メイン

2017年06月22日

地震に強い住宅の作り方

こんにちは!

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の谷口です。


東日本大震災から今年で6年が経過します。

それ以来、世の中の地震に対する意識が今までと大きく変わりました。

家づくりをご検討されてる皆さまは、

「耐震」「制震」「免震」という言葉をよく耳にすると思います。

では、この3つは一体何が違うのでしょうか。


耐震

壁や柱を強くすることで、揺れに“耐える”構造を指します。
具体的な方法としては、柱と柱の間に「筋交い」と呼ばれる斜め材を入れたり、柱と土台を金物で固定させる等です。
一般的な木造住宅の殆どが耐震構造でつくられています。


制震

建物内に「ダンパー」と呼ばれる振動軽減装置を設置し、地震のエネルギーを吸収する構造を指します。
建物に粘りを持たせて振動を“制御する”という考え方です。
一般的な鉄骨造の住宅に多く用いられています。


免震

建物と基礎との間に免震装置があり、地震時に揺れを極力建物に伝えないようにする構造を指します。
地盤から絶縁された状態のため、揺れから“免除する”という考え方です。
主に、高層マンションなどに用いられる構造です。
近年では、リニューアルした東京駅丸の内駅舎に採用され注目を浴びました。


無垢スタイルでは、上記3種類のうち【耐震構造】を採用しています。

具体的な工法としては、

× 筋交い × 構造用合板 を併用して使用することにより、

通常の在来工法よりも2倍強い構造になっています。


20170622_s_t_01.jpg

他にも、柱や梁の緊結方法や基礎の構造上において、

一般的な基準よりも高い剛性がでるように設計されています。


また、+αとして【制震システム】を取り入れることも可能となっております。

モデルハウスに模型がございますので、詳しくはそちらにて是非一度ご覧ください。


▼高級感あふれるシックで落ち着いた『無垢ヴィスタコルシェソル展示場』
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

2017年05月06日

無垢スタイルの安心な家づくり

こんにちは!

無垢スタイル 新築コンサルティング部の松木です!!

今回は、安全な家づくりについて書きたいと思います!

最近、テレビを見ていると地震速報の緊急ニュースが

割り込んでくることが多くなってきましたのよね。

これは日本だけでなく、世界的にも地震は増えていており、

2000年以降からマグニチュード6~8クラスの地震が激増しているようです。

※アメリカ地質調査所調べ

避けることの難しい地震だからこそ、地震に対しての対策を打つ必要があります!!

公共の建築物や社会インフラなどの地震対策は国が積極的に進めていますが、

毎日を過ごす家については自分自身で不安を解消していくしかありません。

耐震性能等級という言葉を聞いたことのある方も多いかと思いますが、

国が定めた構造強度基準を満たさなければ新しく建築することができません。

耐震等級には、基準の1.25倍の強さがあれば耐震等級2、

1.5倍の強さを耐震等級3の最高等級としています。

それ以上の強さにすることはできますが、国は設定しておりません。

明確な基準があるからこそ

一部の建築会社だけが明らかに地震に強い家づくりをしているわけではなく

耐震強度を高めることは、どの建築会社でもできることです。

だからこそ、単に地震に強いということだけでなく

どのように地震に強い家づくりをしているかを建築会社聞く必要があると思います。

家には住む方々の命を守る役割があります!

快適でかつ安心してご家族が過ごせる

無垢スタイルの家づくりを是非一度体感してみてください!!

毎月、完成見学会を実施していますので、

リアルな無垢スタイルの家づくりを体感できます!

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

▼1日で家づくりがまるわかり「住まいの発見バスツアー」
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/04/16/20170507bustour.php

2017年03月18日

東日本大震災から早6年。地震対策続けていますか?

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です。


3月と言えば、宮城県出身の私としては

忘れられないのが『東日本大震災』です。

あの日から早6年。

地元に帰る度に震災のテレビ番組や新聞を見ると思い出し

まだまだ復興には遠いと感じます。


さて、関東に関してもM7クラスの地震がおこる可能性は

70%以上と言われております。

打ち合わせなどをしていても

やはりお客様も地震に対しての心配をご相談される事が多いです。


今回は、東日本大震災の時に体験した事を含め、家造りの中で取り入れると

良い点をご紹介したいと思います。


【1】物が倒れ、飛んでくるのでなるべく固定できる物を仕様

東日本大震災の際、私が住んでいた家が古いマンションだったと言うこともありますが

大きな揺れに食器棚は倒れ、大きな冷蔵庫は1m以上動いていました。

その後、余震に備え食器棚の固定をしましたが、新しく建てるなら食器棚ではなく

固定のカップボードなどを付け、食器の下には滑り止めを入れてあげるのお勧めです。


【2】ライフラインは電気がお勧め!?

東日本大震災の時、私が住んでいた地域は4日目に電気が復旧しました。

電柱が地中に埋め込まれている地域は3日目に復旧しており

復旧と同時に水道も出るようになりました。

プロパンの家は火が使えましたが、都市ガスだった私の家は約1ヶ月かかりました。

オール電化が絶対に良いとは言えませんが(計画停電などもありましたよね)

復旧の早さで言えば、その時は電気が一番でした。

そして、やはり必要になるのが・・・・


【3】備蓄などの備えを完璧に!

5年も経つとだんだんと意識が薄れ

備蓄などの備えも怠り勝ちになっている様ですが

備えに勝る物はありませんでした。

スーパーもコンビニも物が十分に買える状態ではなく、少ない品の中から

一人○点と決められた中での買い物。

友人などが困っていたのはカセットコンロのガスや電池でした。

缶詰や水だけでなく、意外と備蓄しておく必要のある物が多いので

パントリー兼備蓄庫などもあると備えあれば憂いなし・・・ではないでしょうか。


無垢スタイルでは、土地の見極め方から完成現場見学までを1日で見て回れる

弾丸バスツアーを開催しています!

新築をお考えの方は地震被害を最小限に抑えるためにも土地選びから大切になってきます。

建築中の現場なども見学できますので是非ご参加ください!


▼4月9日(日)1日で家づくりがまるわかり「住まいの発見バスツアー」
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/03/14/20170409bustour.php

2016年11月20日

地震に強い無垢の家は無垢スタイルへ

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の斉藤です!


熊本の震災が記憶に新しいところ、

つい先月鳥取でも大きな地震がありました。


日本各地でこのような震災がいつ来てもおかしくない状況です。

想像してみてください。


自分が外出している時に、大きな地震が発生し

自分はたまたま安全な場所に避難できたが

家族が家に取り残されていたとしたら。。。


本震では耐えられたが、二度三度くる余震で家が倒れたら。。。


一番大切なのは「地震で倒れない家をつくる」ことです。

耐震・耐久という性能が高い住宅をつくることで、家族を守ることができます。


無垢スタイルではもともと、リフォームから創業し

耐震診断や耐震改修で多くの実績を残してきました。

どのくらい多いかというと、埼玉で1番の実績でかつ全国で4位の実績があります。


そこで様々な建物の状態によっての改修方法やデータを蓄積し

新築に生かす耐震・耐久性能を確保した仕様を採用しております。


無垢材ならではの快適な空間や癒しの空間を提供する前提に

「地震に備える空間」を軸にご提案させていただいておりますので

耐震にご不安な方もお気軽にご相談いただければと思います。


▼無垢スタイルにご相談したい方はコチラ▼
https://ssl.muku.co.jp/contact_formpage1/


2016年10月23日

耐震・免震・制震の違い

こんにちは
新築コンサル営業の當間です。


10月21日14:時7分に鳥取県中部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。

この地震により、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、

皆様の安全と被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。


東日本大震災、熊本地震、そして今回の鳥取地震。

耐震からさらに上の性能に興味をもたれる方が増えてきました。

建替えや新たに新築を検討される方で特に気にされるのが地震での被害です。


そこで、今回は耐震・免震・制震の違いについてわかりやすくご説明致します。

耐震とは

耐力壁を増やし、接合部を固めて建物の骨組みで地震に耐える工法。大きな地震には、建物の骨組みを損傷させてエネルギーを吸収するシステムのことをいいます。

免震とは

基礎部分に免震装置を入れて建物と地盤を切り離し、大地震の振動を建物に伝えにくくするシステムのことをいいます。

制震とは

土台と梁の中間に設置した振動吸収装置が建物の振動を吸収して建物の揺れを軽減するシステムのことをいいます。

耐震の基準は建築基準法でも定められていますが、

現状免震・制震については、マンションでは普及が進んでいます。

戸建てには法整備はされていませんが、

住宅でもこれからは導入の流れがありそうですね。


無垢スタイルは、全棟安心して永く住んでいただくため

「構造計算」により、耐震性・耐久性・安全性を確保し、

木造の本当の強さを実現しております。

無垢スタイルの展示場では耐震補強の実物大のサンプルで

ご説明もさせて頂いております。

また、建築途中の住まいでの構造見学も随時開催しております。

地震に強い家が気になる方は、是非お問い合せください。


▼無垢スタイルの耐震設計▼
耐震に豊富な知識を持つ無垢スタイルの設計理念
http://www.muku.co.jp/concept/earthquake.php

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ