“住みたい地域の特徴を踏まえた設計” で快適な家づくり

2021.09.05 Sun


こんにちは!新築コンサルティング部の大川です!
私が高崎支社に配属されて、早2か月が経ちました。
新しい土地での生活は新鮮であっという間に過ぎていってしまいますね!
 
さて、実際に群馬県に住んでみて感じたことなのですが、埼玉県と群馬県は隣同士ではありますが、気候や風土はやはり違いました!
気候・風土が変わると、家づくりに対するこだわりポイントも変わってきますので、「こういうところを気にされるといいですよ」という一例をお伝えできればと思います。
 
無垢スタイルの活動拠点となっている「さいたま市」と「高崎市」を比べてみると、「さいたま市」は関東平野に位置する平野部となっており、周辺地域からの影響も少なく1年を通して穏やかな気候となっています。
一方で「高崎市」は、群馬県の中でも平野部に位置しておりますが、北部・西部に山々が連なっており北風が強い地域となっています。
また、夏は暖められた空気が山にぶつかり雷雲を発生させ、冬場は乾燥した風が吹き下ろす、年間を通して変動の多い気候となっています。
 
こういった気候・風土の違いから群馬県では特に「北風」に配慮した設計を大切にしています。
例えば、北風と一緒に砂埃などが入りにくいように北側の窓は滑り出しの窓にしたり、強風にあおられて危なくないように玄関ドアは南側に配置したりなどの工夫が大切です!
 
また、良い家の条件として太陽の陽射しや風をしっかり取り入れられることを気にされる方も多いのではないでしょうか?
群馬県と埼玉県は、日本全国の中でも日照時間の長い地域になりますので、「パッシブデザイン設計」呼ばれる、自然の力をうまく取り入れられる設計がとても効果的な地域となります。
(パッシブに関しての記事はこちら)↓
 
今、家づくりを検討されている方・今後検討される方には、このような「住みたい地域の特徴を踏まえた設計」ができるというポイントが非常に重要になると思いますので、ぜひご参考になさってください!
無垢スタイルでも、ご検討中のエリアに合わせたプランを過去事例などを使いながら丁寧にご説明させていただいておりますので、お気軽にご相談くださいませ!
 

設計士が教える「設計セミナー」

9月11日(土)・12日(日)アンティーナ展示場にて
限られた予算の中で家づくりを成功させたい方のためのセミナーを開催します。
設計士が直接講師となって教える貴重なセミナーですので是非お越しください。Zoomを使ってオンラインでも受講が可能です!
「設計セミナー」の詳細はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!
  • Facebook

ARCHIVE