2017年06月26日

埼玉県が多世帯向けに最大50万円の補助金を支給

こんにちは、

無垢スタイル 新築コンサルティング部の斉藤です!


今回は「平成29年度埼玉県多世帯向け新築分譲住宅取得支援事業」に

ついてご紹介いたします。

少子化対策の一環として、多世帯の住環境向上を支援するために、

埼玉県内で新築分譲住宅(注文住宅も含む)の取得に係る

諸経費に対し、最大50万円を補助する住宅支援の実施になります。


対象者条件としては、

・18歳未満の子が3人以上の世帯 または

・18歳未満の子が2人で3人目を希望する夫婦が共に40歳未満の世帯


住宅条件としては、

・補助金申請日において、新築年月日が2年以内でかつ居住したことがないこと

・埼玉県子育て応援住宅の認定を受けていること

・埼玉県子育て応援住宅証明書が交付されている

・平成29年4月1日以降に売買契約をした住宅


受付期間が平成29年6月1日から平成30年3月15日までで

予定件数が500件ということで、残り100件からは抽選となるそうですが、

まだ空きに余裕はあるとのことです。


無垢スタイルでは、資金計画のことから

土地探し・間取りプランニングのことまで

無料でご相談を承っています。

家づくりを始めようとしている方は

是非お気軽に無垢スタイルまでお問い合せください。


▼各種セミナー情報
http://www.muku.co.jp/seminar/

2017年06月25日

制震筋交いにブリーズシステム!
完成前だからわかる無垢スタイルのこだわり!

こんにちは!

無垢スタイル山本です!

今回のブログでは

浦和区にて5月に上棟を迎えたO様のお家をご紹介させて頂きます。

O様のお家ですが、

完成すれば見どころ盛りだくさんのお家になりそうなのです!が…

現在の構造の段階でもかなりの見どころがあります!

まずは制震筋交いです。

201700625_s_y_3.JPG

地震の際に揺れを70%軽減できる優れものです。

そして弊社のブリーズシステム!

20170625_s_y_1.jpg

ダクト配管の様子がよく見えます。

さらに勾配天井やロフトの構造も、この時期でないと見られませんよね。

201700625_s_y_2.JPG

上棟祭の際には、旦那様と屋根の上まで登りました。

浦和とは思えないほど見晴らし良かったです。

ご自宅が完成して、お家の中からどんな景色が見えるのか、楽しみですね!

O様引き続きよろしくお願い致します!


▼無垢スタイルの注文住宅施工事例
http://www.muku.co.jp/construction/


2017年06月24日

土間スペースの用途

こんにちは!無垢スタイル建築設計の島田竣介です。

広い土間がある家って、お洒落に見えますよね。

何より普通の家ではない感じがします。

私は将来、家を建てる際には広い土間スペースを作ろうと考えています。

今回は土間スペースの使い方や注意点を少しだけご紹介いたします。

●自転車を置く場合

近年、スポーツバイクなどの高価な自転車を

玄関土間に置きたいという人が増えてきています。

玄関に置くことによって、盗難の危険が無くなり、

雨にもさらされない為、自転車は玄関土間に置くのが良いとされます。

ですが、注意しなくてはいけないのは、

サイズと自転車を置くスペースについてです。

この玄関土間が狭いと、移動の際にタイヤのゴムが壁紙に当たって

跡が残ってしまう事も有りますす。

自転車を置く場所も、出し入れしやすく、

メンテナンス等もしやすいスペースを確保できると、

使いやすい玄関土間となります。

●庭とつなげる

土間は家の中で唯一、土足で歩くのが許された場所なので、

庭と土間はとても相性が良い組み合わせです。

土間の外にタイルデッキやウッドデッキなんかがあると、

土間と外との段差がほとんど無くなるので、

土間をより広く有効的に使う事ができます。

また、庭とつながった土間をつくる人は、

より開放的にするために窓を全開にできる

フルオープンサッシを採用する人が多いです。

広い土間のある家は見た目からして、かっこいい印象があります。

ただ、広い土間をつくるときは、

見た目だけでなく土間を何に使うのかも重要なポイントになってきます。

また、広い土間は寒さ対策も十分に行っていないと、

「冬は寒くてたまらない」なんて事にもなりかねないので注意が必要です。

無垢スタイルでは、設計プラン相談会を開催しています。

土地の形状でお困りの方や、今回のように家の導線でお困りの方はぜひご相談ください!

▼無垢スタイルの設計プラン相談会
http://www.muku.co.jp/seminar/construct.php


2017年06月23日

さいたま市西区H様の地鎮祭に参加いたしました!

こんにちは!

無垢スタイル コンサルティング新築部門の當間です。


夏も近づき梅雨に入りましたが、今年は雨が少ないですね。

雨の日が少ないと、工事は進んでいいのですが、水不足が心配ですね(^^ ;

20170624_s_t_01.jpg

先日さいたま市西区でH様の地鎮祭に参加させていただきました。

土地については解体工事や造成(擁壁)工事などもあり、

土地を購入したときからは見違えるような印象になり

H様も喜んでいらっしゃるようでした。

H様は3年前に弊社で建築頂いたお客様から紹介いただいた方なので

信頼を頂けるようにより全力でサポートしていかなくてはと

改めて心に刻む地鎮祭になりました。


H様引き続きよろしくお願いいたします。

2017年06月22日

地震に強い住宅の作り方

こんにちは!

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の谷口です。


東日本大震災から今年で6年が経過します。

それ以来、世の中の地震に対する意識が今までと大きく変わりました。

家づくりをご検討されてる皆さまは、

「耐震」「制震」「免震」という言葉をよく耳にすると思います。

では、この3つは一体何が違うのでしょうか。


耐震

壁や柱を強くすることで、揺れに“耐える”構造を指します。
具体的な方法としては、柱と柱の間に「筋交い」と呼ばれる斜め材を入れたり、柱と土台を金物で固定させる等です。
一般的な木造住宅の殆どが耐震構造でつくられています。


制震

建物内に「ダンパー」と呼ばれる振動軽減装置を設置し、地震のエネルギーを吸収する構造を指します。
建物に粘りを持たせて振動を“制御する”という考え方です。
一般的な鉄骨造の住宅に多く用いられています。


免震

建物と基礎との間に免震装置があり、地震時に揺れを極力建物に伝えないようにする構造を指します。
地盤から絶縁された状態のため、揺れから“免除する”という考え方です。
主に、高層マンションなどに用いられる構造です。
近年では、リニューアルした東京駅丸の内駅舎に採用され注目を浴びました。


無垢スタイルでは、上記3種類のうち【耐震構造】を採用しています。

具体的な工法としては、

× 筋交い × 構造用合板 を併用して使用することにより、

通常の在来工法よりも2倍強い構造になっています。


20170622_s_t_01.jpg

他にも、柱や梁の緊結方法や基礎の構造上において、

一般的な基準よりも高い剛性がでるように設計されています。


また、+αとして【制震システム】を取り入れることも可能となっております。

モデルハウスに模型がございますので、詳しくはそちらにて是非一度ご覧ください。


▼高級感あふれるシックで落ち着いた『無垢ヴィスタコルシェソル展示場』
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

2017年06月19日

さいたま市 O様のアンティークな無垢の家 完成!

こんにちは。

無垢スタイル コンサルティング部新築部門の大久保です!


早いもので梅雨の季節になり少し湿度の高い日も増えてきましたが

雨の日に見る紫陽花は、やはりこの時期だけの楽しみですよね!


そんな、紫陽花が似合う素敵なお家が完成し、

6/10にお引渡しを迎えを迎えた大宮区のO様邸をご紹介させて頂きます!


私がO様と初めてお会いしたのは2015年でしたが、

O様と無垢スタイルが出会ったのは2006年と

10年以上前から無垢スタイルのことをお知りいただいておりました。


設計の打ち合わせが始まる前に拝見させて頂いた、

O様が長年集めた理想の家のスクラップブックは

O様の想いがギッシリと詰まっておりました。

ひとつひとつにO様の想いが詰まった家造りは、

奥様自ら図面を描いて頂き何度も何度も打ち合わせを重ね、

品質高い職人さん達と造ったO様邸は細部にまで

こだわった繊細で、とても美しいお住まいとなりました。


▽奥様のこだわったアンティークの小物や


▽丁寧に仕上げた質の高い職人による、使い込んだ様な加工をするエイジング加工


▽一点物のドアやガラス


▽照明ひとつとってもO様らしさが出ております。


ドアノブや取っ手など家造りを始めてから、買い揃えるのではなく

気に入った物があればその時に買って、いつか建てる家の為に取っておく

お引渡し後のお食事会で、そんな考え方に感銘を受けましたと話したら

『家を建てるとなってから揃えるのでは遅いよ!』とさすがの一言を頂きました(笑)


O様と初めてお会いしてから、約2年と長いお付き合いとなりましたが

お引渡し後のお食事会では、今まで知らなかったO様の一面も知れたり

家造りの思い出話やエピソードをお聞きでき、

とっても良いお引渡しとお食事会となりました。

初めてお会いした日からお引渡しまで10年以上という永い年月を経て

完成したO様のお家は皆で考え、力を合わせて素敵なお家となりました!


家造りはこれで完成ではなく、これから外構やインテリアなどなど・・・

住み続けいく限り家造りはずーっと続いていきます。


O様の素敵なお家造り、これからもずっと見守らせて下さい(^^)

これからも、永いお付き合い宜しくお願い致します!

2017年06月17日

祝!飯能市 Y様邸の無垢の家 完成!

こんにちは!

新築コンサルティング部の松木です。


6月4日に御引き渡しをさせていただいた、

Y様邸のご紹介をさせていただきます。

Y様ご夫妻と家づくりがスタートして1年!

ご夫妻の想いが詰まった素敵な無垢の家が完成いたしました!!

Y様のこだわりの一つの西川材をたっぷり使ったお家となっております!


▼玄関先の和室はアーチ状の出入り口


▼開放的なLDKと小上がりの和室!
和室の小上がりの下には収納スペースを設けました!


▼丸窓からの風景は季節ごとに変わり、素敵な空間となっています!


▼朝の忙しい時間でもご家族が並んで使用できる造作洗面!


▼階段には大きな窓のその先には素敵な景色が広がっています!
毎日この景色が見れるのは羨ましいです!!


改めまして、完成おめでとうございます!!

Y様、これからも末永く宜しくお願いいたします!!


▼6月17日・18日 リゾートライクな大人サーフスタイルの無垢の家
 無垢の家 完成見学会【アンコール開催】
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/06/11/inspection_111.php

祝・北本市 S様の地鎮祭

こんにちは、

新築コンサルティング 部の斉藤です!


先日、北本市にてS様の地鎮祭の様子をお伝えしたいと思います。


S様とは昨年の5月のバスツアーにて初めてお会いさせていただき、

それからじっくり家造りについてお話しさせていただきました。

打ち合わせ中に奥様のお父様も福島からいらしていただき、

弊社の家づくりについて納得していただけました。


そしてついに地鎮祭を迎えることができましたが、

あいにくの雨。。。

「雨降って地固まる」ということで、思い出に残る地鎮祭となりました。

神主さんによって建物の四方にお清めをしてもらい

S様と現場監督による鍬入れを行います。


そして最後に建物の位置を現場にて確認していただき、

無事地鎮祭を終えることができました。


完成は10月くらいを目指してもうすぐ着工します。今から完成が楽しみです!

着工してからも、上棟祭や電気打ち合わせ、

施主検査などS様にご参加いただくイベントが待っています。


約5ヶ月をかけてしっかりと大工さんや職人さんが丁寧に仕事をしていきますので、

S様引き続き宜しくお願いたします!


▼6月17日・18日 リゾートライクな大人サーフスタイルの無垢の家
 無垢の家 完成見学会【アンコール開催】
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2017/06/11/inspection_111.php

アーカイブ