トップ > スタッフ日誌 > インテリアコーディネート > 個性がでる吹抜や高天井

個性がでる吹抜や高天井

こんにちは、無垢スタイル建築設計のIC 石川です。


無垢スタイルのお客様にとても人気があるのが、吹抜や高天井。

構造材の梁を使用してダイナミックに演出したり、逆に出さずにスッキリ広々と、

時には勾配天井もプラスしてみたり…

解放感も出て、一棟一棟個性が出ていてとても面白いです。


ですが!

天井をあえて下げるというのも個人的にはとても好きな空間演出になります!
20180504_s_i_01.JPG

こちらのおうちはリビングの天井を下げています。

素材も他の天井部分と変える事で空間のアクセントとしてより効いていますね。

家具も高さを低めの物で揃えるとゆっくりくつろげる空間になりそうです!
20180504_s_i_02.JPG


こちらのおうちはリビングダイニング部分は吹抜ですが、

キッチン部分の天井が通常より下がっています。
(写真では点灯していないのですが)

間接照明を設置するために自動的に下がったというのが本当のところですが、

こちらも天井の素材を変えた事でより空間にメリハリが出ていますね。

ベッドルームや座って生活する時間が長い等、目線が低くなる空間に特にオススメです。

今のお施主様、特に若い世代の方はSNSの発展等もあって

家を「自分を表現する手段」として捉える方が多いそうです。

吹抜や高天井ももちろん良いですが、天井を下げるという手段も頭に入れてみると

より自分の家の個性を演出できるかもしれませんね。


▼『無垢ヴィスタコルシェソル展示場』▼
https://ssl.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5298

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ