トップ > スタッフ日誌 > 自然素材大好き! > 夏涼しく冬暖かい家にするためのポイント

夏涼しく冬暖かい家にするためのポイント

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の水出です。


家に求めるものは、お客様によって異なりますが、

少なからず夏は涼しく、冬は暖かい家がいいですよね。


今回は、断熱について少しお話をさせていただきます。


外断熱、充填断熱、屋根断熱、天井断熱など断熱材の施工の仕方は、

メーカーさんによって様々です。


また、断熱材の種類に関してもグラスウール、ロックウール、発泡断熱、

セルロースファイバー、ウールなど様々ですが、

実際には断熱施工の方法や断熱材の種類に関しては何を選んでいただいても、

そこまで断熱性能に差がないのです。


では、夏涼しく、冬暖かい家にするためには何が重要なのかというと

現場での施工です。


施工がしっかりとされている場合、断熱性能がよくなり、

施工が悪いと断熱性能が悪くなります。

メーカーを選ぶ際には実際に構造現場を見学されてはいかがでしょうか?

無垢スタイルでは構造現場の見学も承っています。

「家の構造を見てみたい!」という方はお気軽にお問い合わせ下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5127

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ