トップ > スタッフ日誌 > 地震に強い家 > 耐震性を維持するための家の管理意識

耐震性を維持するための家の管理意識

こんにちは

無垢スタイル建築設計 新築コンサルタントの小島です。

今日は耐震についてお話します。

日本の建築物は大きな地震があるたびに、

それまでの耐震基準を見直しより強くなっている。

そんなイメージがありませんか?


では、その耐震性の前提、耐震基準とはなんでしょうか?

建築基準法の耐震性の前提は、

「震度5強の地震があっても建物が損傷しない。

 震度6強から7程度の地震では建物がすぐに倒壊しない」

という基準で成り立っています。


裏を返せば、

「震度6強から7の地震では倒れないだけで、多少傾いても仕方ない」

という前提です。

極端に言えば想定した以上の事が起きれば

安全である保証はどこにもないという事です。


実際、熊本地震では震度7が2回立て続けに起きたという想定外の事が有りました。

そして、震度とは「揺れ」のことで、いわば感覚的な要素を数字で表しただけと言えます。

また、軟弱な地盤と強固な地盤とでは揺れの大きさも全然違ってくるでしょう。

日本の住宅に多い木造1,2階建ての建物の耐震性は構造計算ではなく、

壁の量や配置で決まります。


また、木造住宅は現場での加工が多くなるので、施工管理の緻密さや、

職人の腕によっても品質にバラつきが生じやすいのも事実です。

住宅会社によっては、この建物は基準法を満たしているから大丈夫とか、

耐震等級2又は3だから倒れないとか言われますが、

施工の管理体制によっても優・劣がついてしまうというのが現状です。

木造住宅の耐震性を十分発揮するためには、

信頼できる建築会社を選ぶことは勿論ですが、

完成後も住まい手自ら耐震性について関心を持って管理することが大切です。

無垢スタイルでは、定期点検やアフターサービスなど

住まわれている方に安心していただくための管理体制も充実しております。


家の地震対策や構造など、家づくりのことで不安がある方は、

無垢スタイルの展示場や見学会にご来場ください。

また、個別セミナーや構造見学もご案内しております。

お気軽にお問い合わせください。


▼家づくりの無料セミナー▼

https://ssl.muku.co.jp/seminar/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5434

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ