トップ > スタッフ日誌 > インテリアコーディネート > T様理想の照明を求めて馬喰町へ

T様理想の照明を求めて馬喰町へ

「理想の照明器具を探しに」

こんにちは、ICの小林です。


打合せをしていると、お客様が雑誌や画像を持ってきて

「こんな感じにしたいです」とヒントを下さることがよくあります。


先日は新築のお打合せ中のT様が

「馬喰町のとあるカフェでみかけたすてきな照明をぜひ取り入れたい」

とおっしゃるのでそのカフェの名前を伺おうとすると、

「たまたま通りがかっただけなのでお店の名前はわからないけど、

○○商店の裏の通りにあって・・」とのこと。

雲をつかむようなお話になりかけた所、

すかさず設計の佐藤が伺った内容をグーグルマップで追跡しました。

マップから店先の画像を割り出して皆でどれどれ・・とみたのですが、

店内は暗く、照明器具まではわかりませんでした。

マップだけでは店名がわからず、お店に連絡することができず

数日後のお休みの日、早速馬喰町に足をのばして

件のカフェに行ってくることにしました。


佐藤が印刷してくれたマップをもとにたどり着いたところ、

看板には地中海料理とあり、入って早々、独特な香草の香り。

店内に入ると、カウンタの上にお目当ての

インダストリアルペンダントライトがどーんどーんとお出迎え。

なるほど、お客様がおっしゃっていたような、

漆黒のボリュームの大きな照明です。

目視でサイズと形を確認します。



「いらっしゃいませ~」と店員さんが声をかけてくれて

2Fの席に誘導されたのですが、

照明を凝視していたのでその場から動けず。。

店員さんに不審そうに見つめられてしまい、

慌てて訪問の目的を伝えて照明について質問しました。

「オーナーではないのでわかりませんが、海外で購入されたとか・・」

との回答でしたが、実際に照明器具に

触らせてもらい材質を確認できました。

また、お客様が気になっていらした

明るさについても調べることができました。


色々分かったところでようやく2Fにあがったのですが

また個性的な照明の空間で興奮。

巨大なクモのような存在感に圧倒されました。


この無骨で個性的な灯りが、都会的な解放感の空間に

マッチしているのを見て、照明一つで空間のしつらいが

全く違うのだなといい勉強になりました。

T様のご要望を満たせるような照明計画に思いをめぐらし

喜んでいただけるようにするにはどうしたらいいだろうと

とりあえず注文した冷えたビールをいただきながら思うのでした。


あ!もちろん、地中海料理もおいしくいただきましたよ。

店員さんにもお世話になり、楽しい馬喰町探索でした。


【bakuro COMMON】http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13164470/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/4327

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ