の家があり、私の知っている街並みではなくなりました。

20181015_s_k_01.jpg

20181015_s_k_03.jpg

20181015_s_k_04.jpg

20181015_s_k_05.jpg

私の姉の自宅は、1階床上1mの浸水で済んだため、

壁に穴を開けて、風を通し、徐々に復旧しております。

20181015_s_k_07.jpg

20181015_s_k_08.jpg

建築ラッシュのため、完成は後1年が必要ですが。


ニュース等で、取り上げられることも無くなり、

皆様の記憶からも徐々に消えて行く頃だと思いますが、

実際に被害に合われた方々は今も苦しんでおられます。

建て替えの出来る人はごく一部でやむなく家を手放す人等、

多くを見て来ました。


新築コンサルタントとして、お客様と一生涯お付き合いすることを考えますと、

今後の自分自身の提案もハザードマップをしっかりと説明し、

生涯満足頂ける家を提供していきたいと心に誓いました。


災害に合われた皆様に心からお悔やみ申し上げます。

2018年10月15日

太陽光パネルと家庭用蓄電池で電気を自給自足する家へ

皆様こんにちは!

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の谷口です。


今年の夏は、関東地方にもゲリラ豪雨や台風が猛威を振るいました。

もし日が落ちてから停電したら・・・、そんな時は、非常用の電気があると安心ですよね。

今、住宅業界で最もホットな産物が、「家庭用蓄電システム」です。


太陽光発電システムの売電利益で儲ける、という時代はすでに終息を迎えています。

今は、非常時に備えて電気を自給自足できる生活を国としても推進しており、

その中で今後必須アイテムとなってくるのが「家庭用蓄電システム」と言えます。


一般的に、家庭用蓄電システムの役割は大きく分けて3つあります。

① 災害などで停電になった時に非常用電気として使う。

② 電気料金の安い夜間に電気を蓄えて、昼間に使う事で光熱費を節約する。

③ 太陽光発電システムで発電した電気を蓄えて、必要に応じて使う。

導入コストがまだまだ高価なこともあり、今までは導入する家庭はごく少数に限られました。

しかし、近年では日進月歩でリチウムイオン電池の技術が進化してきた事により、

小型化・低価格化が実現し、一般住宅でも普及が促進していくと予想されます。

家庭用蓄電システムの導入を検討する上で気になる事としては、

「一体どのくらい持つのだろう?」という所だと思います。


充電と放電を1セットとして、

何回繰り返すことができるかという回数を1サイクルとした場合、

家庭用蓄電システムに採用されている日本製のリチウムイオン電池は、

約4千サイクルほど可能だとされています。(メーカーや設置環境にも寄ります。)

つまり毎日1サイクル繰り返したとしても10年程度は持つ計算となります。

また、容量が大きいほど一度に蓄えられる電力量が大きいため、

一回あたりの充放電サイクル自体も長くなり、結果として寿命が伸びる事になります。


最近では、国や自治体から補助金が受けられたりと、購入を支援する方向性になっています。

「もしもの時の備え」として、蓄電池の導入を視野に入れ、

災害時でも安心できる住まいの実現を目指したいですね。


無垢スタイルでは、太陽光パネルを想定したデザイン住宅の実績が多数あります。

省エネの注文住宅をご検討の方もお気軽に無垢スタイルまでお問い合わせください。


▼家づくりの無料セミナー▼

https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

2018年10月14日

無垢材や自然素材は「地球に対してとてもエコ」な素材

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の水出です。


弊社では無垢材、自然素材を使った家づくりをしておりますが、

無垢材や自然素材と聞くと、温かみを感じる、珪藻土にて調湿効果を得られるなど

イメージされる方は多いのではないでしょうか?

無垢材や自然素材は上記だけではなく、「地球に対してとてもエコ」なのです。

最近の世の中の風潮として、3R(Reduce、Reuse、Recycle)

リデュース(減らす)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再資源化する)が

当たり前になってきているのではないでしょうか?


ファーストファッションの「ユニクロ」では、

販売した衣類のリサイクル(リユース、リサイクル)

などと環境に配慮した活動をおこなっております。


また、スーパーなどに買い物に行った際に、

ペットボトルや肉や魚などのトレイなどの回収(リサイクル)の

活動などを行っているかと思います。


家づくりを行う際に、まずは山林から木材を伐採し加工していきますが、

山林で育つ間に空気中の二酸化炭素を吸着します。

また、弊社が使う木材の加工工場を以前見学しましたが、

化石燃料ではなく、バイオマス燃料を使うことで、

出来る限り環境に配慮しておりました。


また、現在の日本の住宅の平均寿命が26年ほどとなっておりますが、

26年後に解体をして解体したものが産業廃棄物になるものを使うのか、

自然に還るものを使って家づくりをするのか非常に重要になってくるのか思います。


地球温暖化が進んでいる今、

二酸化炭素や産業廃棄物を出さず3Rできるような家づくりをする事で、

地球温暖化が緩やかになることでより快適に生活が出来るのではないでしょうか?


無垢スタイルでは家づくりセミナーを始め、住まいセミナーを多数ご用意させて頂いており、

セミナーを開催しておりますので是非、ご参加ください!


▼家づくりの無料セミナー▼

https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

2018年10月13日

祝!さいたま市西区 K様の無垢の家 上棟!

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の大久保です!


早いもので10月も中旬になり、今年も残り2ヶ月をきったのかと思うと

ビックリ&焦りを感じ始める今日この頃です((^^;


さて、そんな10月の気持ちの良い秋空の下、さいたま市西区にてK様邸が

上棟を迎えました!


朝から職人さんみんなで力を合わせ、一つ一つK様邸の柱や梁を組み立てていきます。

上棟祭


熟練の職人さん達がどんどん、材料を組み合わせていき、だんだんとK様邸の骨組みが出来上がっていきます。

上棟祭

これからK様ご家族様を守っていくお家は一日で屋根まで組み立てていきます。


上棟祭

朝から総出で行った棟上げは夕方頃には既にK様邸の形となっていました(^^)

これまでは図面や模型でイメージしていたお家も、立体になるとその大きさや形、

そしてなによりも「実感」が湧いてきます。

これから上棟祭を迎え、完成まではもう少しかかりますが、

家づくりの一つ一つを思い出にそして、

完成を楽しみにお待ちいただければと思います(^^)

K様、上棟おめでとうございます!!


▼無垢スタイルの注文住宅施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年10月12日

土地の選び方の視点を変えてみる

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 新築コンサルタントの小島です。


最近めっきり過ごしやすくなりました。

この夏は自然の災害の多い夏でした。

全国的な猛暑、西日本の豪雨、台風、北海道の地震等多くの方が被害に遭われました。

心よりお見舞い申し上げます。


さて、私たちの住む埼玉ってとても自然災害の少ない地域だと思います。

海も山も無く大した特産物もない代わりに自然災害も少ない地域です。

ただ今から71年前に台風で利根川が氾濫して大水害があったというのは聞いたことがあります。

実際、杉戸とか幸手のほうに行くと電柱に赤い印でここまで水がきましたという表示があるのを見た事があります。

災害がないと忘れがちになってしまいますが、今回は土地選びのウンチクを一つ。

実は災害、値段という観点から選ぶとすれば、お墓の周辺がお勧めなのです。

お寺や神社の多くが水没しない地盤の良いところに建てられています。

そしてお墓を気にしなければ景観もいいのです。

そして周りの相場より安い。


実際、昔担当したお客様で不動産屋さんがいました。

その方はそのことを知っていらしてお墓の周辺を狙って土地を購入しました。

実際、地盤補強なし、お風呂からの景観はばっちりでした。

土地を購入する際、人それぞれ条件がありますが、ちょっと視点を変えるとそういう土地の選び方もあるんだなと妙に感心した記憶があります。

土地探しでお悩みの方や不安の方は、無垢スタイルの個別『土地探しセミナー』を受講してみてください。

土地探しで、得する方法・良い物件を見つける方法をお教えいたします。


▼土地探しセミナー▼

https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

2018年10月11日

加速する埼玉県の不動産価格

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の大久保です!


10月に入り、秋らしい気候になってきました。

清々しい季節になってきたので、どこかへお出かけしたくなってきますね!

さて、来年の増税を前にだんだんと増税を意識されたお客様も増えつつありますが

購入者が増え始めるこれからの時期、不動産はだんだんと値上がり傾向にあり

良い物件はどんどん話が入り、市場の動きも加速化してきております。


そんな中、住宅ローン金利もジワジワと上昇してきており、

不動産の値上がりと金利上昇のダブルでの影響が感じられてきております。

先日、2年前にお引渡しをさせていただいたOB様とお話した際にも

以前の土地価格よりも現在、同じエリアの価格が200万円前後高くなっているという話になり、

更には当時固定金利も現在より0.2%程安かった為、

その差額は下記のようになります。


金利差:0.2% / 月々支払いの差:3,525円


35年間の差:1,480,500円
土地価格差:2,000,000円

合計差額:3,480,500円


金利差と土地価格差だけでも約350万円の差がでております。

このほかに借入額が変わると、それに伴う利息分が変わり、諸費用等も変わってきます。


このように大きな金額差が出やすい土地価格や、

長い年月をかけ支払っていく住宅ローンについては、

なるばくお得に適切に購入等を進めていきたいですね!

家を購入したいけど、住宅ローンでお悩みの方ぜひご連絡ください!


▼家づくりの無料セミナー▼

https://ssl.muku.co.jp/seminar/

2018年10月08日

インテリアを楽しむ飾り棚『ニッチ』の部屋づくり

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 新築コンサルの谷口です。


皆様は、ご新築される際にこんなお家にしたい!などのイメージをお持ちでしょうか?

自分たちのお気に入りのものに囲まれて過ごせれば幸せですよね。

でも、室内を作りこむとご予算が気になりますよね…。

そんな時には、手軽にお安く好きな空間を作ることが可能な「ニッチ」がおすすめです!

「飾り棚」とも言い、壁をくり抜くことによってちょっとした物が置けるようになります。

弊社では正方形タイプ・長方形タイプ・横長タイプなどのラインナップがございます。

ニッチ

ニッチ

ニッチ

価格は、大きさなどにもよりますが

比較的ご予算にも大きく響くことなくお手軽に導入していただけます。


▼先月お引渡しさせていただいたK様からこんなおしゃれな写真が送られてきました!

ニッチ

無垢スタイルのライフスタイルハウスのラインナップでもある

「無垢サーファーズスタイル」をベースとして、自由設計でプランニングされたK様。

お家のテイストにぴったりの爽やかな雑貨たちをリビングのニッチに飾っておられました。

これがあるだけでグッとお部屋の雰囲気が自分たち好みに仕上がりますよね。

皆様も是非ニッチを活用したお気に入り空間にチャレンジしてみてくださいね!


▼無垢スタイルの注文住宅施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年10月07日

祝!宮代町 O様の上棟祭!

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティング部の斉藤です。


今回は、先日宮代町で行われたO様の上棟祭の模様をお伝えいたします。

宮代町 O様の上棟祭

O様とは約2年前に初めてお会いしました。

奥様のご実家近くで土地探しからお手伝いをさせていただき、

調整区域の100坪の土地を購入し、計画をスタートいたしました。

調整区域とは、一般の人が建てることができないエリアで、

農家の分家や親戚が建てられたり、20年以上親御様が同じエリアで住まわれていれば

建てられる条件が得られたりします。

メリットとして比較的安く大きな土地が買えたりできるので、

庭を広く作れたり、駐車場を何台も作れたりと土地の有効活用ができます。

デメリットとしては、エリアによっては申請期間が長くかかってしまい

着工まで1年~1年半を要してしまう可能性もあります。

今回の土地は1年半くらいの申請期間を要して、

満を持して上棟を迎えたかたちとなりました。

宮代町 O様の上棟祭

出会った当時は、まだ小さかったお子様もすっかり大きくなりました。

とても達筆に柱に書いています。

宮代町 O様の上棟祭

年末の完成に向けて安全に工事を進めていきますので、

O様楽しみにしていてくださいね!


▼無垢スタイルの注文住宅施工事例▼

https://ssl.muku.co.jp/construction/

2018年10月06日

無垢スタイルの制震装置の特徴をご紹介!

こんにちは、

無垢スタイル建築設計 新築コンサルの當間です。


最近は地震や川の氾濫など、大きな自然災害が多く、

最近ですと北海道の地震で震度7が記憶に新しいですね。

今回は無垢スタイルでも標準装備している制振装置についてのお話です。

一般的な木造住宅では、建物が地震に耐える為に耐震等級を上げていくのが主流です。

でも、強度が上がることでエネルギーを逃がす力を発揮するのが制震です。

今回は無垢スタイルの制震装置の特徴を3点紹介致します。


揺れを吸収する三つのメカニズム



① 運動エネルギーを熱エネルギーに変換

一般のゴムボールと高減衰ゴムボールを地面に落とすと、
一般のゴムボールが跳ね上がるのに対して、高減衰ゴムボールはほとんど弾みません。
これは、高減衰ゴムボールが運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変えて、吸収・発散するためです。



② 高いエネルギー吸収能力

高減衰ゴムは、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。



③ 高い耐久性と接着力

鉄板と高減衰ゴムの接合に「加硫接着※」を採用。化学反応によって強固な接着を実現します。また、加熱による促進劣化試験では、90年経過しても性能がほとんど変わらず効果を発揮することを確認しています。※熱と圧力をかけて接合部分を化学的に強固に接着する技術。


弊社は構造材を県産材の杉やヒノキを採用することで、

日本古来の伝統技術と最新の制震技術を融合し、

100年以上の耐久性を出していますのでより安心して長く住んで、

いただくことが可能になっております。


▼無垢スタイルの7つコンセプト▼

https://ssl.muku.co.jp/concept/

2018年10月05日

土地探しに使える!おすすめアプリ

こんにちは、

無垢スタイル建築設計 新築コンサルの山本です。

秋の夜長の季節は、土地がしにはもってこいの季節ですね^^
(日当たりが悪い時期の方が、土地探しには向いていますね^^)

今回のブログでは、土地探しにお役立ていただける、

おすすめアプリを紹介したいと思います!


✩地盤サポートマップ


標高や古地図、地震の揺れ安さや液状化の心配など、土地探しでのお悩みがちのポイントが、
まとめてみられるアプリです。

Google Play で手に入れよう


✩標高ワカール


地図と連動して、地図を移動すると簡単に標高が変わるアプリです。
使いやすくてお手軽なのでおすすめです!

こんなアプリがあるだけで、ちょっと土地探しが楽しくなります。

また、土地探しからの家づくりには、必ず確認したほうがいいいポイントが3つありますので、無垢スタイルの土地探しセミナーにも、ぜひご参加ください。

建築目線での土地探しの極意が1時間で勉強できますよ^^


▼土地探しセミナー▼

https://ssl.muku.co.jp/seminar/land.php

2018年10月04日

いざという時の大停電時のそなえ

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の円谷です。


これから家を建てようという方にとっては、

「太陽光発電を取り入れたらいいのかどうか?」は、

大きな悩みどころになる方も多いのではないでしょうか。


太陽の力でエネルギーの自給自足を目指せれば、普段の生活でももちろんのこと、

地震や台風などの災害が起こった際にも、電力不足の不安を最小限に抑えることができ、

家族を守ることも出来ます。

北海道を襲った震度7という大地震により、

北海道全体で電力供給が途絶えるという“ブラックアウト”(大規模停電)が

日本で初めて起きました。

これから家づくりをされる方にとって、

耐震性や制震のほかにも停電時の安全という側面から、

太陽光パネルを検討される方が多くなるのではないかと思います。


地震、台風、集中豪雨などの災害が多い日本。

気象庁に寄れば、地震に至っては世界で起こっている地震の10分の1にあたる数が

日本及びその周辺で発生しているといいます。

災害時に電力を自給自足できれば自宅が避難所になり、

家族の安心を守ることも可能になるといえるでしょう。

2018年10月02日

川口市 W様の和モダン住宅の半年点検

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 設計室の渡邉です!


10月に入り一気に涼しくなって来ましたね!

と、同時に雨の日もここ最近は多いです。

温度の変化や天気の変化が激しいですが、みなさん体調にはくれぐれもご注意下さい。


先日、6ヶ月程前に引き渡しさせて頂きました川口市のW様のお家へ、半年点検にお伺い致しました!

お引き渡しの時は何もなかったお部屋や外回りがしっかり造り込まれておりました。

家具はほとんど自分たちで造られたり、外周りを造園屋さんにお願いしたりしたというお話をを聞き、やはりW様はこだわりが強いなぁと感じ、お打ち合わせしていた頃を思い出しました!

これが和モダンなW様のお家の外周りです!

和モダン住宅

とても建物と外周りがマッチしていてついつい見惚れてしまいました。

敷地に入ってから玄関までの奥まったアプローチは建物の打ち合わせ中にW様が理想としていました。

引き違いの玄関ドアとポーチの洗い出しとの相性も抜群でした。


和モダン住宅

住んでから気付くお話を聞けたりするので、点検はとても貴重なお時間です。

無垢スタイルでは、1ヶ月、6ヶ月、1年、2年…と点検を行っています。

お引き渡しして終わりではなく、スタート!という気持ちで家造りに携わります。

また各担当者でお伺いさせていただきます!


▼10月6日(土)7日(日)8日(月) 無垢の家 完成見学会▼

https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2018/09/22/inspection_132.php

2018年10月01日

室内干しでも洗濯物がよく乾く自然素材の家

浴室乾燥機

こんにちは、お客様からいただいたピアノを自宅の狭いタタミコーナーに無理やり置いて使っている新築コンサルティング部の大林です!

この新築コンサルの仕事をしているとお客様から時々、浴室乾燥機を設置したい、という要望をいただくことがあります。

現在お住まいのアパートやマンションで、洗濯物を乾かすのに使用されている方です。

ですが、無垢スタイルで建てていただくお客様で実際に浴室乾燥機をつける方はほとんどいらっしゃいません。

なぜでしょうか。。。

実は、一般的に、最近の家や賃貸アパートマンションなどは、壁紙は塩化ビニールクロス、床材はビニールのクッションフロアか合板のフローリングを使用していることが多いです。

この場合、生活で出た湿気、水蒸気を吸い込んでくれる素材がなにもない状態です。
場合によっては窓に結露してしまうこともあります。

このような空気環境では、室内に洗濯物を干しても乾きにくく、乾きが遅いので細菌が繁殖し、嫌な臭いがするようになります。

しかし、内装材に自然素材を使った家では、壁や天井や床が湿気を吸ったり吐いたりしてくれ、加湿器と除湿機の両方の機能を果たしてくれるので、室内に洗濯物を干しても良く乾きます。

ちなみに私の家では、新築した当初はバルコニーに洗濯物を干していました。
私の妻は、少し前まで専業主婦でしたが、入居してから半年ほどして、バルコニーで洗濯物を一切干さなくなりました。
年中2階の吹抜けの上で室内干しをしています。

私も実際に自分で家を建ててみて、自然素材の家は室内干しが良く乾き、嫌な臭いも一切しない、ということを実感しました。

春は花粉症、夏は暑い、冬は寒いと言って、年間通して外で洗濯物を干したがらない妻。
今では洗濯を干すのがとても楽になったと言っています。

皆さまもぜひ一度、自然素材の家を体感してみてください!


▼10月6日(土)7日(日)8日(月) 無垢の家 完成見学会▼

https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2018/09/22/inspection_132.php

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.35