トップ > スタッフ日誌 > プランニングでパラダイムの転換 > キッチンにパントリーは必要?

キッチンにパントリーは必要?

こんにちは、無垢スタイルの斉藤です。

前回に引き続き、間取りで役立つ情報をお届けします。


キッチンの横にパントリーが欲しいというご要望をよくお聞きします。

具体的に何をしまいたいのか?家事スペースとしてもつかいたいのか?

など目的によって形がかわってきます。

キッチンでつかう食器や調理器具、食材やストック品などを

できるだけ近くにしまいたいというところからパントリーが

欲しいというお声が多いのですが、

時には、ストック品などのペットボトルやお米、保存食などは

玄関近くに土間収納をつくってあげて、買って来たら

すぐしまえる位置にあったほうが、

わざわざ重いものを部屋の奥まで持っていく必要がなく、

なくなったら取りに行くというほうが便利な場合もあります。


必要最低限のものをキッチンの近くに置いてあげるという方が、

いつもキッチン周りがスッキリとしていて、

気持ちよく作業できるかもしれません。

家事スペースもリビングダイニングに

共有カウンターを設けてあげることにより、

普段はお子様のスタディースペースで、

お子様が学校に行っている間や、

寝た後に奥様がパソコンをしたり、

裁縫をしたりとできるスペースをつくってあげたほうが

場所の有効利用になります。

時にはご主人様の書斎としてもつかえますので、

それぞれ個々の収納スペースをつくることで、

常にカウンターが活かされるスペースになります。

必要最低限のものを吟味することで、

意外とキッチン内の収納とカップボード、

床下収納で収まってしまう場合もありますし、

少しの食材を入れる収納を設けてあげることで、

何でもしまえる大容量のパントリーがなくても

十分使いやすいキッチンになりますので、

ご参考いただければと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/4599

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ