どの外壁にすればいいの? 外壁材ごとのメリット・デメリットを解説!

2020.09.07 Mon

こんにちは!コンサルティング新築部門の森園です!
 
前回は、家づくりの中でも重要な部分の「工法」について、メリット・デメリットをご紹介しました。
(前回のブログを見ていない方はこちら
 
今回は「外壁」のメリット・デメリットを紹介いたします!
また少しマニアックですが…。

◆窯業系サイディング

    【メリット】

  • バリエーションが多い。
  • 価格が安い。
  • 耐火性に優れている。
  • 工期が短い。
  •  
    【デメリット】

  • 防水性が低い。
  • 蓄熱性が高い。
  • シーリングのメンテナンスが必要

            

◆塗り壁

    【メリット】

  • デザイン性が高い。
  • シーリング劣化の心配がない。
  • 耐久性が高い。
  • 補修が簡単。
  •  
    【デメリット】

  • 防水性が低い。
  • ひび割れが起こる。
  • 汚れが目立ちやすい。

◆金属サイディング

    【メリット】

  • 耐震性が高い。
  • 耐凍害性が高い。
  • コストパフォーマンスが良い。
  •  
    【デメリット】

  • 傷がつきやすい。
  • 錆びが発生しやすい。
  • 酸性雨、塩害被害を受けやすい。

◆ALC外壁

    【メリット】

  • 耐久性が高い。 
  • 耐火性が高い。
  • 耐震性が高い。
  • 断熱性が高い。
  •  
    【デメリット】

  • 防水性が低い。
  • 吸水性が低い。
  • 表面強度が低い。
  • 費用が高い。

 
今回は代表的な4つを紹介させて頂きました。皆様使いたい外壁は見つかりましたか?
 
デザイン・メンテナンス・初期費用・ランニングコスト・耐久性などなど…
選び方は様々ですが、今回のメリット・デメリットを踏まえて考えてみてください!!
外壁は選ぶ際の参考にしていただければ幸いです^^

住まいの相談フェア

9月12日(土)・13日(日) 埼玉県内の4つの展示場で、住まいの相談フェアを開催いたします!
それぞれの展示場ごとに様々なイベントを催します。全ての展示場に行ってもよし!自分の体感したい展示場だけに行ってもよし!
『住まいづくり』のためのスペシャルな2日間をお楽しみください。
「住まいの相談フェア」はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!
  • Facebook

ARCHIVE