猫の爪で傷だらけになったの無垢材の床のメンテナンス

2019.05.23 Thu

こんにちは!
無垢スタイル建築設計 新築設計室の佐藤です

今年のGWは11連休でしたね。

私も連休を頂いて、キャンプに行ってきました!

天候も良く、気持ちよく山を堪能してまいりました。

そして、残りの休日は築8年の自宅の床のメンテナンスを行いました。

無垢スタイルの標準仕様の赤松30mmの床材ですが、猫の爪のキズが多くついてしまった為です。

これが、塗装前のリビングの床です。

やり方は、
①まず床を雑巾掛けしてきれいにします。

②乾いたところで、「ウッドライフ」という専用の自然塗料を塗ります。自宅は、一番濃いタイプの「クロ」です。

③布に塗料をなじませ、床に塗っていきます。

今回はLDKとホールの約20帖程塗装しました。

だいぶ綺麗になって猫も家族も大満足でした。

赤松は、夏も冬も足触りがサラッとして気持ちよく、無垢の家の一番の快適ポイントです。

しかし、少し傷がつきやすいので、メンテナンスが必要ですが、素人の私でも簡単に出来ました。

無垢スタイルでは、プロよる床のメンテナンスもアフターサポートで承っております。

床を蘇らせたいOB様は、お気軽に担当者までご相談ください。

床が新築当初のようにキレイになると、自分も家族もリフレッシュされますよ!

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!
  • Instagram

  • Facebook

ARCHIVE