メイン

2017年05月14日

悩みが絶えない収納のポイント!

こんにちは!

無垢スタイル山本です。

今回は家事の中でもお悩みが絶えない、収納について書いてみます。

収納では収納量のお話しが良く出ます。

一般的には床面積に対して10%前後、できれば15%ほどの収納量があると、

収納について満足されるケースが多いと言われておりますが、

今回のブログではもう少し具体的なポイントを書いてみたいと思います。

量の問題とは別の観点で、収納の方法のポイントです。

下記の2点をイメージしてみてください。

① 持っている物の量を把握する事
(現在のお住まいの収納からはみ出ている物) と、

② 頻繁に使う物と、めったに使わない物、を考える事です。
(まとまった収納と細かい収納どちらが必要かを考えます。)

物の量については、現在のお住まいを拝見させて頂くことで

おおよそ推測することができるのですが、

例えば、お子様の学校の資料が常に机の上に出っぱなしになってしまうとか…、

洋服をぎゅうぎゅうにクローゼットに詰め込んでいるので取り出しにくい…

なんていう状況の方も多いのではないでしょうか。

量について把握することで新居では適正な収納計画をすることができます。

続いて頻繁に使う物(例えば洋服や食器など)

とめったに使わないもの(スノボの板、キャンプ道具など)を把握することで、

引き出しにしまう物なのか、パントリーのような棚にしまうのか、

または納戸や外物置でも対応できるのかが分かってきます。

めったに使わない物の為に、せっかくのリビングを狭くしてしまうのは勿体ないですから、

使う物使わない物を考えることで、スッキリ収納に収めることができます。

収納の例としては、

ウォークインクローゼット

20170514_s_y_01.jpg

納戸

20170514_s_y_07.jpg

フロアガレージ

20170514_s_y_02.jpg

棚や引き出し

20170514_s_y_04.jpg

20170514_s_y_03.jpg

小上がり収納

20170514_s_y_05.jpg


などなど、豊富にありますので具体的に何をしまうかイメージできるといいですね

一番参考になるのは、実際のお家をご覧になることです。

完成見学会などで、実際のご家庭の収納方法をご覧になってください。

収納のポイントや間取りでお困りの方は、

設計プラン相談会を随時開催しておりますので是非、ご参加ください!

▼設計プラン相談会
http://www.muku.co.jp/seminar/construct.php

2017年05月13日

家族みんなで使う「ファミリークローク」

こんにちは!

無垢スタイル建築設計新築コンサルティング部の島田竣介です!

住宅の間取で収納として多いのが、

ウォークインクローゼット、納戸、押入れ、土間収納が御座います。

その中でも家族が一緒に使うクローゼットをファミリークロークと呼びます。

20170513_s_s_01.JPG

20170513_s_s_02.JPG

そんなファミリークロークですが、家事動線を短くするには最適な収納方法です。

通常の収納ですと、畳んだ衣類を各部屋の収納にしまいます。

ですがファミリークロークですと、畳んだ衣類は一箇所にしまうだけで済みます。

私は現在一人暮らしなので動線に関しては苦労しておりませんが、

実家で暮らしていた時は、この動線が長かった為、すこし大変でした。

半分以下に短くなれば毎日少しだけ余裕が生まれるんじゃないかな

なんていう風に、思ったりもしました。

間取を考える際には、

こういった家事動線や収納の配置もしっかり考慮すると

より良い家づくりができると思います。

間取りや、収納の配置のご相談も是非無垢スタイルにご連絡ください!


▼設計プラン相談会
http://www.muku.co.jp/seminar/construct.php

2017年03月17日

アウトドア用品を収納する注意点

こんにちは!!

新築コンサルティング部の島田竣介です!!


徐々に気温が暖かくなり、お花見やBBQなど

これから、アウトドアで盛り上がる季節です。

無垢スタイルにご来店して頂くお客様は、

アウトドアがお好きな方が多いようです。

今回はアウトドア用品収納についての注意点をお話させていただきます。


アウトドア用品は重たいものから、軽量なもの。

かさばるものやデリケートなものなど

色々な種類があり、量も多くなります。

使うときにしか使わないからこそ保管場所に困ります。

「とりあえずその辺に。。。」

という訳にもいかないのが実情だと思います。


そこで保管する際に気をつけた方が良いといわれているのは、

『湿気』『汚れ』『紫外線』です。

汚れを落とし、しっかり乾かす作業が必要となり、

保管する際にはなるべく室内で紫外線の当たらないところがよいです。


ですので、必要な条件としては下記の項目が挙げられます

・なるべく車からの出し入れがしやすい
・汚れが壁や床に付いても掃除しやすい材料
・水場から近い場所(道具などを洗う)
・湿気がこもりにくい窓の配置
・適切な広さ
・人目に付かないところ


無垢スタイルでは、今までの事例からこのような注意点を

踏まえた提案もさせていただきます。

是非、無垢スタイルの展示場や見学会などにご来場いただき、

収納アイデアなどを実感してみてください!


▼3月18日(土)・19日(日)無垢の家 完成見学会【完全予約制】
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/03/11/inspection_107.php

2017年02月27日

収納スペースを増やす前にやるべきこと

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の蒲谷です。


今回は、収納についてお話しします。

20170227_s_k_01.JPG

よくお客様に、収納を多く取って、なるべく家具が表に出ない様にしたいと言われます。

しかし、まず大切なのは、現在の物の多さと、どこにどれだけの

収納が必要か認識することが始まりになります。


現在の住まいを思い出して頂き、どこにどれだけの収納があるのか?

果たしてそれは、新居にも必要なのか?

現在の住居を基に、新しい家の収納も考えていく必要があります。


ただただ収納だけを多く作っても、

新居の収納の内部は作った割に、

物が入ってないという事もあり得ることになります。


明日、地鎮祭を行わせて頂くS様の場合、

朝霞にお住まいで打合せはご自宅に伺わせておりましたが、

物が少なく、寝室の収納も2帖あれば4人で十分というお客様でした。


物が多くなると、断捨離を行い、

常に物が多くなることはないというすばらしいS様。


そういうお客様は稀として、自分自身が物を捨てられる

タイプかどうか?また、どのくらいの物を今持っているのか、

そこが最初に理解することが大切です。


ぜひ、私と無垢の家づくりの一歩を始めてみましょう。

以上、蒲谷でした。


▼無垢の家 完成見学会【完全予約制】
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/02/24/inspection_106.php


2017年01月28日

本当に使い勝手のいい収納について考える

こんにちは。

無垢スタイル 新築コンサルティング部の水出です。

1月後半になり日が伸びてきました。

人の動く時間も伸びてくるこの時期は

家づくりに動き出す方も増えてくる時期でもあります。

今日はそんな家づくりの失敗ポイントをご紹介させていただきます。

スーモの『間取りで失敗したポイント』のアンケートによると

1位 収納のつくり方

2位 配線計画

3位 部屋の広さ

なんと1位が収納のつくり方だったのです。

家を建てるならウォークインクローゼットに憧れを持ちますよね。

しかしながら、実際の使い勝手などでいうと

壁面収納のほうが使い易かったりするのです。

なぜ壁面収納の方が使い勝手がいいかと申し上げますと、

ウォークインクローゼットですと左右にハンガーパイプが付き、

意外と奥のものが取り出しづらかったりするようです。

収納に関しては、収納を広くするのではなく、

しっかりと寝室にはどれぐらい収納するのか。パントリーなどは必要なのか。

こういった生活を考えていくと使い勝手の良い

程よい広さの収納が確保できるのではないでしょうか。

無垢スタイルでは、土地の探し方から完成現場見学会までを1日で見て学べる

バスツアーを開催しております。

間取りのご相談も是非無垢スタイルにお任せください。

▼1日で家づくりがまるわかり「住まいの発見バスツアー」
http://www.muku.co.jp/event/event/2017/01/21/20170205bustour.php


2016年11月17日

収納の間取りは『自分に必要な量』を見極めてから

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です。


11月も半ばになり、日中と朝晩の気温差があり

毎日の服選びに悩んでしまいますね(^^;)

急激な気温の変化により体調を崩される方も多いので皆様

体調管理には十分お気を付けください。


さて、秋になって衣替えをされた方も多いと思いますが、

私も衣替えの際に着ていないものの処分と足りないものの

補充を行いました。


以前にもブログに書きましたが、

私の場合、冬物34着、夏物83着、部屋着18着の

合計135枚がベストな枚数です。


これは収納セミナーなどでもよく言われる

『自分に必要な量』を知ることです。


服でも靴でも食器でもそうですが、沢山の物を持つと言うことは

それだけの収納スペースが必要で

それらがどこにあってどのように使うものかを把握しないとけません。


把握しきれればいいのですが、

だいたい『あれどこいったかな~』と探したり、

こんなのあったんだ!と逆にびっくりしたりと、

沢山の物を把握するのは大変なことで

探す時間や買い直してしまうしまうことは時間とお金の無駄にもなります。


最近はミニマリストなどと言って物を持たない生活なども注目されていますが

持っているだけでワクワクするような本当に自分に必要な物と

本当に必要な量を知って快適で心地よい生活が送れるといいですよね♪

少しづつ年末に向けて、整理整頓をしてみてはいかがでしょうか。


▼41坪に二世帯の無垢の家▼
41坪に『2LDK+3LDK+ロフト+ビルトインガレージ』
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2016/11/06/inspection_99.php

2016年11月13日

無垢スタイルの収納術

こんにちは!

無垢スタイル山本です。

お客様からのご質問なのですが、

今の家では収納が足りないので改善してほしい!

収納のポイントは2つ!!


  • 収納量は延べ床面積の15%を目指すべし!

  • まとめて収納派か、細かく収納派か把握すべし!



  • 収納量についてですが、

    家全体の床面積の15%以上の収納量を確保すると

    住んだ後の満足度が高いと言われています。

    例えば、延床面積30坪のお家であれば、

    4.5坪(9畳)の収納量があればOKです。

    家庭によって割合は前後すると思いますが、

    細かな収納も考えて計画をしてみましょう。

  • まとめて収納派か、細かく収納派か把握すべしですが

    ①の収納量とは別にこちらは収納の質のお話になります。

    比較的こまめに掃除をする習慣があり、

    物が散乱していないご家庭か

    書類や小物などが出っぱなしになることが多いご家庭かで、

    収納の質画が変わります。

    片付けが得意な方は、納戸やロフトなど

    まとまった収納を作る方が向いています。

    一方片付けが得意でない方は、

    細かく適材適所に各部屋に収納が充実している方が

    向いていると言われています。



ご家庭によって最適な収納は異なります。

無垢スタイルでは現在のお住まいの状況を基に、
最適な収納方法をご提案しております。
是非お気軽にご相談ください!


▼二世帯の無垢の家 完成見学会▼
41坪に『2LDK+3LDK+ロフト+ビルトインガレージ』
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2016/11/06/inspection_99.php

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ