トップ > スタッフ日誌 > 収納のアイデア収納のアイデア > 『量』を把握することが収納計画の決め手

『量』を把握することが収納計画の決め手

こんにちは。

秋の気配を感じながら少しワクワクしている

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です!


秋生まれのせいか、日中の気温は暑くても

肌で感じる、少し冷たい風がとても心地よく

静かな秋の夜長に、虫の声と音楽を聴きながら

ゆっくり過ごす時間はとても心が落ち着きます(^^)

秋になると、読書や映画、スポーツなど

○○の秋と呼ばれるものが沢山ありますが

少しづつ、進めていくのは『衣替え』ではないでしょうか。

特に女性は、冷え性の方も多いので

羽織物なども少しづつ出していきたい季節ですよね。

秋冬物の衣服は、春夏に比べ厚手の物が多く

更には

・インナー
・トップス
・アウター
・ストール、手袋等

人によっては他にも色々と所有していると思いますが

これらの物をしっかり収納していく為には

『所有量』と『収納量』を把握する事が必要です!


一般的なウォークインクローゼット(2帖)に収納できる枚数は

ハンガーパイプ総延長が3.m前後の場合

ハンガーの幅を約2cmで考えた場合150着前後の衣服を掛けられますが

厚手の物を含むと約半分ほどの収納量となり、

プラス一般的な収納BOX(幅54cm×奥行き40cm×高さ62.5cm)を

5個、並べることが可能となります。

私1人の総所有枚数は約135着(小物等を除く)なので

単純に ×4人 となると 540着 となりますので

約3帖のウォークインクローゼットであれば

掛ける服250枚前後+収納BOX8個分 を収納できるので

それに加えて各部屋にクローゼットがあれば家族全員分の収納が可能となります。
(ご家庭によっては所有量が違うのでご注意を・・・)

上記写真のように、すのこ状の中段を入れることにより、

お布団などを通気性良く収納し、その下には重くて大きいものなど

キャスターを付けて収納しても良いですね。

可動棚を付ける事により、バッグやアクセサリーなどの小物類

趣味の物等を小分けに収納しても良いですね。

収納についてお困りの時は、スタッフにお気軽にご相談下さいね(^^)


▼注文建築500棟分の成功の秘訣教えます!「設計プラン相談会」
https://ssl.muku.co.jp/seminar/construct.php

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5120

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ