トップ > スタッフ日誌 > 収納のアイデア > 人それぞれ違う動線と収納

人それぞれ違う動線と収納

収納アイデア


こんにちは!

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部の松木です!


今回は、収納に関しまして書きたいと思います!

世界各国の一般家庭の収納されている物を調査すると、

日本の家庭が圧倒的にモノが多いそうです!

日本人特有の『もったいない』精神がそうさせているのかもしれませんね。

私もついつい溜め込んでしまい、妻にちょくちょく怒られますw


家づくりのご要望を聞くと、収納は十分に確保したいという

お客様は非常に多くいらっしゃいます。

モノを減らすことは簡単ですが、それ以上に重要なのが、

収納するモノの特性を考え、使い勝手の良い収納スペースにすることが重要です!


1日の中で頻度の高いモノ、低いモノ。

モノの奥行きや高さ等。


生活のイメージや導線を考え、どこで何を使うのかを明確にすることで、

使い勝手の良い収納になり、無駄なスペースを無くすことができます!


また、ウォークインクローゼットを要望する方も多いですが、

万能のようで、実はそうではない場合もあります。。。

ウォークインクローゼットは、壁に囲まれ、外から中が見えない為、

ジャングルのようにモノが入り乱れてジャングルのようになりがちです。

収納量は変わらなくても、通常のクローゼットの方が、

収納がしやすく、居室の空間を広く取れるメリットがあります。


収納は、生活していく上で重要なポイントですので、

プランニングでお悩みの方は、是非、間取りセミナー等にもご参加ください!

お客様のご予定に合わせて実施させていただきますので、

ご連絡をお待ちしています!


▼多趣味な家族を満足させるシンプルモダンの完全分離型二世帯住宅 無垢の家 完成見学会
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2018/02/10/inspection_124.php

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5236

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ