メイン

2018年09月20日

備えあれば憂いなし 〜もしもの時の備え

こんにちは。.

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の谷口です。


9月6日に北海道を襲った最大震度7の地震。

今回の地震は、今夏最大の勢力と言われた台風が過ぎ去った直後の

直下型地震ということもあり、震源に近い場所では崖崩れが勃発し、

多くの犠牲者を生みました。


地震直後には北海道全土で電力が供給できなくなってしまう

「ブラックアウト」が引き起こされ、蝋燭の火が原因となる

火事が発生するなどの二次災害も呼びました。

私たちが住んでいる首都圏にも、いつかは直下型地震が起きると言われています。

既存の木造住宅の中には、築年数が37年を超える旧耐震基準の家が

未だ数多く建っているのも事実です。


また、地震以外の大きな災害として予想されるのが水害です。

近年では海水の温度が上昇した関係で、勢力の強い低気圧が乱発するようになりました。

土地の標高が低いエリアは、市区町村で発行している

ハザードマップの浸水区域として色分けがされており、

川の氾濫時におおよそ何mの水位になるかが分かるようになっています。


我々が事務所を構えるさいたま市を例に取ると、

①洪水、②土砂災害、③地震防災、④浸水の4つのハザードマップが存在します。

私自身、今まで大きな災害に見舞われた経験が無いため、

何と無く他人事になってしまいがちでした。


しかし、ここ最近の異常な暑さや突発的なゲリラ豪雨により、

体感的に地球が変わってきている、という危機感を覚えました。

災害はいつ起こるか予想ができないため、

日頃からもしもの時の備えをする必要があります。


一日24時間の中で、どこにいる時間が長いでしょうか?

私の場合は、一番目に職場、二番目に自宅の寝室(寝ている時間)でした。

職場へは車で通勤しているため、車内に防災グッズを積む事にしました。

そうすれば災害時に車での移動や車中泊もそのままできると思ったからです。
(非常食は痛みが気になるので積んでおりません。)


また、寝室の枕元には懐中電灯とスニーカーを常時置くようにし、

家族のいる空間には大きめの懐中電灯やカセットコンロ、

床下収納庫にはカンパンなどの非常食を常に備蓄するようにしています。

また、トイレットペーパーやラップなど、災害時に手に入りにくい商品は

常に余分に1セット多めにストックするようにしています。

ガソリンの補充やスタッドレスタイヤの履き替え等も、

いざという時に困らないよう、早め早めに準備をするようにしています。

もしかしたら必要のない物もあるかも知れません。

しかし、いざという時に数日間は何とかなる、という保険があるだけで

日常生活が安心して送れる事に気付きました。

備えあれば憂いなし。

もしもの時の備えを、皆様も一度見直してみてはいかがでしょうか。

備えあれば憂いなし 〜もしもの時の備え

こんにちは。.

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の谷口です。


9月6日に北海道を襲った最大震度7の地震。

今回の地震は、今夏最大の勢力と言われた台風が過ぎ去った直後の

直下型地震ということもあり、震源に近い場所では崖崩れが勃発し、

多くの犠牲者を生みました。


地震直後には北海道全土で電力が供給できなくなってしまう

「ブラックアウト」が引き起こされ、蝋燭の火が原因となる

火事が発生するなどの二次災害も呼びました。

私たちが住んでいる首都圏にも、いつかは直下型地震が起きると言われています。

既存の木造住宅の中には、築年数が37年を超える旧耐震基準の家が

未だ数多く建っているのも事実です。


また、地震以外の大きな災害として予想されるのが水害です。

近年では海水の温度が上昇した関係で、勢力の強い低気圧が乱発するようになりました。

土地の標高が低いエリアは、市区町村で発行している

ハザードマップの浸水区域として色分けがされており、

川の氾濫時におおよそ何mの水位になるかが分かるようになっています。


我々が事務所を構えるさいたま市を例に取ると、

①洪水、②土砂災害、③地震防災、④浸水の4つのハザードマップが存在します。

私自身、今まで大きな災害に見舞われた経験が無いため、

何と無く他人事になってしまいがちでした。


しかし、ここ最近の異常な暑さや突発的なゲリラ豪雨により、

体感的に地球が変わってきている、という危機感を覚えました。

災害はいつ起こるか予想ができないため、

日頃からもしもの時の備えをする必要があります。


一日24時間の中で、どこにいる時間が長いでしょうか?

私の場合は、一番目に職場、二番目に自宅の寝室(寝ている時間)でした。

職場へは車で通勤しているため、車内に防災グッズを積む事にしました。

そうすれば災害時に車での移動や車中泊もそのままできると思ったからです。
(非常食は痛みが気になるので積んでおりません。)


また、寝室の枕元には懐中電灯とスニーカーを常時置くようにし、

家族のいる空間には大きめの懐中電灯やカセットコンロ、

床下収納庫にはカンパンなどの非常食を常に備蓄するようにしています。

また、トイレットペーパーやラップなど、災害時に手に入りにくい商品は

常に余分に1セット多めにストックするようにしています。

ガソリンの補充やスタッドレスタイヤの履き替え等も、

いざという時に困らないよう、早め早めに準備をするようにしています。

もしかしたら必要のない物もあるかも知れません。

しかし、いざという時に数日間は何とかなる、という保険があるだけで

日常生活が安心して送れる事に気付きました。

備えあれば憂いなし。

もしもの時の備えを、皆様も一度見直してみてはいかがでしょうか。

2018年07月20日

住宅におけるこれからの耐震設計

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルタント山本です!


6月18日に起きた大阪北部地震、埼玉県は離れてはいますが久しぶりに大規模な被害が出る地震となり、改めて地震対策について考えさせられました。

最大震度6弱を観測した大阪北部地震でしたが、なんと住宅被害は2万1451棟、全壊が4棟、半壊は50棟にのぼったようです。

一生に一度の家づくりにおいて、災害から命を守る家というのは地震の多い日本という国ではとても大切な観点です。
安全な住まいか否かを判断する方法の一つに、「耐震基準」があります。
耐震基準は建築基準法の中で定められています。
建築基準法が制定されたのは1950年ですが、その後日本の耐震基準は大きな地震の後に改正をされています。

大幅な建築基準法1の改正が行われたのが1981年です。
1978年の宮城県沖地震を受けて改正されたもので、この改正以前を旧耐震基準、以降を新耐震基準と呼んでいます。

その後、阪神淡路大震災をきっかけに2000年の建築基準法の改正で耐震性が向上する規定が盛り込まれ、家を建てる前の地盤調査の事実上の義務化、地盤がどの程度の荷重に耐えられるかによって決まる基礎構造などが定められております。
2007年の耐震偽装事件後は建築確認・検査が厳しくなり、違法建築、違反建築が実質できなくなり、耐震への取り込みがより強化されました。


耐震基準は現在耐震等級という1~3の数値で表すことができます。
阪神・淡路大震災後の2000年に定められた現在の建築基準法では、震度7クラスの地震では倒壊しないレベルの耐震性(耐震等級1)を有する住宅しか建築できないことになっていますが、2016年に起きた、熊本地震では本震と同程度の余震が発生したことで、耐震等級2相当の住宅も倒壊していることがわかりました。

これからの住宅では、耐震等級という考え方とともに、制震や免震などの新たな取り込みが必要といえますね。

▼無垢スタイルの耐震設計▼
https://ssl.muku.co.jp/concept/earthquake.php

2018年06月23日

地震の歴史とともに整備される建築基準法

耐震

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティング部の斉藤です。


6月18日の午前7時58分に大阪北部を震源とするマグニチュード

6.1の大きな地震が発生しました。


その前日にも群馬や埼玉北部、茨城にかけて比較的大きな地震があり、

日本全国で地震のない日はないくらいの頻度で頻発しています。


日本の建築に関する法律は大地震とともに発展してきたともいえます。

ここで地震による建築基準法と耐震基準の歴史を少し見てみたいと思います。


1923年 関東大震災(マグニチュード7.9)

→建築基準法の前身である市街地建築物法に耐震構造についての規定を改正


1948年 福井地震(マグニチュード7.1)

→建築基準法を制定


1968年 十勝沖地震(マグニチュード7.9)

→木造建築物の基礎をコンクリートの布基礎とすることを規定


1978年 宮城沖地震(マグニチュード7.4)

→1981年の改正で震度6から7の地震でも倒壊・崩壊しない耐震性を持つように規定


1995年 阪神淡路大震災(マグニチュード7.3)

→1981年(旧耐震基準)で建てられた建物の倒壊が顕著に現れた。1981年の改正後に建てられた建物の多くは被害を免れた


2005年 構造計算書の偽装事件

→2005年に発覚した建築士による構造計算書の偽装問題により、2006年に建築基準法が改正され、建築確認・検査の厳格化や中間検査の義務付けがされた


2011年 東日本大震災(マグニチュード9.0)

→津波の被害は甚大だったもの、新耐震基準の建物に対する、地震による直接の被害の報告はなかったとされている


2016年 熊本地震(マグニチュード7.3)

→本震が震度7だったにも関わらず、前震も震度7だった。新耐震基準が想定していたのは震度7の地震に対しても「倒壊しないこと」だが、震度7の地震で構造に傷がつき、その28時間後に再度震度7の地震が起こったことから多くの建物が倒壊したと言われています。


このように、大地震の歴史とともに建築の耐震性が向上させる法律の整備がなされています。

無垢スタイルでは、埼玉県でNO1の耐震診断・耐震補強の実績がありますので、様々な地震対策を行なっております。

耐震のその上をいく制震技術を取り入れることにより、さらに安全に暮らせるご提案をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


▼無垢スタイルの耐震設計▼
https://ssl.muku.co.jp/concept/earthquake.php

2018年05月31日

地震に強い家 〜ピン工法を用いた軸組工法〜

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の円谷です。


最近また少しずつ地震のニュースを目にするようになってまいりました。

内閣府の発表では、首都直下型地震の起こる確率は30年以内で70%程度と予測されております。

これから家づくりをする方は、みなさん耐震について気にされていると思います。

そこで、今回は無垢スタイルの高耐震な家づくりについてお話しさせていただきます。


従来の木造住宅の建て方『木造軸組工法』

『木造軸組工法』とは、柱と梁を筋交いで補強し,地震の水平力にその筋交いで耐える構造です。「在来工法」とも呼ばれます。

ただ、柱や梁などの構造部材を点で接合する為、荷重が集中してしまう弱点があります。

さらにその点は、ホゾとホゾ穴などを加工して組み合わせて接合する為、構造部材の接合部には大きな断面欠損が発生し、強度が弱くなってしまう懸念があります。


無垢スタイルの建て方『ピン工法を用いた軸組工』

無垢スタイルは『ピン工法を用いた軸組工法』を採用し、30tの荷重に耐えるピンを用いた地震に強い家を作っています。

ピン工法とは、荷重のかかる接合部を金属接合にすることで、構造部材の断面欠損を抑え、高強度の接合部を実現しております。


木造在来工法の接合部断面欠損率は 38%

ピン工法の接合部断面欠損率は 11%

と数字上でも大きな差が現れてきます。

ピン工法で建てる家は、柱の断面欠損が少なく、結合が強固であり、耐震性に優れたピン工法を接合部に使用し、在来工法とハイブリット工法として、耐火性能、耐結露性能にもすぐれた家になります。

無垢スタイルでは、いつでも構造を見学に行き、実際に構造体の姿を見ることも出来ます。

モデルハウスに構造の模型もございますので、お気軽にご来場なさってくださいませ。


▼無垢ヴィスタコルシェソル展示場▼
https://ssl.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

2018年02月17日

熊本地震で注目された制震技術

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 新築コンサルティング部の當間です!


住宅を検討される方の多くは、住宅の耐震性について関心をもっていますよね。

建築基準法では耐震性を示すのに1~3等級とランクを設けています。

しかし、熊本地震では耐震3等級の家が沢山被害にあってしまいました。

そこで制震技術が着目を浴びています。


無垢スタイルでも制震ユニット装置を採用する住宅も出てきています。

制震と耐震の違いとは

【耐震とは】構造を強固に固める

【制震とは】構造にかかる大きなエネルギーを吸収する装置

根本的な考え方が違いますね。

無垢スタイルの採用している制震装置は

なんと熊本地震でも1棟も倒れなかった実績をもっていいます。

無垢スタイルの見学会でも制震装置を採用した見学が可能ですので是非ご相談ください。

2017年10月30日

備えあれば憂いなし

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です。


だいぶ冷え込む季節になってきましたが

皆様、体調など崩されていないでしょうか。

東北育ちのせいか、私は暑さに弱いので、この時期がとても

過ごしやすく、元気になり冬に向けてあれやこれやと計画が楽しみな季節です(^^)


さて、私は東北の宮城県出身なのですが

宮城県と言えば、地震が多い県でも有名です。


宮城県沖では30年~40年間隔でM7クラスの地震が起きており

1978年に宮城県沖地震がおきてから2011年の東日本大震災までに

M7クラスの地震が起きる確率は99%以上と言われておりました。


東日本大震災までに、私が経験した震度6以上の地震は

2003年、2005年、2008年と短期間の間に3度あり

やはり、普段から地震には敏感になっていました。


災害が少ない、埼玉県に引越しをしてきた今でも

やはり地震については敏感になっており

特にチェックをしているのは『備蓄』です。


東日本大震災の時、私は仙台市内に住んでおり

震災が起こる2日前の前震後にも、備えを見直しをしたのですが

それでも、東日本大震災の後はライフラインも流通も止まってしまい

震災後、約1ヶ月は生活するのが困難になりました。


震災発生時に外部から支援が来るまでに、

目安として1週間とされておりますのでその分の備蓄をすると


飲料水では、4人家族で10L/日が目安となっており

2Lのペットボトルで5本、一週間分で35本となります。


その他に、食料品、衛生用品等も必要となってきますので

その為の収納スペースを確保しておきたいですね。

震災時は沢山の物が倒れたり、壊れたりしますので

備蓄品は取り出しやすい場所に収納すると良いです。


災害が少なく、住みやすい埼玉県ですが、

いつ来るか分からない災害に備えて間取りを考える際には

しっかりと考えていきたいですね!

2017年06月22日

地震に強い住宅の作り方

こんにちは!

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の谷口です。


東日本大震災から今年で6年が経過します。

それ以来、世の中の地震に対する意識が今までと大きく変わりました。

家づくりをご検討されてる皆さまは、

「耐震」「制震」「免震」という言葉をよく耳にすると思います。

では、この3つは一体何が違うのでしょうか。


耐震

壁や柱を強くすることで、揺れに“耐える”構造を指します。
具体的な方法としては、柱と柱の間に「筋交い」と呼ばれる斜め材を入れたり、柱と土台を金物で固定させる等です。
一般的な木造住宅の殆どが耐震構造でつくられています。


制震

建物内に「ダンパー」と呼ばれる振動軽減装置を設置し、地震のエネルギーを吸収する構造を指します。
建物に粘りを持たせて振動を“制御する”という考え方です。
一般的な鉄骨造の住宅に多く用いられています。


免震

建物と基礎との間に免震装置があり、地震時に揺れを極力建物に伝えないようにする構造を指します。
地盤から絶縁された状態のため、揺れから“免除する”という考え方です。
主に、高層マンションなどに用いられる構造です。
近年では、リニューアルした東京駅丸の内駅舎に採用され注目を浴びました。


無垢スタイルでは、上記3種類のうち【耐震構造】を採用しています。

具体的な工法としては、

× 筋交い × 構造用合板 を併用して使用することにより、

通常の在来工法よりも2倍強い構造になっています。


20170622_s_t_01.jpg

他にも、柱や梁の緊結方法や基礎の構造上において、

一般的な基準よりも高い剛性がでるように設計されています。


また、+αとして【制震システム】を取り入れることも可能となっております。

モデルハウスに模型がございますので、詳しくはそちらにて是非一度ご覧ください。


▼高級感あふれるシックで落ち着いた『無垢ヴィスタコルシェソル展示場』
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

2017年05月06日

無垢スタイルの安心な家づくり

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティング部の松木です!!

今回は、安全な家づくりについて書きたいと思います!

最近、テレビを見ていると地震速報の緊急ニュースが

割り込んでくることが多くなってきましたのよね。

これは日本だけでなく、世界的にも地震は増えていており、

2000年以降からマグニチュード6~8クラスの地震が激増しているようです。

※アメリカ地質調査所調べ

避けることの難しい地震だからこそ、地震に対しての対策を打つ必要があります!!

公共の建築物や社会インフラなどの地震対策は国が積極的に進めていますが、

毎日を過ごす家については自分自身で不安を解消していくしかありません。

耐震性能等級という言葉を聞いたことのある方も多いかと思いますが、

国が定めた構造強度基準を満たさなければ新しく建築することができません。

耐震等級には、基準の1.25倍の強さがあれば耐震等級2、

1.5倍の強さを耐震等級3の最高等級としています。

それ以上の強さにすることはできますが、国は設定しておりません。

明確な基準があるからこそ

一部の建築会社だけが明らかに地震に強い家づくりをしているわけではなく

耐震強度を高めることは、どの建築会社でもできることです。

だからこそ、単に地震に強いということだけでなく

どのように地震に強い家づくりをしているかを建築会社聞く必要があると思います。

家には住む方々の命を守る役割があります!

快適でかつ安心してご家族が過ごせる

無垢スタイルの家づくりを是非一度体感してみてください!!

毎月、完成見学会を実施していますので、

リアルな無垢スタイルの家づくりを体感できます!

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

▼1日で家づくりがまるわかり「住まいの発見バスツアー」
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/04/16/20170507bustour.php

2017年03月18日

東日本大震災から早6年。地震対策続けていますか?

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です。


3月と言えば、宮城県出身の私としては

忘れられないのが『東日本大震災』です。

あの日から早6年。

地元に帰る度に震災のテレビ番組や新聞を見ると思い出し

まだまだ復興には遠いと感じます。


さて、関東に関してもM7クラスの地震がおこる可能性は

70%以上と言われております。

打ち合わせなどをしていても

やはりお客様も地震に対しての心配をご相談される事が多いです。


今回は、東日本大震災の時に体験した事を含め、家造りの中で取り入れると

良い点をご紹介したいと思います。


【1】物が倒れ、飛んでくるのでなるべく固定できる物を仕様

東日本大震災の際、私が住んでいた家が古いマンションだったと言うこともありますが

大きな揺れに食器棚は倒れ、大きな冷蔵庫は1m以上動いていました。

その後、余震に備え食器棚の固定をしましたが、新しく建てるなら食器棚ではなく

固定のカップボードなどを付け、食器の下には滑り止めを入れてあげるのお勧めです。


【2】ライフラインは電気がお勧め!?

東日本大震災の時、私が住んでいた地域は4日目に電気が復旧しました。

電柱が地中に埋め込まれている地域は3日目に復旧しており

復旧と同時に水道も出るようになりました。

プロパンの家は火が使えましたが、都市ガスだった私の家は約1ヶ月かかりました。

オール電化が絶対に良いとは言えませんが(計画停電などもありましたよね)

復旧の早さで言えば、その時は電気が一番でした。

そして、やはり必要になるのが・・・・


【3】備蓄などの備えを完璧に!

5年も経つとだんだんと意識が薄れ

備蓄などの備えも怠り勝ちになっている様ですが

備えに勝る物はありませんでした。

スーパーもコンビニも物が十分に買える状態ではなく、少ない品の中から

一人○点と決められた中での買い物。

友人などが困っていたのはカセットコンロのガスや電池でした。

缶詰や水だけでなく、意外と備蓄しておく必要のある物が多いので

パントリー兼備蓄庫などもあると備えあれば憂いなし・・・ではないでしょうか。


無垢スタイルでは、土地の見極め方から完成現場見学までを1日で見て回れる

弾丸バスツアーを開催しています!

新築をお考えの方は地震被害を最小限に抑えるためにも土地選びから大切になってきます。

建築中の現場なども見学できますので是非ご参加ください!


▼4月9日(日)1日で家づくりがまるわかり「住まいの発見バスツアー」
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/03/14/20170409bustour.php

2016年11月20日

地震に強い無垢の家は無垢スタイルへ

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の斉藤です!


熊本の震災が記憶に新しいところ、

つい先月鳥取でも大きな地震がありました。


日本各地でこのような震災がいつ来てもおかしくない状況です。

想像してみてください。


自分が外出している時に、大きな地震が発生し

自分はたまたま安全な場所に避難できたが

家族が家に取り残されていたとしたら。。。


本震では耐えられたが、二度三度くる余震で家が倒れたら。。。


一番大切なのは「地震で倒れない家をつくる」ことです。

耐震・耐久という性能が高い住宅をつくることで、家族を守ることができます。


無垢スタイルではもともと、リフォームから創業し

耐震診断や耐震改修で多くの実績を残してきました。

どのくらい多いかというと、埼玉で1番の実績でかつ全国で4位の実績があります。


そこで様々な建物の状態によっての改修方法やデータを蓄積し

新築に生かす耐震・耐久性能を確保した仕様を採用しております。


無垢材ならではの快適な空間や癒しの空間を提供する前提に

「地震に備える空間」を軸にご提案させていただいておりますので

耐震にご不安な方もお気軽にご相談いただければと思います。


▼無垢スタイルにご相談したい方はコチラ▼
https://ssl.muku.co.jp/contact_formpage1/


2016年10月23日

耐震・免震・制震の違い

こんにちは
新築コンサル営業の當間です。


10月21日14:時7分に鳥取県中部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。

この地震により、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、

皆様の安全と被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。


東日本大震災、熊本地震、そして今回の鳥取地震。

耐震からさらに上の性能に興味をもたれる方が増えてきました。

建替えや新たに新築を検討される方で特に気にされるのが地震での被害です。


そこで、今回は耐震・免震・制震の違いについてわかりやすくご説明致します。

耐震とは

耐力壁を増やし、接合部を固めて建物の骨組みで地震に耐える工法。大きな地震には、建物の骨組みを損傷させてエネルギーを吸収するシステムのことをいいます。

免震とは

基礎部分に免震装置を入れて建物と地盤を切り離し、大地震の振動を建物に伝えにくくするシステムのことをいいます。

制震とは

土台と梁の中間に設置した振動吸収装置が建物の振動を吸収して建物の揺れを軽減するシステムのことをいいます。

耐震の基準は建築基準法でも定められていますが、

現状免震・制震については、マンションでは普及が進んでいます。

戸建てには法整備はされていませんが、

住宅でもこれからは導入の流れがありそうですね。


無垢スタイルは、全棟安心して永く住んでいただくため

「構造計算」により、耐震性・耐久性・安全性を確保し、

木造の本当の強さを実現しております。

無垢スタイルの展示場では耐震補強の実物大のサンプルで

ご説明もさせて頂いております。

また、建築途中の住まいでの構造見学も随時開催しております。

地震に強い家が気になる方は、是非お問い合せください。


▼無垢スタイルの耐震設計▼
耐震に豊富な知識を持つ無垢スタイルの設計理念
http://www.muku.co.jp/concept/earthquake.php

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ