木の熱伝導率

2015.02.14 Sat

こんにちは當間です。
今回は木の保温効果断熱効果について少し話します。
木材の主な成分にセルローズやリグニンという物質があります。
木材の構造を成り立たせる細胞は中空で、
細胞と細胞の間に無数の隙間があり空気を多く含みます。
このために保温や断熱の効果に優れ
住宅に適した素材として使われてきました。
熱伝導率は以下になります。
木の熱伝導率は0.5です。
水の熱伝導率は1.0です。
コンクリートの熱伝導率は5.0です。
鉄の熱伝導率は105です。
なんと、コンクリートで10倍、鉄は木の200倍です。
だから、住宅の建築には木が最適なんです。
そんな、木の家を体感できる見学会を本日から開催中です。
是非、この機会にご来場下さい!
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
無垢の家 完成見学会開催!
『建築士夫妻が棲まうシンプルでナチュラルな白い家』
■2015年2月14日(土)・15日(日)
■埼玉県さいたま市西区二ツ宮51付近
https://ssl.muku.co.jp/event/inspection/2015/02/05/inspection_69.php
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家の性能のお話の最新記事

2022.10.21

ARCHIVE