2016年08月25日

これですっきり!狭い部屋でも広く感じる収納術

こんにちは!無垢スタイル コンサルティング部新築部門の松木です。

今回は、収納について書きたいと思います。

生活には物はつきものでしまう場所がないと

いつまでたっても部屋が片付かないですよね。

部屋をいくらでも広げられるのであれば、沢山の収納スペースを作れますが

なかなかそうもいきませんよね。

狭い部屋でも工夫次第では、部屋が広く感じて、

尚且つ収納スペースも確保ができます!!

例えば、寝室がどうしても狭くて収納スペースが確保できない場合、

ベットではなく畳の小上がりを設けて引き出し式の床下収納などにすると

部屋も広く使えて一石二鳥です!

布団は簡単にしまえるので、空いたスペースを書斎にすることもできます

また、寝室を必要最低限の大きさにすることで

他の部屋を広くすることができるというメリットもあります!

アイデア一つで必要以上に部屋を広げなくても、

十分に収納を確保ができ部屋を広く感じさせることができます!

アイデアがたっぷり詰まった無垢スタイルの実際の家を見に来てください!

お待ちしております!

土地の選び方や注文住宅のポイントまで一挙に学べます
▼『無垢スタイルの住まい見学ツア』のお申し込みは下記のURLから▼
http://www.muku.co.jp/event/event/2016/08/19/2016090bustour.php

2016年08月22日

アトピー・喘息・アレルギーに強い自然素材の無垢の家

こんにちは。無垢スタイル 新築コンサルティング部の水出です。

家を建てる際に家の中の空気について考えたことは

ありますでしょうか?


人は毎日の食事や水分を約3~5kg摂取しているといわれています。

それに比べ、空気を重さに換算すると

1日あたり15~20kg摂取しているといわれております。


日常生活を送る中で多くの時間を過ごす室内空間には、

埃をはじめ、花粉、ダニ、カビなど多くのものが存在しており、

アレルギーや喘息、アトピーなどの原因になりうるのです。


使う材料を変えることによって、そういった要因をできるだけ抑えたり

もともとアレルギーや喘息持ちの方はどんなものに反応しているかを

しっかり検査したうえで一生に一回の家づくりを楽しんでいただければと思います。

また、無垢スタイルの全館空調システムを入れていただくことによって、

室内環境をより快適にしていただけますので

是非一度、無垢スタイルのモデルハウスにお越しください。


【9月3日(土)・4日(日)無垢の家 モデルハウス見学会】
上質な天然無垢材の魅力を体感できる無垢スタイルのモデルハウス見学会です
▼詳しくはコチラ▼
http://www.muku.co.jp/event/inspection/2016/08/20/inspection_94.php

2016年08月21日

夏休みの宿題はリビング学習がオススメです!

こんにちは。
コンサルティング部新築部門の大久保です。


8月も下旬に入りお子様の夏休みもあとわずか。

夏休みと言えば、学校からの宿題などがあると思いますが

皆さんのご家庭はどこで宿題をしているでしょうか。


子供部屋で1人で宿題をしていると、本を読んだり遊び始めたりと

なかなか勉強に集中できないお子様もいるのではないでしょうか。


お子様が勉強に飽きてしまう、嫌いになってしまう、集中できない理由は

『分からない』
『環境が悪い』
『褒めてもらえない』

という事にあります。

それらの理由についてご説明させていただきます。


①『分からない』


そもそも、勉強が分からないと分からない事が苦痛になり

勉強が嫌いになってしまいます。

逆に分からない事が分かると面白くなり、

自信がつき達成感から快感に繋がり楽しくなってくるので

分からない所はすぐに聞ける環境を作ることが良いです。


②『環境が悪い』


部屋で一人で勉強していると、親の目が行き届かない事もあり

周りに勉強以外の物(マンガやゲーム、おもちゃなど)があったりと

勉強に集中できない環境である事が多いです。


③『褒めてもらえない』


一生懸命勉強をして問題が解けたり、勉強をやり終えた後に

親から褒めてもらえるかもらえないかによって

勉強への意欲が変わってきます。

褒めてもらう事により、達成感から自信がつき

次も頑張ろうというやる気が出てくるので

勉強が終わった後や分からない問題が解けた後は

親がいっぱい褒めてあげる事が大切です。


以上の3点を考えると、勉強をするのは

親の目が届く、部屋に一人きりにならない、

いつでも声を掛けられるリビングでの学習が最適です。


家族が集まるリビングは常に見てくれる人が居る事や、

周囲の雑音などがある為その環境に慣れていると学校での学習や

テスト時にも集中出来る子になると言われております。


実験的に夏休みの宿題からリビング学習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

お子様の中で何か変化が見られるかもしれません。


無垢スタイルでは、数多のプラニングを行ってきました。

リビング学習や階段収納など、建売では見られない注文住宅ならではの

間取り設計をご提案させて頂いています。

マイホーム購入をお考えの方は、是非、無垢スタイルの無垢の家を参考にしてみてください。

また、間取り設計のご相談も無料で承っていますので、お気軽にお申し込み下さい。


注文建築500棟分の成功の秘訣教えます!
▼『設計プラン相談会』のお申し込みは下記のURLから▼
http://www.muku.co.jp/seminar/construct.php

2016年08月20日

住宅ローンどっちが賢い?変動金利・固定金利の決め方

こんにちは、新築コンサルタントの斉藤です!

今回は、住宅ローンの金利が

「変動がいいのか?固定がいいのか?」

についてお話させていただきます。


3000万円35年ローンを組んだ場合

1%金利が上昇すると約600万円も総支払額が増えると言われております。

結論から言いますと、”その人の生活パターン”次第となります。


変動金利は金利が低い分、将来的に上昇するリスクが大きいので

共働き世帯や、まだお子様が小さなご家族の場合

最初のうちにガツガツ返していける変動金利の方がメリットがでたりします。


一方、毎月の出費をあまり変えたくなかったり

教育費や育児などで出費がかさんでくると

毎月の生計が見えていた方が安心感があるので

固定金利を選択したほうがいい場合があります。


ただし、当初10年間は住宅ローン減税で年末の残高の1%は

所得税と住民税から戻ってきますので

あまり残高を減らさずに繰り上げ返済やボーナス返済を

しないほうがいい場合が多いです。


年収や借入額、年数、家賃などの情報があれば

簡易的にシミュレーションができますので

どちらの方がお得になるか見てみるのはいかがでしょうか?

2016年08月19日

さいたま市西区 U様のシンプルで開放感のある無垢の家

こんにちは!新築コンサルタントの山本です。

今回のブログでは、7月にお引渡しをさせて頂いた

U様のお宅をご紹介させて頂きます。


U様のお家は自社の分譲地の南道路の良い区画に建つ

シンプルですがセンスのいお家です。

20160819_s_y_04.jpg

南東側に吹き抜けがあり、日当たりと風の通りが最高に気持ちいい無垢の家です。

20160819_s_y_05.jpg

玄関先は格子で目線のの対策をしています。

20160819_s_y_01.jpg

広いリビングは、吹き抜けにあるFIX窓から見える空で

より広々した空間を感じさせます。

水回りも家事動線が良く、効率的に家事ができます。

20160819_s_y_03.jpg

シンプルですがセンスのいい外観。

ナチュラルですっきりとした、素敵なお家になりました。

U様らしいお家にしていってくださいね。

これからも末永いお付き合いが宜しくお願い致します。

2016年08月18日

左官職人さんによる漆喰で仕上げるオシャレな造作内壁

こんにちわ。
テクニカルの石田です!


メンテナスで多くのお家に伺い、様々なメンテナスを行うには

様々な技術を持っていなければなりません。


無垢スタイルでは技術向上のための研修制度が充実しており、

先日も、左官職人さんの勉強会に参加しました!

20160818_s_i_01.jpg


無垢スタイルの新築で使っている外壁と同じ

「スウェーデン漆喰」を実際に塗り左官技を体験しました。


普段も漆喰の補修は携わりますが、

壁一面塗ることはあまりないので、とても楽しく学ぶことができました!

職人さんと色々な漆喰の症状に対するメンテナンスについても

語り合うことが出来ました!!


左官体験は、一般のお客様でも行うことが出来ますので

漆喰の外壁をお考えで、左官体験をしてみたい方は

無垢スタイルにご相談ください。


最後に左官職人さんが技術を大いに披露した「造作漆喰」を見てください!

20160818_s_i_02.jpg

20160818_s_i_03.jpg


これが全て漆喰で作ったものだとは、職人さんの技術にはいつも驚きです。

2016年08月09日

無垢スタイルの電気図面の打ち合わせ

こんにちは、IC石川です。

お盆前になり、真夏日が続く今日この頃。

無垢スタイルの夏休みは

8月10日(水)〜8月17日(水)になります。

このまま暑い日が続きそうですので

皆様もお身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。


20160809_s_a_01.jpg

さて、本日は現場でのお打合せについてのお話しをさせていただきます。


無垢スタイルでは、お家が上棟してから

お客様・打合担当・現場監督・そして電気屋さんとが集結し

現場で電気打ち合わせを行っています。


もちろん、スイッチの位置やコンセント計画、照明計画等

お打合せを終えてから現場がスタートするのですが

ただでさえ見慣れない設計図面に、更に見慣れない記号だらけの電気図…

お客様にとってはなかなか想像しにくい部分でもあるようです。


なので、実際に現場のスケール感が分かる状態になってから

電気配線関係の位置や高さの確認をして頂いています。

時には再度こちらからご提案させて頂いたり

お客様からご要望が出たりという事も。


私が以前居た会社ではこのような確認の場がなかったので

とても良い取り組みだと感じた事を打合せの度に思い出します。

ちなみにおうちが完成してからよく出るご意見が

「もっとコンセントやスイッチの位置をちゃんと考えるんだった」というものです。


皆様意匠的な部分や設備等に意識がいきがちで

電気配線関係は悲しくも二の次になってしまうようです。


もちろん私達も導線等を考慮し使いやすい計画を心がけていますが

やはり住まわれる方が一番「どう使いたいか」が分かっているはず。

家づくりの計画をお考えの方は

普段自分がどう電気配線関係を使っているか意識してみると

住みやすいおうちができるかもしれませんね。


お客様にとって現場でのお打合せも大変になってきたこの季節・・・

私も連日現場でのお打合せをしてきたのですが、

皆様暑さにも負けず真剣にご参加頂きました!

より良いおうちになる事間違いナシですね!^^

完成が楽しみです!


無垢スタイルでは無垢材用いた住まいづくりに取り組んでおります。
▼施工事例をご覧いなりたい方は下記のURLから▼
http://www.muku.co.jp/construction/

2016年08月08日

収納スペースは奥行きに注意! 〜賢い収納術

こんにちは!

無垢スタイル・コンサルティング部新築部門の松木です。


今回は、収納について書きたいと思います。

『とにかく収納スペースはたくさん欲しい』というお声は沢山いただきます。


ですが、収納のどこに何を片付けたかが思い出せないことなどありませんか?

部屋がいつも整理整頓されていて、使う際に取り出しやすく

簡単にしまえる収納が理想ですよね?


じゃあどうすれば使える収納になるかというと、

収納の『奥行』に注意すると良いんです。


一見、奥行のある収納スペースは物が沢山入って良さそうですが

物が前後に並ぶ為、奥の物が見えづらくなり

出し入れもしずらくなるというデメリットがあります。


使う頻度の少ないものは奥にしまう傾向がある為

いづれどこにしまったかも忘れてしまい

物がどんどんと溢れかえってしまうという悪循環に繋がります。


例えば、掃除機をしまう収納であれば、奥行が50センチあれば十分です。

欲張って奥行を90センチにしてしまうと、前後で物の出し入れが必要となり

無駄なスペースや余分な作業が必要となります。


ですから、しまう物や用途に合わせた収納サイズを考えることが

部屋を整理整頓できるポイントです!

是非、無垢スタイルのモデルハウスでも実際の家を体感してみてください!

お待ちしております!


▼等身大のモデルハウス『無垢ヴィスタコルシェソル展示場』はコチラ▼
http://www.muku.co.jp/modelhouse_corciesole/

アーカイブ