トップ > スタッフ日誌 > 高性能の住宅 > ZEH住宅はどうして進まないか?

ZEH住宅はどうして進まないか?

こんにちは

無垢スタイル新築コンサルの當間です。


今回はZEH住宅について少しお話します。

そもそもZEH住宅とは国の政策で、2020年度までに、

住宅の過半数をZEH住宅にする目標を打ち出しています。

目標に対して全く実績が追い付かないのが現在の状況です。

どうして進まないか?


一番の原因は価格と言われています。

一般的に平成25年、次世代省エネ基準の家からの価格的な差額は下記になります。

断熱高性能化【ZEH申請費用含】130万円前後、

太陽光発電【6㎾】150万円

工務店の基本仕様により差があると思いますが、

ローコスト住宅からですとやはり合計 280万円位が相場でしょうね。

本来は、住宅をZEH化することで、熱効率が良く光熱費が280万円以上のメリットは十分あります。

建築会社の販売側が初期コストを安く見せるために、提案が足りていないのが現状ですね。

無垢スタイルでは2030年の完全ZEH住宅の実施を見据え、

ZEH基準を大きく上回る性能を標準としていますので、

ほぼ追加工事なしでZEH住宅を提供していますので是非相談ください。


▼2/3・4 無垢の家完成見学会▼

/event/inspection/2019/01/25/inspection_139.php

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.69ie.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/5510

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ