換気・通風と窓について

2024.01.26 Fri

こんにちは!
コンサルティング部新築部門の小松です。
 
3月並みの暖かさになるという予報もあります。
温度差で体調を崩さないよう、くれぐれもお気をつけください!
 

住まいの空気と密接に関わる「窓」

さて、今回は前回の内容に引き続き、窓について書いていきます。
 

 
前回は日射取得・彩光について書かせていただきましたが、
今回は窓の「通風・換気」についてです。
 
窓の役割としては、
家の中の空気を入れ替えるなど、
換気としての性能を期待されている方も少なくないのではないかなと思います。
窓の通風・換気を考える上で重要なことは、窓の開き方です。
 
一般的には下記の種類があります。

  • 引き違い窓(左右2枚のガラス戸をスライドして開閉する窓)
  • 縦滑り窓(窓の軸がスライドし、左右どちらか一方に回転するように開閉する窓)
  • 横滑り窓(窓枠の左右に設けられた溝に沿って、窓を外側(室外側)にすべり出させて開ける窓)
  • fix窓(開閉ができないのが特徴)
  • 上げ下げ窓(上下に動かして開閉する窓)

 

通風におすすめの窓の種類とは?

ただ一つだけ通風を考えるならこの開き方が1番!という窓があります。
それは縦滑り窓です。
縦滑り窓の構造上、外側に開くように開くため、
風が窓に当たり、家の中に風を取り込むことができます。
別名ウィンドキャッチ窓なんかと呼ばれたりもします。
 
こちらは引き違い窓と比べて、
室内の換気量が10倍近く変わると言われています。
 

住まいの空気を考えた住宅設計は無垢スタイルへ

通風・換気という面を重要視したい場合は、縦滑り窓をご採用ください!
無垢スタイル建築設計の住宅性能については、以下のURLよりご確認ください!

無垢スタイルの高気密・高断熱住宅

夏涼しく冬暖かい高気密・高断熱の設計!
無垢スタイルは高断熱・高気密である住宅であることを証明するため、全棟検査を行ったうえでお引き渡しいたします。
『夏涼しく冬暖かい高気密・高断熱の設計』はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

ARCHIVE