トップ > スタッフ日誌 > 自然素材大好き! > 樹木と共存する私たちの暮らし

樹木と共存する私たちの暮らし

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の円谷です。


今日は、日本の木についてすこしご紹介します。

突然ですが、クイズです!!

日本で一番ながく生きる木はスギで、屋久島の縄文杉は樹齢2400~3000年程と推定されています。

では、日本で最も高く伸びる下の木の種類はなんでしょう?

ヒントは下の写真です。

さいたま市 T様 リビング


そうです。

答えは 杉(スギ) です!


杉(スギ)という呼び名の由来は、真っ直ぐに高く伸びる木というところから、「すぐき」→スギ となったと言われています。

日本の木の中では最も樹高が高くなる木で、大きいものは60メートル以上に育ちます。

縄文時代から使われていたといわれており、日本の文化を支えてきた木がスギです。

また、日本全土に植林され、国産材として最も多く使われている木でもあります。


そんなスギの木が1年間に吸収するCO2の量は、樹齢80年のスギの木1本で約14kgと言われています。

例えば、自家用乗用車1台から1年間に排出されるCO2は、樹齢80年のスギの木約160本の年間吸収量と同じくらいです。

成長期の若い森林では、樹木はCO2をどんどん吸い込み大きくなりますが、手入れのされない荒れた森林(人工林)では吸収能力が低下してしまいます。


下刈りや間伐などの適切な手入れを行い、森の成長を助けることは、CO2吸収という意味でも環境に貢献し、埼玉県の木を使い家づくりをすることにより、より豊かな森を作ることにも貢献できます。

無垢スタイルでは、埼玉県産材の木を使い、高耐久高品質で、快適で安全で健康な家づくりをしています。

木について気になる方も是非、無垢スタイルの展示場にご来場してみてくださいね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5349

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ