家をひっくり返して見てみましょう!

2024.02.20 Tue

こんにちは。無垢スタイル建築設計の岡部智之です。

食品を買うときに、皆さんはどうされていますでしょうか?

値札が付いている他に、原産地や原材料、添加物などなどの成分表示が書かれていますが、よく見ている人とそうでない人が分かれているかなと感じます。
 
次の4つの行動パターンがあるのではないかと思いまとめてみました。
A.値札だけを見て商品を選ぶ  【値札のみ】
B.値札を見て、その次に成分表示を見て商品を選ぶ 【①値札→②成分】
C.成分表示を見て、その次に値札を見て商品を選ぶ 【①成分→②値札】
D.成分表示だけを見て商品を選ぶ 【成分表示のみ】
 

 
勝手に4つに分類してみましたが、買う人の優先順位が表れているかと思います。

A.は価格重視、選ぶ基準が価格の方の行動。

『できるだけ安く買いたい。』
 

B.は価格を重視しつつ、成分も気にする。

『同じ価格であれば、できる限り成分が好みに合うものを買いたい。』
 

C.は成分を重視しつつ、価格も気にする。

『好みに合う成分であることを条件に、できる限り価格に見合うものを買いたい。』
 

D.は、自分の好みの成分であることが最優先。

『欲しいものがそれならば、価格は気にしない。』
 
 
ちなみに、私は少しB寄りのCのような気がします。
添加物や原材料を重視したうえで、値段を確認して購入しています。
お金に余裕のある方は、値札を見ないで買い物をするとよく言われていますが、D.みたいな方は少数派だと思います。
ディスカウント系のスーパーのお客さんはA.が多く、成城石井などのお客さんはB.C.が多いのではないでしょうか。
 

このことを、注文住宅で考えてみると・・・。

A.価格重視はいわゆるローコスト系や建売系の住宅・・・、多くは語りません。
重視するポイントが明確です。
家は価格も重要な要素ですが、耐震や断熱・気密、劣化対策などの性能面も重要ですし、床材や壁材や構造材など素材も重要ですし、内観や外観のデザインも重要です。
 
どのポイントを重要視するかは、家をひっくり返して成分表示をじっくり見ることが重要です。
実際にはひっくり返しても何も書いていないので(笑)、時間をかけて住宅会社の話を聞いたり現場を見たりして吟味していく必要があります。
 
無垢スタイルのお客様は、B.C.タイプの方が多いのではないかと感じています。
どのような家に住みたいか、食品でいうどのような成分であるかを吟味して検討されているお客様が多くいらっしゃいます。
 
住宅会社を比較検討される際、各社で同じ指針がなく、当然裏側を見ても何も書いていませんので、どのような見方で、家を比較するか分かりにくいかと思います。
もっとわかりやすく、もっと選びやすく、公平に見て知って体感できるのが、住まいの体感モールです。
商品をひっくり返してから食品を購入する方は、絶対に訪れて欲しい場所です!
 
 

無垢スタイルの体感型ショールーム

『住まいの体感モール』は、理想の暮らしを体感して学べるショールームです。
「耐震」「温熱環境」「住宅設備機器」「間取り・生活導線」「バリアフリー」など住宅における重要素を体感してみませんか?
無垢スタイルの『住まいの体感モール』はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTSムクスタッフのお話の最新記事

2024.04.11

ARCHIVE