不満と不安を解消する無垢スタイルの家づくり

2019.05.02 Thu

注文住宅だからできる家づくり

こんにちは!

無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の赤羽です。
元号が『平成』から『令和』に代わり、無垢スタイルも今日が『令和』はじめての営業日となります。

ゴールデンウィーク中も無垢スタイルはOPENしていますので、家づくりをご検討の方はお気軽に無垢スタイルの展示場やショールームにご来場ください。

不安だらけの注文住宅

さて、そんな人生で最も大きな買い物と言われる「お家づくり」ですが、断熱性能や耐震性能も気になるけど難しくてよく分からない、、、

住宅ローンはどのくらい組めるのだろうか?

自分にとって損なく建てられるのはいつだろうか?

希望の土地は見つかるだろうか?

など不安や分からないことも多くあるかと思います。

 
そんな中でこれから暮らしていくお家の間取りを考える時はすごく楽しいですよね!

素敵なモデルハウスを見て、「あ~私も早くこんなお家に住みたい!」と夢が膨らみます。

しかし、いざご自宅が完成し引越しが完了し新しいお家での暮らしが始まってみると
 
『あれだけ夢にまで見たマイホームなのに何か違う…』
『素敵なモデルハウスを参考にして建てたのにあんな風に素敵にならない…』
 
これは「注文住宅あるある」ですね。

注文住宅を建てた方の約3割以上が不満を抱いているそうです。

何故このようなことになってしまうのでしょうか。

一般的にモデルハウスに展示している雑貨や家具など全ての物の数を数えてみると350~400点あります。
しかし、実際に暮らすであろう4人家族で考えてみると家具や雑貨生活用品の数は3500~4000点になります。

素敵な空間が作られているモデルハウスと比べると約10倍の物の数になるわけです。

それでは同じように素敵な空間は作れないですよね。

『収納』で決まる快適な空間づくり

そこで重要になるのが、みなさんお気づきかと思いますが、そう、「収納」です。

「収納」に必要なのは「収納量」と「場所」そして「使い方」です。

今ここで偏にこのような収納を作ると良いですよ!!とはお話できません。

それはお客様それぞれにライフスタイルも性格も体格も違うからです。

 
例えば、上段中段下段に分かれた収納があったとします。

身長155cmの人が使いやすい高さは、中段>下段>上段になります。

身長175cmの人が使いやすい高さは、中段>上段>下段になります。
 

性格によっては1箇所にまとめて収納できる大きな納戸があったほうがよい人、小さくても家のいたる所に収納を作っておいて物ごとに設置箇所をしっかり決めておきたい人など様々です。

このようにお客様それぞれ個々の性質にあった収納をご提案しなければならないからです。

不満を解消する無垢スタイルの設計理念

そのため無垢スタイルでは間取りのお打合わせをさせて頂く際には、なるべく、まず現在のお住まいを見せていただくようにしております。

今現在のお住まいを見させて頂くことによりどのようなところに不満をお持ちなのか、生活しづらい部分はどこなのかお客様がストレス無く過ごすにはどのような動線があるといいのか、今の持ち物量、種類、内容などからお客様に最適な間取りをご提案させていただいております。

それが、私たち住まいの問題解決業のひとつでもあります。

一生に一度の大きな買い物、後悔の無いよう素敵なお家造りのお手伝いを是非させていただければと思います。

家づくりビギナーのための『家づくり無料セミナーのご案内』

  • Instagram

  • Facebook

ARCHIVE