トップ > スタッフ日誌 > 自然素材大好き! > 外壁の【乾式工法】と【湿式工法】

外壁の【乾式工法】と【湿式工法】

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 新築コンサルティング部の當間です!


今回は住宅建材の中でも外観イメージを大きく左右する、

外壁材の種類についての特長をご紹介いたします。


外壁には大きく分け、現場で水を使わない【乾式工法】と、

現場で水を使う【湿式工法】があります。


■ 乾式工法


乾式工法の特徴は窯業系/金属系/セラミック系の素材を、金具を使い留める工法です。工期が天候に左右されないので、工期が短い事や軽量化されているのが特徴です。


■ 湿式工法


湿式工法の特徴は塗壁(漆喰等)やレンガ/タイル等で、天候や養生期間を設ける必要はありますが、高級感や重厚感があり、個性を出しやすいのが特徴です。


どちらの工法が良いのかは、デザインの好みや建築地の環境や条件によって様々ですね。

弊社では【湿式工法】を採用することが多いですが、

金属系サイディングやALCパネル等も採用していますので、

弊社の自然素材の内装と合わせて環境と調和できる住まいを

考えていますので是非いろいろな外壁材を検討してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5233

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ