トップ > スタッフ日誌 > プランニングでパラダイムの転換 > 身近にあるバリアフリー

身近にあるバリアフリー

こんにちは!新築コンサルタントの大久保です(^^)


暖冬と言われていますが、それでも寒いですね・・・((><))

日出が遅く寒い冬の朝は起きにくく毎日あたたかい布団の

誘惑と戦っております。

寝起きでフラフラとリビングに向かう途中、段差につまづいたり

物にぶつかったりなんて事もあるのではないでしょうか。

私達の生活の中には、家の中だけでなく沢山の障害になる物が

ありますが、何もない健康な状態の時は障害にならなかった物も

年を重ねたり、車椅子になったりするともっともっと生活の中の

障害が増えてきます。


この『障害(バリア)』を『なくす(フリー)』ことを

バリアフリーと言います。


最近よく耳にするバリアフリーですが、段差をなくすことだけではなく

体を起こしたり支えたりする為の手すりだったり、転倒防止の滑り止めや

障害となる壁をなくす(広くする)など沢山のバリアフリーがあります。


将来、高齢になった際の事まで考えトイレの扉を広くしたり

建替えの際にご両親様とお暮らしになるお客様は玄関ポーチを階段ではなく

スロープと手すりが付いた物を選んだりと、家造りの中でバリアフリーを

取り入れております。


これから、家造りをお考えの方は身近な

『障害(バリア)』を『なくす(フリー)』事を考えてみて下さい(^^)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/4486

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ