トップ > スタッフ日誌 > 自然素材大好き! > ストリップ階段の有効活用

ストリップ階段の有効活用

こんにちは!

無垢スタイル建築設計の島田竣介です!


ストリップ階段をご紹介させていただきます。

ストリップ階段とは、段が骨組みだけむき出しになっていて、階段の向こう側が見えるようになっている物や階段の下に壁や収納がないものを言います。スケルトン階段とも言います。

スケルトン階段 1

スケルトン階段 1

スケルトン階段 1

近年、階段下の空間がデットスペースになるため、トイレや収納にするといった事例が増えてきています。

もちろんそのような考え方も重要ですが、写真のようにリビングや階段にストリップ階段を設けるのも、多くなってきております。


●メリット

・通風が良くなる
・スッキリとした印象になる
・開放的な空間を作れる

●デメリット

・箱型の階段より価格が高くなる
・お子様用の対策が必要
・階段下の空間がデットスペースとなるため、使い方の検討が必要(水槽・植物等)

注文住宅では、デメリットを有効活用することで、問題なくストリップ階段を設けることが可能になります。

来年、2018年1月6日(土)〜8日(月)に開催する無垢の家 完成見学会は、屋根裏ロフトまで続くストリップ階段を設けた素敵なお住まいです。

ストリップ階段をご検討の方は、ぜひ見学会にご来場ください。


▼光と風を感じるナチュラルな白い家 無垢の家 完成見学会 伊奈町 M様邸
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2017/12/20/inspection_121.php

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5195

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ