冬温かくて、夏は涼しい家 〜快適温度で身を守れ!!〜

2020.01.27 Mon

こんにちは!
無垢スタイル建築設計 コンサルティング部新築部門の松木です!

 

家づくりを進めていく上で、『冬温かくて、夏は涼しい』家づくりがしたいと言う方がほとんどだと思います!

今年は暖冬と言われていますが、やはり朝晩はぐっと冷え込み、家の中の温度も下がります。
リビング空間や水回り、廊下などに温度差を感じたことは誰でも経験したことがあると思います!
 

低い室温による身体の負担は、5℃で低体温症を起こすリスク上昇、9~12℃で血圧上昇、心臓血管疾患のリスク上昇、16℃で呼吸器系疾患に影響が出ると言われています!
日本救急医学会の調査(2010年12月〜2011年2月の3ヵ月間)で全国の救急医療機関を受診した低体温症の事例を纏めたところ、屋内での発症は屋外発症の3倍にもおよぶ結果となりました。
屋内で発症した人は全体の4分の3を占め、年齢は60歳以上が77%と高齢者が8割近くを占めているそうです。

 

日本救急医学会の報告書では、冬季は基本的に室温を含め気温そのものが低いため、屋内であっても加齢・栄養状態の悪化・脱水・持病の悪化・体調不良を要因として簡単に低体温症に陥り重症化を招きやすいと指摘しています。
夏も同様に室内だから安心ということではなく、室内だからこそ熱がこもり熱中症になる方も年々増えていると言われています!

 
そんな危険が潜んでいる家の中だからこそ、住環境を整え、自分達の健康は自分達で守っていくことが必要だと思います!!
無垢スタイルでは、温度差のバリアフリーで、『心と身体』『家計と環境』に優しい家づくりをしています!
是非、一度モデルハウスで快適な家づくりを体感してみてください!!

無垢スタイルの夏涼しく冬暖かい家の仕組み

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

ARCHIVE