オール電化とガスどっちがおすすめか

2023.07.27 Thu

こんにちは!
建築コンサルティング部新築部門の濱中です。
 
梅雨も明け、猛暑が続きますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
 
今回は、皆様が最も悩まれる、オール電化とガスどっちがおすすめなのかについて、ご紹介させていただきます。
 

オール電化のメリット

1. 環境にやさしい

オール電化は、火力発電所で発電された電力を利用するため、燃焼による二酸化炭素の排出がありません。そのため、地球温暖化防止につながります。
 

2. 太陽光と相性がいい

光熱費が高騰している影響で、太陽光を採用される方とても増えており、太陽光とオール電化を組み合わせることで、光熱費の月々平均4000円のオーナー様もいらっしゃいます。
 

3. コンロ周りの掃除が楽

ガスコンロに比べ、IHコンロはフラットな作りとなっているため、日常のお掃除がとても楽です。奥様は掃除が楽な点を気に入って、採用する方も多いです。
 

ガスのメリット

1. コスト面でお得

物価上昇に伴い、電気代が高騰している影響で、オール電化に比べて光熱費が安くなる傾向があります。
また、将来的な給湯器交換の費用も、エコキュート交換に比べると、安く抑える事ができます。
 

2. 料理に適したエネルギー

ガスは、料理に適したエネルギーです。力調整がしやすく、調理の細かい調整が可能です。また、ガスコンロは、IHクッキングヒーターに比べて加熱が早いため、料理時間を短縮することができます。
 

3. エネルギー自由化による選択肢の拡大

エネルギー自由化により、ガスの供給元を選択することができるようになりました。価格競争が起こりやすくなったため、よりお得なプランを選ぶことができます。
 

まとめると

オール電化とガスの比較を行いましたが、どちらがおすすめかというのは家庭ごとに異なります。環境面や太陽光の相性を重視する場合はオール電化がおすすめですが、コスト面や料理に適したエネルギーを求める場合はガスがおすすめです。家庭ごとに利用シーンや嗜好に合わせて選ぶことが大切です。
 
また、太陽光やメンテナンスなど、コスト面について触れさせていただきましたが、電気代が高騰している中で、家の性能面もとても重要な要素となります。
 
断熱気密は、住まい心地や快適性以外にも、光熱費やメンテンスなどの、ランニングコストに大きく影響しますので、是非一度モデルハウスで体感していただければと思います。
 
 

無垢スタイルの展示場一覧

無垢スタイルではスタジオ・展示場・ショールームにてお客様をご案内させて頂いております。
無垢材の良さや無垢スタイルのデザインポリシーを実際に体感してみませんか?
無垢スタイルの展示場一覧はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家とプランのお話の最新記事

ARCHIVE