トップ > スタッフ日誌 > ムクスタッフ自宅建築ブログ > 吹き抜けの有効活用

吹き抜けの有効活用

こんにちは

無垢スタイル建築設計 設計室の佐藤です。


無垢スタイルの家によく見られる『吹抜け』の有効利用について少しお話しします。

吹抜けのメリットは、光の取り込み、風の流れ、開放感、1-2階の繋がりなど、数多くあります。

その為、無垢スタイルのお客様へのご提案も多くおこなっています。


しかし、デメリットもあります。

それは、「空間がもったいない」事です。

床を作れば、部屋として利用できるのに、「床が無い」事によりもったいない空間ともとらえられます。

そこで、ご提案しているのが、FRPグレーチングです。

FRPという強度のある樹脂で作った、網状の素材です。

これを床にすることにより、吹抜けのメリットを活かしつつ空間を有効利用できます。


最近、お引渡しした事例をご紹介します。

FRPグレーチング


グレーチングを床にしていますので、歩けます!

このスペースは、共働きのご家族で室内干しが多いのでサンルーム空間としてのご提案でした。

下を見ると少々怖いですね。(^^)

慣れるまで少しの辛抱です。


FRPグレーチング

グレーチングがあっても、吹抜けから十分に光が入ってますね。


私の家でも、外のバルコニーにグレーチングを使ってます。

1階の中庭に光を入れるためです。

FRPグレーチング

吹き抜けのある家にご興味のある方は、無垢スタイル建築設計までお気軽にご相談ください。


▼『建築家と建てる無垢なデザイナーズ住宅。』▼
https://ssl.muku.co.jp/lineup/architectcollaboration/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5296

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ