風と光の家

2006.09.15 Fri

こんにちわ。設計のヨシーです。
越谷のW邸のお引渡しが無事に行われました。
打合せにはかなりの時間を費やし、私にとっても記念の作品となる家です。
弊社建築士が家作りの計画時に常に念頭においている基本的事項は風と光ですが、この家でのポイントは「シーリングファン」がLDの吹抜けと寝室に付いていることです。
シーリングファンってどうかなあって思われている方多いと思います。引渡しの今日の気温は30度でしたが、無垢板と紙の壁紙で包まれたリビングの中にいて(エアコンはまだ付いていません)窓を開けて、シーリングファンのスイッチを入れると風がスーっと流れていきます。
かなりの効果があるのを体感できました。夜寝る時なんかでもこのくらいの風があれば、とても気持ちよく寝れると感じます。
埃や湿気を排出するのにも役立ってくれるとか、花粉症で窓を開けにくい時季でも、シーリングファンを利用すれば、家の中で風を感じることができるなどメリットは多いです。マンションにもお勧めです。
交流(AC)、直流(DC)などタイプもさまざまですが、安いので十分です。引掛けシーリングに取付できる機種もあるので、新築、リフォーム時に限らずいつでも設置できます。
室内環境を良くしたい方、ぜひお試しくださいませ。

TAG:
無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTSインテリアデザインのお話の最新記事

ARCHIVE