パッシブ設計

2024.06.21 Fri

みなさんこんにちは。
建築コンサルティング部の河原崎です。
 
安定しない天気が続いております。関東は梅雨入りとなりましたが、沖縄は梅雨明けとのこと。
3年ほど前に初めて沖縄を訪れた際は、せっかくだからと奮発してオープンカーをレンタルしたのですが想像以上の日差しで頭が焼けるように熱く、結局ほとんど屋根を閉めて運転をしたのを思い出します。
関東も厳しい夏は目前ですので、できる限りの準備をしていきましょう。
 

パッシブ設計について

今回は無垢スタイル建築設計で設計するうえで大切にしている考え方「パッシブ設計」についてご説明いたします。
 
パッシブ設計とは、建築物の設計や施工において、自然のエネルギーを最大限に活用することで、快適な室内環境を実現する手法のことです。
 
具体的には、太陽光や風、地熱などの自然エネルギーを利用し、建物内の温度や湿度、換気などを調整します。
これにより、居住者が快適に過ごせるだけでなく、省エネルギー化や環境保護にも貢献することができます。
 

 

パッシブ設計には、以下のような特徴があります。

・高い省エネルギー性
・快適な室内環境
・環境保護に貢献
 

具体的なパッシブ設計の手法としては、以下のようなものがあります。

・日照角度や通風を考慮したプランニング設計
・太陽光発電システムの導入
・風力発電システムの導入
・地熱利用システムの導入
・自然換気システムの導入
・太陽熱利用システムの導入
 
これらの手法を組み合わせることで、より高い省エネルギー性や快適性を実現することができるのです。
 
また、パッシブ設計は、住宅だけでなく、ビルや公共施設などでも活用されています。
近年では、地球温暖化対策や省エネルギー化が求められる中で、パッシブ設計が注目されています。
 
しかし、パッシブ設計においても、建築物の使用者が快適に過ごせるように設計されているため、建物の使用方法や管理方法によっては、本来の効果を発揮できない場合もあります。
そのため、建物の設計や施工だけでなく、使用者自身もエネルギーの使用方法や管理方法を意識することが重要です。
 
いかがでしょうか。
自然のエネルギーを有効活用することで、エコで快適な生活を実現するパッシブ設計。全く同じ大きさ形で同じ道路付けの土地があったとしても、周辺環境によってご提案するプランは大きく変わります。
ご興味を持っていただけましたらぜひ無垢スタイル建築設計にお問い合わせください。事例を用いて丁寧に説明をさせていただきます。
 

暑い時期におすすめの宿泊体験

また、今の季節はモデルハウスの宿泊体験がおすすめです!
外は酷暑でも中はエコで快適な住まい環境を実現しておりますので、ぜひこの機会にご体感いただけますと幸いです。
 
皆様からのお問い合わせお待ちしております。
 
 

無垢スタイルの展示場一覧

無垢スタイルではスタジオ・展示場・ショールームにてお客様をご案内させて頂いております。
無垢材の良さや無垢スタイルのデザインポリシーを実際に体感してみませんか?
無垢スタイルの展示場一覧はこちら

無垢スタイルの公式SNSで最新情報をチェック!

RELATED POSTS家とプランのお話の最新記事

ARCHIVE