メイン

2018年04月20日

埼玉県人口「30年間で1割減」 少子高齢化へ

埼玉県人口

こんにちは!

この度、4月より無垢スタイルのスタッフとなりました

新築コンサルティング部門の玉津(たまつ)と申します。


一昨年に戸建てを購入したことをきっかけに無垢材での家づくりに興味を持ち、

ご縁がありこの4月に無垢スタイルの一員となりました。

今後は自身の経験を活かして、皆様に近い視点から

アドバイスやお手伝いをさせて頂きたいと思いますので、

何卒宜しくお願い致します!


さて、先日、国立社会保障・人口問題研究所が発表した将来推計人口によると、

埼玉県の人口は平成57(2045)年に27年比10.2%減

652万5千人になる見込みだそうです。


県内63市町村のうち、53市町村で人口が減少する一方で、

戸田市や吉川市など東京に近い県南部では増加が見込まれ、

さいたま市は1.7%増の予想のようです。


県南部の人口増加は予想されるものの、

少子高齢化は産業の衰退にも繋がりますので深刻な問題ですね。


シニアの方々の活躍を推進した健康長寿が今後の課題だと思います。

健康長寿には、自身の食生活の管理が基本ですが、

快適な住環境も重要になります。


埼玉県で快適な自然素材の住まいづくりを考えている方は

是非一度ご相談ください。

まずは、無垢スタイルのモデルハウスで無垢材の良さを体感してみてください!

ご来場をお待ちしています!



▼無垢ヴィスタコルシェソル展示場▼
https://ssl.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

2018年04月09日

家計を助ける太陽光発電

20180406_s_i_01.JPG


こんにちは。

新築コンサルティング部新築部門の円谷です。


心地の良い春の日差しを感じられる気候になって参りました!!

日差しに良い日が続きましたので、太陽の恵みのエネルギーについて紹介します。


仮に40坪の敷地の太陽のエネルギー量を電気料金に換算してみるとどうなるでしょう。

もし敷地に降り注ぐ日照エネルギーをすべて電気として使えるとすると、

東京や埼玉では1日に1㎡あたり平均3.5kWhといわれております。


敷地の全ての太陽光をエネルギーに変換できるとすると、

敷地面積を133㎡(約40坪)として、

3.5kwh×133㎡=465.5kWh

となります。

これを電気料金に変換すると、

465.5kWh×23円/kWh=10706.5円

にもなります!!

毎日、約1万円が空から降ってきていることになります。

なんと年間365万円にもなるエネルギーが太陽から得られることになります!


そのエネルギーを有効活用する為に、太陽光発電などの自然エネルギーを活用して、

日々の電気に活かせると家計にも大変ありがたいでしょう。

無垢のおうちで自然のエネルギーを有効活用して、お得に暮らしてみませんか。


コンサルティング部では太陽光発電のご相談も承っております。

お気軽にご相談くださいませ。


▼無垢スタイルの7つコンセプト
https://ssl.muku.co.jp/concept/

無垢な自然素材の家:無垢スタイル 無垢の家デザイン事例 無垢スタイルの家づくりとは

アーカイブ