ペットによるキズも補修が簡単な無垢材の床

2019.06.15 Sat

こんにちは!
無垢スタイル コンサルティング部新築部門の松木です!

最近、首都圏では愛犬、愛猫の完全室内飼育が推奨されており、80~90%が完全室内飼育と言われ、愛犬、愛猫にとっては健康と安全を守る為ですが、行動範囲を制限されることでストレスをため込むリスクもあります。

また、愛犬、愛猫を室内で飼育する上で、飼い主の負担を配慮した家づくりも重要となってきます!

ペットを飼っていて困っていることのアンケートを取ってみると、下記のようなアンケート結果が出ています。

1位 抜け毛
2位 ペットの臭い
3位 部屋が汚れる、掃除が大変
4位 家が傷つく

上記の通り、やはり掃除や汚れ、キズを気にする方が多く、新築計画をする上で、キズつきづらい床や壁を検討する方が多くご相談にいらっしゃいます!

床や壁に関しては、おしっこや猫ちゃんの爪とぎを気にする方も多い為、補修のしやすい内装材を選択すると良いです。

無垢材の床だとキズがつきやすいと懸念する方が多いですが、逆にキズがついても表面を研磨することができる為、気になり始めた5年~10年ほどで削る方がいらっしゃいます。

むしろ味と感じる方は何もしない方も多いですね!!

ちなみに、床材に無垢材を使うということは、愛犬、愛猫のケガの予防にも繋がります!

フローリングの場合、汚れてもメンテナンスがしやすいというメリットはありますが、表面が固い為、走り回ったときに滑ってしまい、関節を痛めてしまうこともあります。

表面が柔らかい無垢材の場合は、歩きやすく滑りにくいと言われている為、ペットのケガ予防にも繋がっていきます。

家族の一員である愛犬、愛猫だからこそ、住まいづくりをする際には使用する内装材の選択も重要になってきますので、是非ご参考にしてみてください!

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

ARCHIVE